× Q 翻訳訳語辞典
close   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜に似た
   
feel something close to ...: 〜に似た感情を抱く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349

「閉」の
   
button labeled ‘Doors Close’: 「閉」のボタン トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 196

あと一歩というところまでいっている
   
be close to doing: あと一歩というところまでいっている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
あぶない
   
Close, too damn' close he thought: あぶなかった、本当にあぶなかった、と自分にいいきかせた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
あぶないところである
   
That was too close: あぶないところでした マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 394
いよいよ
   
that’s how close it is, now: もういよいよだ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 214
おりる
   
the curtain closes: カーテンがおりる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297
かかる
   
sb’s hand closes on ...: 〜の手が〜にかかる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 111
がっきと押える
   
teeth close on ...: 歯ががっきと押える マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 346
きつく
   
press one’s eyelids closer together: まぶたをいっそうきつく閉じる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 419
くる
   
close rain shutters: 雨戸をくる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 232
さしかかる
   
be close on fifty: 五十の坂にさしかかる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
しっかと
   
so close is sb’s hold upon one’s arm, that ...: あまりにもしっかと(人の)腕をつかんでいるので〜 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 49
しっかり
   
hold close to keep one’s baby from the wind: 子供を風から守るようにしっかり抱きしめる ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 250
しっかりと
   
sit close to sb: (人に)しっかりと身を寄せる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
しみったれた
   
such close dealing: そんなしみったれた買いかた O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 5
parsimony that such close dealing implies: そんなしみったれたけちくささ O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 8
しめくくり
   
bring one’s address to a close: しめくくりの訓示をつづける 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 56
じっくり
   
take a close look: じっくり見る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 140
じっと
   
pay close attention: じっときいてる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 416
すぐ
   
speak close beside sb: すぐそばで声をかける セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 106
すれすれに
   
an unusually large saucepan flies close by it: べらぼうに大きなソース鍋がすれすれにとんでくる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 82
すれすれの
   
come as close to the pornographic as anything the media could publish: 新聞が掲載できるポルノすれすれのものである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
そこ
   
very close: すぐそこ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
そば
   
want a faithful presence close to sb: 心許せる相手を一人そばにおきたい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
put oneself close to ...: 〜のそばにいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
pass very close to ...: 〜のすぐそばを通る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
keep closest to sb: いつも(人を)そばにおく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 299
bring the chair close to the sofa: 椅子をソファーのそばに置く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 332
そばに
   
have a listing very close to that of ...: 電話番号は、〜のすぐそばに載っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 245
そばへ
   
pull sb close: そばへひきよせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 165
そらす
   
deftly close the subject: 巧みに話をそらす グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 200
たいして変わらぬ
   
sb close to one’s children’s ages: 自分の娘や息子とたいして年の変わらぬ(人) トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
たたむ
   
close the bungalow: バンガローをたたむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 273
close out the apartment: アパートをたたんでひきあげる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
ちかぢか
   
a close look at ...: 〜をちかぢかと見る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 166
ちかづける
   
bring one’s boat closer: 自船をさらに近づける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 57
つかむ
   
close over sb’s arm: (人の)腕をつかむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
つぐむ
   
close one’s mouth: 口をつぐむ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 52
つぶさに
   
close study: つぶさに調べる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 107
close inspection reveal ...: つぶさに調べてみると〜だった フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 149
つぶる
   
close one’s eyes to weigh ...: 目をつぶって考える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
つむる
   
close one’s eyes: 目をつむる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
ばたんと閉じる
   
close a diary immediately: 咄嗟にばたんと日記を閉じる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 24
ばたんと閉まる
   
the door close: ドアがばたんと閉まる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 44
ぴったり
   
pack close behind: うしろからぴったりつづく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
have in close attendance a conscript to chivy one along: (人に)新兵一人がぴったりつく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 448
ぴったりと
   
be lined with beds, laid in close formation: 〜にベットがくっつきあうようにぴったりと並べられている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 223
ふさぐ
   
close one’s hole: 穴をふさぐ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 129
close off ...: 〜をふさぐ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
ふたをする
   
close the box: 箱にふたをする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
へばりついて
   
be as close behind sb as a fart: (人の)ケツに屁のようにへばりついて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
みごとなものだ
   
be close: みごとなものだ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 427
むっとする
   
be sweating in the close warm air: むっとする暑い空気に汗をかいている ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 152
もうすぐ
   
it is Sunday and close to Christmas: 今日はもうすぐクリスマスという日曜日だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 179
もう少しで
   
be close to crossing the Oregon-Idaho border: もう少しで州境を超えてアイダホに入るというところまでいく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 233
もっと奥深く
   
splinter of something more abiding buried closer to one’s heart: 心のもっと奥深くに潜むある感情のかけら トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
よく
   
see how close the resemblance had been between sb1 and sb2: 〜と〜が、どれほどよく似ているかを見きわめる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 83
on closer inspection of ...: 〜をよく観察してみると トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19

ギリギリの線
   
be as close as ...: 〜かのギリギリの線 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306

営業を終える
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
押さえる
   
close the mouth of the fountain with one’s thumb: 噴水口を指で押さえる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 46
懐いて
   
be close to sb: (人に)懐いている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 104
開きがない
   
間一髪の差で
   
close calls dodging ...: 〜を間一髪の差でよける キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 48
間近
   
see the top military leadership up close: 軍の最上層部を間近に学ぶ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
眼前
   
death is at last very close: 眼前にせまりつつある死 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
危ないところ
   
