× Q 翻訳訳語辞典
eyes   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
目の表情
   
the eyes were hidden: 目の表情はわからない レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 10

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

able to focus one’s eyes: 酔眼朦朧としていない
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 142
it is sb’s eyes above all that are terrible: あの眼がわけても恐ろしい
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 34
every pair of eyes is absolutely riveted on sb: 全員の目が(人に)釘づけにされている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 58
sb’s eyes in gloomy abstraction seek the ground: その視線は魂でも抜けたように、例の床上に落ちる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
accordingly roll one’s eyes about: そこで目をぎょろぎょろさせて、ながめまわしてみる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 60
cannot saw a stitch on account of one’s eyes: 目がこんなだから一針だって縫えない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 81
accustom one’s eyes to the dark: 闇に目をならす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 103
one’s eyes acquire a deeper clarity: (人の)瞳がいつの間にか奥深く澄んでくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 89
sb’s mind and eyes increase their activity enormously: 頭と眼がよく働く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 169
never can get one’s eyes adjusted to the gloom of ...: 〜の薄暗がりに眼がどうしても馴れない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
have to admit one must have been a sorry sight in sb’s eyes: われながらぶざまだと思える恰好で(人の前に)姿を現わす
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 87
advise, one’s eyes on sb: (人に)目を据えたまま持ちかける
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 77
gape like a cretin, eyes unblinking, agog at ...: ほとんど痴呆的な熱意をもって、〜にまじまじと見惚れる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 317
one’s eyes smile agreeably on ...: その目は〜ににこやかにそそがれている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 336
the eyes stare straight ahead: 目がじっとまっすぐ前方を見る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
one’s eyes are fixed straight ahead: (人は)きっと前方を見据え、ひたむきに歩いていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
see the alarm in sb’s eyes: (人の)目のなかにもしやという不安を読み取る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 122
sb’s little eyes swivel in alarm: 相手の小さな目玉がぎろりと剥かれる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 175
one’s eyes fill with alarm: (人の)眼は警戒の色に満たされている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
sb’s eyes are alive, alert: 目はらんらんとかがやいてするどい
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
one’s eyes weirdly shining and alive: 不気味にかがやく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 76
only one’s eyes remain eager and alive: 目だけが冴えている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 101
become the focus of all eyes: 目という目があつまる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 78
all eyes are suddenly focus on sb: とつぜん、周囲の目がこぞって(人に)集中する
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 242
eyes all for each other: 目を見つめあっている
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 19
be all in the eyes: だれにでもわかる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 115
as everything is all sort of blurred before one’s eyes: 何だか眼がちらちらする感じだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 156
unwisely allow one’s eyes to close: ついうとうとまぶたがふさがるにまかせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 195
almond eyes: 切れ長の目
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 72
He looked steadily into the Prince's almond eyes: 本多の目は宮の切れ長のおん目をとらえて離さなかった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 345
think about the shady, almost criminal look in sb’s eyes: なんだかしみじみと犯罪者ふうに暗かった(人の)眼を思い浮かべる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
one’s eyes almost start out of one’s head at the mere mention of the word “...”: 〜というだけで目の色を変える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 27
eyes are open almost painfully wide: 両眼は痛いまで瞠かれている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 218
But also with the light of battle in his eyes: だが、その目には、たたかいの光もらんらんと宿っていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
continents take shape before sb’s amazed eyes: 大陸が輪郭を現すのを見て(人は)目を瞠る
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 239
The amber luster of the judges' bench struck his eyes: 飴いろの法檀の光沢が目を射た
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 377
read the amusement in one’s eyes: (人の)目に浮かんだかすかなからかいの表情を読みとる
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 147
amusement of the eyes: 愉快そうな目つき
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 619
look at sb with amusement in one’s blue eyes: 青い目にからかうような色を浮かべて、(人を)見つめる
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 290
And before he knew it his eyes were full of tears: けれどもいつかジョバンニの目のなかには涙がいっぱいになりました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 54
sb’s eyes are timid and grey: 気弱なグレイの目をしている
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
with eyes cast downward, one answer in an unusually anemic voice: 珍しく急に気弱な声になって下をむく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 170
sb’s eyes flash an old anger: (人の)目が昔日の怒りに燃える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 511
one’s dark-blue eyes are even darker in anger: 濃いブルーの瞳は、怒りに燃えていよいよ色を深めている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
an angry shine in one’s eyes: 眼が殺気だつ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 230
one’s eyes are animated: 目に生気がある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 132
