× Q 翻訳訳語辞典
face   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜を肯定する
   
face the future: 未来を肯定する 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 210

いやでも〜に向かう
   
the dreadful return journey have to be faced: いやでもまた恐ろしい帰りの道に向かわなくてはならない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 243
おける
   
among the most pressing problems facing society: 現代社会における最も切迫した問題の一つ 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 173
かお
   
sb’s face is puffy: 顔がむくむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 175
かかえこむ
   
be faced with ...: 〜をかかえこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
くらう
   
face time: 懲役をくらう レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 141
はためで見ていても
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
ぶつかる
   
be facing this dilemma: こうしたジレンマにぶつかる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 177
みすえる
   
face a past to make the strongest of hearts quail: どんな強い心臓をもふるえさせるような過去をみすえる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
みつめる
   
face one another: たがいにみつめあう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
やりこめる
   
face sb down: やりこめる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487

メンツ
   
save face: メンツを保つ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 74

横っ面
   
slap sb’s face: (人の)横っ面ひっぱたいてやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
   
sweat oozing from one’s face: 額に汗を滲ませながら 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 246
額や頬のあたり
   
one’s face has a healthy glow to it: 額や頬のあたりを気分よくほてらせている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 19
額を突き合わせる
   
face off: 額を突き合わせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 116
   
you can see it in sb’s face: 〜は顔にはっきりあらわれている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 323
yell into sb’s face: (人に)顔を寄せるようにして怒鳴る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 364
worried faces: 疲れた顔々 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
with wildly contorted face: 顔をせい一杯に歪め 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 322
with the morning wind pouring into his face: 朝風を顔に受けて ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 185
with one’s face all red: (人が)顔をまっかにしながら サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 70
with a particularly childish face: まだ子供々々した顔の 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 170
with a grave face: 真剣な顔で ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 240
wipe one’s face with the back of one’s hand: 手の甲で顔を拭う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 67
wipe furiously at one’s face: 頭に血をのぼらせて顔をぬぐう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
well-loved face: 愛らしい顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
wear the face of the bereaved: 家族の死に立ち会いでもしたような沈痛な顔をしている バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 105
wash one’s face and rid oneself of ...: 顔をよく洗って〜の痕跡を洗い落とす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
ugly face: いやらしい顔 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 289
twisted, burning face: 怒りにねじれた顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
turn to sb with a shocked face: ぎくりとした顔をこちらへ向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 102
turn one’s face toward sb: 顔を声のするほうに向ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
turn one’s face from the swirling snow: 渦巻いて吹きつける雪から顔をそむける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
turn one’s face from sth: 〜から顔をそむける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 207
trouble one’s round, open face: (人の)間のびした丸顔をよぎる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
touch one’s fingers to every part of sb’s face: (人の)顔じゅうに指を走らせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
there is a small and catlike expression of satisfaction on one’s face: (人の)顔には、こぢんまりした、そしておとなしい猫を思わせる満ち足りた表情が浮かんでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
the way one lowers one’s face to sth: その顔の近づけ具合 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 58
the smile on one’s face wavers: 微笑を浮かべたまま(人の)顔がゆがむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
the look on sb’s face is neutral: 顔は無表情だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
the look on one’s face says ...: その顔は〜と語っている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
the look on one’s face combines A and B: その顔に浮かんでいるのはAとBのいりまじった表情だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 256
the look of rage on sb’s face is enough to do: (人の)顔に浮かんだ怒りを目にすると、〜しないわけにはいかない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 300
the fatigue in one’s face: (人の)顔ににじむ疲労 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 446
the face splits into a grin: 顔がにたりと笑う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
the face appears different: (人の)顔の印象が違う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
the dismay on sb’s face: (人の)顔に浮かんだ困惑の表情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
the dazzling blue of the sky beats against sb’s face: 青空の色が痛烈な色を(人の)顔に投げ付ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
the color rise in sb’s face: (人の)顔に血がのぼる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 276
that’s on one’s face: それは(人の)顔にでている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
tell me that’s not a face you can trust: いってみろ、この顔のどこがあぶない? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 160
sweet face: 愛くるしい顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
sweat beads on sb’s face: 汗が玉のように(人の)顔に浮かぶ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 391
