× Q 翻訳訳語辞典
under   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜にのっとって
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
〜によって
   
under city policy: 市の政策によって 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
〜のため
   
under pressure: 緊張のため ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 249
〜のなかの
   
the performance under the tent: テントのなかの催し物 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
〜の陰で
   
under the brim of a baseball cap tilted up: あみだにかぶった野球帽のひさしの陰で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 354
〜をささえきれずに
   
collapsed under ...: 〜をささえきれずに、がくんとくずれる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 248
〜をのせて
   
accelerate under the dead weight of the lunging ...: 落下する〜の重みをのせて、みるみる加速する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 63
〜以内の予算で
   
under fifty thousand yen: 五万円以内の予算で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 129
〜下では
   
under the circumstances: この状況下では トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220

あい
   
under sb’s prodding scrutiny: (人の)しつこい詮索にあい ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 16
あびて
   
labor to control oneself under sb’s level stare: (人の)冷静な視線をあびて、かろうじて自分を抑えている アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 43
うち側に
   
under all the foulness and ugliness of the face: その醜悪な顔面のうち側に ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 206
かける
   
stand just under six feet tall: 身長は百八十センチにちょっとかけるくらい フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 12
かぶる
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 129

奥に
   
one’s black eyes withdraw so suspiciously under their brows: 疑い深く眉の奥に引っこましたあの黒い目 E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 5
   
there are dark, exhausted circles under one’s eyes: 眼の下には、消耗しきった真っ黒な隈ができている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 224
下に
   
bring in one’s own stuff under one’s coats: コートの下に自前の酒をしのばせて持ってくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
重みで
   
the bed squeaks under sb: (人の)重みでベッドがきしる フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 457
盾にして
   
under the doctrine of reciprocity: 互恵主義を盾にして サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 118
生きる
   
young people under a repressive regime: 鬱屈した時代に生きる若者たち 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 13
待って
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 172
中に入れて
   
let one’s arms rest under the covers: 両腕を布団の中に入れる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 227
沈んでいる
   
it is too much the way of Monseigneur under reverses as a refugee, to ...: 〜が、いま亡命者として逆境に沈んでいる貴族たちのあまりにも十八番の論法だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 98
木蔭に
   
sit under the plane-tree together: スズカケの木蔭に並んで立っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 7
浴びながら
   
under the hot midafternoon sun: 真昼の強い日射しを浴びながら ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 64
率いる
   
soldiers under Colonel ...: 〜大佐率いる兵士の一団 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 42
枠内で
   
assist under ...: 〜の枠内で手を貸す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 77

