× Q 翻訳訳語辞典
death   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
たびだっていく
   
follow one another quickly in death: 片方が亡くなると、間もなく後を追うように残されたほうも旅立っていく フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 25
つくづく
   
be tired to death of ...: 〜につくづく疲れてしまう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 157

最期
   
will not die an ordinary death: 尋常の最期を遂げない 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 63
最後の一撃
   
death is but another step away: 最後の一撃が来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
殺しの
   
death threat: 殺しの脅迫 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 63
殺す
   
get the power of life and death over sb: (人を)生かしも殺しもできる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 51
beat each other half to death: ほとんど殺し合いみたいな喧嘩だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 236
殺人
   
a death ray: 殺人光線 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
殺人事件
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 93
   
within a year or so of sb’s death: (人の)死から一年かそこらのあいだに ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
wince from the very thought of death: 人並はずれて死をおそれている ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 135
while death is still toying with sb: (人が)確実にやってくる死の手にゆだねられている間 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 116
when the time for sb’s death comes, ...: 死に臨んで、(人は)〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 412
wait for a slower death: より緩慢な死を待つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
unto death: 死が二人を分かつまで フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 55
unexpected death of a person one knows: 知人の思いもよらぬ死 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
the haunted death of sb: (人の)不気味な死 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 96
scenes at the time of one’s death: (人の)死の場面 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
sb’s brush with death: 死の淵をのぞいてきたこと ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 165
regret sb’s death: 〜の死に気がさす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
put to death so many: かくも多くの死をもたらす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 48
put sb to death: (人を)死に追いやる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 88
premature death: 急死 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 211
one’s miserable death: (人の)むごたらしい死 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
leave one to scream oneself to death: どんなに悲鳴をあげようと、死ぬまでのたうちまわらせてやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
in the months following sb’s death: (人の)死後数カ月を経ずして ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 367
head irrevocably towards one’s own death: 自らの死に向かってもはや引き返せぬ道を行く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 167
have lived, always with death at the back of one’s mind: 死ぬ覚悟をしながら生きながらえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
have been through several family deaths before: それまでにいくつかの家族の死をくぐりぬけてきた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 532
explain one’s ideas of glory and death: 自分の栄光や死の観念について語る 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 38
enter death: 死者たちの仲間入りをする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 15
death is at last very close: 眼前にせまりつつある死 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
death is a result of sth: 死因は〜 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 156
death is a companion for ...: 〜にとって死は日ごろ馴染みである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
death beyond: 彼方の死 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 108
cry for days over sb’s death: 〜の死を知って何日も泣き暮らす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 184
contemplate sb’s death: (人の)死を願う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
cause of death: 死因 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 431
can see that sb is bleeding to death: (人が)死んでいくのがわかる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 40
be wanting to redeem sb’s honor through death: 申し訳のために死のう死のうと思う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
be waiting for one’s death: 自分の死を覚悟する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 98
be stunned by violent or sudden deaths: 殺されたか急死した人の前で茫然とする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
be remembered past one’s own death: 死んだあとも覚えてもらう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 124
at least leave sb free to find escape in death: 死の道だけを(人の)ために開けて置く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
an untimely death occurs: 不慮の死をとげる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 409
a new set of feelings about one’s death: (人の)死をめぐって湧き上がってきた一連の新たな感情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
a death in the family: 身内に死者が出た ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 417
死にかた
   
anticlimactic death: あっけない死にかた 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
死ぬ
   
burn to death: 火だるまになって死ぬ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
死期
   
postpone one’s death for a week: (人の)死期を一週間繰り延べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
死神
   
death’s sentinel: 死神の哨兵 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 208
死亡事件
   
an unindicted co-conspirator in the death of ...: 〜の死亡事件に関して共同謀議の容疑で起訴されない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
死亡事故
   