study sb’s face for many moments before answering: 口をつぐんで、長いあいだ(人の)顔をじっと見る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 112
sth hits sb in the face: (物が)まともに(人の)顔に当たる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 343
sport a disheveled, untamed beard that sprouts all over one’s swarthy face: 蓬髪山賊髭というやつで、とにかく顔全体がまっくろけのボウボウ顔 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 58
splash one’s face: 顔を洗う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 104
shrunken old face: 老いてしなびた顔 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
shadow fall across sb’s face: (人の)顔に影をおとす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 200
shade the sides of one’s face with one’s hands to cut the glare: 両手で顔をつつみこむようにして反射光をさえぎる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
see what is on sb’s faces: (人の)顔に浮かんだ表情を見る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
see the madness in sb’s face: (人の)顔に狂気が漂っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
see the face of sb: (人の)顔が頭にうかぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89
see the color coming back into sb’s face: 顔色がだんだん良くなってくるのが見てとれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 532
see tension cramp the face peering up at him: (人を)見上げた顔が緊張にひきつっているのを見る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 48
see it all on sb’s face: すべてを(人の)顔に読みとる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 489
see deep anxiety on sb’s face: (人の)顔に深い懸念の曇がかかる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 106
see ... in one’s face: (人の)顔に〜が書いてある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 289
sb’s hair is out of sb’s face: (人の)髪が顔にかからないようになっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 312
sb’s face takes on the texture of a gourd: 顔が青ざめている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
sb’s face shuts down momentarily: (人の)顔がやがて仮面のようにこわばる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 112
sb’s face screw up: (人の)顔がひきつる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 50
sb’s face narrows: 険しい顔をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
sb’s face loses its frantic aspect: (人の)顔から狂乱の色がさっと遠のく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
sb’s face isn’t any thinner: (人の)顔がちっとも痩せていない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
sb’s face is nearly a billboard: (人の)顔はさながら一枚の看板だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
sb’s face goes white immediately: 顔が見る見る蒼白になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 465
sb’s face falls into undisguised heartbreak: (人の)顔に隠しようのない悲しみの色が浮かぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
sb’s face branches.: (人の)顔から血の気がひいた ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 282
sb’s face begin to sweat: (人の)顔に汗が吹き出す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
sb’s face becomes contorted in a pain-filled fury: (人の)顔に浮かぶ、怒りに歪んだ苦痛の表情 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
sb’s face be narrowed: (人の)顔が緊張する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
sb’s face be etched in a mask of perpetual frown: 顔には、永久に消えそうもないしかめ面が刻み込まれている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 58
sb’s face assumes a very grave expression: 深刻な表情を顔に浮かべる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
run one’s hands over sb’s face: ぺたぺたと(人の)顔にさわる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 379
roll over on one’s side to face sb: ごろりと身体をまわして(人を)向く顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
rip the cherry, familial smiles off their fucking faces: 愛想のいい、いかにも身内ぶった微笑みを、そのろくでもない顔から剥ぎ取る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
recognize sb’s face from ...: 〜でよく知っている顔だとわかる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 11
read the faces of the younger men: 若手の顔を読む クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 480
raddy country-boy face: カントリー・ボーイ的な赤ら顔 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
put one’s hands over one’s face: 両手で顔を覆う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 164
put one’s face right in sb’s: (人の)顔すれすれに顔をつきだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
pull a sour face: 厭な顔をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 156
proud imperial face: 誇り高い女王のような顔 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
press one’s face against sb’s chest: (人の)胸に顔を埋める スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
place one’s face against adj hand: 手を顔に当てる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 157
pallor of one’s face: 顔が青ざめている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
one’s whole face twist into frown: 力いっぱい顔をしかめる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 76
one’s usual glum face: いつもと同じ不機嫌な顔 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
one’s upturned face: 仰向けになった(人の)顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
one’s sweaty face: 汗まみれの顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
one’s sullen face never flickers: むっつりした顔をくずさない 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 201
one’s pretty face lights with a smile: (人の)愛くるしい顔にパッと微笑が浮かぶ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 354
one’s narrow, brooding face: 細長くてもの思わしげな(人の)顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
one’s lower face: 顔の下半分 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
one’s hand is across one’s face: 片手を顔にあてている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
