× Q 翻訳訳語辞典
heart   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
まんなか
   
in the heart of great, hand-made London: この人工の粋をほこる大都会ロンドンのまんなかにいても ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 126
まん中
   
the very heart of ...: 〜のどまん中 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 135

ハート
   
let the air out of one’s heart: (人の)ハートをしぼませる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108

意識
   
be a closet cynic at heart: どこか意識の片隅に懐疑が根を張っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 139
核心
   
the very heart of ...: 〜への核心 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 462
get right into the heart of all the important things: ものごとの核心にずばりと切り込んでいく ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 215
a null heart: 空白の核心 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 190
肝心な部分
   
<例文なし> ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 86
   
set one’s heart on it: すっかりその気になる ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 113
気持
   
with a sinking heart: 味気ない気持で 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 52
harden one’s heart and do: 気持を励まして、〜する ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 38
気分
   
one’s heart sink: (人の)気分ががくりと沈みこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
gradually feel one’s heart declining: (人の)気分は徐々に暗くなる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 283
   
weigh so heavily on one’s heart that one feel like dying or killing sb: 死にたいほどの、また(人を)殺したいほどの、かなしみが胸にせまる 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 74
touch sb’s heart: 胸を打たれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 312
tear sb’s heart to think about ...: 〜を思い出すと胸が引き裂かれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
sb’s heart seems suddenly to freeze: (人の)胸が一度に凝結したように感じる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
sb’s heart is pounding wildly: (人の)胸がどきどきと音を立てる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 407
sb’s heart is full: 胸がいっぱいになる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 313
place one’s hand across one’s heart: 胸を押さえる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 276
pass through sb’s heart: 胸をゆききしている 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
one’s heart starts to beat faster: 胸の動悸を覚える 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 75
one’s heart begins to beat quick with excitement: わくわくと胸を高鳴らせる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 44
keep one’s secret in one’s heart: 疑いの塊りをそっと胸の奥にしまう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 51
it sent a pang across sb’s heart to think ...: 〜と思うと、(人は)胸がずきずき痛むのをおぼえた ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 143
find one’s heart racing: 胸がドキドキしてくる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 18
feel that little click, that beat of one’s heart: 胸がどきどきする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 359
feel a stifling pain welling up in one’s heart: 胸が塞がるような苦しさを覚える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 254
do deep in sb’s heart: 胸の底にまで〜する 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 11
be dear to one’s heart: (人の)胸にぴったり来る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
胸の中
   
search one’s heart for an answer: 自分の胸の中を調べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 36
血肉
   
with heart and meat: 血肉をそなえた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 34
   
be a sentimentalist at heart: 根は情にもろいたち ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 248
at heart: 根は ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 314
   
<例文なし> キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 35
左の胸のあたり
   
feel one’s heart slowly, painfully contracting: 左の胸のあたりがぎゅるぎゅるとゆっくり痛くなってきている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
思いやり
   
a man of heart: 思いやりのある男 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 304
   