世を去ること
   
following the death in rapid succession of A and B: AとBが相ついで世を去った後 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 66
凄惨な姿
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
生命
   
threaten sb with death: (人の)生命を脅かす べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 53
逝く
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
絶滅
   
death knell of ...: 〜の絶滅の原因 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 162
息をひきとる
   
the death rattle: 息をひきとる寸前 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
亡き
   
after one’s mother’s death: 母亡きあと 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
   
be in the business of death: 命のやりとりの世界だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 240
命がない
   
know that to make any more noise would be death: それ以上余計なことを言っては命がないと悟る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
命取り
   
be the death of sb: 命取りになる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 309

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

unto death: 命を惜しまぬまで
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 218
the stench of death: 屍臭
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 129
the moment of one’s death: 臨終
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 179
sudden death: 急逝
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 13
meet one’s death: 還らぬ人となる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 199
meet death in the air: 空で死ぬ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 407
death threat: 死刑宣告
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 145
death comes to old and young alike: 老少不定
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 91
death and glory: 決死
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
Death: 「死」
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 13
beat sth to death: 叩き殺す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
at the moment of death: 断末魔の
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 200
after sb’s death: (人の)いない(場所)では
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 70
with the fear of death upon one: 命からがらで
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 160
with no fear of death: 死をかえりみず
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 195
vines bent on a struggle to the death: 蔓がところせましとはびこる
two minutes’ worth of life and death: 二分間の人口動態
torture sb to death: なぶり殺しにする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 583
the staircase is as still as Death: 階段は、ひっそりとして、物音一つしてやしない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 194
the merest hairsbreadth separates life and death: 生きるか死ぬかの運命の二股道
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 286
the fact of death: 生者必滅の法則
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
sth feel like a death in the family: 家族に死なれたような気持ちだ
see sb on death row: (人が)死刑台に送られるのを見る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 180
scare sb to death: (人を)死ぬほどおびえさせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
scare sb to death: (人を)震えあがらせる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 318
putting to death is a recipe much in vogue: 死刑ということが、ずいぶんとはやっている処方箋だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 95
plummet from the sky in flames to one’s death: 炎上して墜死する
on the verge of death: 瀕死状態の
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 226
it would not be until almost a decade after sb’s death that ...: 〜するまで、死後ほぼ十年の歳月が必要だった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 430
have been cheating death of its due: 命ながらえて来た部類に入る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 191
go to one’s death: 死地に赴く
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 310
go to one’s death: 死地へ赴く
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 431
fuck oneself to death: やりまくって命を縮める
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 131
exploit, almost to death: 搾取しつくした
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 144
do you want to be the death of me?: おれを殺すつもりなのかい?
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 201
die a natural death: 老衰で死ぬ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 303
die a hero’s death: 英雄の最期というやつをとげる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 476
die a hero’s death: 果敢な死をとげる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 395
be within half a plank of death: 命のせとぎわだ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 234
be with sb at the moment of death: 臨終に居合わす
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
be sick to death of ...: 〜がつくづくいやになる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 385
be sick to death of ...: 〜には閉口している
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 36
be scared to death: こわくてたまらない
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 114
be scared to death: 死ぬほどビクビクしてる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
be scared to death: 怖くて怖くて仕方ない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 148
be in at the death: 死にぎわを見物にくる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 381
be embarrassed to death: 恥かしさに堪えられない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 171
be death on ...: 〜なんて論外だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
be cruelly put to death: 虐殺される
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 5
at the death of one’s father: 父を喪って
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
after the death of one’s wife: やもめになって
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
a war to the death: 命のやりとり
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 103
a preparation for death: 死出の支度
