× Q 翻訳訳語辞典
into   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜あたりに
   
butt one’s head into sb’s midriff: (人の)胸の下あたりにぐいと頭を押しつけてくる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 202
〜の内側に
   
seep into one’s soul: しみじみと気持の内側にしみこんでくる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 201
〜まで
   
far into the night: 夜中までかかって メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 128
〜越し
   
smile into the lens: カメラ越しに微笑む 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 57

うなだれて
   
stare into one’s lap: うなだれて膝を見つめる フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 75
もぐりこむ
   
take sb into one’s bed: (人を)伴ってベッドにもぐりこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202

トラブる
   
be into sth: 〜でトラブる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 44

陰に
   
retreat again into one’s books: 再び本の陰に退却する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 15
下に
   
into the sunlight: 陽光の下に アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 71
中央へ
   
stride back into the room: 部屋の中央へもどる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you into it?: 聞いてるか
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 233
stride into ...: 〜に向かって大きく踏み出す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
step into: すっと入っていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 138
smack into sb from behind: 追突する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
into ...: 〜に叩きこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
into ...: 〜に変わる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
go into ...: 〜へ行く
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 23
drive into McDonald’s: マクドナルドのドライブスルーのお店に行く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 141
be into it: 聞いてますよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 233
be into antiques: 骨董にはうるさい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
be into ...: 〜にさしかかる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 249
be into ...: 〜に熱中する
be into ...: 意図は
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 34
weep into one’s pillow: 顔を埋めた枕は、涙でぐっしょり濡れそぼっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
slide into the front seat of one’s car: 車の座席にたどり着く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
run into each other: ごろをまく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
repair business is almost impossible to get into: 修理事業に手をそめるのは不可能に近い
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 119
hurry off into ...: 〜に駆けこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
go out into the evening: 夜あそびに出かけていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 145
go directly into the majors: まっすぐメジャーに上がる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
get signed into ...: 〜と契約を結ぶ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
fly off and sail all the way into ...: むこうの〜にまで飛んでいってしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
flicker up into the sunlight: 陽の光を浴びて空中できらきら輝く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 125
fit so perfectly into the hand: 手にとても馴染む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
fashion sth into ...: (物を)〜に改造する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
fall backward into the arms of sb: 仰向けざまに倒れ、あやうく(人の)手に抱きとめられる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 225
build up into full-fledged rain: 本降りの気配になっていく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 218
bring one’s opponent into one’s own space: 敵をみずからの間合にひきずりこむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
be very into ...: 〜にはすっごく熱心
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 266
be twisted and buckled into strange shapes: ねじれ、ゆがみ、異様に変形している
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 408
be into one’s third drink: 三杯めにとりかかっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
be into more than doing: 〜なんぞ、お遊びのようなものだ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 162
a week or so into the new year: 年が明けて一週間ほどたった頃
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 179
a way into ...: 入りこむ隙
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
... go into the making of ...: 〜を完成するのに〜が要る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 113
abandoned the bar and fled into the night: 夜逃げ同様の店のしめかただった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 89
fall into abeyance: すたれてくる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 67
all one know about ... is ..., about enough to put into a thimble: 〜について(人が)知っているのは〜くらいだ。殆ど知らないのも同然だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 345
abruptly come into sharp focus: にわかに鋭く焦点を結ぶ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 47
thrust abruptly into one’s mind: 突然(人)の心に割り込む
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 44
stuff sth absently into one’s pocket again: 無造作に尻ポケットへもどす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
after several relapse into business-absorption: ときどき仕事のほうに忙殺されて、疎遠になることもあったが
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 163
lapse into one’s melancholy abstractions: 暗い放心状態に落ち込む
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 266
burst into a stream of abuse: 口汚い罵りの言葉をほとばしらせ始める
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 107
break into abusive language against sb: (人を)罵りだす
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 66
have a glimpse into the abyss: 地獄をかいま見る
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 143
reluctantly accepting ... that sb insists on pressing into one’s hand: (人から)〜を無理やりつかまされ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 94
be accepted into ...: 〜に入学する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 38
get into sth by accident: なんかのひょうしに〜の中に紛れ込む
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 169
one’s accidental merriment expiring quickly into one’s habitual moroseness: (人の)一時の快活な様子はもう消え失せて、平生のむっつりに返っていた
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 26
wander accidentally into ...: 何かの拍子で〜に迷いこむ
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 49
log on into sb’s account: (人の)口座にログインする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 76
take such aesthetic considerations as the color of ... into account: 〜の色合にまで気をくばる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 22
take sb’s demands into account: (人)の要求を呑む
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 217
take into account ...: 〜を計算に入れていない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 175
take into account ...: 〜を計算に入れる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 168
stumble into a privileged account: 思いがけなくスーパーユーザーになる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 190
sth is taken into account: (物に)気をくばる
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 23
mail the money into one’s checking account: 自分の当座預金に金を振り込む
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
draw sb into one’s recently acquired European sensibilities: (人の)目を醒まさせ、覚えたてのヨーロッパ的価値観に導く
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 120
go into an act: 芝居をする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 147
prod sb into action: (人に)行動を促す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
concrete actions to put sth into practice: 実行に移すための具体的な行動
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 15