lot of heart: 情が深い ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 23
   
with a change of heart: (人の)心ばえ次第で、全く(違って見える) 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 166
there’s an empty feeling in one’s heart: (人の)心がすっと冷たくなる フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 311
the way to sb’s heart lay through sb’s cooking: (人の)心をつかむ道はただ料理を通じてのみである アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 206
the thought of sth briefly scuffed at one’s heart: 〜のことを考えると、一瞬、心がしめつけられた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
the thing which lies buried in the bottom of one’s heart: 底のほうに沈んだ心 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
tear the secret of one’s heart and hurl it at sb’s breast: 躊躇していた自分の心を一思いに(人の)胸に叩き付ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 222
take that lesson to heart: その教訓を心に銘記している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
take control of one’s heart and refuse to let go: (人の)心をとらえて放さない 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 160
take ... to heart: 〜に対して心を痛める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
strike home to the heart: 心にしみこんで来る 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 141
sth touch sb’s heart: (物が)(人の)心にしみて来る 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 6
start giving one’s heart away again: ようやくまた自分の心を人に与えかける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 76
splinter of something more abiding buried closer to one’s heart: 心のもっと奥深くに潜むある感情のかけら トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
speak to sb with a truly repentant heart: 善良な心で(人の)前に懺悔の言葉を並べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
speak from one’s heart: 心をこめてしゃべる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 341
somewhere in one’s heart one believe that ...: 〜とどこか心の奥で信じる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 158
something in sb’s heart surges: (人の)心の中に熱いものがこみあげる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
sb’s heart which felt with pain and fear: 苦痛と恐怖でぐいと握り締められた(人の)心 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 260
sb’s heart remains restless: (人の)心が常に不安だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
sb’s heart is in ...: 〜に(人の)心がこもる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 147
sb’s heart is filled with reverence for sb: 心のうちで常に(人を)畏敬する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 187
sb’s heart finds relief in sorrow: (人の)心に一滴の潤いを与えてくれるのは悲しさだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 260
sb’s eyes and sb’s heart are jerked back to sobriety: 身振いと共に眼も心も醒める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
sad heart: 哀れな心 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
realize that one have felt one’s heart begin to dance: 心の躍るようなものを感じている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 29
oppress sb’s sensitive woman’s heart: 感傷的な女の心を重くする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
one’s heart is made restless by ...: (人の)心は〜で動いている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 36
one’s heart is confused: 心がみだれる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 114
mean bastards at heart: 心の中は意地悪な連中 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 216
lose one’s heart somewhere: 心をよそにうしなう 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 145
light of foot and heart: 心も軽く身も軽く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
level the full iciness of one’s heart at sb: 冷たい心のありたけを〜に振り向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
know in some fraction of one’s heart ...: 〜という思いが、ほんのわずかだが心をかすめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
heart of fearful pettiness: 恐怖心に満ちた偏狭な心 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 197
harden one’s heart and do: 心を鬼にして、〜する ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 36
harden one’s heart and do: 心を鬼にして〜する ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 40
fragmented, incomplete hearts: 千々に乱れ、回復することもかなわない心 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 436
feel trouble darken one’s heart: トラブルが心を暗くする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
die of a broken heart: 傷心のあまりの死 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 479
darken sb’s heart: 心をかげらせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
carefully explore every corner of one’s heart: 念入りに自分の心を調べる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 103
break sb’s heart: (人の)心を打ち砕く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 65
beneath those words, sb’s heart is cracking as sb speak: それらの言葉の裏で、(人の)心が千々に乱れている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 359
become a sticking point on sb’s point in sb’s heart: (人の)心の深い傷となって残る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
be reluctant to let a stranger see into one’s heart: 他人にはなかなか心のうちを明かそうとしない男だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 519
arrive from ... light of heart: 〜から心もうきうきと到着する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 32
a highly unusual affair of the heart: ただならぬ男と女の心のしがらみ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71
心根
   
the good-at-heart-but-chronically-disorganized: 善良な心根を持ちながら、どうもうだつが上がらない人間 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 111
心持ち
   
find it in one’s hearts to do: 〜する心持ちがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
心臓
   