one’s hair hanging all around one’s face: ざんばらにふりみだした髪が、顔をおおいつくすように垂れ下がっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
one’s face unshaven, one look three or four years older: ひげの伸びかけた三つ四つ老けた顔だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
one’s face tightens: ひきしまった顔になる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 144
one’s face shows nothing: 顔は何の表情も浮かべていない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
one’s face showing signs of fatigue: 疲労の色のこい顔 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 21
one’s face shines so brightly: きらきらと輝く(人の)顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 266
one’s face pale and bloated: 青んぶくれの顔で 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 98
one’s face look a little like sth: 顔が〜のような色に染めあげられる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
one’s face like a little girl’s: 子供の顔 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 54
one’s face light up: (人の)顔がぱっと明るくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
one’s face is witchy with envy: (人の)顔は妬みにひきつる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
one’s face is puckered in the cold: 寒さにそそけ立った顔をする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 22
one’s face is no longer friendly: (人の)顔はもう前のようにおだやかではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
one’s face is growing wooden: 顔がだんだん無表情になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 484
one’s face is buried in sb’s shoulder: (人の)肩に顔を凭せかける 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 11
one’s face is baleful with hate: (人の)顔は憎しみにゆがむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
one’s face is a study in dismay: (人の)顔は、当惑と狼狽を絵に描いたような表情を浮かべている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
one’s face has gone dead pale: 顔は死人のように真っ青 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
one’s face filled with consternation: 顔一面にまざまざと驚愕のいろを浮べると 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 128
one’s face drawn with apology: 顔が申し訳なさそうにひきつっている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 195
one’s face darken into a frown: (人の)顔がしかめらる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
one’s face begin to work: (人の)能面のような顔に表情がよみがえりはじめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
one’s eyes hold sb’s face in one’s gaze: (人の)目が(人の)顔にひたとすえられる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 466
notice a shadow cross sb’s face: 変な曇りが(人の)顔を横切る事がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
nod one’s face forcefully in reply: 顔をふかぶかと頷かせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 142
move the hair away from sb’s face: (人の)顔にかかった前髪を払う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 307
meet face to face: 顔と顔をつきあわせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
manly face: たくましい顔 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 123
make sb worry about sb’s face in its closing days: (人の)顔だって最後にはどんなふうになるかわからないんだという不安を呼び起こす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
make a sour face: 顔をしかめる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 185
make a face: いやな顔をする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
make a face: 顔をしかめる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 154
look sb in the face: (人の)顔をまともに見る スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 246
look into sb’s face: (人)の顔を見る 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 26
look at the face of every man one pass on the street: 通りを行く人々の顔をしげしげと眺める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
lonely face: 心細げな顔 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
lined and punctured face: しわとあばただらけの顔 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 52
light up one’s whole face: 顔全体がぱっと明るくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
let sb save face: (人の)顔を立ててやる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 431
let sb put sb’s face in one’s sweets: あそこに(人の)顔をつっこませる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
just one more anonymous face: ありきたりのひとつの顔でしかない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
if sb’s face speaks truth: 顔から判断すると ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 125
I do not see how I can ever look sb in the face again: 二度と子供たちに顔をあわせる勇気がない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 142
hit sb in the face until sb beg one to stop: もう勘弁してくれと(人が)懇願するまでばしばしと顔を殴りつける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 276
heat-oppressed faces: 暑くるしい人々の顔 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 13
have one’s hands to one’s face: 両手で顔をおおう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
have one’s faces planted on the floor: 顔を床につけている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
have larger face: 顔の幅がある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 114
have a worried look on one’s face: 何か浮かぬ顔をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
have a red face from one’s exertions: 力仕事で顔を真っ赤にする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 74
have a mature, almost adult face: とてもおとなびた顔をしている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 150
have a face that make sb glad: その〜の顔を見ていると、(人は)心がうきうきしてくる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 48
harsh face: 恐ろしい顔 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
good face: 温顔 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102
get up in sb’s face: (人の)顔に顔をつきつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
