× Q 翻訳訳語辞典
usual   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜に特有の
   
a man with the usual plumber body-smell: 配管工に特有の体臭のある男 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 214

あいかわらず
   
The night was unexpectedly warm, though the sky was its usual heavy overcast: 夜は奇妙に暖かく、空はあいかわらずどんよりと曇っていた 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 144
be all pretty much as usual: なにもかもあいかわらずだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
いつも
   
there is the usual flurry of nocturnal misadventure: いつも夜中に出歩いてはちょくちょくと悪事を働いている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
いつもと同じ
   
one’s usual glum face: いつもと同じ不機嫌な顔 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
いつもどおり
   
full of her usual energy and purpose, along the pavement to the bus-stop: いつもどおり元気のいい、ためらいのない足取りで、歩道をバス停に向かって歩きだした ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 7
いつもどおりの
   
say it with one’s usual even-tempered equanimity: いつもどおりの、悟りきったような冷静な口調だ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 211
いつもながら
   
the usual insomniac mess: いつもながら不眠症の(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
experience one’s usual dissatisfaction with sth: 〜にいつもながら不満を覚える マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 193
いつもながらの
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
いつもの
   
with one’s usual abject look: いつもの冴えない表情で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 328
with a rapidity of transition very foreign to sb’s usual character: いつもの(人)とは似ても似つかぬ気の変りかたを見せて ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 50
usual departmental rivalries: いつもの内部争い トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 218
the usual false faces: いつもの仮面劇 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22
listen to me in one’s usual way except for an occasional ...: 何時もの調子で〜といってくれる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
in the radiance of sb’s usual aura of menace: (人の)いつもの威嚇的な雰囲気のなかに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
give sb the usual fulsome stuff: いつもの鼻につくお世辞をふりまく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
do one’s usual raging: いつもの怒りを爆発させる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
add to the usual impression of ...: 〜といういつもの印象に輪をかけた〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
いつものこと
   
as usual: いつものことながら 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 189
いつものように
   
feel the usual chill: いつものように、ひんやりするものを感じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
call to make one’s usual appointment: いつものように予約の電話をする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 120
いつもの通り
   
be one’s usual relaxed self as one walk silently: いつもの通り沈黙がちに落付き払った歩調をすまして運んで行く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
いつもの通りの
   
at the usual time: いつもの通りの時間に 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 27
お決まりの
   
after the usual what’s-been-happening? b.s.: あれからどうしてたんだよとか、そういった類のお決まりのやりとりが一通り済むと ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 18
お定まりの
   
There were even the usual bouquets of carnations: お定まりのカーネーションの盛花もあった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 79
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 10
お定まりの手順
   
as usual ...: 〜するのはお定まりの手順である ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 285
お得意の
   
one’s usual political bargaining: お得意の政治のかけひき 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 228
ごくありきたりの
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
すっかり板についた
   
be in one’s usual favourite position these days: このところすっかり板についた、お気に入りの位置にいる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 346
そこらの
   
usual grubby politicians: そこらの政治家ども トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 323
だれしもやる
   
usual thing: だれしもやること ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 249
なに、どうせまた
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 185
ふだん
   
just the usual: ふだんどおり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
ふだんと同じ
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 52
ふつう
   
the usual word is ...: 〜という語がふつう用いられる ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 135
よくある
   
the usual sth: 〜によくある(物) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283

以前と同じ
   
be standing in its usual spot, all by itself: 以前と同じところになにか妙に所在なくぽつんと立っている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 41
一定の
   
arrive punctually at the usual hour and be aloof: 一定の時刻に超然として来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 11
何時も
   
be less talkative than usual: 何時もより口数を利かない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
行きつけの
   
take one’s melancholy dinner in one’s usual melancholy tavern: 行きつけの不景気な居酒屋でいつもの通りの不景気な食事を済ます ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 22
今にはじまった話じゃあない
   
