× Q 翻訳訳語辞典
near   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜あたりの
   
an old farmer living near ...: (場所)あたりの百姓のおじいさん 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 121
〜きわで
   
near the front door: 玄関の戸口きわで トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
〜にひとしい
   
be near suicide: 自殺にひとしい マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
〜のわき
   
near the bridge of sb’s nose: 鼻梁のわき トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
〜まで
   
near the bus stop: バス停まで トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
〜寄り
   
nearer the coast: ずっと海寄り メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
〜近傍の
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 110
〜付近
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 99

いい線いっている
   
That's the nearest anyone has been yet: 今のところクロードがいちばんいい線いってるわ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 218
しそうになる
   
a near squeak with ...: 〜と衝突しそうになる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
すれすれまで
   
dip nearer the ground: 地面すれすれまで垂れ下がる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 15
そば
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 396
そばに
   
Near the humvee was someone's POV - a red Mustang: そばにべつの車、赤いマスタングが見える デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 23
といってもよいほど
   
near-genius: 天才といってもよいほど ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 134
ぴったり
   
not so near: それほどぴったりというわけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
clinging nearer to sb: いよいよぴったり(人に)寄り添うようにして ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 48
ほとんど
   
near tears: ほとんど泣き声で タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 188
ほぼ
   
become a near certainty: (思いが)ほぼ確信に変わる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 25
まずは
   
... yield no one near appropriate: (〜で)まずは合格という程度の人材さえ見つからない エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 207
みたいだ
   
He hated everybody's guts, damn near: ストラドレーターに限らず、誰でも腹のすわった男のことはきらってた、みたいだな、奴さん サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 34

陰に
   
poise lazily near a staghorn coral: 石サンゴの鹿の角に似た枝の陰に休む セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 221
遠くはない
   
a sign that the dawn is near: 昧爽の遠くないしるし 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 91
界隈
   
anywhere near sth: 〜界隈のどこを捜したって サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 6
間近
   
very near: ほんの間近 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
危機一髪
   
Phew, that was near: まったく、危機一髪ってところだったね! アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 176
寄って
   
men who come near me: 私に寄ってくる男 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
近づく
   
near the end of one’s rope: これ以上は何をしていいかわからないというところまで近づく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 211
draw gradually nearer: 近づいてくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
近所
   
there seems to be no one near us: その近所に私ら二人より外にない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
手近の
   
the nearest police car: 手近のパトカー クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 458
手前
   
the nearer one: 手前の 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 168
徐々に
   
lure sb nearer: 徐々に(人を)ひきよせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
親しみを感じる
   
be nearer to others: 他の動物にもっと親しみを感じることができる リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 41
   
while sb’s is near: (人の)前で E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 58
付近
   
wait around near ...: 〜付近で待つ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 294
from near the fire: 焚火付近から クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 260
方向に
   
stroll near ...: 〜の方向に歩いて行く アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 385
脇に
   
near the covered well: 蓋をされた井戸の脇に セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 173