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

under the weather: 調子悪い
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 86
under the earth: 地底
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
under the covers: 毛布をかぶる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 182
under ten: まだ十歳にも満たない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
under sb’s byline: (人の)署名のはいった
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 47
under one’s fingernails: (人の)爪のあいだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 349
under one’s breath: 声を潜めて
under one’s arm: 小脇にかかえて
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 208
under normal conditions: 平生は
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
under desperate circumstances: どうしようもない環境で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 111
under a scorching hot sun: 炎天下の
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 132
under ...: 〜に埋もれた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
don’t go under: 損をしない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
be under way: はじまっている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 176
without passing under sb’s eye: (人の)目に触れずに
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 56
with one’s crutch under one’s arm: 松葉杖にすがって
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 85
under the protective flag of sth: 〜の名に隠れて
under the continued impulse of confession: 告白衝動が尾をひいて
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
under the byline of ...: 〜の署名いりで
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 43
under sb’s very eyes: (人の)目の前で
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 137
under sb’s benign eye: (人の)柔和な目に見守られて
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 132
under one’s breath one whispers: (人は)無言でひとりごちる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
under cover of the rustle and clatter of desk lids: ガサガサいう音や机の蓋をあける音にまぎれ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 48
under an endless sky: 果てしない大空のもと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
under a blazing sun at ...: 陽がかっと照りつける(場所)で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
to sb, one communicate under an injunction of secrecy: とくに他言無用という前置つきで、(人に)話す
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 157
this I’ve told you is under the hat: いまのはここだけの話だぞ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 38
think of the corpse under one’s feet: 足許に死骸が埋まっていると思うと気色が悪い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
there is ... under a pile of leaves: 枯れ葉の山に〜が一人潜り込んでいる
the goo under one’s fingernails: 爪のあいだに入りこんだ汚れ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
the fabric of sth is as smooth and soft as ... under one’s hands: 〜の感触が〜を思わせるほど手にやわらかい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
the dark circles under one’s eyes: 眼のまわりにできた黒い隈
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
stick sth under one’s arm: (物を)小脇にはさむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 390
slip ... under one’s pajama top: (人の)寝巻のなかに〜を入れてくる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
run up under fire: 銃火をかいくぐって走る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 172
really get under one’s skin: (人を)心底いらつかせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
put a buzz under take-out: もちかえった料理をしゃきっとさせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
one’s coats gleaming under the flood-lights: 照明灯の光を浴びてぎらりと輝くつややかな毛なみ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
make off quite unharmed, under one’s own steam: 元気でどんどん逃げだす
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 221
keep sth under surveillance: 〜を監視する
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 43
just under one’s heart: 心臓の真下
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
in under XX minutes: XX分とたたないうちに
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 153
I’ve got this under control!: こっちはちゃんと仕切ってる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
hum ... under one’s breath: 〜の歌詞を口ずさむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
his hind legs give way under him: 腰が抜けたようにうしろ足からへたり込む
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
have been under a great deal of strain: ひどく緊張し、疲れきっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
have a chunky physique, well under six feet: 小太りの体型で、身長は一八○センチにだいぶ足りない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
get under sb’s skin: (人を)怒らせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
get oneself under control: 気をおちつかせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
get one’s nerves under control: 神経の不安な状態をコントロールする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
floor creaks under one’s weight: 体重がかかると床はきしむ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 406
feel sticky under one’s arms: 腋の下が汗ばむのが判る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 190
feel something crack under the weight of one’s knife: 包丁に固い手応えがある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
do under one of sb’s names: 偽名のひとつを使って〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 134
curse under one’s breath: ひくい声でののしる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 77
cover XX yards in under YY seconds: XXヤードを歩くのにYY秒とはかからない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 214
clamp under one’s arm: しっかりかかえこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
but under a new hairstyle: ただ髪型が違っているだけだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 450
be under the unfortunate influence of mysticism: いけない神秘主義の影響だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 265
be under the jurisdiction of ...: 〜の管轄に属する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 173
be under the gun: 拳銃を突きつけられる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 310
be under sb’s thumb: (人に)泳がされている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
be under one corner of ...: 〜の下敷きになって片隅からのぞいている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
be under no such compunctions: なんのとがめもおぼえていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
be under a spotlight: スポットライトに照らされる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
be hoodwinked by scoundrels working under cover of the general chaos: どさくさに紛れて詐術を弄する手合であった
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 157
You will please advise all ships under your command at once, Admiral: 指揮下の全艦艇に即刻下令してくれたまえ、司令
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
it is easier to bear up under affliction: つらいにしてもがまんしやすい
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 51
under a hot afternoon sun: 午後の暑い日ざしの下で
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 29
under a burdened air: 雰囲気は重苦しい
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
have all sorts of progressive projects under way: ありったけの改革案が実行に移されている
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 322
