× Q 翻訳訳語辞典
station   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
チャンネル
   
a nudie station: アダルト映画のチャンネル タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 169
ホーム
   
<例文なし> 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 22

   
the station near one’s house: (人の)住む町のあの駅 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 22
the station in the summer heat: 真夏の駅前 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
the little stall by the station: 駅前の屋台 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
pull in to another station: また駅に停車する 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
have engaged sb before the station stop: 列車が駅に着いたことで〜が一時中断される カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
don’t get off at one’s usual station: 降りるべき駅で降りない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 18
by the station: 駅前の 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 169
駅前
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 190
頑張っている
   
<例文なし> ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 229
基地
   
the Station commander: 基地指揮官 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 50
警察の
   
station house: 警察の建物 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
警察署
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
支局
   
an upwardly mobile Deputy Head of Station: 向上志向のある支局次長 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 15
出先機関
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 234
   
drag sb into the station: (人を)署へひっぱってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
身のほど
   
get ideas above one’s station: 身のほど知らずの考えをいだく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
陣取る
   
station oneself at ...: 〜に陣取る オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 138
駐留する
   
派遣する
   
be stationed: はけんされる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 8
配置
   
go to one’s station: 各自の配置につく マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 41
分署
   
spend a couple of hours at the precinct station: 管轄の分署に二時間ばかり足どめされる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 367
連れていく
   
station sb be sth: (人を)(物)のところに連れていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

station oneself: 腰を落ちつける
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 75
station oneself: 陣どる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 429
station employee: 駅員
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
dawn stations: 黎明総員配置
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 326
be stationed: 赴任する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 8
above one’s station: 身分不相応
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 314
a computer station: コンピューター一式
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 121
take one’s station in the business part of the city: にぎやかな通りに陣どる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 195
station oneself at ...: 〜のそばに立つ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 453
someone of superior station to oneself: 自分より目上の人物
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
sinning above one’s station in life: 分不相応なぐれかたをしてたってこと
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 119
sb’s station in life: (人の)身分
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 115
pause at the station: 動かしていたダイアルを固定する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
have been at the station since midnight: 午前零時からずっと詰めきりだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 386
from a turned-down television set being flipped from station to station: 音量をしぼったテレビから、チャンネルを変えるときに流れてくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
be on the station: 映っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 299
action station: 総員配置
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39
dusk Action Stations: 薄暮総員配置
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 97
keep ... at Action Stations: 〜を戦闘配置に縛りつける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 199
be closed up to Action Stations: 全艦戦闘閉鎖になる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 108
be at dawn Action Stations: 黎明総員配置をしいている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 178
an all-night gas station: 24時間営業のガソリン・スタンド
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 223
station approach: 駅前
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 437
in the darkness of the station arches: 駅の横道の暗がり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 510
one’s destination is five or six station away: 駅にして五つ六つの距離らしい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 202
breathless from rushing to get to the station: 大急ぎで息せききって駅に駆けつける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 115
bring sb to the station: 駅にたどりつく
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 59
draughty underground station: じめじめした地下鉄の駅
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 41
a few station later: しばらくしたある駅で
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 9
find a nudie station: アダルト映画のチャンネルに合わせる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 169
The train from Kyoto station to the garden had begun to run more frequently: 京都駅の前からも、新たに植物園行きの電車が、しきりに出るようになっていた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 66
in front of the station: 駅前の
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 50
The housekeepers from the Beirut station had arranged the room carefully: ベイルート・ステーションの管理部による部屋の支度はゆきとどいていた
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 42
nearest police station: 近くの交番
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 46
Or so the sign in front of the station read: 少くとも駅前にそういう看板が立っている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 84
pick the same train up at another station: 別の駅で乗る
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 77
the station wagon with Minnesota plates: ミネソタ・ナンバーをつけたステーション・ワゴン
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 337
There were no taxis on the rank when he walked into the station approach: 駅前に入っていったときタクシー乗り場にタクシーの姿はなかった
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 437
the send-off from the station: 出発の風景
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 328
it is unexpectedly small station for an express stop: 急行の停車駅としては小さいほうだ
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 122
a well-weathered station wagon: 時代物のステーション・ワゴン
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
I’d like you to come down to the station: 署までご足労願いたいのですが
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 93air
Naval Air Station Jacksonville: ジャクソンヴィル海軍航空基地
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
Naval Station Nortfolk: ノーフォーク海軍基地
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
pull out of A Station: (電車が)A駅を離れる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 5
ツイート