× Q 翻訳訳語辞典
itself   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
みずから
   
the item will explain itself: 品のみずから語るところ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145

肝腎の
   
Geneva itself: 肝腎のジュネーヴ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 153
権化
   
intimacy itself: 親密の権化 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 206
本体
   
game itself: ゲームの本体 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

in itself: それだけで
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 59
in itself: それだけでも
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 212
in itself: だけでも
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 156
that kind of speaks for itself: まったくそのとおりさ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
rather unique opportunity presents itself: いささか特異な状況がもちあがる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 103
just the cooked bird itself: 調理された鳥がただぽつんと
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
didn’t get established in law by itself: それなりに理由があって決められたことだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 553
can feel the pain beginning to assert itself again: 痛みがぶりかえしはじめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
push itself into the open air: もぞもぞ外に出る
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 64
be standing in its usual spot, all by itself: 以前と同じところになにか妙に所在なくぽつんと立っている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 41
do not allow one’s baffled state to express itself in one’s sinister face: これにはちょっと閉口した様子。だが、さすがにそんな気配は、その陰険な顔つきに、微塵も出しては見せない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 329
then sb’s weakness asserts itself: そのうちにまた疲れが出てくる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 311
attach itself with a concussive force to ...: どすんという感じで〜にぶちあたる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363
force sth back upon itself: (物を)そり返らせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
the barely visible streak of the ball itself: ほとんど眼にとまらないボールそのものの軌跡
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
reduce itself to this basis: 〜という基盤に凝縮される
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
take care of itself without any help from sb: いっさい手は加えない
carefully removed himself from anything outside of the game itself: ベースボールの外の世界とは極力接触を避けた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 189
the chateau begins to make itself strangely visible by some light of its own: 城館自身がパッと内部から火を発したかと思うと、異様な光景でくっきり浮び始める
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 86
in a statistical class by itself: 統計ではケタちがいの数字を示している
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 199
have a clear image of the picture itself: 構図は覚えている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
commend itself as a paramount sense for survival: サバイバルに直結している
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 30
The plain text password itself isn't compared, its encryption is: コンピュータはパスワードをそのままではなく、翻訳された暗号で照合する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 72
compound itself: 倍加する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 298
lend itself to contemplation: ひとりでに瞑想したくなる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 383
Living here is itself convalescence: ここの生活そのものが療養なのよ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 177
the relationship could not sustain itself: 関係が長続きするはずがない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 40
heard the crowd suddenly rousing itself: 突然起こった観客のざわめきが聞こえた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
the crowd being under the necessity of providing other entertainment for itself: 弥次馬というものは、また何か新しい遊びがほしくなる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 285
The name had attached itself to him curiously: ひょんなことからそう呼ばれるようになった
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 87
feel one’s stomach curl up on itself: 胃袋がひっくりかえるような吐き気を催す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
There would be a pregnant pause, and then the cycle would repeat itself: そして妊婦のようにどてっと腹を突き出すのだが、そのあとに待っているのは同じプロセスのくりかえしだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
detach itself from ...: 〜からつとはなれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 105
probably manifest itself in the increased detachment of ...: 次第に淡々とした調子になっているところに、かえって〜があらわれているようだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 554
Perhaps the object is to discredit the machine itself: 予言機そのものの、失脚をねらっているのかもしれないということさ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 106
a registered envelope dislodges itself: 書留封筒がこぼれ落ちる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 188
it is not that the bird is disquieting in itself: 気味の悪い鳥ではない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 11
sb’s party is distribute itself among ...: (人の)一行が〜のあいだに散らばる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 32
enjoy watching the little drama play itself out: このちょっとした茶番がどういう結末を迎えるか楽しむ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 130
every soul for itself: 人間みな自分が大事
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
the item will not explain itself: 品のみずから語らざるところ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
show itself at times in one’s expression: 顔に出かかっている
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 22
sb’s mouth falls in on itself: 唇をぎゅっと結ぶ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 619
the uplifting of sb’s family itself from poverty to fame: (人の)一族が貧困の中から名声を得る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 379
be like Fate itself: 悪運そのもののようである
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 217
feel one’s heart rub itself raw with worry: 心配で胸が痛む
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 34
one’s hand roll itself into fist: (人は)拳をかためている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
have fitted itself perfectly: しっくり嵌る
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 76
a flaw reveals itself: ひとつ綻びができる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 223
find no sense or strength to flesh itself in: (感情を)言葉にするほどの知覚も力もない
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 156
fling itself upon ...: 〜に襲いかかる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
lower one’s youthful voice, which seems to impose itself upon sb with a new force: 若い声を低めながら(人を)気押すように言う
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 82
the very proximity of the Holy Family offered a forgiveness by itself: 聖家族との距離が近いというだけで、慈悲そのものになるのだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 104
generosity itself: 景気のいい値段だ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 130
get itself thumped: がーんと打ち返される
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 379
Hell, warming up is practically an art in itself: まったく……ウォーミングアップというのはそれ自体、ほとんど芸術なんだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
What if some clone cloned itself Illegally: もし、クローンが自分をクローン再生したら、どうなるんだろうな?こっそりとさ
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 216
imprint itself indelibly on one’s brain: 眼に焼きつく
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 33
fling itself titanic in its energy, upon ...: その無双の蛮力のたけをつくして〜に襲いかかる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
incident presents itself in a more sinister light: 一部始終が不吉なものに見えてくる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 161
that one is trying to communicate with sb is itself an incommunicable fact: (人と)意志の疎通をはかろうとしている事実を、相手に伝えることは不可能だ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 49
It was like Fate itself and was inexorable: それは悪運そのもののようであった。冷酷無比だった
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 217
Over time, his inexperience seemed to compound itself: こうした年月のあいだに、女性に対する未経験度が倍加したかに見えた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 298
A mention of Kiyoaki's name would in itself be an insult: 清顕の名を持出すこと自体が非礼である
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 341
intrinsic value of the thing itself: そのもの自体の価値
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 38
be irreducible to anything other than itself: どれもそれぞれ、一つの枠の中に押しこめることなどできない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 107
it just sort of work itself out: 偶然、そんなふうに運ぶ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 76
have the suspension itself lifted after only a month: わづか一ヶ月で営業停止も解ける
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 133
loop itself about a corner of thick set spruces: おいしげったえぞ松の木立のはずれを弧をえがいてめぐる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 57
manifest itself in ...: 〜という形になる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 284
fear manifests itself among sbs: (人)からおのずと恐怖がにじみでている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 147
the nature of baseball itself in Japan: 日本の野球の特徴
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
be nothing in itself: それ自体はささいなことだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 83
the house itself the tables, the chairs, everything in fact had been made to measure for sb: ただ肝腎の家をはじめ、テエブルや椅子の寸法も(人)の身長に合わせてあります
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 12
ツイート