× Q 翻訳訳語辞典
any   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ひとつない
   
without any visible injury: 見たところ擦り傷ひとつ負わずに メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 77
〜みたいなもの
   
didn’t leave any address book behind: アドレス帳みたいなものは残していかなかった 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 36

いかなる
   
meet any hardship: いかなる艱難にも耐える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 123
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 333
それほど
   
do not have any trouble doing ... in order to do ...: 〜して、〜するのにそれほど苦労もいらない 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 101
だれでもいいから
   
pick any married man: だれでもいいから女房持ちの男をつかまえる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 196
ちっとも
   
sb’s face isn’t any thinner: (人の)顔がちっとも痩せていない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
どこも
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 159
どの
   
in any of the fifty states: アメリカじゅうのどの州にも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
どのようなかたちであれ
   
indicate that any communication with sb is unlikely: (人と)の接触は、それがどのようなかたちであれ、遠慮してもらいたいと言う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 505
どれなりと
   
any one of ...: 〜のなかからどれなりと フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 19
どんな
   
on any given game: どんなゲームでも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
let’s not make any assumptions: どんなひとり決めもしないことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 175
in any sense of the word: どんな意味でも 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
as keen as any ...: どんな(人)にもまして ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 153
どんなものでも
   
can fix up any little problem: 小さな問題なら、どんなものでもたちどころに解決できる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 239
どんな小さな
   
with any invitation: どんな小さな誘いでもあれば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 174
なにひとつない
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 49
なまじな
   
any action one take: なまじな手出し クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
なんでもいいから
   
I was looking for any clue to Bert's present whereabouts: なんでもいいから、バートの居場所の手がかりがほしかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
なんの
   
don’t make any difference for sb: (人)とはなんの関係もない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
ひとり残らず
   
beat any Bolshevik they find: 目に入るボルシェヴィキをひとり残らず打ちすえる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 322
らしい
   
form any friendship with sb: 交際らしい交際を(人と)結ぶ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24

一発でも
   
wonder if one have registered any hits: 〜の砲弾は一発でもあったただろうか マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 253
何らかの
   
venture any objection: 何らかの異議を唱える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 118
相当
   
know any number of languages: 外国語は相当いくつも知っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
多少とも
   
if you had any idea what is good: 多少ともおいしいものを食べることに関心をお持ちの方なら フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
多少なりとも
   
any power over ...: 〜を多少なりとも左右する力 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 44
天から
   
be not of eny interest: 天から相手にされない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 94
特殊な
   
use any drugs: 特殊な薬物を使用する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
普通の
   
be no different from any laboratory: 普通の研究所風景と大差ない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
別に
   
without any detriment to one’s reputation as a perfect gentleman: 別にちゃんとした紳士の体面など汚すことなしに ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 151
any special time: 別に何時に サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
片時も
   
without any break: 片時も休みなく メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 49
Tweet