× Q 翻訳訳語辞典
close   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜に似た
   
feel something close to ...: 〜に似た感情を抱く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349

「閉」の
   
button labeled ‘Doors Close’: 「閉」のボタン トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 196

あと一歩というところまでいっている
   
be close to doing: あと一歩というところまでいっている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
あぶない
   
Close, too damn' close he thought: あぶなかった、本当にあぶなかった、と自分にいいきかせた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
あぶないところである
   
That was too close: あぶないところでした マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 394
いよいよ
   
that’s how close it is, now: もういよいよだ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 214
おりる
   
the curtain closes: カーテンがおりる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297
かかる
   
sb’s hand closes on ...: 〜の手が〜にかかる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 111
がっきと押える
   
teeth close on ...: 歯ががっきと押える マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 346
きつく
   
press one’s eyelids closer together: まぶたをいっそうきつく閉じる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 419
くる
   
close rain shutters: 雨戸をくる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 232
さしかかる
   
be close on fifty: 五十の坂にさしかかる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
しっかと
   
so close is sb’s hold upon one’s arm, that ...: あまりにもしっかと(人の)腕をつかんでいるので〜 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 49
しっかり
   
hold close to keep one’s baby from the wind: 子供を風から守るようにしっかり抱きしめる ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 250
しっかりと
   
sit close to sb: (人に)しっかりと身を寄せる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
しみったれた
   
such close dealing: そんなしみったれた買いかた O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 5
parsimony that such close dealing implies: そんなしみったれたけちくささ O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 8
しめくくり
   
bring one’s address to a close: しめくくりの訓示をつづける 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 56
じっくり
   
take a close look: じっくり見る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 140
じっと
   
pay close attention: じっときいてる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 416
すぐ
   
speak close beside sb: すぐそばで声をかける セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 106
すれすれに
   
an unusually large saucepan flies close by it: べらぼうに大きなソース鍋がすれすれにとんでくる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 82
すれすれの
   
come as close to the pornographic as anything the media could publish: 新聞が掲載できるポルノすれすれのものである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
そこ
   
very close: すぐそこ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
そば
   
want a faithful presence close to sb: 心許せる相手を一人そばにおきたい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
put oneself close to ...: 〜のそばにいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
pass very close to ...: 〜のすぐそばを通る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
keep closest to sb: いつも(人を)そばにおく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 299
bring the chair close to the sofa: 椅子をソファーのそばに置く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 332
そばに
   
have a listing very close to that of ...: 電話番号は、〜のすぐそばに載っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 245
そばへ
   
pull sb close: そばへひきよせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 165
そらす
   
deftly close the subject: 巧みに話をそらす グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 200
たいして変わらぬ
   
sb close to one’s children’s ages: 自分の娘や息子とたいして年の変わらぬ(人) トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
たたむ
   
close the bungalow: バンガローをたたむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 273
close out the apartment: アパートをたたんでひきあげる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
ちかぢか
   
a close look at ...: 〜をちかぢかと見る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 166
ちかづける
   
bring one’s boat closer: 自船をさらに近づける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 57
つかむ
   
close over sb’s arm: (人の)腕をつかむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
つぐむ
   
close one’s mouth: 口をつぐむ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 52
つぶさに
   
close study: つぶさに調べる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 107
close inspection reveal ...: つぶさに調べてみると〜だった フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 149
つぶる
   
close one’s eyes to weigh ...: 目をつぶって考える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
つむる
   
close one’s eyes: 目をつむる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
ばたんと閉じる
   
close a diary immediately: 咄嗟にばたんと日記を閉じる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 24
ばたんと閉まる
   
the door close: ドアがばたんと閉まる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 44
ぴったり
   
pack close behind: うしろからぴったりつづく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
have in close attendance a conscript to chivy one along: (人に)新兵一人がぴったりつく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 448
ぴったりと
   
be lined with beds, laid in close formation: 〜にベットがくっつきあうようにぴったりと並べられている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 223
ふさぐ
   
close one’s hole: 穴をふさぐ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 129
close off ...: 〜をふさぐ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
ふたをする
   
close the box: 箱にふたをする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
へばりついて
   
be as close behind sb as a fart: (人の)ケツに屁のようにへばりついて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
みごとなものだ
   
be close: みごとなものだ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 427
むっとする
   
be sweating in the close warm air: むっとする暑い空気に汗をかいている ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 152
もうすぐ
   
it is Sunday and close to Christmas: 今日はもうすぐクリスマスという日曜日だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 179
もう少しで
   
be close to crossing the Oregon-Idaho border: もう少しで州境を超えてアイダホに入るというところまでいく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 233
もっと奥深く
   
splinter of something more abiding buried closer to one’s heart: 心のもっと奥深くに潜むある感情のかけら トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
よく
   
see how close the resemblance had been between sb1 and sb2: 〜と〜が、どれほどよく似ているかを見きわめる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 83
on closer inspection of ...: 〜をよく観察してみると トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19