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the nearest chair: 手近の椅子
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 173
the nearest cab-rank: 最寄りのタクシー乗り場
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 90
the nearest ...: すぐそば
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
nearest police station: 近くの交番
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 46
nearer: ちかづく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 128
near the window: 窓際
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
near that speed: そこまでのスピードを出せる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 45
near enough: 当たらずといえども遠からず
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 92
near do: もう少しで〜する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
halt near sth: 〜に近づいたあたりで、足をとめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
drive sb damn near crazy: 頭にくる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 312
come near hysteria: どうにも抑えがきかなくなる
to the nearest yard: 何ヤードとたがわぬ数字まで
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 205
there is the near trance-state sb have been: (人は)気が遠くなるような恍惚感をおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
the station near one’s house: (人の)住む町のあの駅
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 22
the nearest he comes to telling her of his love is to do ...: 想いを打ち明けるといったって、〜するのが精きりいっぱいだ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 133
the end was near: 引退の時期が迫っている
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 464
sour envy is nearer the mark: せいぜい、ひねくれた羨望といったところだろう
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 208
sb damn near killed me: もう少しで(人に)殺られるところだったぞ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 438
push sth just a little nearer to sb: 心持ち(物を)(人の)方へ押し遣る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 225
play very near second base: セカンド寄りに守る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 64
place sth a littler nearer to hand: (物を)手元に引寄せる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 33
no one is going near sb: みんな警戒して近よってこない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
near the end of the season: シーズンも押し迫ったころ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 410
near the end of sth: 〜の大詰めに
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 25
near the end of 1975: 一九七五年の暮れ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
near as one can tell: (人の)見るかぎり
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 43
near a bend in the river: 川の曲がりっ鼻のところに
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 65
much too near together: 間隔が猛烈に迫っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
lie down near sb’s feet: (人の)足下に横になる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 146
lashing out at whatever comes nearest to hand: 八つ当たり
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
it might be a near thing: 危いところだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 168
it is nearer ended: それだけ死期を早めることになるという計算だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 316
in the Corinthian style, or something near it: コリント様式を模した
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 42
have been damn near traumatized: 心的外傷を受けたみたいになってる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 233
from some near calamity: 命からがらといった様子で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
do not get near the street: 街へは一歩も近よらない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
damn near drop dead: もう少しでぶっ倒れそうになる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 266
can pretty near guarantee that ...: 請け合ってもいいが
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 243
be sitting on the ground near the door: 戸口にぺたんとすわっている
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 78
be pretty near ...: 〜がもう近い
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 306
be nowhere near traumatic: 傷ついたり傷をなめたりするひまがない
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 94
be nowhere near as good as sb: (人)とはくらべものにならない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 375
be nearing one’s late sixties: もう六十代の後半に近づいている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
be near enough handsome: ハンサムといっていい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
be damn near doing: 〜したいくらいだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 330
be anywhere near ...: 〜の近くにいる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
awfully near give up: あきらめるばっかりだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 209
as near as I can tell: 遠慮のないところをいうなら
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 271
I don't want you near me, actually,: それより、そばへこないでもらいたい
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 5
And as near dark as makes no difference: おまけに、ほとんどあや目も分かたぬ闇だ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 379
His face was near to hers, very; its animation matched her own: 彼の顔は、彼女の顔のほんの間近にあり、その上気は彼女の上気に劣らなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
appalling in that near-darkness: 暁闇に凄絶をきわめ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
counsel a near-term attack on ...: 〜に対する早期の攻撃を提言する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 421
be battered into near senselessness by ...: 〜にたたきつけられて、ほとんど気を失いかける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
edge one’s rather small body near sb’s side: 小柄な体をすり寄せる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 166
And then, near the end of 1975, the telegram had come: そしてそれからしばらくたった一九七五年の暮れ、一通の電報がポリーのもとに舞いこんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
indicate the near-savage confidence ...: ほとんど野蛮といいたくなるような確信に満ちて〜と伝える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
See that Sheriff's cruiser parked by the curb near the video shop?: ヴィデオ屋のそばの縁石に保安官のパトカーがとまってるだろ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 14
with near-moronic determination: 馬鹿の一徹で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 179
a sentence near the end: 結末に近い一句
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
a fairly shallow part near the shore: 波打際のほんの浅いところ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 182
go near ... of its own free will: 自分の意志で〜に近づく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
be already in line, near the front of the long queue: 行列の先頭のほうに陣取っている
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 65
as a group of us are walking near ...: 数名の仲間と一緒に〜近くを通りかかる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 123
have one’s children near at hand: 子供たちがそばにいる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 82
near and dear to one’s heart: 骨身にしみて
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 82
ignore its untidy near-squalor: その乱雑さ、汚さには目をつぶる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 124
near-darkness:暁闇
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
near-darkness:薄暗がり
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 378
near-darkness:薄闇
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 214
have one of those near-death calls: 死神の呼び声をまぢかに聞く
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 163
yell in a near-hysterical state: ほとんど半分泣きながら叫び続ける
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 89
near-religious quality: お説教臭いところ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 49
a severely near-sighted woman: 強い近眼の女
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 177
what one will be doing near-term: さしあたってやること
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 79
near-vertical:ほとんど垂直に
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 466
near-vertical:ほとんど垂直に近い
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 388
I damn near fell in once: 一度なんか、もう少しで中に落っこちそうになったくらいさ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
give us a near portrait of ...: 〜のアウトラインを描く
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 228
be practically right near ...: 〜のすぐそばみたいなもの
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 311
damn near puke: へどが出そうになる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 79
put down near ...: (場所)の近くに根をおろす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 321
quite near the sea: 海へ極近い
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
sail near the wind: 法律すれすれのことをやる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 263
ツイート