gaze at sb’s innocent face in silence: 何事も知らない(人の)顔をしげしげと眺める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 263
full face: ふっくらした顔 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
frightened expression on the flight attendant’s face: スチュワーデスが真っ青な顔をしている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
flap into one’s face: (人の)顔に触れる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
find oneself face to face with ...: 思いもかけず、〜と顔をつきあわせる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 71
face against one’s chest: 胸にうずめた顔 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
eyes wide and bulging from one’s fleshy face: 両眼は肉厚の顔からはみださんばかりにカッと見ひらかれている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
expression on one’s radiant face: (人の)晴れやかな顔 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
either side of sb’s face: 両頬 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
disappointment is written all over sb’s face: (人の)顔が失望の色に変わる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 219
dip one’s face into handkerchief: ハンカチに顔を埋める ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 159
dark face: 茶色の顔 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 334
cover sb’s face: 手で顔を覆う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
cover one’s face with one’s hands: 顔を両手ですっぽりおおう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
come face to face: (人と)顔をつきあわせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 498
cave in sb’s faces with ...: 〜で顔をつぶす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
catch sth on one’s face: 〜を顔に受ける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 433
carry the stamp of sb’s face: (人と)そっくりな顔を受け継いでいる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 278
can see that in one’s face: (人の)顔にそう書いてある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
can see it in sb’s face: 顔に出ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
bury one’s face in sb’s chest: 痛いくらい強く(人の)肩と胸の間に顔を押しつける 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
bring the towel up to one’s face: タオルを顔にあてる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 365
bring one’s hands up to one’s face: 両手で顔をおおう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 87
breathe Scotch fumes into one’s face: スコッチくさい息を(人の)顔に吹きかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
brazenly show one’s face: おめおめと顔出しする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 277
bear a distinctly hungry leer on sb’s face: (人の)顔には紛れもない飢えた卑しげな目が光っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 167
be written on one’s face: (人の)顔に〜が刻まれている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
be wearing the face of ...: 〜って顔をしてる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 92
be putting on a more reverent face: 崇めたてまつる、という顔をしている デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 126
be full of grim, unforgiving faces: (場所)は非寛容で峻厳きわまりない顔でいっぱいだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 585
awful, dark look briefly crosses sb’s face: (人の)顔を暗い厳しい表情がさっと横切る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
an expression of trapped horror freezes one’s face: 顔は恐怖に凍りつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
an expression of ... is stamped on one’s face: (人の)顔には〜な表情が浮かんでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 267
allow one’s face to become a frozen mask of stone: 顔は凍って石の仮面になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 538
all one’s charm flood back into one’s face: (人の)顔には抗しがたい魅力があふれかえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
alarm rise to one’s face: (人の)顔に警戒の色が浮かぶ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
a wry smile crosses sb’s face: 苦笑が(人の)顔をよぎる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 228
a very decided change comes over sb’s face: ありありとその顔つきが変わる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 110
a sullen face going to jowls: 肉がたれさがりかけているむっつり顔 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
a sudden wind snaps sth in sb’s face: 突然起こった風にあおられて(物が)顔をかすめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 159
a smile on one’s face: (人の)顔には微笑が浮かぶ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
a shadow crosses one’s face: 顔に影がさす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 195
a momentary moue of distaste cross one’s face: (人の)顔が、一瞬、不快げにゆがむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
a look crosses sb’s face: (人の)顔をある表情がさっとよぎる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
a little wrinkle of ... briefly cross one’s face: 〜が、一瞬、(人の)顔をよぎる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
a little smile of pleasure touches one’s face: (人の)顔にはよろこびのあかりがぽっとともる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
a frown of irritation puckers one’s face: 顔にいらだちのしわがきざまれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
a fat child with a grown-up’s face: 顔だけ大人の肥満児 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
a face displays the costs of a history of ...: 〜の歳月がもたらしたものが顔に滲み出る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
a face deep-cut with the lines that come from bad story: 顔に刻まれた深い皺は、長い零落の日々を物語っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
a disgusted look crosses one’s face: いかにもまずそうな表情を顔に浮かべる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 228
a bit of a bad face: なんだか浮かない顔 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 118
a baby with large blue eyes and an inviting face: つぶらな青い瞳の、あどけない顔をした赤ん坊 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 142
顔いろ
   