ギリギリの線
   
be as close as ...: 〜かのギリギリの線 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306

営業を終える
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
押さえる
   
close the mouth of the fountain with one’s thumb: 噴水口を指で押さえる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 46
懐いて
   
be close to sb: (人に)懐いている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 104
開きがない
   
間一髪の差で
   
close calls dodging ...: 〜を間一髪の差でよける キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 48
間近
   
see the top military leadership up close: 軍の最上層部を間近に学ぶ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
眼前
   
death is at last very close: 眼前にせまりつつある死 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
危ないところ
   
Hell, that was close: やれやれ、危ないところだった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 213
寄りそう
   
pose close as lovers: 恋人のように寄りそう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
休止期
   
come to a close: 休止期が訪れる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 427
距離をつめ
   
walk close together without making much noise: 鳴りを静め距離をつめまとまって歩いてくる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 204
強い
   
one’s close attachment to one’s mother: 母親への強い愛着 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
強く
   
burrow in closer against one’s chest: (人の)胸にさらに強くしがみつく フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 483
緊密なる
   
work on sth in close cooperation: 緊密なる協力のもとに〜に取り組む デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 257
近い
   
run one’s hand through the close crop of one’s hair: 五分刈りに近い髪の毛を手で梳く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327
be close to tears: 涙声に近い プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 215
近いもの
   
be as close to word-for-word identical as sth: ぴったり一致というのに近いものだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
近く
   
up close sb can see ...: 近くから観察すると〜がわかる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
move a little closer: 少しこちらに近寄る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 21
be closer to three hours away: 三時間近くある ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 50
近くに
   
get close enough to sb: (人の)近くに寄る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
近くの
   
a distant view of close things: 近くのものを遠くに見る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
近づく
   
lean over the desk so that one can get closer to sb: 上半身を机の上に折り曲げるようにして(人の)顔を(人)に近づける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 236
close up: 近づいて見れば サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 61
近づける
   
lean close to ...: 〜にいっそう身体を近づける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
近寄る
   
never try to get too close: 決して必要以上に近寄ろうとはしない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 99
決定
   
closed issue: 決定事項 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 133
結束のかたい
   
be close: 結束のかたい ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 41
戸締まりをすます
   
close up one’s office: オフィスの戸締まりをすます ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 154
塞ぐ
   
close off the street: 道路を塞ぐ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 373
細かく
   
is there anyone whose life would really bear close investigation: 私生活を細かくしらべられてほこりの出ない人っているでしょうか アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 212
参入するチャンスを失う
   
close the market: 市場に参入するチャンスを失う サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 101
似た
   
something close to fright: 恐怖に似たもの トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
I found an Orlando Gleason, but nothing else close: オーランド・グリーソンというのがひとりいたが、そのほかには似た名前すらない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 310
似ている
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 155
手もとに
   
keep the unfashionable babies close: 赤ん坊などという野暮なものを手もとにおく ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 191
手元
   
keep sb close to one: (人を)手元に置く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
手前
   
be close to sb: (人の)手前にある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 329
縮まる
   
the distance closes: 距離は縮まる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 467
慎重な
   
can not withstand close scrutiny: 慎重な観察には耐えられない フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 97
深い
   
have a close relationship with sth: 〜と深い関係がある 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 7
親しい
   
one is, after all, a very close friend, isn’t he?: 平生あんなに親しくしている間柄なのに 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 253
親しさ
   
become close: 親しさを増す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 50
親しみを有つ
   
be close to sb: (人に)親しみを有つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 22
親近感を感じる
   
feel closer to sb than one has ever felt before: これまでに感じたことのないような親近感を(人に)感じる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 512
親密な
   
it is the closest the two of us ever become: (人と)僕との関係がいつになく親密なものになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 394
身近
   
keep sb close to sb’s heart and life: (人を)身近に置いて愛を注ぐ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 125
feel close to ...: 身近に感じる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 54
身近な
   
bring eternity too close: 永遠というものが身近になりすぎておられる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 49
身近に
   