with one’s heart thundering in one’s chest: 破裂しそうな心臓を高鳴らせながら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
with one’s heart galloping: 心臓が早鐘をうつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
with a thumping heart: 心臓が高鳴って ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
the blood flows from sb’s heart and down sb’s chest, down sb’s legs staining sb’s white pants scarlet: 心臓から血が溢れ出て、胸を流れ、脚をつたい、白いズボンを緋色に染める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 515
strike sparks off one’s heart: 心臓が破裂しそうになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
sth seems to blister one’s heart: 〜のために、心臓が火あぶりになったような思いをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
sb’s heart stops: 心臓がとまりそうになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
sb’s heart jumps against sb’s ribs: 心臓も割れんばかりだ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 191
sb’s heart is going crazy: (人の)心臓が鐘みたいに鳴り響く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 399
sb’s heart is flapping: 心臓がどきどきしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
put a knife in sb’s heart: (人の)心臓にナイフをつきたてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
pump bullets into one’s heart: 心臓に銃弾をぶち込む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
one’s heart trys to cram its way up into one’s throat: 喉もとにせりあがった心臓が、出口をもとめてもがく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
one’s heart return to its normal rhythm: (人の)心臓はふだんと変わらぬ動悸を打つ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
one’s heart pounding dully in one’s chest: 心臓が、どこか具合のわるいような鼓動の音をたてている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
one’s heart pound harder than ever: 心臓が前よりもはげしく高鳴る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
one’s heart pick up speed: 心臓の動機が早くなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
one’s heart jumps: 心臓が口から飛び出しそうになる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
one’s heart isn’t hammering or racing or anything like that: (人の)心臓はどきどきと高鳴ったりせわしなく早鐘を打ったりはしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
one’s heart is still pounding hard: (人の)心臓はあいかわらず早鐘を打っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
one’s heart is pounding hard: 心臓がどきどきする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
one’s heart is jackhammering wildly in one’s throat: どきんどきんと高鳴る心臓は、いまにも喉からとびだしそうな勢いだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
one’s heart is beating like a triphammer: (人の)心臓は早鐘を打っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
one’s heart go flat: 心臓がとまりそうになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
one’s frantically pumping heart: はげしく動悸を打つ(人の)心臓 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
now-rapid beating of one’s heart: 速まる心臓の鼓動 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 578
just under one’s heart: 心臓の真下 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
hear one’s heart in one’s ears: 心臓は耳もとで鳴っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
have a total heart attack: 完全に心臓がとまる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 490
feel one’s heart trip: 心臓がどきっとする ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 381
feel one’s heart knocking: 心臓がドキドキする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 239
feel a freezing, dismal terror grip one’s heart: (人は)全身が凍りつくいまわしい恐怖に心臓をわしづかみにされる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
fear plucking at one’s heart: 恐怖で心臓が縮みあがる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 322
face a past to make the strongest of hearts quail: どんな強い心臓をもふるえさせるような過去をみすえる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
die of a heart attack: 心臓麻痺で息をひきとる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 201
cut sb’s heart out: (人の)心臓をえぐり出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
center one’s heart: (人の)心臓をしっかり狙う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 49
can hear one’s heart lub-dubbing calmly away in there: 心臓の鼓動がおだやかにおさまっていく気配が耳を通して伝わってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
attack sb midline, spreading from the heart: 心臓を直撃し、そこから全身にひろがっていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
as one’s heart seized up: 心臓がとまりそうになった瞬間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
a violent, tortured heart: 暴力的で、深く傷つけられた心臓 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 14
心臓部
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 285
心底
   
do not have sb’s true interests at heart: 心底(人の)身を思いやってくれているわけではない ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 33
心理
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 163
真情
   
from the heart: 真情にあふれたもの ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 389
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 98
人の心
   
break one’s heart: 人の心を傷つける フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 37
人間
   
But most hearts knocked at the sight of a policeman's star: しかし、警察官のバッジを見ると、たいていの人間はショックを受ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
人間の心
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
精神
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 304
中心街
   
in the heart of Palm Beach: パームビーチの中心街に フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 38
中心部
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 385
   
know ... in one’s heart of hearts: 腹の底から思い知る ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 72
勇気
   
get the heart to do ...: 勇気を出して〜する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
   
Passwords are at the heart of security on a big computer: パスワードは大型コンピュータの機密保護の要である ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 70

