× Q 翻訳訳語辞典
world   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜の住む世界
   
world of the dead: 死者たちの住む世界 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 30

おもて
   
この世
   
sth is about the best thing in the world: 〜ほどありがたいものはこの世にまたとない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
makes you wonder what the world’s coming to: まったくこの世も末だ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 258
ご時世
   
in a catch-as-catch-can world: せちがらいご時世では レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 49
そこ
   
do not have ... in the world: そこには〜なんて何ひとつない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 45
ども
   
outside, non-matriculating world: 学外の無学者ども サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 8

   
world of men: 人界 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
business world: 財界 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 31
be insulated from the outside world: 外界から隔絶する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 34
   
the whole world: 皆が皆 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 253
   
the hall-door is opened upon a glimmering world: 玄関ドアが開かれると、外はきらめいていた セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 44
外の世界
   
depart for the world: 外の世界に出ていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
業界
   
the truffle world: トリュフ業界 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 78
the book world: 本の業界 ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 114
one of the most famous names in ... world: 〜業界では何本かの指にはいる著名人 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
   
live in a kind of wondrous world: 不思議の国に生きている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
時代
   
the world isn’t quite ready for sb: 時代のほうが(人に)追いついていない ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 48
社会
   
the Anglo-Saxon world: アングロ・サクソン系の社会 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 177
人間
   
be unintelligible to the rest of the world: 外の人間には不可解の一語につきる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 39
   
world where all men are each other’s enemies: 万人が万人にとって敵である世 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
leave this world: この世にいない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
in a better world: 世が世なら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 434
depart from this world: この世にいなくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 158
be said to be the only one in the world in ...: 〜ので世にも有名だ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 92
世のあらゆる
   
sins of the world: 世のあらゆる罪悪 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 187
世の中
   
way of the world: 世の中そうしたものだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 251
there is no such thing as sth in the world: 〜なような〜は世の中にあるはずがない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
take little enough pleasure in this world as it is: 世の中のどっちを向いても面白くない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 47
stand completely alone in this world: 世の中にたった一人住んでいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 268
live alone in this world: 世の中にたった一人で暮らす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 143
it is a crummy world: 世の中ろくなことはない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 85
dislike the world so much: 世の中を見る(人の)眼が厭世的だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 51
discourse about the world in general: 世の中一般のことについて語り合う ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 43
a lousy world: いやな世の中 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 123
世界
   