Oddly enough, it seemed that Sonoko was all the closer to me at such times: おかしなことに、そうしている方が、私には園子がより身近に居るように思われるのだった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 160
打ち切る
   
ever since ... closed: 〜が打ち切られたのを デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 34
仲が良い
   
sb and sb are close: (人)と(人)の仲が良い ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 204
仲はよい
   
Dad and I were pretty close: 親子仲はよかったからね クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
仲好し
   
They weren't close any more: 彼らとはもう仲好しではなかった アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 108
追いつめる
   
close in on sb: (人を)追いつめる ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 69
塗りこめる
   
close over ...: 〜を塗りこめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 421
肉薄する
   
close with one’s fangs: 牙をもって肉薄する ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 57
濃い
   
close relatives: 濃い血縁の者 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 213
伯仲する
   
make the game close: 試合が伯仲する ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 420
迫ってくる
   
be devilishly close: 断然迫ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 526
迫る
   
sb’s eyes close: (人の)眼が迫る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
be close to home: 真実に迫る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 143
閉じられる
   
the door closes on sb: (人を)残して、部屋のドアが閉じられる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 77
閉じる
   
the door is not quite closed all the way: ドアがぴったり閉じていない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
sb’s lids close slowly: そっと目を閉じる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
one’s eyes still closed: 目を閉じたままで 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 53
close one’s eyes for extra pleasure: 楽しみをじっくり味わいたくて目を閉じる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 39
close one’s eye for a minute: しばし目を閉じる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 56
閉められている
   
have finally closed the door: ドアももう(人の)手によって閉められている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
閉める
   
close the door behind one’s back with one’s other hand: (ドアを)後ろ手に閉める 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 67
close the door behind one: うしろ手にドアを閉める タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 142
close behind sb: (人の)背後で閉められる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
be not quite closed: 少しぞんざいに閉めてある 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
閉会
   
at the close of a special session: 特別議会の閉会まぎわに クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 7
暮れかかる
   
on hearing when the day closes in that ...: その日も暮れかかるころ、〜という情報が伝わると ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
   
close of one’s fiscal year: 会計年度末 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 147
密接に
   
be in close contact: 密接に連絡をとりあう デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 184
落着
   
the close of the affair: 事件落着 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 248
落着する
   
"Can we consider this incident closed" he asked both men: 「この件は、これで落着したと考えていいかな」ふたりを等分に見てアランは訊いた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
路地
   
clatter down the close: 靴音高く路地を進む セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 71
昵懇な
   
close family friends: 昵懇な知人 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 112