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

young heart: 娘ごころ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 230
win the hearts and minds of the people: 人心収攬
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 8
warm sb’s heart: (人には)静かにうれしい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 202
take heart: 力を得る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 110
sick at heart: やりきれぬ思いで
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 194
sb’s heart sink: (人)、がくりと落ち込む
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 62
sb’s heart overturns: とたんに(人は)胆をつぶす
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 211
sb’s heart breaks: どうしようもなく滅入る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 103
sb’s heart beats joyfully: 胸が躍る
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 235
one’s heart sinks: がくっと落ち込む
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 215
one’s heart sing: 胸中快哉を叫ぶ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
lose heart: 落胆
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 103
lose all heart: 精魂つきはてる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 152
learn sth by heart: 覚える
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 19
know by heart: 知り抜いている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 105
in the heart: 胸底に
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 40
in one’s heart of hearts: 内心
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 162
in one’s heart: お腹の中では
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 57
in one’s heart: ひそかに
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 180
in one’s heart: 内心
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 36
heart of ...: 〜の只中
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 357
have no heart: 同情心というものを持ちあわせない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 81
have a heart: 勘弁しろよ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 55
have a heart: 同情してやりたまえ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 167
from the bottom of one’s heart: 衷心から
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 293
fill sb’s heart: 〜な心持が(人を)襲って来る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
cross one’s heart: 十字架にかけて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 335
creature with a two-chambered heart: 爬虫類
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 237
break sb’s heart: (人が)がっくりくる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 66
break sb’s heart: (人を)ひどく悲しませる
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 83
break sb’s heart: (人を)悲しませる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 15
break one’s heart: がっかりする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 43
bless sb’s heart: こりゃどうしたことだろう
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 53
bless my heart: それはすごい
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 29
bless my heart: 大変だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 49
be speaking from the heart: 本音だ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 176
at heart: 胸中
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
at heart: 好意的に
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 162
at heart: 芯は
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 167
work one’s heart out: 懸命に頑張る
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 167
women are all evil at heart: 女なんて生きものはまるで化物だ
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 19
with one’s whole heart and soul: それころ真心こめて
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 53
with one’s ready heart: 疑うことをしない性質だから
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 125
with one’s heart in one’s boots: びくびくして
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 88
with hearts that fails one when one hear the thronging feet: それが群集の足音だった時などは、見るもいたましい傷心に胸をふさぐ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 91
to one’s hearts’ content: 納得のゆくまで
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 241
to one’s heart’s content: 心まかせに
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 379
the very heart of ...: 〜の心臓部
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 151
the human kindness and charity of sb touch sb’s heart: (人の)やさしさに動かされる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 38
the dream is held close to the heart: あくまでも夢を大切にする
tell sb something from one’s heart about ...: 〜にかんして、偽りない気持ちをいう
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 108
take the heart out of sb: 気抜けした気分になる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 38
take sb to one’s warm heart: (人に)好意を抱く
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
take sb’s mumbo jumbo to heart: (人の)子供だましを真に受ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 131
take sb’s future to heart: (人の)将来を気づかう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 175
take it to heart: 肝に銘じる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 101
strike to sb’s heart: なんだか胸がいっぱいになるような気がする
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 12
stir one’s hearers’ hearts: 聞いている人たちを感激させる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 359
speak to the heart of sb: (人の)心に通じる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 55
somewhere around the area of one’s heart: 胸のどこか横っちょのあたり
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 25
since one know ... by heart: 諳んじている事柄ではあるし
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 41
set sb’s heart beating faster: 胸がときめく
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 181
set one’s heart too much on things: ものごとを思いつめすぎる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 135
set one’s heart on ...: 〜するのに懸命になる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 105
seize another’s heart and mind: 人心を収攬する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 119
see with a sinking heart: うんざりした気分で〜に目をくれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
see sb out of the goodness of one’s heart: 親切心を起こして(人に)〜してあげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
sb’s heart warms towards one: (人に)好感をもたせる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 5
sb’s heart to do: (人の)真意
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 88