World Industry Conference on Environmental Management: 環境保全型経営に関する世界産業会議 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10
World Conservation Strategy: 世界自然保全戦略 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
World Commission of Environment and Development: 環境と開発に関する世界委員会(WCED) ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
wobbling world: ゆれうごく世界 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 19
the world sb have always lived in: (人が)住みなれたもとの世界 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
the world one live in: 〜の世界 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 38
the world looks different from above: 空から見ると世界は変わる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
the world is burning the equivalent of 10 billion metric tons of coal per year: 世界では石炭換算で年間100億トンが燃やされている ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
the world as it is: 昔ながらの世界 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 323
the world’s most powerful hurricane: 世界一強大なハリケーン クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
the whole poor world: 世界じゅうのあわれな人々 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 350
the whole damned world: 全世界 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
the troubles in this world: 世界中で起こっているいざこざ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 53
the tackiest ... in the world: 世界一低俗趣味 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
the reality of a merciless world: 無慈悲な世界のリアリティー ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 521
the most reasonable, rational decision in the world: 世界一賢明で、世界一合理的な決定 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
the finest in the world some say: 世界一と折り紙をつける向きもある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 225
the big-bucks world: 大金の動く世界 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
the best damned sth in the world: 世界一すばらしい〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
succeed in this world: 外の世界でうまくやっていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 33
stay in the political world: 政治の世界に身をおく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 115
sb strung out across most of the world’s time zones: 時差のある世界各地の人たち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 80
return the favors to the world around one: まわりの世界に向かってお返しをする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
peripheral world just beyond the corners of one’s eyes: 視野のすぐ外側の世界 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 170
one live in a world of one’s own: (人に)は(人の)世界がある 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 5
one’s own private world: だれにも邪魔されることのない世界 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
no world has been as good as ...: 〜ほどすばらしい世界は存在したためしがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
make the world better: よりよい世界をきずく イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 329
learn to acknowledge the existence of a world other than one’s own: 自分以外に世界のある事を悟る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 201
keep the outside world at bay: 外なる世界を寄せつけないようにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 174
in a perfect world: ふつうの世界なら トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
if the world were mere emptiness: 世界が虚妄にすぎないならば 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
feel safe against the world: 自分が外の世界からしっかりと守られているように感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 276
equal to few in the world: 世界にもほとんど例がない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 341
do one’s best to carry one’s child through a world that ...: 子供をかかえたまま、〜の世界を、なんとかくぐり抜ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
difficult and ambiguous world: 厳しくかつ茫漠たる世界 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
cover the world with imagination: 想像力を発揮して世界を塗りつぶす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 80
confront the world: 世界に接する 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 59
be ready to learn to see the world through sb’s eyes: (人の)目を通して世界を眺める心の準備ができる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
as far as the world could see: 世界の目から見るかぎり イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 115
any wider world beyond one’s own small circle: 外の世界 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 142
another world: 別世界 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
an enchanted, thrill-packed world: ヨロコビとコーフンに満ちた世界 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
alter the face of the world: 世界を変える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
all over the world: 世界各地の デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 435
affect the world around: 世界の人々に影響を与える フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 264
a world that sb can never have expected to find oneself in: まったく予期もしなかった未知の世界 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
a world reversed: 明暗逆転した世界 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
a world of weird psychic shadows: 浮世離れした心霊術の影の世界 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
a world of no forgiveness: 赦しというものを知らぬ世界 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 525
a world made only for guys: 男だけに与えられた世界 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
a woman in a man’s world: 男の世界にまぎれこんだ女 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
... capital of the world: 世界に冠たる〜の本場 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 44
世間
   
woman of the world: 世間を知っている女 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
turn the world upside down: 世間を無茶苦茶に荒しまわる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 571
turn one’s back on the rest of the world: 世間に背中を向ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 67
the vulgar world: 俗世間 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 9
the alcoholics of the world: 世間にごろごろころがっているアル中患者 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
in the midst of a corrupt world: 世間はどうあろうとも 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
have little contact with the outside world: 殆んど世間と交渉がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 145
go through the world together: 手をたずさえて世間をわたる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 44
expect anything from the world: 世間に向って働らき掛ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
be rather weary of the world: 世間が嫌いだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
a woman of the world: 世間を知っている女 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 223
a big world: 広い世間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 41
世間の人
   
come to grips with the world: 世間の人のお相手をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 496
世間一般
   
世事
   
dumb to the world: 世事に疎い 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 94
世知
   
a man of the world: 世知にたけた人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 478
   
in the heart of the Ice Age of an alien world: 異国の星の、氷河時代の真只中の ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 29
生活
   
the world go to hell: 生活はめちゃめちゃ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 51
生活のあらまし
   
Such was Honda's world about this time: これがこのごろの本多の生活のあらましであった 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 8
全世界
   
tell the world: 全世界に喧嘩を売る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
declare for victory or death against the world in arms: 武器をとって立ち向ってきた全世界に対して、勝利か死の戦いを宣する ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
   
prove to oneself and the world that ...: 〜と自他へ証明してみせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
地域
   
developing world: 開発途上地域 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 5
cut one’s aid to the developing world: 開発途上地域への援助を削減する ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 5
地球
   
sth makes one’s world go round: 〜があればこそ、地球はまわる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 63
anywhere in the world: 地球上をどこまで行っても 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 54
天下
   
talk contemptuously of the whole world: 天下を睥睨する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 187
reveal sth to the world: 〜を天下の晒しものにする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 35
feel on top of the world: 天下を取った気持ちだ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 148
all’s right with the world: 天下は泰平だ 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 89
天下の情勢
   
review the world: 天下の情勢を論じ合う フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 121
浮世
   
renounce the world: 浮世をいとう 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 9
風景
   
suddenly, the whole world looks different: まわりの風景が一変する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
満天下
   
be exposed to the world as a thief: 〜の名が泥棒として満天下に知れわたる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 323
娑婆
   
be out of the world: 娑婆にご無沙汰している レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 188