look inquiringly at sb’s face: (人の)顔いろを窺う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 8
顔だち
   
something about sb’s face is inexplicably different: 何がどうとうまく説明できないけれど(人の)顔だちが前とは違う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 181
have the face of the most beautiful of women: 顔だちは女にもめずらしいほど美しい ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 22
顔つき
   
see fear in sb’s face: 顔つきに不安の色が見える ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 9
do not allow one’s baffled state to express itself in one’s sinister face: これにはちょっと閉口した様子。だが、さすがにそんな気配は、その陰険な顔つきに、微塵も出しては見せない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 329
顔をつきあわせる
   
face the absolute, closed self-sufficiency of sb: (人の)絶対的で閉鎖的な自己充足と顔をつきあわせる ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 239
顔を向ける
   
face sb: (人に)顔を向ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
face front: 正面に顔を向ける サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 19
顔を合わす
   
in going, one have to face sb: 出て行くとなると、いやでも(人と)顔を合わさねばならぬ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 199
顔貌
   
acquire a human face: 人間の顔貌をおびる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
顔面
   
under all the foulness and ugliness of the face: その醜悪な顔面のうち側に ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 206
Sweat was falling from his face like raindrops: 汗が顔面から雨滴のようにしたたっている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 452
see the stiffening of sb’s face: 見るまに顔面がこわばる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 272
His face was deathly white: 顔面は死人のように白い マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 245
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 136
顔立ち
   
the sort of smooth, well-groomed face: なめらかで、すっきりした顔立ち イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 40
one’s face is okay: 顔立ちはまあまあだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 63
血色
   
quick, live face: 活き活きした血色 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 36
見える側に
   
position oneself facing the entrance: 入り口が見える側にすわる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 122
見てくれ
   
be all just face and talk: 見てくれと口先ばっかり ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 385
現実
   
that face one easily ignored: 容易に見過ごされるその現実 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 90
   
put one’s face to sth: 〜に口をあてて 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 38
向きあう
   
face sb directly: まっすぐ(人と)向きあう バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 213
face forward: 面とむきあう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 385
向きあう形になる
   
face sb: 〜の面々と向きあう形になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
向きなおる
   
face sb: (人の)ほうに向きなおる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
向く
   
sit facing each other: 向き合って坐る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
face sb again: また(人に)向きなおる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
向ける
   
face the prow toward open sea: 船首を沖へ向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 88
思いきって、正面からぶつかる
   
Maybe it's better to face it: いっそもう思いきって、正面からぶつかったほうがいいかもしれない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 320
渋面
   
make a face: 渋面をつくる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 230
真面目に取上げる
   
face sth: 〜を真面目に取上げる リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 82
人の顔
   
luminous faces float in the dimness: 淡い闇の中に人の顔がほんのりと浮かび上がる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
人間の顔
   
mugs that look like faces: 人間の顔をしたマグ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 340
in the shape of a face: 人間の顔をかたどった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 338
正面
   
greet sb face to face: 真正面にあらわれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 128
正面にある
   
a portion of the facing wall: 正面の壁の一部 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 40
絶壁
   
it was another day before they reached that great granite face: 二人が花崗岩の絶壁に行き着いたのはやっと次の日のことだった スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 171
相手
   
a familiar face: よく知っている相手 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
相対する
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
対する
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 102
対面する
   
face sb: (人と)対面する ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 43
待っている
   
<例文なし> フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 137
直視する
   
face one’s weakness and one’s failings: 自分の弱さと至らなさを直視する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 449
be too ... to face ...: 〜は直視するに耐えない 有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 103
直面
   
