× Q 翻訳訳語辞典
heart   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
まんなか
   
in the heart of great, hand-made London: この人工の粋をほこる大都会ロンドンのまんなかにいても ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 126
まん中
   
the very heart of ...: 〜のどまん中 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 135

ハート
   
let the air out of one’s heart: (人の)ハートをしぼませる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108

意識
   
be a closet cynic at heart: どこか意識の片隅に懐疑が根を張っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 139
核心
   
the very heart of ...: 〜への核心 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 462
get right into the heart of all the important things: ものごとの核心にずばりと切り込んでいく ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 215
a null heart: 空白の核心 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 190
肝心な部分
   
<例文なし> ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 86
   
set one’s heart on it: すっかりその気になる ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 113
気持
   
with a sinking heart: 味気ない気持で 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 52
harden one’s heart and do: 気持を励まして、〜する ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 38
気分
   
one’s heart sink: (人の)気分ががくりと沈みこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
gradually feel one’s heart declining: (人の)気分は徐々に暗くなる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 283
   
weigh so heavily on one’s heart that one feel like dying or killing sb: 死にたいほどの、また(人を)殺したいほどの、かなしみが胸にせまる 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 74
touch sb’s heart: 胸を打たれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 312
tear sb’s heart to think about ...: 〜を思い出すと胸が引き裂かれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
sb’s heart seems suddenly to freeze: (人の)胸が一度に凝結したように感じる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
sb’s heart is pounding wildly: (人の)胸がどきどきと音を立てる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 407
sb’s heart is full: 胸がいっぱいになる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 313
place one’s hand across one’s heart: 胸を押さえる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 276
pass through sb’s heart: 胸をゆききしている 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
one’s heart starts to beat faster: 胸の動悸を覚える 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 75
one’s heart begins to beat quick with excitement: わくわくと胸を高鳴らせる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 44
keep one’s secret in one’s heart: 疑いの塊りをそっと胸の奥にしまう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 51
it sent a pang across sb’s heart to think ...: 〜と思うと、(人は)胸がずきずき痛むのをおぼえた ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 143
find one’s heart racing: 胸がドキドキしてくる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 18
feel that little click, that beat of one’s heart: 胸がどきどきする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 359
feel a stifling pain welling up in one’s heart: 胸が塞がるような苦しさを覚える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 254
do deep in sb’s heart: 胸の底にまで〜する 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 11
be dear to one’s heart: (人の)胸にぴったり来る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
胸の中
   
search one’s heart for an answer: 自分の胸の中を調べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 36
血肉
   
with heart and meat: 血肉をそなえた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 34
   
be a sentimentalist at heart: 根は情にもろいたち ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 248
at heart: 根は ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 314
   
<例文なし> キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 35
左の胸のあたり
   
feel one’s heart slowly, painfully contracting: 左の胸のあたりがぎゅるぎゅるとゆっくり痛くなってきている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
思いやり
   
a man of heart: 思いやりのある男 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 304
   
lot of heart: 情が深い ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 23
   
with a change of heart: (人の)心ばえ次第で、全く(違って見える) 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 166
there’s an empty feeling in one’s heart: (人の)心がすっと冷たくなる フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 311
the way to sb’s heart lay through sb’s cooking: (人の)心をつかむ道はただ料理を通じてのみである アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 206
the thought of sth briefly scuffed at one’s heart: 〜のことを考えると、一瞬、心がしめつけられた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
the thing which lies buried in the bottom of one’s heart: 底のほうに沈んだ心 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
tear the secret of one’s heart and hurl it at sb’s breast: 躊躇していた自分の心を一思いに(人の)胸に叩き付ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 222
take that lesson to heart: その教訓を心に銘記している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
take control of one’s heart and refuse to let go: (人の)心をとらえて放さない 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 160
take ... to heart: 〜に対して心を痛める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
strike home to the heart: 心にしみこんで来る 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 141
sth touch sb’s heart: (物が)(人の)心にしみて来る 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 6
start giving one’s heart away again: ようやくまた自分の心を人に与えかける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 76
splinter of something more abiding buried closer to one’s heart: 心のもっと奥深くに潜むある感情のかけら トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
speak to sb with a truly repentant heart: 善良な心で(人の)前に懺悔の言葉を並べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
speak from one’s heart: 心をこめてしゃべる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 341
somewhere in one’s heart one believe that ...: 〜とどこか心の奥で信じる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 158
something in sb’s heart surges: (人の)心の中に熱いものがこみあげる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
sb’s heart which felt with pain and fear: 苦痛と恐怖でぐいと握り締められた(人の)心 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 260
sb’s heart remains restless: (人の)心が常に不安だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
sb’s heart is in ...: 〜に(人の)心がこもる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 147
sb’s heart is filled with reverence for sb: 心のうちで常に(人を)畏敬する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 187
sb’s heart finds relief in sorrow: (人の)心に一滴の潤いを与えてくれるのは悲しさだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 260
sb’s eyes and sb’s heart are jerked back to sobriety: 身振いと共に眼も心も醒める 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
sad heart: 哀れな心 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
realize that one have felt one’s heart begin to dance: 心の躍るようなものを感じている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 29
oppress sb’s sensitive woman’s heart: 感傷的な女の心を重くする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
one’s heart is made restless by ...: (人の)心は〜で動いている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 36
one’s heart is confused: 心がみだれる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 114
mean bastards at heart: 心の中は意地悪な連中 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 216
lose one’s heart somewhere: 心をよそにうしなう 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 145
light of foot and heart: 心も軽く身も軽く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
level the full iciness of one’s heart at sb: 冷たい心のありたけを〜に振り向ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
know in some fraction of one’s heart ...: 〜という思いが、ほんのわずかだが心をかすめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
heart of fearful pettiness: 恐怖心に満ちた偏狭な心 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 197
harden one’s heart and do: 心を鬼にして、〜する ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 36
harden one’s heart and do: 心を鬼にして〜する ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 40
fragmented, incomplete hearts: 千々に乱れ、回復することもかなわない心 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 436
feel trouble darken one’s heart: トラブルが心を暗くする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
die of a broken heart: 傷心のあまりの死 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 479
darken sb’s heart: 心をかげらせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
carefully explore every corner of one’s heart: 念入りに自分の心を調べる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 103
break sb’s heart: (人の)心を打ち砕く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 65
beneath those words, sb’s heart is cracking as sb speak: それらの言葉の裏で、(人の)心が千々に乱れている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 359
become a sticking point on sb’s point in sb’s heart: (人の)心の深い傷となって残る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
be reluctant to let a stranger see into one’s heart: 他人にはなかなか心のうちを明かそうとしない男だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 519
arrive from ... light of heart: 〜から心もうきうきと到着する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 32
a highly unusual affair of the heart: ただならぬ男と女の心のしがらみ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71
心根
   