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

walk close together: 寄添って歩く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
up close: 間近に
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 232
up close: 近くで見ると
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
that was close: あぶないところだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
so close: ぎりぎりの場所
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
snap sth close: とじる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
sb’s closest adviser: (人の)腹心の相談役
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 220
one’s closest friend: 無二の親友
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 47
on closer inspection: よく見ると
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
on closer examination: あらためてじっくり見なおすと
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 155
it’s pretty close: だいたいこんなところだと思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
in close quarters: 身近にいて
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
huddle closer: 体をぐっとのりだす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 216
get up close: ぐっと迫る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 305
get too close: すぐそばまで迫ってくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 147
get closer: 気持がどんどん溶け合ってゆく
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 129
door close: 閉
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
death looms closer: 死が迫っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 207
darkness closes around: 夜の闇が迫ってくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 337
cut it close: ちょっと無理がある
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 241
come closer: 耳を貸して下さい
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 116
come close: 王手をかける
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 428
closest friend: ごく親しい友人
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 14
close with sb: どんどん近づいてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
close with sb: 射程に入る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
close up shop: 切り上げる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 74
close up shop: 店をたたむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
close up: 終わる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
close up: 締め出す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 78
close up: 幕とする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 78
close sth: ひらいていた〜を閉じる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
close one’s eyes tightly: 瞑目する
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 153
close one’s eyes: 瞑目する
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 7
close on ...: 〜のクロース・アップ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 45
close in the gap: 追いつく
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 105
close for comfort: 身も蓋もない
close by: すぐそば
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
close at hand: すぐそばで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
close at hand: 手もとに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
case closed: 一件落着ですよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
bring sth closer: 〜で引き寄せる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 542
bent close: 身をのりだす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
become close: 結束を固める
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 263
be very close: じっこんだ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 96
be very close: 切っても切れぬ間柄
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 104
be closer together: びっしり集まる
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 28
be closed: けりがつく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 485
be closed: たたまれた(店)
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 48
be closed: 忘れられる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 36
be close enough: すぐ目の前まで近づく
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 361
be a close call: 危ない
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 20
as close as: 〜にひとしい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
a close knit: 結束が固い
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 407
you have no fighter close to it: どんな戦闘機も足元にも及ばない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
work or live in close proximity: 同じところで働いたり暮したりしている
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 38
whisper ... closer in sb’s ear: 耳もとに口を寄せて、ささやくように言う
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 65
what there is close at hand: 手近なところ
what one want to do is close one’s eyes and suffer: 本心は悔しくて仕方がない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 79
try to draw closer: 群がってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 347
too close a scrutiny will do ...: 詮索しすぎて〜してしまう
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 3
think it is the closest one have ever come to doing: そのとき危うく〜してしまいそうになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
the voice is close: 耳もとで聞くその声
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 70
the dream is held close to the heart: あくまでも夢を大切にする
the closest thing to an admission: 告白とも言うべきもの
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 71
the click of a refrigerator door opening and closing: 冷蔵庫を開け閉てするときのがちゃっという音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
that source of supply is closed to sb: その供給源はたたれてしまう
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 81
that’s as close as I’ve ever been: それ以上近づいたことがない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 264
take a step closer to sb: 一歩前にふみだす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 296
sullen, closed expressions of sb: (人の)むっつりした無愛想な顔
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 36
stick close to sb: (人に)つきまとう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129
stick close as hell to sb: (人に)ぴったりとくっつく
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 316
stay in close touch with sb: (人と)接触を保つ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 66
stay close to the facts: 事実に即してて行う
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 131
source close to the investigation: 捜査当局に近い消息通
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 47
soon be closed to shipping: このままほうっておけば船が航行できなくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
sit very close to sb’s side: (人に)しっかりと寄り添って坐る
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 86
sit here with one’s eyes closed: ここでちょっとうとうとする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 397
seem to have close connection with X Ministry: 相当、××省に食い入っているらしい
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 112
seem to be on close terms with sb: (人に)たいそうかわいがられているそうだ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 112
sb is the closest friend one have made in the last ten years: この十年間、これほど親密に感じられる人間に会ったことがない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
sb’s elbow keeps jabbing close to ...: 腕がしきりに〜にあたる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 12
say with as close an approach to mildness as one can manage: 精いっぱい穏やかにきこえるような口調でこう言う
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 78
really close sth all the way: ぴったり閉じている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 122
pull the door closed: ドアを閉める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
play it close to the vest: 石橋を叩いて渡る