sb’s heart sing in anticipation: (人は)期待に胸を膨らませる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 182
sb’s heart is set on sth: やりたくて夢中になる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 231
sb’s heart is broken: 傷心の思い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
sb’s heart doesn’t feel such pain: (人は)そんなに辛くは思わない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
recall, with a sinking heart ...: 〜を思って自信を失くす
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 19
really put one’s heart into it: 真剣にやる
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 113
purchase the promise of a heart’s desire: 見果てぬ夢を買う
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 27
puff and blow one’s snivelling hearts out: ブルンブルン鼻を鳴らす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 254
pour out one’s heart in praise of sb: (人を)心の底から褒めそやす
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 58
plain break sb’s heart: すっかり(人に)せつない思いをさせてしまう
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 88
pant one’s heart out: 息せき切る
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 244
one’s heart starts pounding strangely: 怪しく胸騒ぎする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 246
one’s heart fall to one’s knees: ぎくりとする
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 34
one’s heart does not really buy into sth: もうひとつピンとこない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 129
one’s heart beating excitedly: 胸をときめかせて
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 97
never have the same heart for ...: 〜に対して、二度と同じ思いを抱く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 43
nearly breaks one’s heart: ひどいしょげようだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 409
near and dear to one’s heart: 骨身にしみて
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 82
naturally touch sb’s heart: (人の)身にしみる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 186
my heart skipped a beat: 私は内心ちょっとはしゃいでいた
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 52
man who is good at heart and well-intentioned: 心優しい善意の人
make one’s heart go pitty-pat: ちょっとドキッとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
love with single heart: ひとすじに愛す
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 294
live heart to heart with people: 誰とでもざっくぱらんにつきあう
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 114
lie at the heart of ...: 〜の決め手となる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 72
land forcefully on sb’s heart: (人には)強く響く
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 57
know sth by heart: 〜を聞くまでもなく知っている
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 236
know sth by heart: 〜を諳んじる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 191
know sth by heart: すっかりそらんじている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 11
know in my heart that ...: 神に誓って〜
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 159
know every word of sb’s speech by heart: (人の)演説を一言一句諳んじる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 28
know ... by heart: 〜を熟知する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 511
keep sb close to sb’s heart and life: (人を)身近に置いて愛を注ぐ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 125
it broke one’s heart to disabuse sb: 錯覚とはいえ、(人の)夢をこわすのはせつなかった
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 296
it breaks sb’s heart to think of ...: 〜を考えただけで(人が)泣く
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 413
in the very heart of ...: 〜のど真ん中
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 275
in the heart of the Ice Age of an alien world: 異国の星の、氷河時代の真只中の
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 29
in the heart of ...: 〜のさなかに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 332
heart of the mountains: 山ふところ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 257
hear one’s heart beating: 自分の動悸の音がする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 461
have yards of heart: 度量がある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
have one’s heart set on ...: 〜に腹を決める
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 66
have one’s heart set on ...: 〜以外は考えられない
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 52
have one’s heart in sth: 〜に熱意を抱く
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 270
have got the best interests of ... at heart: 心底〜のためを思っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 309
have a soft heart: 情にはもろいほうだ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 157
have a heart-to-heart with sb: 〜とさしで話し合う
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 339
have a heart-to-heart talk with sb about ...: 〜と諄々と言って聞かせる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 230
have a heart here: わかってくれったら
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
have a generous heart: 鷹揚な方だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 170
go about with a heart which is full of forebodings: 不吉な予感で気が重い
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 138
get to my heart: 僕の気を引く
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 11
gaze one’s heart out at sth: 〜に飽かず見とれる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 225
fling oneself into sth heart and soul: いちずに〜に没頭する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 199
feel one’s heart sink: がっくりした気分をおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 345
feel one’s heart rub itself raw with worry: 心配で胸が痛む
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
feel one’s heart palpably squirm: ひどく尻込みする気持ちになる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 184
feel one’s heart beating faster: 動悸が打ち出す
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 103
feel as if one have been stabbed in the heart: 胸のまんなかあたりが締めつけられるように痛くなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
feel a peculiar fluttering about one’s heart whether of fear or joy or both one doesn’t know: 怖いような嬉しいような気分が心を擽る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 38
eat one’s heart out: いらいらと気をもむ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 166
don’t think to break one’s heart very much: そうひどく悲しいとは思わない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 114
