× Q 翻訳訳語辞典
different   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ありもしない
   
imply anything different to sb: (人の)耳にありもしないことをふきこむ アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 16
いろいろな
   
different voices: いろいろな声 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 179
いろんな
   
be open to different interpretations: いろんな解釈ができる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 159
いろんな国の
   
slide into different languages: 会話のなかにいろんな国の言葉をまぎれこませる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
かけはなれた
   
so different from ...: 〜とはかけはなれた メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 158
かわる
   
things are different: 事情はかわった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 25
ことなる
   
different chemicals: ことなる薬液 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
ずらされた
   
throw the ball to a different target: ずらされた標的に球を投げ込む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
ずれた
   
answer a slightly different question: 質問からいささかずれたこたえかたをする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
それぞれの
   
for different reasons: それぞれの理由から フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 159
ちがう
   
how different that ... look ...: とにかくまったくちがう顔になる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 52
have a quite different parentage: 自分の親はもっとちがう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 497
ちがえ
   
though for different reasons: 理由こそちがえ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
ちがっている
   
look different close-up: そばで見る印象はずいぶんちがっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 424
it is so obviously a disguise, so different from sth that ...: それがいかにも偽装という感じで、〜とはあまりにちがっているから、〜だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
ちぐはぐな
   
in different keys: ちぐはぐな音階で ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 322
てんでんばらばらの
   
go in different directions: てんでんばらばらの方向に向っている ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 126
どこか変
   
he’s a different guy today: きょうのあいつは、どこか変だな レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 73
へだたりがある
   
be so different from ...: と〜とでは、ずいぶんへだたりがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 475
また別の
   
a different sort of urgency: また別の切迫感 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 547
まちまち
   
the move of sth proceed at different paces in ...: 〜の歩みの速度は〜によってまちまちだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 322
まちまちだ
   
each place has a different opinion: 立場によって考え方はまちまちだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 94
まったく違う種類の
   
different people: まったく違う種類の人間 オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 176
まったく噛み合わない
   
yell different things to one another: たがいにまったく噛み合わないことをわめきあう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
まったく変わった
   
have a different life now: (人の)人生もいまではまったく変わった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
よその
   
in a different town: よその町で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71

   
seem miles away, in a totally different space: まるで異空間にいるように遠い 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
違う
   
things are quite different from ...: 〜とは時代が違う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 314
the face appears different: (人の)顔の印象が違う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
the cost of living in ... is completely different than in ...: 物価の尺度が違うところだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
something about sb’s face is inexplicably different: 何がどうとうまく説明できないけれど(人の)顔だちが前とは違う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 181
sb’s interests are very different from sb’s: ( 人と) 大分考えが違う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 213
in a different light: 違う角度から デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 422
entirely different from ...: 〜とはまるっきり違う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 26
be totally different: 根本的に違っている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 147
be just about the handsomest, most different kind of boy that sb have met: (人に)とってすごくあかぬけていて、地元の他の男の子たちとはまったく違った種類の人間に見える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
違った
   
hear different accounts of how this happens: どうしてそんな羽目になったのか、いくつかの違った話を聞く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428
違って
   
it amazes me how utterly different things can look: すごい、全く、違って見えるなんて 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 166
一変した
   
it all looked different now: 〜の様相が一変した クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 396
一変している
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
印象の異なる
   
be different from ...: 〜とは印象の異なる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 60
何人もの
   
have different women one stay with: 何人もの女を囲っている レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 38
   
different department: 各部 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
見知らぬ
   
a whole different world: 見知らぬ町 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 131
   
in different ways: 程度の差こそあれ オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 35
思いおもいの
   
sing different songs simultaneously: 一緒に思いおもいの歌をうたう カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 215
思い思いの
   
troop away in different direction: 思い思いの方角へ散って行く ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 63
手を変え品を変えての
   
different forms of brutality: 手を変え品を変えての残虐行為 エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 206
趣を異にする
   
tell remarkably different stories about ... than one told before: 〜について、以前とはずいぶん趣を異にする話を物語る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 83
色々
   
observe sb’s behavior towards one in a different light: (人の)態度を色々総合する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 176
食い違って
   