the good-at-heart-but-chronically-disorganized: 善良な心根を持ちながら、どうもうだつが上がらない人間 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 111
心持ち
   
find it in one’s hearts to do: 〜する心持ちがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
心臓
   
with one’s heart thundering in one’s chest: 破裂しそうな心臓を高鳴らせながら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
with one’s heart galloping: 心臓が早鐘をうつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
with a thumping heart: 心臓が高鳴って ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
the blood flows from sb’s heart and down sb’s chest, down sb’s legs staining sb’s white pants scarlet: 心臓から血が溢れ出て、胸を流れ、脚をつたい、白いズボンを緋色に染める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 515
strike sparks off one’s heart: 心臓が破裂しそうになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
sth seems to blister one’s heart: 〜のために、心臓が火あぶりになったような思いをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
sb’s heart stops: 心臓がとまりそうになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
sb’s heart jumps against sb’s ribs: 心臓も割れんばかりだ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 191
sb’s heart is going crazy: (人の)心臓が鐘みたいに鳴り響く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 399
sb’s heart is flapping: 心臓がどきどきしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
put a knife in sb’s heart: (人の)心臓にナイフをつきたてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 331
pump bullets into one’s heart: 心臓に銃弾をぶち込む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
one’s heart trys to cram its way up into one’s throat: 喉もとにせりあがった心臓が、出口をもとめてもがく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
one’s heart return to its normal rhythm: (人の)心臓はふだんと変わらぬ動悸を打つ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
one’s heart pounding dully in one’s chest: 心臓が、どこか具合のわるいような鼓動の音をたてている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
one’s heart pound harder than ever: 心臓が前よりもはげしく高鳴る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
one’s heart pick up speed: 心臓の動機が早くなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
one’s heart jumps: 心臓が口から飛び出しそうになる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
one’s heart isn’t hammering or racing or anything like that: (人の)心臓はどきどきと高鳴ったりせわしなく早鐘を打ったりはしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
one’s heart is still pounding hard: (人の)心臓はあいかわらず早鐘を打っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
one’s heart is pounding hard: 心臓がどきどきする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
one’s heart is jackhammering wildly in one’s throat: どきんどきんと高鳴る心臓は、いまにも喉からとびだしそうな勢いだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
one’s heart is beating like a triphammer: (人の)心臓は早鐘を打っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
one’s heart go flat: 心臓がとまりそうになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
one’s frantically pumping heart: はげしく動悸を打つ(人の)心臓 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
now-rapid beating of one’s heart: 速まる心臓の鼓動 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 578
just under one’s heart: 心臓の真下 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
hear one’s heart in one’s ears: 心臓は耳もとで鳴っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
have a total heart attack: 完全に心臓がとまる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 490
feel one’s heart trip: 心臓がどきっとする ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 381
feel one’s heart knocking: 心臓がドキドキする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 239
feel a freezing, dismal terror grip one’s heart: (人は)全身が凍りつくいまわしい恐怖に心臓をわしづかみにされる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
fear plucking at one’s heart: 恐怖で心臓が縮みあがる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 322
face a past to make the strongest of hearts quail: どんな強い心臓をもふるえさせるような過去をみすえる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
die of a heart attack: 心臓麻痺で息をひきとる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 201
cut sb’s heart out: (人の)心臓をえぐり出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
center one’s heart: (人の)心臓をしっかり狙う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 49
can hear one’s heart lub-dubbing calmly away in there: 心臓の鼓動がおだやかにおさまっていく気配が耳を通して伝わってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
attack sb midline, spreading from the heart: 心臓を直撃し、そこから全身にひろがっていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
as one’s heart seized up: 心臓がとまりそうになった瞬間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
a violent, tortured heart: 暴力的で、深く傷つけられた心臓 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 14
心臓部
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 285
心底
   
do not have sb’s true interests at heart: 心底(人の)身を思いやってくれているわけではない ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 33
心理
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 163
真情
   
from the heart: 真情にあふれたもの ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 389
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 98
人の心
   
break one’s heart: 人の心を傷つける フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 37
人間
   
But most hearts knocked at the sight of a policeman's star: しかし、警察官のバッジを見ると、たいていの人間はショックを受ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
人間の心
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
精神
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 304
中心街
   
in the heart of Palm Beach: パームビーチの中心街に フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 38
中心部
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 385
   
know ... in one’s heart of hearts: 腹の底から思い知る ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 72
勇気
   
get the heart to do ...: 勇気を出して〜する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
   
Passwords are at the heart of security on a big computer: パスワードは大型コンピュータの機密保護の要である ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 70