the eyes lose their animation: 目から生気が消える
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 280
one’s eyes jerking brightly from one spot to another: 油断なく眼をあちこちに走らせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
be read by another’s eyes: 人目に触れる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 242
look at sb with earnest and slightly anxious eyes: おびえの影をちらりと浮かべた瞳に力をこめて、(人を)見る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
one’s eyes bright and anxious: きらきらと輝く眼に不安の色を浮かべて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
appeal in one’s eyes: 哀願の目つき
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 212
in Western eyes sth appears to be rather sluggish: 西洋人の目に〜があまり深刻とは映らない
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 49
appear ... to the eyes of love: 愛の目のなかに置かれたとき〜に見える
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 19
The colonel's brown eyes were hard and appraising and held a lot in reserve: 中佐の茶色の目はけわしく、相手を見さだめ、表には出さぬ多くのものを秘めていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 191
open one’s eyes wide in appreciation: 驚いて眼をみはる
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 150
arresting eyes: 魅力的な目
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
can see one’s own pulse as bright points of light before one’s eyes: どきんどきんと音をたてる鼓動のひとつひとつが、鮮明な光の点と化して、眼の前にくっきりと映しだされるような気さえする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
ask, and roll one’s eyes: 眼をくりくりさせながらたずねる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
assent with one’s eyes: 眼でうなずいてみせる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 127
sb’s eyes have an assessing squint: (人の)眼はそれとわかる程度に斜視だ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 27
have eyes that assort very well with that decoration: 目がまた、そうしたつくりにはまことにふさわしい
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
one’s eyes round with astonishment: 目をむく
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 14
one’s eyes narrowed attentively at ...: 〜を注視している
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 47
do not know where to avert one’s eyes: 目のやり場に困る
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 94
avert one’s eyes: 視線を合わせようとしない
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 45
guiltily avoid sb’s eyes: 自分が悪いことでもしたかのように視線をそらす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 342
I avoid sb’s eyes in return: わたしも(人の)目を引かぬようにする
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 98
be trying to avoid people’s eyes: 人目をしのんでる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 163
sb’s eyes glancing at her and away: 目が娘を見て、ついとそらされる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 24
be unable to draw one’s own eyes away: 〜から自分の眼を離せなくなってしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
baby eyes: かわいい目
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 117
a baby with large blue eyes and an inviting face: つぶらな青い瞳の、あどけない顔をした赤ん坊
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 142
open one’s large baby-blue eyes very wide indeed: 大きな水色の眼をまんまるに見開く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 63
the eyes that seem to be holding back tears: 涙ぐんでいるような目
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
sb’s eyes are rolling back into sb’s head: (人の)眼球が上がって白目になる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 260
open one’s eyes as wide as one can to keep the tears back: 両眼をせい一杯瞠き、こぼれでようとする涙を堪えている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 68
one’s eyes shift back to ...: 視線を(人に)移す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
one’s eyes roll back heavenly: 天にも昇る快感に白目を剥く
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 88
barely open one’s eyes: ほんのすこししか目をあけていない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 71
eyes are humid and bashful: 潤んだおずおずした目
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 73
a brassy young fellow with the bashful eyes of a cardsharp: いかさま賭博師のように陰険な眼をした厚かましい青二才
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 45
bat one’s eyes: 眼をしばたたく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 16
batting eyes: まばたき
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 21
one’s eyes are on ...: (人の)目は〜の方に注がれている
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 170
one’s beady eyes work out ...: 目ざとく〜を見破る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 64
mere beauty can fill sb’s eyes with tears: たんに美しいというだけのものに接すると、思わず眼がしらが熱くなる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 79
become a cunning schemer in one’s eyes: 狡猾な策略家として(人の)眼に映じて来る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 177
become the focus of everyone’s eyes: 一同の視線はそちらに集まる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 74
sb, to whom all eyes had been turned before: さっきみんなの注視の的になっていた
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 124
before the light came cautiously back to her brown eyes: ・・・、ようやく彼女の茶色の瞳に、すこしずつ光がもどった
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
the tears begin to fall from sb’s eyes: (人の)両眼から涙がぼろぼろこぼれ落ちる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 500
one’s eyes begin to widen: 眼がみるみるうちにかっと見ひらかれていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
one’s eyes flashed behind one’s glasses: 眼鏡の奥の眼をギロリと光らせ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
feel hot, loose tears behind one’s eyes: 眼の奥からじわりと熱いものがこみあげてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
the eyes looking at sb from behind sth: 〜の陰にのぞく瞳
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282bend