× Q 翻訳訳語辞典
immediate   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いま
   
immediate comment: いま言うこと ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
このまま
   
drinking oneself into a fit state for the immediate denunciation of one: あるいは一気に酔っぱらってしまって、このまま(人を)突き出すようなことにでもなる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 212
さしあたって
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 21
さしあたっての
   
the immediate future: さしあたってのこと トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
すぐさま
   
<例文なし> 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 130
すばやい
   
Ralston's reaction was immediate: ラルストンのうごきはすばやかった マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 62
すばやく
   
the name brings immediate recall: その名前が(人の)心にすばやく作用して記憶をよみがへらせる 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 125
そのまま
   
be in immediate touch with ...: 〜にそのままつながる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 223
ただちに
   
demand immediate attention: ただちに手当てをほどこさなくてはならない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 119
たちどころに
   
offer an immediate and imperious show of violence to sb: (人に)たちどころに居丈高な乱暴を働く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 146
たちまち
   
have the immediate effect of causing sb to freeze: たちまちこちこちになってしまう クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 83
come the expected and immediate response: たちまち、予想どおりの返事がとんでくる フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 24
なまなましく
   
have a vital and immediate memory of ...: 〜をなまなましく覚えている 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 7
まわりの
   
the immediate air: まわりの空気 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154

間髪を入れず
   
take immediate exception to sb: (人の)姿を眼にとめると、間髪を入れず不服を唱える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 94
間髪を入れずに
   
came back the immediate reply: 答えが間髪を入れずに返ってきた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 52
近い
   
immediate relatives: 近い親戚 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 165
現在
   
the immediate question involves ...: 現在かかわり合っているのは、〜である 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 246
差しせまった
   
far more immediate: ずっと差しせまった クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 111
至急
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 88
切迫している
   
be poignant and immediate: 深刻かつ切迫している アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 132
即時
   
urge immediate action: 即時対応を勧告する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 367
直系の
   
immediate family: 直系の身内 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 75
直属の
   
one’s immediate superior: 直属の上司 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
当面の
   
the immediate question: 当面の問題 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 357
immediate hope: 当面の期待 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 49
And then there should be a number of immediate and concrete advantages: それに、いろいろ、当面の具体的な利益だってあるわけでしょう 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 37
目下の
   
concentrate on the immediate reality before one: 自分のいる目下の状況だけに全身でのめりこむ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 241
目前の
   
more immediate worries: 目前の心配 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 357
覿面
   
immediate and obvious: 覿面に メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 15

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the immediate future: これからのこと
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 410
one’s immediate boss: (人の)上司
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 157
immediate response: 即答
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 316
immediate environs: わたしが属する世界
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 37
immediate answer: 即答
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
world of one’s immediate acquaintance: (人の)周囲
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 83
transition from spring to summer here is almost immediate: 高山では、いっぺんに春から夏へ移ってしまう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 164
the other dingy houses in the immediate vicinity: まわりに建っていたほかのみすぼらしい家々
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 201
that idea is enough to fill sb with such immediate despair: そう思うと、深い絶望感にとらわれることになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 126
that’s with immediate effect: たったいまからだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 161
take immediate steps towards the latter precaution: とりあえず後者の手を打つ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
success would be immediate: すぐにも頭角をあらわせるだろう
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 226
shoot out an immediate reply: 畳みかけるように口をひらく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
sb’s response is immediate and forceful: (人の)顔色が変わる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 142
one’s family and its immediate surroundings: 世間でも、家でも
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 85
offer an immediate and private look at ...: 〜を手にとるように伝えてくれる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 8
make the game more immediate: 臨場感が増す
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 353
in the immediate situation: さしあたって
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 294
in the immediate future: さしあたり
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 8
immediate prospects and pleasures: 眼の前のこと
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 78
immediate problems of existence: 生存ということそのものから直接に生じる問題
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 24
have the immediate reaction of guilt and responsibility: 反射的になにかうしろめたさと責任を感じる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 72
have more immediate troubles of one’s own to worry about: 自分の関心事にあらかた心を奪われている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 195
feel an immediate rush to one’s gut: 腹の底へきゅっと刺すような痛みを感じる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 200
be in no immediate financial difficulty: すぐ暮しに事欠くことはない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
be an immediate success: まさしく効果てきめん
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 72
a silent immediate guard appears between the curtains: 衛士が、垂れ幕のかげからすうっとあらわれる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 46
sb’s immediate ancestors: 両親
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 194
with the immediate danger of fire behind sb: 火事の危険がなくなると
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 203
ring an immediate bell: 〜でぴんとくる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 99
If the American claims are true, I urge immediate action: アメリカのいうことが事実なら、即時対応を勧告します
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 367
think ..., in immediate contradiction: 〜とすぐ思い直す
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 274
there is an immediate dispersal for these restoratives: さっそくみんな、薬を取りに飛んで行く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 50
through immediate postwar exigency: 戦争直後のどさくさまぎれに
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 179
a feature of such explosions’s immediate aftermath: そうした爆発事件直後の目立つ現象
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 14
His immediate reaction was one of horror: 一瞬彼は慄然とした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 239
It made the game infinitely more immediate: 一挙に臨場感が増すことは間違いなかった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 353
there’s no immediate likelihood of finding a job: すぐどこかへ勤めさせるというわけにはいかない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 48
When someone asked this in a pathetic whisper, Isao's response was immediate:: と1人が悲しげな声で呟いたのに、勲はすぐに応じて、こう言った
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 213
His immediate boss was delighted with Marvin's performance: 上司はアーヴィンの仕事ぶりを喜んだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 157
sb’s immediate reaction be ...: (人は)一瞬〜
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 239
immediate relation: 近親者
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 9
the immediate air is savored with sth: まわりの空気にはうまそうな〜の匂いがただよっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
get immediate sustenance: 飲みものや料理にありつけるのも早い
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 143
ツイート