in the face of calamity: 危機に直面すれば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
直面する
   
this obligation makes sb face the possibility of violence: そのせいで暴力沙汰に直面することがある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
have the balls to face what one should have: 直面すべきことに直面する度胸のある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
be faced with this exact problem: こういう状況に直面する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 215
   
stick a gun in sb’s face: (人の)頭に銃を突きつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 210
caress sb’s face: (人の)頭を抱いてやる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 240
   
sheer stone face: 石肌 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
lower oneself gingerly down the smooth face of the rock: なめらかな岩肌をそろそろと下へおりる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 41
備える
   
face a disagreeable interview: 不愉快な会見に備える セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 74
眉毛
   
the anxiety in sb’s face: 黒い眉毛の根に寄せられた八の字 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 54
鼻っ面
   
have a momentary desire to punch sb in the face: 一瞬、(人の)鼻っ面に一発みまってやりたい衝動を覚える イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 222
鼻づら
   
in sb’s face: (人の)鼻づらに 安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 163
鼻先
   
wave one’s identification card in sb’s face: 身分証明書を鼻先にちらつかせる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 117
表情
   
there is on sb’s face a strangely clouded expression: (人の)表情の中には判然といえないような一種の曇がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
succeed in keeping one’s face blank: 表情も動かさない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
scan sb’s face: (人の)表情を窺う 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 125
sb’s face tensed: 表情をこわばらせる マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 75
sb’s face is terribly agitated: (人の)表情は恐怖にゆがんでいる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 171
sb’s face become hard: 表情が険しくなる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
one’s cold face: 冷ややかな表情 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 7
have a face like ...: その顔に、〜のような表情が浮かんでいる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
can see sb’s face looking a little grim: (人の)表情がいくらかきびしくなるのが見える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
by the look on sb’s face: その表情から察するに タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 182
anxiety in sb’s face: (人の)不安の表情 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 121
after a rapid examination of the old man’s face: 老人の表情をすばやく読みとって ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 32
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
表面
   
on the face of it: 表面上は デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 337
風貌
   
have the sort of face one imagines ...: 〜にも似た風貌だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 217
望む
   
facing ...: 〜を望む ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 9
   
press the side of one’s face against sb’s cheek: (人の)顔に頬をよせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
one’s white, puffy face: 青ざめてむくんだ頬 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 273
one’s heavy, callused hand slams sb’s face: 大きな、皮の厚い手のひらが、(人の)頬に飛ぶ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 233
one’s face is momentarily contorted with suppressed laughter: 頬を歪める 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 427
cry terribly, the tears running down sb’s face: 涙が搾るように頬を伝って来る 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 58
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
   
to one’s face: 面と向かったときだけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 136
throw sth back in sb’s face: 〜を(人に)面と向かって投げ返す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 42
stupid face: 阿呆面 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 70
pockmarked face: あばた面 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
moustached face: 髭面 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 236
moron face: 低能面 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 73
a soft, compassionate expression appears on sb’s face: 深い憐れみの色が(人の)面をよぎる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 48
a glum face: 仏頂面 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 100
面がまえ
   
sb’s face is full of character: 一癖ある面がまえだ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 110
can tell just by looking at sb’s face: 面がまえ、見れば判る 新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 39
by sb’s face: 面がまえをながめれば スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 64
面ざし
   
the snowflake of sb’s face holds its shape: ひとひらの雪にも似た(人の)面ざしは形をとどめたままだ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 12
面した
   
face to face with the black sea: 暗い海に面した 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 46
面子
   
save face: 面子を保つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
面持ち
   
keep one’s face blank: 冷静な面持ちできいている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
面目
   
面立ち
   
sb’s face: 面立ち 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 93
容貌
   
there is little trace of the length and solemnity of sb’s face: 面長でしかつめらしい(人)自身の容貌はほとんど受けついでいない アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 12
立ち向かう
   
cannot face the music: 試練に立ち向かえない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38