don’t have the heart to wake sb up: 気持ちよく眠っているのに、わざわざ起こすようなひどいことはできない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 454
do to one’s heart’s content: 思いのままの生活をする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 358
do one’s heart good: 痛快に思わずにはいられない
do not feel, in one’s heart by any means waggish then: この際ふざけるどころの気分ではない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 29
deep in the heart of Texas: テキサスの片田舎
deep in one’s heart is probably more than normally jealous: 人一倍の嫉妬を、意識の下にかくしつづけているのでしょう
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 225
cut sb to the heart: (人が)断腸の思いをする
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 121
cry one’s heart out: わあわあ泣く
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 113
close to one’s heart: 肌身離さず持つ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 294
can only eat one’s heart in bitterness: ひと知れずに、苦しむ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 177
can not find blame in one’s heart for sb: (人は)内心、(人の)せいにするのが無理なことをみとめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
can do to one’s heart’s content: 思う存分〜できる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 384
break even the hardest heart: どんな冷血漢でも哀れをもよおす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 330
bound heart and soul by sth: 〜に身も心も奪われて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 145
blurt out everything that have been rankling in one’s heart over the years: 日頃の思いのたけを洗いざらい喋る
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 92
believe sth in with all one’s whole heart: 思いっきり信じる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 355
believe in one’s heart: 心の底でかたく信じている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
be sorry, with all one’s heart to find ...: 何で〜か、しんそこから悲しくなる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 15
be prepared to do, and do it with a thankful heart: いつなりと〜するのをありがたいと思っている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 109
be pained in one’s heart for ...: 〜に心をいためる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 189
be of the heart: 人なみの心をもつ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 344
be heart and soul on one’s side: 真底から自分の側についている
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 68
be glad at Heart to do: 〜したと、内心密かに喜ぶ
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 45
be generous of heart: 義侠を好む
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 223
be an ordinary woman at heart: 根は、当り前の女だ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 213
at the heart of it: そもそもの初めから
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 45
at heart sb is actually a gentle person: 心根のやさしい人だ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
another stab to the heart: また胸のまんなかが痛くなった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
an arrow to the heart: 寸鉄人を刺すたぐいの警句
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
all reverently bow one’s heads and hearts: 心から頭をたれて、敬虔な祈りをささげる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 187
after one’s own heart: 好みにぴったり
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 289
a good person at heart: 心優しい善意の人間
a chill strikes for a moment to every heart: だれも、一瞬のあいだ体のしんまでぞっとする
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 262
... make sb’s heart beat faster: 〜で(人の)心が生き生きした
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 43
His heart pounded as if he had accomplished something difficult: 難事を仕遂げたあとのように動悸がしていた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 313
a sexual tie makes sb dense when it comes to affairs of the heart: 肉体でつながっていると(人は)心の面では鈍感になる
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 19
It was always the young ones who had no heart: いつの時代も若いやつらは同情心というものを持ちあわせない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 81
a heart full of ambition and zest: 心は抱負と熱意にあふれている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 358
in another part of sb’s heart: 心のどこか他の部分では
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 47
see through outward appearances to the heart of things: (人の)目が事象の背後を透視し、その本質を見ぬく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 168
have a heart attack: 心臓麻痺を起こす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
sb’s heart keep bad time: 心臓はしめつけられる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 102
lay bare one’s heart: 真情を披瀝する
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 124
one’s heart beats faster at the thought that ...: 〜に心がときめく
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 48
one’s heart begins to beat quick with excitement: 興奮して胸がどきどきする
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 42
my heart was beating: 私の胸は高鳴った
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
sb’s heart misses a beat: 心が急に騒ぐ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 93
one’s heart misses a beat: 心臓がとまるような感じを覚える
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 64
everything is silent around me except the beating of sb’s heart: (人の)心臓の鼓動だけが大きく聞こえている
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 24
one’s heart behaves oddly: 心臓が奇妙な反応を示す
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 49
He was buried at two o'clock, in the heart of a blizzard: 彼は午後二時、吹雪のさなかに葬られた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 332
break one’s heart: (人の)ハートを引き裂く
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 9
the thought of sb briefly scuffed at one’s heart: (人)のことを考えると、一瞬、心がしめつけられた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
sb’s heart is bubbling with lively youth: (人は)溌剌とした若さで胸がわくわくしている
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 144
take the veil to bury a broken heart: 失恋の悲しみを黒服に包む
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 182
something buried in one’s heart: 心の奥にあるもの
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 103
in one’s heart there is a rapturous calm: うっとりと心が和む
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 55
what one can use is a little heart-to-heart with sb: これはひとつ、(人に)じっくりきいてみなければ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
cast a shadow over sb’s heart: (人の)心に翳る
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 122
leave sb cheerful at heart: (人が)胸中はれやかだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
ツイート