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

world events: 天下国家の趨勢
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 10
withdraw from the world: 隠居する
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 164
what is the world coming to?: 世も末だ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 121
unsettling other world: なにやらおそろしい異次元に近いもの
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 89
understand the world: ばかじゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 69
this part of the world: この地域
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 118
this lower world: 娑婆苦
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 62
the world of shadows: 冥土
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 84
the whole world: 会う人間をすべて
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 158
the whole world: 世界中の人々
small world isn’t it?: 奇遇だな
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 48
rise in the world: 出世する
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 96
rich world: 先進国
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 323
rest of the world: 世界
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 123
outside world: 外界
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 92
of this world: この地上の
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 274
nothing in the world: 絶対に
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 36
leave this world: あの世に行く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
in sb’s world: (人に)してみれば
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 483
in sb’s world: (人の)暮しのなかでは
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 12
go out in the world: 出世する
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 160
be in a dream world: 夢見心地
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 252
around the world: 古今東西変わらぬ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 210
all the world: 万人
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 327
a waif of the world: きまぐれ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 260
you’ve been spreading the world I hear: 言いふらしているでしょう
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 142
wouldn’t have missed sth for the world: 〜を見のがしっこはない
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 273
wouldn’t do for anything in the world: どんなことがあっても〜しない
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 15
would have felt on top of the world: 天にも昇る心地がしたことだろう
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 205
world of one’s immediate acquaintance: (人の)周囲
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 83
without AA, all BB in the world is ...: AAがなければBBもしょせんは〜にすぎない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 209
whom outside world call selfish: 世間は(人を)利己主義者だという
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 52
where in the world is he?: どこへ行っちゃったのかしらねえ、彼
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
when the whole world seems to be conspiring against one: なんだかひどく徒労感をおぼえる時
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 122
treat sb with all the deference in the world: このうえなく丁重に(人と)対する
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 114
too good for this world like saint: 普通に生きていくには人が良すぎる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 97
to get advancement in the world: 出世のために
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 70
this is not the best time in the world to talk about ...: 〜を今持ち出すのは適当とは言えない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 327
think the world of sb: (ひとに)ずいぶん熱をあげる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 113
think the world of sb: (人に)ぞっこんになる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 146
think the world of sb: (人のことを)大いに考えてやる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 81
think the world of sb: (人を)大いにかう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 179
there never is sth in this world: 〜はまたとあるまい
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 357
there is still light in the world: 捨てる神あれば拾う神あり
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 18
there is nobody left in the world who actually loves me: もうこれでぼくを愛してくれる人は誰もいなくなる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 129
there’s a world of difference between ... and ...: 〜と〜では雲泥の差がある
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 525
the world’s most vigorous neat-freak: 常軌を逸した整理魔
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 103
the world’s most boring subject: 世界でいちばん退屈なもの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
the most ... in the world: 世界一の〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 400
the last thing in the world one need: (人)にとってとてつもなく迷惑なこと
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 157
the departed have nothing to worry about in this world: 後顧の憂ひはない
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 16
the child sb labored to bring forth into the world: 自分でお腹を痛めた子
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 389
that the world might know hope and joy: 人に希望と喜びを与えるために
that is a good world too: それはそれでわるくない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
start to figure out how the real world works: モノゴコロつく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
shut out the world: すっかり視界をさえぎる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 222
screw the whole world and one’s sister: だれとでもやりまくる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 58
sb who knows nothing of the world: 世間しらずの(人)
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 68
sb the world could do without: 死んだ方がましな
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 162
sb’s is a world of ...: (人は)〜の世界に生きている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 139
