× Q 翻訳訳語辞典
different   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ありもしない
   
imply anything different to sb: (人の)耳にありもしないことをふきこむ アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 16
いろいろな
   
different voices: いろいろな声 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 179
いろんな
   
be open to different interpretations: いろんな解釈ができる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 159
いろんな国の
   
slide into different languages: 会話のなかにいろんな国の言葉をまぎれこませる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
かけはなれた
   
so different from ...: 〜とはかけはなれた メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 158
かわる
   
things are different: 事情はかわった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 25
ことなる
   
different chemicals: ことなる薬液 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
ずらされた
   
throw the ball to a different target: ずらされた標的に球を投げ込む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
ずれた
   
answer a slightly different question: 質問からいささかずれたこたえかたをする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 174
それぞれの
   
for different reasons: それぞれの理由から フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 159
ちがう
   
how different that ... look ...: とにかくまったくちがう顔になる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 52
have a quite different parentage: 自分の親はもっとちがう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 497
ちがえ
   
though for different reasons: 理由こそちがえ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
ちがっている
   
look different close-up: そばで見る印象はずいぶんちがっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 424
it is so obviously a disguise, so different from sth that ...: それがいかにも偽装という感じで、〜とはあまりにちがっているから、〜だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
ちぐはぐな
   
in different keys: ちぐはぐな音階で ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 322
てんでんばらばらの
   
go in different directions: てんでんばらばらの方向に向っている ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 126
どこか変
   
he’s a different guy today: きょうのあいつは、どこか変だな レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 73
へだたりがある
   
be so different from ...: と〜とでは、ずいぶんへだたりがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 475
また別の
   
a different sort of urgency: また別の切迫感 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 547
まちまち
   
the move of sth proceed at different paces in ...: 〜の歩みの速度は〜によってまちまちだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 322
まちまちだ
   
each place has a different opinion: 立場によって考え方はまちまちだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 94
まったく違う種類の
   
different people: まったく違う種類の人間 オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 176
まったく噛み合わない
   
yell different things to one another: たがいにまったく噛み合わないことをわめきあう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
まったく変わった
   
have a different life now: (人の)人生もいまではまったく変わった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
よその
   
in a different town: よその町で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71

   
seem miles away, in a totally different space: まるで異空間にいるように遠い 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
違う
   
things are quite different from ...: 〜とは時代が違う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 314
the face appears different: (人の)顔の印象が違う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
the cost of living in ... is completely different than in ...: 物価の尺度が違うところだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
something about sb’s face is inexplicably different: 何がどうとうまく説明できないけれど(人の)顔だちが前とは違う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 181
sb’s interests are very different from sb’s: ( 人と) 大分考えが違う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 213
in a different light: 違う角度から デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 422
entirely different from ...: 〜とはまるっきり違う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 26
be totally different: 根本的に違っている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 147
be just about the handsomest, most different kind of boy that sb have met: (人に)とってすごくあかぬけていて、地元の他の男の子たちとはまったく違った種類の人間に見える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
違った
   
hear different accounts of how this happens: どうしてそんな羽目になったのか、いくつかの違った話を聞く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428
違って
   
it amazes me how utterly different things can look: すごい、全く、違って見えるなんて 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 166
一変した
   
it all looked different now: 〜の様相が一変した クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 396
一変している
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
印象の異なる
   
be different from ...: 〜とは印象の異なる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 60
何人もの
   
have different women one stay with: 何人もの女を囲っている レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 38
   
different department: 各部 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
見知らぬ
   
a whole different world: 見知らぬ町 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 131
   
in different ways: 程度の差こそあれ オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 35
思いおもいの
   
sing different songs simultaneously: 一緒に思いおもいの歌をうたう カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 215
思い思いの
   
troop away in different direction: 思い思いの方角へ散って行く ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 63
手を変え品を変えての
   
different forms of brutality: 手を変え品を変えての残虐行為 エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 206
趣を異にする
   
tell remarkably different stories about ... than one told before: 〜について、以前とはずいぶん趣を異にする話を物語る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 83
色々
   
observe sb’s behavior towards one in a different light: (人の)態度を色々総合する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 176
食い違って
   
I wish it were all different: いっそ、なにもかも食い違ってればいいのにね プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 217
新しい
   
They have no alternative but to try something different: 新しい道をさぐる以外に東欧諸国の選択肢はない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 107
different ideas are expressed that ...: 〜という新しい意見が出てくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 235
different glass receptacle: 新しいガラス器 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 147
水と油
   
be different: 水と油 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 319
独自の
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 134
複数の
   
different owners: 複数の企業 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 148
別々の
   
different places: 別々の場所 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
別〜
   
a different world: 別世界 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
別の
   
things end up different: ものごとがもっと別の終わり方をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 419
a different permanent position: 別の常設ポスト ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 30
別人
   
you look different: すっかり別人みたい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 127
別人のように
   
look different to one: 別人のように見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
別物
   
look quite different: 完全に別物だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 156
変えて
   
変える
   
try a different tack: 論法を変える ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 148
try a different approach: 矛先を変える ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 135
feel different about sb: (人に対する)気持ちを変える ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 284
変な
   
there is something different about ...: 〜にちょっと変なところがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 388
変わる
   
the world looks different from above: 空から見ると世界は変わる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
変化
   
it is different by then: 変化はすでに訪れている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
変化している
   
figure out what’s different about ...: 変化しているのを見抜く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 181
変化の兆し
   
it feels different: 変化の兆しが感じられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 315
毛色のちがう
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 49
類を異にする
   
different from ...: 〜とは類を異にする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 111