spring into action: 大活躍を演じる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 380
galvanize into action by ...: 〜に火をつけられ、家をとびだす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
suddenly spring into activity, making frantic efforts to do: 狼狽して〜する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 273
the actual sight of land receding into the distance: 現実に陸地が遠ざかってゆく
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 20
add sth to what sb wish and need and stitch it together into ...: 自分の好みや都合に合わせて継ぎ接ぎして、〜に仕立てる
be chosen for sb’s husband and adopted into sb’s family: 入聟になる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 61
running one’s machine adroitly into ...: 〜に巧みに自転車を乗り入れる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 116
suddenly turn into adult: やみくもに大きくなっていく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 258
The red lipstick blend right into the aesthetic value of the painting: 真っ赤な口紅の色が、絵柄にマッチしてすんなり溶け込んでいる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 181
take such aesthetic considerations as the color of their spines into account: 背表紙の色合にまで気をくばる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 22
be afraid of falling into the American trap: アメリカのその手に乗ってはならぬと思う
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 74
carve into African animals: アフリカに棲む動物たちの姿が彫りこまれている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
talk late into the after-midnight hours: 真夜中まで語りあう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 526
burst into tears again: あらためて涙がせぐりあげてくる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 47
lapse into silence again: しずまりかえる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 49
be already plunging way, way ahead into ...: 何時の間にかどんどんどんどんと〜に突っ走っている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 240
look aimlessly into a bovine middle distance: 眼はあてどなくのっそりと、遠くもなく近くもないところをさまよう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
air:空
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
force air into one’s head: 頭に空気を送り込む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 214
shot Flight into the Air: 大空に向っていっせいに矢を射る
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 18
toss sth into the air: 宙に飛ばす
feeling of being lifted into the air: 宙にかかえあげられる感覚
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 77
vanish into thin air: ふっとかき消すように見えなくなる
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 58
the shot explodes into the air around sb: 銃声が(人を)包む
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 481
scoop live coals into the air in all derections: おきをすくって四方八方に投げ散らす
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 47
push itself into the open air: もぞもぞ外に出る
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 64
lift one’s glass into the air: グラスを掲げる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 453
grin reminiscently into the middle air: 宙をみつめて思いだし笑いをする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
fly clean up into the air: 有頂天になる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
flip sb into the air: 投げとばす
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 378
be propelled into the air: 宙高く飛び上がる
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 70
drop into the tiny airstrip: ちっぽけな空港に降りる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 59
have all fallen from ... into rusty bits and useless debris: 徐々にずりおちて、果ては屑同然になってしまう
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 111
put all one’s money into ...: 有り金残らず〜に使う
all one’s charm flood back into one’s face: (人の)顔には抗しがたい魅力があふれかえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
triple into the alley in left: 左中間を破る三塁打を放つ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 376
a moment that allowed for one’s speedy reintroduction into ...: すばやく〜にもどしてやれるとき
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 441
the worm is allowed to get into the timbers: 材木の虫食いが放置される
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 148
step aside and allow sb to melt into sb’s arm: (人が人の)腕に倒れ込むのをよける
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 97
be not allowed into ...: 入るわけにはいかない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 437
He looked steadily into the Prince's almond eyes: 本多の目は宮の切れ長のおん目をとらえて離さなかった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 345
That one almost degenerated into a brawl: このわめきあいは、すんでのところでちょっとした乱闘劇にまで発展するところだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
be coming into Paris under a guard five hundred strong, in cavalry alone: こともあろうに騎兵五百人に守られてパリ入城を企図している
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
want sth left alone, left it to die out into oblivion: 〜をうやむやのうちに葬ってしまいたいと望んでいる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 247
A comes into the room along with B: AとBとが入ってくる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 287
he also calls for beer, into which he pours several spoonfuls of sugar: ついにビールにしこたま砂糖を入れて飲みはじめた
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 99
vacancy into which sb always sink: 決って虚脱状態に陥ってしまう
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
always be trying to get into one’s pants: 隙あらば(人の)パンツのなかにもぐりこもうと虎視眈々の様子だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
be swept into the schoolhouse among them: 少年たちにまじって校舎にはいって行く
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 166
gather a tremendous amount of cosmic force into its service: 厖大な量の宇宙的エネルギーを集中的に用いる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
taunt sb into betting a substantial amount: (人を)挑発して、巨額の賭けにひきずりこむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 329
turn into a skeletal ancient: 古ぼけた骸骨に化す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
She drank the water and went into a state of collapse: タカは水を飲むと、あとは気息奄々となってしまう
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 148
and all things ready to go down into the village: さて村へ帰る用意ができ上がる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
one’s anger deepen into fury: (人の)怒りはますますエスカレートする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
feel a frustrated anger creep into one’s chest: いらだたしい怒りが胸もとまでこみあげてくるのを感じる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
dip angrily into ...: 怒ったように〜を突つきだす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
pass into another stage of being: 生涯の新たな段階に足を踏み出す
wince and crawl back into one’s shell of nervous anticipation: 次第に萎縮してゆく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 208
look as though one would burst into tears any minute: いまにも泣きだしてしまいそうな顔をする
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
burst into flames over anything: 何にでもすぐに怒りだす
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 55
Yes, he's going into business anyway so he can quit graduate school anytime: ええ、どうせ商売するのやさかい、大学院なんて、いつやめても、よろしいんですて・・・
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 181
break into an apologetic smile: (顔を)ほころばせてすまなそうな笑みをうかべる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 268
cause an apparent side issue to lure sb into disclosing sth: 一見なんの関係もなさそうな論点をもちだして〜を人から引きだす
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 109
possibly A’s apparent frankness was a means of seizing the initiative and warning B not to intrude into this mystery: 磊落を装って、先手を打って、その秘密には触れるなと警告を発しているようでもあった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 55