× Q 翻訳訳語辞典
dance   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おどる
   
dance about--whenever the wind blows: 風のまにまにうきうきおどる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 19
ばたつかせる
   
one’s hands dance around: 両手をばたつかせている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181

ダンス
   
put together a song and dance act: 歌とダンスを演し物にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
is it he’s or she’s when sb dances the hokey-pokey?: (人の)ダンスの相手は男なのか女なのか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
invite sb to dance: ダンスを申し込む フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 183
go dance: ダンスの輪に加わる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 45
dance tightrope: 綱渡りダンス トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
ダンスに興じる
   
Mongrel America comes to the Buffalo to drink beer, shoot pool, and dance: 階層も人種もさまざまな市民たちが「バッファロー」にやって来てビールを飲み、玉を突き、ダンスに興じる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 182
ダンスのステップを踏む
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86

首をふる
   
a dancing splendor of red poppies: 燃えるようなけしの花が首をふる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 5
地団太を踏む
   
dance in an agony of frustration: ききいれられないくやしさに地団太を踏む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 218
動きまわる
   
be dancing ghostlike in one’s brain: ぼんやりと頭のなかを動きまわっている バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 301
動く
   
dancing brows: 眉の動き フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 21
舞う
   
the snow dances: 雪片が舞う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
see spots dance in front of one’s eyes: 目の前に斑点がちらちら舞っているのが見える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 289
翻る
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 43
躍る
   
realize that one have felt one’s heart begin to dance: 心の躍るようなものを感じている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 29
dance around the room: 部屋をいっぱいにつかって踊る ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 331
愉快げに輝く
   
one’s eyes danced: (人の)目が愉快げに輝いた バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 13
踊り
   
go to a few dances: 時おり踊りに行く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
dance about--whenever the wind blows: 踊りまわるの--風が吹くとかならず ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 19
踊りあるく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
踊り狂う
   
dance like a Bacchante over the hills of life: バッカスを讚える女人のごとく人生の丘で踊り狂う ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 67
踊る
   
the brilliant protean flames dance as they destroy: 変幻自在な紅蓮の炎が踊りながらすべてを焼きつくす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
it is great dancing with sb: (人と)踊るのは御機嫌だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 178
dirty-dance: 身体をぴたりと密着させて踊る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
dance up a storm in a night or two: ひと晩もふた晩も踊りあかす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 327
dance to ...: 〜に合わせて踊る ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 34
dance the hokey-pokey: 「仲良しダンス」を踊る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
dance in the face of sth: 〜のことはひとまず忘れて踊る フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 184
dance cheek to cheek with sb: (人と)ほっぺたをくっつけて踊る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 85
dance and laugh until one is giddy and tired with the silliness of it all: 疲れてふらふらになってしまうまで馬鹿騒ぎして、踊ったり笑ったりする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 74

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

dance with rage: かんかんにおこる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 229
dance with glee: こおどりする
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 114
so shouts and dances one’s angry blood up: とにかく、〜の怒りの血はたけり立っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
put on a display of sword dancing: 剣舞をやる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 118
pay a royal price to those who dance for one’s pleasure: 舞姫にはいくらでも禮を出す
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 80
lead sb a proper dance: だいぶ(人を)ひっぱりまわす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
lead sb a merry dance then rob sb blind: いろいろおいしいことを言っておいて、あげく身ぐるみ剥ぐ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 165
lead sb a dance all over the city: 街じゅうさんざん引き回す
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 120
large, soft snow dances about them: 二人の上に大きな雪片がひらひらと舞いかかる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 19
join in sb’s dance: (人と)連れ舞をする
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 218
don’t give me a song and dance: 言いわけはやめてよ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
dance up and down: 滑るように歩いている
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 97
dance one’s way across a wide stage: 広いステージをいっぱいに使って踊る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
dance on one’s lips: 唇に浮かんでは消える
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 82
dance down the base paths: 踊るようにリードをとる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
begin a lovely dance snaking one’s way: 身体を優雅にくねらせながら踊る
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 72
herkey-jerkey lurching dance across the floor: がたりごとりと踊りだし、床の上をぎくしゃく移動する
the move is so gracefully executed that it looks to sb almost like a dance-step: (人の)眼には、その優雅な身のこなしがダンスのステップを踏んでいるかのように映る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
do a belly-dance wiggle: ベリー・ダンスでも踊るように身をくねらせる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 42
can dance: ダンスはお手のものだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 215
could dance: ダンスだけはイケる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 113
There was little courtship, no arch approach, no customary fan dance: 丁重な打診もなければ、狡猾な接近も、ふつうならある思わせぶりもなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 151
dance crazily: 踊り狂う
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 83
customary fan dance: ふつうならある思わせぶり
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 151
dance divinely: ダンスが上手だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 90
fairly dance with rage: それこそかんかんにおこる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 229
fan dance:陽動作戦
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 171
the first deer dance: 鹿踊りのはじまり
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 109
Before the dance festivals, Takichiro gloomily went up to the teahouse: おどりの前に、太吉郎は浮かぬ顔で、茶席へあがって行った
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 205
go through one’s song-and-dance in response to ...: 〜に従って、ドタバタ芝居を演じる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 90
have somebody good to dance with: 踊りのうまい相手でもいる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
one, kicking up one’s leg to dance: 脚を高く上げている踊り子の(人)
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 39
make for the dance: 踊りの秘訣だ
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 100
mating dance: 求愛ダンス
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 19
the strange, stiff movements of the dance: 奇妙でぎくしゃくしたディスコダンスのステップ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
an old upstairs dance hall that have been a popular place: その二階には、人気のあったダンスホールがある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 406
outside the world of dance: ダンサーでもないのに
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 39
what passes for a dance floor: ダンス・フロアのようなもの
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
THe Dance of Female Investigation: 女性特有の詮索ダンス
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
ツイート