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 62
play it close to the chest: 秘密主義だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 345
pay close attention to sth: 〜を注意深く見守る
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 48
or closer to home: もっとはっきりいおうか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
one’s hand closed on the note: 紙切れを握りしめた手
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
one’s hand close over sb’s wrist: (人の)手が〜(人の)手首をつかむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
one’s conversation draws to a close: 話が終わりかける
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 84
on closer examination, however, ...: しかし考えてみれば
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 113
no one else come close: ほかの者は足元にも及ばない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 36
National Razor which shave close: 髯そり用には残り毛一本残さぬ、まことに切れ味満点の愛国かみそり
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 164
nail a door closed: しっかり戸締りをする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
move uncomfortably close to sb: もじもじと(人に)近寄る
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 125
move sb toward sth, closer and closer: ( 人の)身体を押すように、すこしずつすこしずつ〜ににじりよる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 88
look quite different at close quarters: こうして近くで見るとほとんど別人のようだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 125
look at sb with a close attention: (人の)顔をしげしげとながめる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 122
look at sb real close: (人の)徹底的調査
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 187
lean closer to sb: 身体をいっそう前に乗りだす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
keep very close tabs on sb: (人に)目を光らせる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 162
keep close to sb’s side: 引き添うように傍に付く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
just come extremely close to ...: 〜しそうになるのを、すんでのところで踏みとどまる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
it may well be closer to the truth to say that ...: 〜という方が当たっているかもしれない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 14
instinctively, one move closer to the window: 思わずドアのほうへ身を寄せる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 84
inch closer to ...: さらににじり寄る
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 73
in close harmony move to ...: 仲睦まじく〜へ移動する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 22
in close cahoots with sb: (人と)結託して
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 125
in and close upon the dear old year ...: この〜年を前後して
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 12
hunker down close to the trough: 皿の上に覆いかぶさる
hold sb in close as hell: (人を)ぴったり抱く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 273
he may come close: ここへ呼んでもだいじょうぶ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 19
have to move the receiver closer to one’s ear to hear: よく聞こえなくて、受話器を耳に寄せなければならない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 395
have a close relationship with ...: 〜と直結している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 218
half close one’s eyes: 目を細める
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 21
guess something close to the truth: 多少なりとも事態の輪郭を正しくとらえる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 215
glad to have found a mischief so close to home: 他人の不幸は鴨の味とばかりに、うれしそうに
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 15
get to close to sb: 深入りする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 58
get close to something: いい線いってる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 161
get close to doing: 〜する一歩手前まで行く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 123
get a closer look at ...: 〜を観察する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 403
from the moment the door of ... closed behind one: 〜を一歩出た瞬間から
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 109
for a man close to fifty: 五十に手が届こうというのに
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
follow sb, keeping close: ぴったり(人の)あとにつづく
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 305
fences tend to be closer to the plate: 球場が狭い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
feel close to tears: 泣きたい気持ちになる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 316
feel close to making one’s move: なんでもできるような気がする
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 123
draw up close to the curb: 歩道寄りに停車する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 52
craving for close contact: 密着することを求めること
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 81
come quite close to doing it: あとほんの少しでそうなりそうになる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 144
come closer and closer: いよいよ近づく
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 51
come close to such a judgement: あやうくそのような裁きにあいかける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
come close to doing: もう少しで〜してしまうところだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 241
closer study convinces sb: よくよく眼をこらしてみると
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
close to the mouth of the Thames: テムズ川の河口にさしかかる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 120
close to one’s heart: 肌身離さず持つ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 294
close to its long-run historic trend: 昔からほぼ一定
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 239
close the loop with sb: (人とのあいだに)しっかりした連係プレイができる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 87
close the letter with the word ...: 手紙の末尾に〜と書く
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 104
close the door behind sb: うしろ手にドアを閉める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
close sb out of one’s computer: (人に)コンピュータを遮断する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 166
close round to look and listen: ぐるっと取り囲んで聞き耳を立てる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 204
close out the position: 手仕舞いする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 177
close oneself up in the bathroom: バスルームに閉じこもる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 30
close one’s hand over sth: 手を結んで〜を握りしめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
close one’s hand over sb’s arm: (人の)腕を手で掴む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 142
close one’s hand over ...: 〜の上に自分の手をぴたりと重ねる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 406
close one’s hand on the odd mark, as well: ついでに少々小遣いかせぎをする
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 281
close one’s eyes to slits: 目を細める
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 25
close one’s eyes to one’s own shortcomings: 自分のことは棚にあげる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 198
close on empty air: むなしく空をきる
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 124
close off the vision: そんな幻覚をしめだす
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 106
close off the question: その質問を遮るように返事をする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 554
close off the middle of the batting order: 上位打線を抑え込む
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 177
close off from the traffic of ...: 〜を往来する船の姿をさえぎってくれる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
close off ... from ...: 〜と〜を仕切る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 245
close into loose fists: 拳を軽く握りしめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
close inspection shows that ...: 注意して見ていると、〜ようだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 218