be coming into Paris under a guard five hundred strong, in cavalry alone: こともあろうに騎兵五百人に守られてパリ入城を企図している
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
be always under a shower-bath of mud from ...: 四六時中〜から吹き込む土埃を浴びる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 94
come under a certain amount of scrutiny: 相当じろじろ見られることになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
under anesthesia: 麻酔がかかった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 95
the anguish is there just the same, under the surface: その底にはやはり悲鳴が流れている
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 66
grow up under another surname: 名字が違う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 26
as much as one can, one do, under one ruse or another: 知恵をしぼってできるかぎり〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
under no circumstances is anybody to do: たとえ何があろうと〜してはいけない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 338
under the pretext of showing one’s appreciation for sb’s kindness: 色々(人に)世話になるという口実のもとに
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 182
don’t be under no kind of apprehension: 心配するこたあねえ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 239
tuck sth under one’s arm: (物を)わきにはさむ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 45
under one’s left arm: 左の腋の下に
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 39
with sth under one’s arm: 〜を小脇に抱え
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 239
walk out whatever one want under one’s arm: ほしいものをひっつかんで出ていく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
under one’s arm: 小脇に
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 141
produce from under one’s arm a great letter: 小わきにかかえこんでいた大きな書状をやおらとりだす
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 77
hold sth under one’s arm: 脇の下に(物を)はさんでいる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 60
gathering the heavy handkerchief under one’s arm in a serene manner: ずっしりと重いハンカチ包みを、静かに小わきにかいこむ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 325
carry sth under one’s arm: (物を)かかえる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
carry sth under one’s arm: (物を)小脇にかかえる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 100
be arranged directly under the window: 窓に寄せて〜がある
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
be under arrest: 逮捕されている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 398
place sb under open arrest: 〜を軽謹慎に付す
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
be under arrest: 逮捕される
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 88
return from an artfully reluctant trip to the bathroom under orders from sb to wash one’s feet: (人に)足を洗うことを命ぜられてわざとしぶしぶ足を洗ってきた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
ask under one’s breath: つぶやく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 67
thrive under sb’s attentions: (人の)心づかいが(人を)温かく包む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
under authoritarian regime: 独裁的体制のもとで
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 13
reply automatically, struggling to keep one’s voice under control: 必然的に無理に声をおし殺して言う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 431
in under two minutes, which is one’s average serving time: だいたい二分以内に持ってくる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 122
chuck the baby under one of its chins: 赤ん坊の幾重にもなったうちのひとつの顎の下を軽くくすぐる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
banked steeply to ... under maximum power: 最大出力でするどく...へバンク
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 450
the tests are barely under way and already there is a name: 検査が始ってもいないうちから、すでに名がついている
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 141
hide one’s light under a bushel basket: 本音を明かさない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 263
be already under the carriage: すでに馬車の下にもぐり込み
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 207
get a bee under one’s blanket: 陰で妙な考えを起こす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 12
with the Rye under sb’s belt: ライ・ウィスキーを胃袋に収め
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 114
a bit under the weather: いささかむしゃくしゃした気分で
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 109
sink under the blow: 衝撃に参ってしまう
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 46
crack frost under boot-sole: 長靴で霜柱を踏みしだき乍ら
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 9
He pulled the ticket out of his pocket and brandished it under Norris's nose: 彼はポケットから違反切符をとりだし、ノリスの鼻先でひらひらとふりまわしてみせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
under one’s breath: こっそり
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 291
swear under one’s breath: ひそめた声で悪態をつく
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 38
snarl softly under one’s breath: しかし聞きとれないような低い声で唸る
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 198
say under one’s breath: 小声で答える
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 352
say under one’s breath: 声をひそめてひとりごちる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
say under his breath: つぶやく
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 76
say cruelly under one’s breath: ひややかにつぶやく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 277
mutter under one’s breath: ひっそりとつぶやく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
grumble under one’s breath: ぼそっとぶつやく
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 159
put sb under a bright light: (人を)締め上げる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 119
buckle under the temptation: 誘惑に屈する
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 87
burrow under the covers: 寝床にもぐり込む
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 35
be buried under the press of ...: 〜の重圧に踏みひしがれている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 107
bury under ...: 〜に呑みこまれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
under the byline of ...: 〜の署名がある
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
camouflage ... under a spurious cloak of ...: 〜を〜の欺瞞の衣で粉飾する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 330
the car sb is in creaks and groaned under sb: (人の)乗った車両が軋んだ音を立て、足下で唸るような声を上げる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 115
be under perpetual veterinary care for ...: 〜の病気でしょっちゅう獣医のお世話になる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 24
under the care of sb: (人の)庇護の下に
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 136
sth under sb’s care: 〜があずかる〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 278
hold carefully under one’s arm: 大切そうにかかえる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 183
the tears and confusion just under the carefully maintained surface: 注意ぶかく平静を保っているその裏側で、(人は)混乱した感情と悲しみの涙を懸命に押しとどめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 340
be caught under sb’s fire: (人から)叱咤をあびる
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 107
under certain lights: 別の観点からみれば
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 149
ツイート