× Q 翻訳訳語辞典
fixed   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ひきしまった
   
a fixed jaw: ひきしまった顎 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 348
ひたと
   
be caught up in that fixed look: 目がわたしをひたと見すえている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257

一定の
   
fixed intervals: 一定の間隔 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 146
決まりきった
   
in a routine as fixed as prayer: 日々の祈りのように決まりきった日課として トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
根強く
   
have acquired a fixed aversion for dogs: イヌに対する嫌悪が根強く植えつけられてしまっている ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 291
前もってきっちり定められた
   
a world of fixed intentions: 前もってきっちり定められた意図の世界 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 91
貼りついた
   
the fixed brassy smile that is upon one’s face: 顔に貼りついた下卑た笑い ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 96

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

fixed interest: 熱心さ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
with no fixed daily schedule: 日程もきめず
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 160
sit, staring at those fixed glazed eyes: ぎょろりと据わった眼とにらみ合っている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 29
cling to a fixed position: 定着に固執する
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 16
one’s eyes are fixed straight ahead: (人は)きっと前方を見据え、ひたむきに歩いていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
one’s eyes are fixed upon sb’s: (人を)じっと見据えている眼
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
one’s eyes are fixed on the ground: 床に視線を落とす
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 144
keep one’s eyes fixed on ...: 〜をじっと眺めやる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 211
keep one’s eye fixed on sth: 〜から目をはなさない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 227
have one’s eyes fixed on sb: しっかりと(人を)睨む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 182
They'd fixed a cross up, fashioned it theirselves: 十字架も自分たちでなおして、体裁をつけてあった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 381
sb’s smile is glassy, fixed: 笑みは無表情に凍りつく
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 91
with sb’s eyes fixed on sth: 〜にじっと目をやる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 161
with one’s right hand fixed tensely around ...: 右手で〜を固く握りしめている
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 45
these games are fixed: 八百長がある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
there are ghostly eyes intently fixed upon sb: (人を)じっと見据えている気味のわるい眼がある
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 109
the eyes are fixed on ...: 目は〜にそそがれている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 141
sb’s Eyes are wholly fixed upon ...: (人は)〜ばかり注目している
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 38
remain more or less fixed: おおむね腰を据えている
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 149
remain fixed on the spot: その場で粘っている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 405
one’s gaze remains fixed upon ...: (人の)目は、いぜん〜にそそがれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
one’s eyes remain fixed on sb: (人は)眼を離さない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 285
I do not believe that I could have fixed on ...: 〜はちょっと捜しあてられまい
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 5
get fixed: 「処刑」される
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
get ... fixed in your mind right now: いまここで、〜を頭にしっかりとたたきこんでおいてくれ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 74
fixed and intense hatred: 激しい憎悪をむきだしにした
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
be poised, fixed: 宙に静止したみたいにじっとしている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 353
be fixed up: お膳立てをしてもらう
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 83
be so much in the grip of a fixed idea: 一途に思いこんでいる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 99
They inject a fixed dosage of finely differentiated hormones into each fetus.: それぞれ微妙にちがったホルモンを、一定量ずづ噴射しているわけです。
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 146
get fixed for less than ...: 〜よりも軽い罪で「処刑」される
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
eye is fixed squarely on ...: 目が〜にひたとあてられる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 317
The eyes were fixed steadily on Vallery: 目はじっとヴァレリーにそそがれている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 141
His mouth opened, he swallowed, his gaze fixed stupidly on Toby: 口がひらき、生つばをのみこみ、目がぽかんとトビーにすえられた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
ツイート