I wish it were all different: いっそ、なにもかも食い違ってればいいのにね プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 217
新しい
   
They have no alternative but to try something different: 新しい道をさぐる以外に東欧諸国の選択肢はない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 107
different ideas are expressed that ...: 〜という新しい意見が出てくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 235
different glass receptacle: 新しいガラス器 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 147
水と油
   
be different: 水と油 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 319
独自の
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 134
複数の
   
different owners: 複数の企業 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 148
別々の
   
different places: 別々の場所 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
別〜
   
a different world: 別世界 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
別の
   
things end up different: ものごとがもっと別の終わり方をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 419
a different permanent position: 別の常設ポスト ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 30
別人
   
you look different: すっかり別人みたい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 127
別人のように
   
look different to one: 別人のように見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
別物
   
look quite different: 完全に別物だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 156
変えて
   
変える
   
try a different tack: 論法を変える ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 148
try a different approach: 矛先を変える ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 135
feel different about sb: (人に対する)気持ちを変える ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 284
変な
   
there is something different about ...: 〜にちょっと変なところがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 388
変わる
   
the world looks different from above: 空から見ると世界は変わる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
変化
   
it is different by then: 変化はすでに訪れている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
変化している
   
figure out what’s different about ...: 変化しているのを見抜く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 181
変化の兆し
   
it feels different: 変化の兆しが感じられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 315
毛色のちがう
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 49
類を異にする
   
different from ...: 〜とは類を異にする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 111