close in on a kill: 獲物に向かって殺到する
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 298
close enough to give the catchers some idea: キャッチャーが感触をつかむには十分なスピード
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 46
close enough I’d bet money on it: まず間違いないんじゃないか
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 129
by closing time that day: その日のうちに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
bring one’s hand up close and look: 自分の手をまぢかにしげしげと見る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 358
be very close to sth: 〜と紙一重のものだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 231
be very close to sth: 〜を目前にしている
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 223
be too close to home: あんまり痛切すぎる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
be still close to sb: 親しい交わりをつづけている
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 52
be so close to dying: 死に瀕している
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 133
be perilously close to blubbering now: いまにも涙があふれだしそうだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
be jammed close to one another, grubby and low-roofed: ごみごみと薄汚れた、軒の低い家並だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 306
be cut close a little butch: 男っぽく刈りこんだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
be closing up for the night: そろそろカンバンに近づく
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 118
be closed for cleaning: 掃除中の札が出ていて入れない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
be closed for business: 店は閉まる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 161
be close to tears: 感動に目を潤ませる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 261
be close to tears: 今にも泣きだしそうになっている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 35
be close to something: 有望な線が出てくる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 189
be close to sb: 仲良くする
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 164
be close to being late for ...: 〜に遅れそうだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 447
be close at hand: さし迫っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 202
be as close as one can come to mentioning ...: 〜のことを暗にほのめかす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 313
be a close relationship: (人と)(人が)心を通いあわせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 108
be a close one: 危ないところだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 224
as I realized how close I had come to doing: 考えてみれば、今一歩で〜するところだった
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 265
as close to sth as possible: (物を)こすらんばかりにして
as close as the devil: ひた隠しに隠す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 54
an unusually large saucepan flies close by it: とんでもなく大きなソース鍋が赤ん坊の鼻をかすめる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 83
an elderly dog wrapped close for warmth: 年老いた犬に体をすり寄せて温まる
a close narrow alley: 狭い袋小路
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 213
... and ... seem very close together: 〜と〜がばかにくっついているように見える
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 91
have close affinity with: 出自の近い
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 193
heavy door of the house close after them: 一同の背後で重い玄関のドアが閉まる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 58
Then swiftly close over them again: が、それもすぐまた塗りこめられてしまう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 421
close the doors against the heat: ドアを閉じて外の熱気を遮る
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 225
in close line ahead: 縦に密接してならぶ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 471
Suddenly, a giant, booming laugh is heard, alarmingly close to them: 突然、耳をつんざかんばかりの大きな笑い声が、驚いたことにすぐそばで聞こえる
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 138
unwisely allow one’s eyes to close: ついうとうとまぶたがふさがるにまかせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 195
close arrest: 逮捕監禁する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 196
as sb close the bedroom door: ベッドルームのドアを閉める直前
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 54
"Ayup," Keeton said tightly, and leaned close to the tin race-course: 「いいとも!」きびきびした口ぶりで返事をしたキートンは、ブリキの競馬場にいっそう身体を近づけた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
hardly wait for the door to close before doing: ドアがしまるのを待ちきれずに〜する
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 218
begin to close in on sb: (人を)追いつめにかかる
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 69
close the gate behind sb: 後ろ手に扉を閉める
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 31
close the door very carefully behind one: そうっと、慎重にドアを後ろ手にしめる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 117
lie ever close beneath the surface: 外見の一枚下には〜がひそんでいる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 53
screen is full of big close-up of ...: 画面いっぱいに〜のクローズアップが映っている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 281
John felt himself close his eyes briefly: 自分が目をちょっとつぶったのがジョンにはわかった
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 326
But when at last death was very close he seemed unable to recognize it: それでいて、眼前にせまりつつある死そのものには気が付かなかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
close a button: ボタンをかける
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 150
close the door carefully: ドアをそっとしめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 142
carefully close the curtains: ちゃんとカーテンを締めて
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 121
close the cover on one’s case: 帰り支度をすませる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
a swimming pool ceases to be a luxury and becomes very close to a necessity: ふだんは贅沢品のプールが、ほとんど必需品に近くなる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 275
have had one’s share of close calls: 人並みに、危うく死にかけたこともある
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 23
Her cold fingers were like a sword blade against the close-cropped nape: 冷たい指は刃のように、勲の刈り上げられた項に触った
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 314
Close-knit, Stern's children appeared to take strength from each other: スターンの子供たちは固く結びついていて、おたがいに力を吸収しあっているように見えた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 38
The man was as close-mouthed as Polly Chalmers, perhaps more: 店の主人はポリー・チャーマーズにまさるともおとらぬほどの口の堅い人間だった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
a close-out sale: 店じまい一掃セール
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 57
close-quarter:至近距離
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 325
it is a close-run thing: その差はわずかだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 69
look different close-up: そばで見る印象はずいぶんちがっている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 424
have a close-up view of ...: 〜をつぶさに眺める
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 176
fairly large close up: そばへ行けばかなり大きな
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 23
come as close to ...: ほとんど本気になる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 134
seem close enough to being conceivable: 手応えとして何となく実感することができる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 125
too damn’ close: 本当にあぶなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
He looked quite different at close quarters: sensitive, and rather decent: こうして近くで見るとほとんど別人のように、繊細な、清潔な印象であった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 125
close one’s eyes for the delight: いそいそと目を閉じる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 49button
ツイート