Hell, that was close: やれやれ、危ないところだった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 213
寄りそう
   
pose close as lovers: 恋人のように寄りそう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
休止期
   
come to a close: 休止期が訪れる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 427
距離をつめ
   
walk close together without making much noise: 鳴りを静め距離をつめまとまって歩いてくる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 204
強い
   
one’s close attachment to one’s mother: 母親への強い愛着 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
強く
   
burrow in closer against one’s chest: (人の)胸にさらに強くしがみつく フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 483
緊密なる
   
work on sth in close cooperation: 緊密なる協力のもとに〜に取り組む デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 257
近い
   
run one’s hand through the close crop of one’s hair: 五分刈りに近い髪の毛を手で梳く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327
be close to tears: 涙声に近い プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 215
近いもの
   
be as close to word-for-word identical as sth: ぴったり一致というのに近いものだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
近く
   
up close sb can see ...: 近くから観察すると〜がわかる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
move a little closer: 少しこちらに近寄る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 21
be closer to three hours away: 三時間近くある ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 50
近くに
   
get close enough to sb: (人の)近くに寄る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
近くの
   
a distant view of close things: 近くのものを遠くに見る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
近づく
   
lean over the desk so that one can get closer to sb: 上半身を机の上に折り曲げるようにして(人の)顔を(人)に近づける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 236
close up: 近づいて見れば サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 61
近づける
   
lean close to ...: 〜にいっそう身体を近づける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
近寄る
   
never try to get too close: 決して必要以上に近寄ろうとはしない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 99
決定
   
closed issue: 決定事項 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 133
結束のかたい
   
be close: 結束のかたい ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 41
戸締まりをすます
   
close up one’s office: オフィスの戸締まりをすます ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 154
塞ぐ
   
close off the street: 道路を塞ぐ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 373
細かく
   
is there anyone whose life would really bear close investigation: 私生活を細かくしらべられてほこりの出ない人っているでしょうか アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 212
参入するチャンスを失う
   
close the market: 市場に参入するチャンスを失う サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 101
似た
   
something close to fright: 恐怖に似たもの トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
I found an Orlando Gleason, but nothing else close: オーランド・グリーソンというのがひとりいたが、そのほかには似た名前すらない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 310
似ている
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 155
手もとに
   
keep the unfashionable babies close: 赤ん坊などという野暮なものを手もとにおく ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 191
手元
   
keep sb close to one: (人を)手元に置く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
手前
   
be close to sb: (人の)手前にある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 329
縮まる
   
the distance closes: 距離は縮まる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 467
慎重な
   
can not withstand close scrutiny: 慎重な観察には耐えられない フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 97
深い
   
have a close relationship with sth: 〜と深い関係がある 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 7
親しい
   
one is, after all, a very close friend, isn’t he?: 平生あんなに親しくしている間柄なのに 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 253
親しさ
   
become close: 親しさを増す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 50
親しみを有つ
   
be close to sb: (人に)親しみを有つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
親近感を感じる
   
feel closer to sb than one has ever felt before: これまでに感じたことのないような親近感を(人に)感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 512
親密な
   
it is the closest the two of us ever become: (人と)僕との関係がいつになく親密なものになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 394
身近
   
keep sb close to sb’s heart and life: (人を)身近に置いて愛を注ぐ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 125
feel close to ...: 身近に感じる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 54
身近な
   
bring eternity too close: 永遠というものが身近になりすぎておられる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 49
身近に
   
Oddly enough, it seemed that Sonoko was all the closer to me at such times: おかしなことに、そうしている方が、私には園子がより身近に居るように思われるのだった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 160
打ち切る
   
ever since ... closed: 〜が打ち切られたのを デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 34
仲が良い
   
sb and sb are close: (人)と(人)の仲が良い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 204
仲はよい
   
Dad and I were pretty close: 親子仲はよかったからね クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
仲好し
   
They weren't close any more: 彼らとはもう仲好しではなかった アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 108
追いつめる
   
close in on sb: (人を)追いつめる ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 69
塗りこめる
   
close over ...: 〜を塗りこめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 421
肉薄する
   
close with one’s fangs: 牙をもって肉薄する ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 57
濃い
   
close relatives: 濃い血縁の者 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 213
伯仲する
   
make the game close: 試合が伯仲する ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 420
迫ってくる
   
be devilishly close: 断然迫ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 526
迫る
   
sb’s eyes close: (人の)眼が迫る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
be close to home: 真実に迫る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 143
閉じられる
   
the door closes on sb: (人を)残して、部屋のドアが閉じられる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 77
閉じる
   
the door is not quite closed all the way: ドアがぴったり閉じていない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
sb’s lids close slowly: そっと目を閉じる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
one’s eyes still closed: 目を閉じたままで 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 53
close one’s eyes for extra pleasure: 楽しみをじっくり味わいたくて目を閉じる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 39
close one’s eye for a minute: しばし目を閉じる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 56
閉められている
   
have finally closed the door: ドアももう(人の)手によって閉められている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
閉める
   
close the door behind one’s back with one’s other hand: (ドアを)後ろ手に閉める 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 67
close the door behind one: うしろ手にドアを閉める タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 142
close behind sb: (人の)背後で閉められる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
be not quite closed: 少しぞんざいに閉めてある 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
閉会
   
at the close of a special session: 特別議会の閉会まぎわに クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 7
暮れかかる
   
on hearing when the day closes in that ...: その日も暮れかかるころ、〜という情報が伝わると ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
   
close of one’s fiscal year: 会計年度末 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 147
密接に
   
be in close contact: 密接に連絡をとりあう デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 184
落着
   
the close of the affair: 事件落着 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 248
落着する
   
"Can we consider this incident closed" he asked both men: 「この件は、これで落着したと考えていいかな」ふたりを等分に見てアランは訊いた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
路地
   
clatter down the close: 靴音高く路地を進む セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 71
昵懇な
   
close family friends: 昵懇な知人 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 112
ツイート