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

what is different about ...: ただ〜は
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 132
very different: かけ離れてる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 118
those who are different: 変わり者
sound different: 耳新しい
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 38
seem different: 変化する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 199
look very different: 人相が変っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 275
different things: いろんな問題
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 37
different names: 変名
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
different dimensions: 異次元の世界
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
different breed: すごく異質
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
become quite different: まったくの別人となる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 123
be something different: ひと味ちがっている
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 78
be something altogether different: 話は別だ
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 63
be no different: 例外ではない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 255
be different: (人が)よそ者だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 137
be different: 変わってしまう
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 141
a different kettle of fish: 別の問題
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
was a different kind of human being: (人が)こんなじゃなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
very different from the night before: 昨夜とはうって変ったような
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 97
the only thing that would be different would be you: 変わるのはただこっちのほうだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 188
suppose things might be different now: いまはどうだかわからない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
suddenly, the whole world looks different: まわりの風景が一変する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
sth is no different: 〜とて例外ではない
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 62
so different from ...: 〜にはほど遠い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 350
similar to, but profoundly different from sth: 〜とも似て非なる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 241
seem different and stand out from the others: 中で異彩を放っている
三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 16
regard ... in a different light: 〜のことは棚にあげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 368
operate by different rules: 住む世界が違う
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 356
on XX different occasions: XX回にわたって
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 293
not very much different from Earth model: 地球のモデルと大差はない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 54
move away in different directions: そのまま四方に散ってしまう
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 86
markedly different from ...: 〜は影をひそめ
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 126
look quite different at close quarters: こうして近くで見るとほとんど別人のようだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 125
leave home at different times on different days: 出勤時間は日によって異なる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 10
leap from the water a different man: 別人のように慌しく湯をはねとばしながら風呂からあがる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 116
just see the first man who would make one wish for a different father: こんな人がお父さんだったらいいだろうなと、生まれて初めて真剣に思う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
is on a different floor: この〜階にはないはずである
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 290
in a hundred and one different poses: 恰好は千差万別
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 105
in a different setting: こういう状況でなければ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 378
if ..., whole picture could be different: 〜ならばともかくも
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 110
here’s where sb and sb tell different tales again: (人と人の)話はここでも食い違う
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 178
have each suffered in different ways: それぞれに悩みぬく
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 147
have different thoughts in mind: そうは思っていない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
go off in three or four different directions: 三方か四方に分かれる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
feel like one live in totally different worlds: 奇妙な疎外感を覚える
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
expand into different areas: 手をひろげる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 201
everything around sb seem to rush into a different space: 空間ごとゆがんだようだ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
different strokes for different folks: 蓼食う虫も好き好き
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
come up with some different story: いろいろなことを言う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
be something completely different from that: 全く別のところにある
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 21
be so different from ...: 〜とは似ても似つかない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
be quite different from anything one has seen before: 尋常のものではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 420
be quite different from ...: 〜とは大きくかけ離れている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 164
be not much different: 大同小異だという点である
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 89
be no different than ...: 〜とおなじ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
be no different from twenty years ago: 二十年前と同じ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
be no different from the rest of us: 我々だって大同小異というところだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 402
be no different from ...: 〜と大差ない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
be distinctly different from every other ...: 〜とまったく同じ〜はほかにいない
be a different story from ...: 〜とは話がちがう
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 204
be a bit different from the usual: ちょいとおもむきが変っている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 94
a moment of wholly different aspirations: 百八十度急転の一瞬
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 320
a lot of different people: いろんな人
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 13
a lot of different other sth: 様々な(物)
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 122
a hundred different ways: ありとあらゆる手段
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 64
a different sort of request: 筋ちがいのお願い
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 25
a different kettle of tripe: まったく別種のトラブルメーカーだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
a different horse wins each time: 勝ち馬がレースのたんびに変わるんです
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
A and B have their different organizations: AとBで組織が別になっている
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 30
different algorithms: 手順を変更する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 236
a different creature altogether: まるでちがう生き物
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
be altogether different: 歴然と変わっている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 55
answer a different question: 質問からずれたこたえかたをする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
be no different from any laboratory: 普通の研究所風景と大差ない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
try a different approach to the business: 違う方角から話の中心に向かう
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 108
processes and techniques of Kappa art of love-making are different from sth: 河童の恋愛は〜とは趣を異にしている趣
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 21
different voices gain ascendance: ひときわ高くいろいろな声が聞こえる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
a dim shadowy awareness of something altogether different: なにかまったくべつなもののおぼろな認識
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
a different background: 家が違う
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 26
be with a different woman every night: 毎晩のように違う女の子と寝る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
have bound in different colours: それぞれ違った色のカヴァーをつけさせる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 189
a bunch of bright people in different countries: ずば抜けて優秀な頭脳を持った、国籍の違う集団
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 273
bring different things to the party: 違う発想をする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 34
be certainly a different guy: まったくの別人だ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 281
something completely different: 全然別のもの
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 128
be unpleasant in a completely different way: 同じく不愉快なことだが、その意味するところは大きく違っている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 157
a life completely different from ...: 〜と裏腹な世界
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 198
the gingery man’s lies concerned a different creature altogether: 金褐色の髪の男のつくり話は、あれはまるでちがう生き物のこと
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
be content to spend immortality in a different light: その別天地でおだやかに不老不死の人生を楽しむ
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 193
This crap is different: いまの仕事はそこが違う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 19
new surroundings with different ways and customs: 習慣や環境の違った場所
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 64
He looked quite different at close quarters: sensitive, and rather decent: こうして近くで見るとほとんど別人のように、繊細な、清潔な印象であった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 125
be decorated in a different fashion: 趣向がちがっている
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 298
in a dozen different directions: 八方に
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
be entirely different: およそ意味が違う
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 248
an entirely different man inside the shell: 人物の外殻とまるで異なる中身
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 150
an entirely different kettle of fish: 役者がまるでちがっている
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 88
be entirely different from ...: 〜とちがう
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 47
everything around me is different: 私を取巻く世界は、全く変わったものになって仕舞う
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 17
be a completely different experience: 勝手が全く違う
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 7
extremely different: まるでくいちがう
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 74
feel different: 勝手が違う
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 58
challenge sb in twenty different guises: さまざまの違ったものに身をやつして(人に)挑戦する
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 131
same amount, different hat: 金額はおなじだが、入れ物がかわった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 264
have a different lawyer: 違う弁護士がつく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
ツイート