sail through like the world owes one a living: お天道さんが照るのはあたり前って顔して、あっち行ったりこっち行ったりする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 370
rest of the world thinks sb is the murderer: 殺人の濡衣を着せられる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 248
people take sex seriously in this part of the world: よその世界とちがい、ここではセックスは冗談事ではない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 147
one’s experience of the world being what it is: (人の)今まで経過して来た境遇
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
nothing else in the world counts for anything: 〜の他には何ひとつ目に入らない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 240
nor for worlds one do ...: どんなことがあろうとも〜するつもりはない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 348
never quite join the secular world: 俗世にくみせず
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
never once considering how in the world ...: 〜なんてことは、てんで頭にない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 14
man of the world: 世知に長けた人間
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 31
make one’s way in the world by feeding on sth: 〜によって生活する
looking for all the world as if one is out to kill: 親の仇といった顔で
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
look for all the world like ...: 〜としか見えない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 46
live in one’s own romantic world: 勝手な空想だ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 70
like nothing better in the world than ...: なにが好きといって、〜ほど好きなことはない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 182
leaving one no leisure to ponder the world around one: 真直ぐ前だけ見て走って来た
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 192
it is the most natural thing in the world for sth to do: 〜が〜するのは至極当然のことである
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 35
it is the easiest thing in the world to do ...: 〜するのなんかわけない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 133
in those parts of the world: その分野では
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 108
in this part of the world: この土地では
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 33
in the wider world: こんなに大規模なスケールで
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
in a perfect world ...: 〜ならばいうことなしだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 141
in a perfect world: 世が世なら
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 156
I wish you all the happiness in the world: おしあわせに
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 137
how in the world ...: どうしてまた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 179
host the World’s Fair: (場所)で万国博が開かれている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
have no one in this world but sb to depend upon: (人)より外にまるで頼りにするものがない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 29
have every reason in the world to want ...: 〜を願ったとしてもなんの不思議もない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 337
have certainly risen in the world: 偉くなったものだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 364
halfway around the world: 地球の裏側から
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
greet sb with an exuberant display of delight and carry on at some length about what a small world it is: いかにも嬉しげに奇遇を述べたてる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 107
go out to take one’s place in the world: 社会に出て立派にやっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 123
get to hate everybody in the world: 世の中の人間がみんないやになる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 220
for all the world as if there were some mortal unavenged between us: まるで不倶戴天の仇をにらむかのように
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 16
feel out of touch with the real world: 現実感がしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 142
feel like one live in totally different worlds: 奇妙な疎外感を覚える
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
face of the frozen world: 凍りついた地上
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 23
everything in the world: ありとあらゆること
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
every last thing about A is worlds apart from B: AはBとは何から何まで違っている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
drop a rather lecherous man-of-the-world wink: いかにも好色そうな、俗っぽい表情でウィンクを送ってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
do the child all the good in the world: 子供には、これ以上のものはありませんからね
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 101
do sb a world of good: 〜でずいぶん(人が)楽になる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 141
do anything in the world to gain a reputation: 好評を得るためにはいかなる手段も辞さない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 10
do an out-of-this-world job: 人間業とは思えない活躍を見せる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 419
best sth in the world: 何といってもこの〜が一番だ
become disgusted with the rest of the world: 人に愛想を尽かす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
be total strangers to the kind of the world sb knows or has experienced: 〜に深いつきあいをした経験がない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
be the most natural thing in the world: わけもない
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 91
be the most beautiful girl in the world: 絶世の美貌
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 183
be the kind of a world we live in: 浮き世のさだめというもんだ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 141
be telling the world: 触れまわってる
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 21
be still trying to regain its place in the world: まだ復興途上にある
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 420
be somewhat removed from the realities of the world outside: 事情にうとい
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 115
be not quite of this world: どこか浮世ばなれした
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 147