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 126
a battle to the death with ...: 〜との決死の闘い
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 106
And yet I had an abnormally strong fear of death: そのくせ、死の恐怖は人一倍つよかった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 24
That's about two minutes' worth of life and death: ざっと二分間の人口動態である
death penalty advocates: 死刑制度支持の立場の人々
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 515
be looking at death all the time: 寝ても覚めても死と向き合っている
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 330
like to analyze things to death: 色々なことにずい分と説明をつけたがる
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 120
Orr and his death-or-glory boys will approach from the north: オーとその果敢なる野郎どもは、北から触接する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 238
was as jagged and articulate in death as sb had remembered it in life: (人が)記憶する生前とおなじように、死んでも彫り深く、目鼻立ちがくっきりしていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 327
The late Vladimir's death-and glory artists included: 故ウラジミールの決死工作隊をふくめてだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
face unhuman death in one’s assumed shape: 変身した姿での非業の死に直面する
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・解放の呪文』(Wind's Twelve Quarters ) p. 117
be battered to death: たたき殺される
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 457
beat sb half to death: 半殺しの目に会わせる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 187
be beaten to death: 撲殺される
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 38
society would benefit from sb’s death: この世に生かしておいてはためにならぬやつ
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 130
bleed to death: 瀕死の状態だ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 112
be interested in getting to the bottom of sb’s death: (人の)死が気にかかる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 234
death-or glory boys: 果敢なる野郎ども
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 238
it had carried sb to the utmost brink of death: (人が)死の一歩手前まで行く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 216
build into it inevitably end in unhappiness and easy death: 必ず失意のうちに死んだり、夭折の憂き目に遇う
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 307
But when at last death was very close, he seemed unable to recognize it: それでいて、眼前にせまりつつある死そのものには気が付かなかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 120
death bought the jewels you wear: 死によって、あなたの身につけている宝石もあがなわれた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 76
engineer the S.S.’s death camps: 親衛隊の死の収容所を指揮する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 156
cap one’s life with a proper death: 死花を咲かせる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 109
cause the death of the other: 相手の死を招く
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 206
eyes that are changed by the death one had died in coming here: ここに送られるということによって、すでにはっきり死を経験してしまった人間特有の変り果てた視線
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 131
feel the chilling influence of its death-cold eyes: 死そのもののような冷たい眼で見詰められて水をあびせかけられたように感じる
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 28
burn to death trying to work the clasp on his seatbelt: シートベルトのいましめから逃れようともがいているさなかに火だるまになって死ぬ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
death looms closer: 死が迫っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 207
congratulate sb on sb’s escape from death: (人が)死を免れたことに祝いの言葉を述べる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 139
that visceral death-bed smell: 死ぬ間際に吐いたはらわたの匂い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 216
have got one’s death-hurt in the scuffle with the stranger: あの男との格闘のために致命傷をうけた
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 25
declare for victory or death against the world in arms: 武器をとって立ち向ってきた全世界に対して、勝利か死の戦いを宣する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
one’s decline and death: (人の)死と晩年
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 180
Also, death was definitely a result of asphyxia: それから、死因はまちがいなく窒息
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 156
devote two pages to sb’s death: 死んだときに二ページの死亡記事が出る
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 127
die violent death: むごたらしい死をとげる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 170
hold for sb the difference between life and death: (人に)生死の境界を意味していた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 381
difference between life and death: 生死に関わる問題
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 40
doctrinal prison death: 教条主義的獄死
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 106
sb’s early tragic death: (人の)ときならぬ悲劇的な死
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 268
earn sb the death penalty: 死をもって償う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 438
guns as the earthy truth of life and death: 生死というのっぴきならぬ真実としての武器
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 22
reinforcing my estimate of a recent death: 死後あまり時間がたっていないというわたしの推定を裏づける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 27
death that would eventually overtake sb: やがてくる(人の)死
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 28
a medical examination shows no signs of intercourse prior to sb’s death: 死体の所見は、死の直前の交渉の形跡を認めない
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 28
expect death every minute: 生きた心地もしない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 52
familiar hand of death: 懐かしい<死>の手ざわり
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 223
under the decree which banished all emigrants on pain of Death: すべての亡命貴族は追放する、そしてそれにそむくものは死刑だという例の法令
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 180
ツイート