Massive cost overruns, the usual: ところが、こいつがべらぼうに金をくう。今にはじまった話じゃあないがね ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 10
持ち前の
   
with one’s usual stubborn and inarticulate doggedness: 持ち前の曰く言い難い執念深さで スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 133
従来の
   
The usual line of communication with Herr Leipzig was therefore severed: そのためヘル・ライプチヒとの従来の通信線が絶たれました ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
   
as usual in these circumstances: こういう話の常で デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 165
常より
   
in a tone more cheerful than usual: 常よりは晴れやかな調子で 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
常套
   
usual stance: 常套手段 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
常套手段である
   
the usual street immunity: 常套手段である免責 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
常連の
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 63
世の常の
   
usual roughhewn dangers of the world: 世の常の粗雑な危険 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 202
昔ながらの
   
And in keeping, he had practiced the usual cruel repression: 身を守るために、スターンは昔ながらの過酷な抑制をみずからに課した トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 45
相も変わらぬ
   
usual skulduggery: 相も変わらぬ謀 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 220
相変らず
   
in one’s uniform as usual: 相変らず作業服を着て 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 17
相変わらず
   
with one’s usual vigor: 相変わらず力持ちだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 169
with one’s usual shrill voice and funny enunciation: 相変わらず舌たらずのキンキン声で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 27
相変わらずの
   
usual urgent call: 相変わらずの緊急電話 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 80
one’s usual remark: 相変わらずの言い種 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 180
in one’s usual cheerful mood: 相変わらずの元気で 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 157
大抵
   
That window was our usual spot for telling secrets: そこが大抵私たちの密談の場所だった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 43
通りいっぺんの
   
cite the usual cautions: 通りいっぺんの注意をあたえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
通常の
   
take blood for the usual battery of tests: 通常の各種検査のため採血する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 189
典型的な
   
be your usual inoffensive gentleman in banking: 人当たりのいい典型的な銀行員タイプである トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 268
当然ながら
   
be full of the usual doubts: 当然ながら心は疑問でいっぱいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
日頃の
   
one’s usual punctilious way: 日頃の貫禄 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 83
one’s usual stubborn self: 日頃の負けず嫌い 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 79
日頃から
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 10
日課
   
one’s nightly usual: 毎夜の日課 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
独特の
   
in the usual indecipherable doctorly hand: 医者独特の読みにくい筆跡で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 314
不断
   
sb’s appetite is better than usual: (人の)食欲が不断より進む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 119
平生
   
move one second faster than usual: 平生より一秒でも早く動く E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 11
be not one’s usual self: まるで平生と違う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 99
毎度
   
as usual: 毎度のことだけれど プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 215
毎度のことで
   
the usual Christmas panic: 毎度のことで、クリスマスはパニック状態の忙しさだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 134
   
as usual: また例によって ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 208
例によって
   
usual derisory rates: 例によって屈辱的謝礼 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 156
there was the usual comic interlude of mediation by ...: 例によって〜から調停と称する茶番劇がさしはさまれた イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 11
say sb with sb’s usual lack of courtesy: 例によってずけずけという アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 182
as usual: 例によって ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
例の
   
strut to ones with one’s usual imperitent swagger: 例の人を喰ったようなゆうゆうとした足どりで自分のところへ帰る ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 136
sb’s usual performance: 例の演技 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 107
having abundance of time for sb’s usual methodical toilette: 例のきちんとした身だしなみで、まだ十分時間もあったので ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 30
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 85
例のごとき
   
have the usual cat-and-mouse game with ...: 〜とは例のごとき競り合いがある イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 33
例のごとし
   
only the usual: 例によって例のごとし トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
例のプレゼント
   
get the usual from sb: (人)から例のプレゼントをもらう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
例の調子で
   
make one’s usual negative statement: 例の調子で否定的なコメントを発表する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 198
例の定食のような
   
say the usual stuff: 例の定食のような発言をまきちらしている オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 44