be not long for this world: 余命幾ばくもない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 55
be not known at all in the outside world: 一向外部へ通じていない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
be in the only ... place in the world: 自分たちだけ〜な場所にいる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 186
be in a world of serious trouble: どえらいことをする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 119
be hardly the world’s best-trained dog: ちゃんとした躾をしなかった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
be done all over the world: 〜は世界中どこへ行っても同じである
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 213
be completely alone in the world: 天涯孤独を地で行く
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 146
be cast adrift in the world: 身も世もない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
be a man of the world: 世間ずれしている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 178
at peace with the world: 何も思いわずらうことなく
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 80
as to this world: この現世に関するかぎり
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 96
as the world view it: 世間的に云えば
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 310
as if sb have all the time in the world: いとも悠然と
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 15
as if it were the most natural thing in all the world: なんということもなく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 54
an ancient and other world: 古代の別世界
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
all the diplomatic protests in the world: いかなる外交筋からの抗議
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
all sth in the world: ありとあらゆる〜をよせ集めた
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 280
a world of shadows: おびただしい幻影にみちみちたこんなところ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 491
a singularity surrounded by an open and infinite world: 果しない虚空のまっただなかにある単一の存在
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 106
a man of the world: 世知にたけた老人
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 296
a world that had been refashioned anew in a darkness for our pleasure: 一夜の暗黒のうちに世界が人間の気に入るようにすっかり面目をあらたにする
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
pass across the stage of the world: 次々に世界の舞台上を通りすぎる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 211
the world about sb is all incomparably new: (人を)とりかこむ世界はたとえようなく新鮮だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 175
have all the time in the world: 時間はいくらでもある
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 17
declare full allegiance to the exclusive world of women: 積極的に、女と女の世界に踏み込んでいる雰囲気を身につける
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 149
as though he alone bears all the pain and misery in the world: この世の虐待を一身に背負ったような
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 81
had merely announced his plan to the world: この計画をちらりとでも匂わせたら
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 298
announce to the world that ...: 〜と豪語する
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 112
is there another woman in the world like sb: この世に(人の)ような女性がふたりといるだろうか
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 51
My boss's approval insulated me from the rest of the world: 部長のお墨付きをもらったからには、もはや怖いものなしである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
make an astute comment about the world economy: 世界経済についてするどい見解を披瀝する
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 30
world-wide focus of attention: 全世界的な関心の的
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 173
a perfect autonomous world: 完全な、一つの世界
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 59
a whole new world of woe awaits: 新しい嘆きの世界が眼前に待ちかまえている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 120
the world hold sb in awe: 世間から強面する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 332
get sb back into the real world: (人を)現実世界の空気に触れさせてやろう
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 87
do not believe one person can do much in this world: 人一人の力でできることは知れている、と(人は)思っている
bent on helping to make the world safe for democracy: 民主主義を脅かす敵から世界を守らなければ、という使命感に駆られて
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 16
the best sth in the world: 世界に冠たる〜
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 159
best AA in the world: 天下一品だよ、このAAばかりは
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 123
cease to bestir oneself in the world: 世の中へ出て活動する気もなくなる
what a better world it would be: 世の中どんなに暮らしやすいことだろう
a strange, shadowy world of phantoms and bewildering imaginings: 幽霊や妖怪の徘徊する不思議な、影に包まれた世界
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 103
a bewildering world: 謎に満ちた世界
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 235
other world some divine and yet dreadful place beyond their own: なにか神々しい、この世のものならぬ怖しい世界
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 71
big men in the financial world: 財界のお歴々
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 163
block all view to the world outside: 外の景色を確認することはできない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 37
bloody world: やくざな世の中
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 262
be located at the bottom of the world’s tables for industrial growth: 世界の経済成長から取り残される
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 107
call computers around the world: 世界中のコンピュータと交信する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 250
call out the door and tell the world: 戸口から世界中に聞こえるように怒鳴る
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 333
be invariably the case, all the world over: もっとも世界じゅうどこでもそうしたことに決っているのだが
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 203
get oneself caught in the world’s muck: この世の汚濁に身を巻き込まれる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 94
sb’s whole world changed: (人の)世界が一変した
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 17
ツイート