× Q 翻訳訳語辞典
imagine   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜している図を想像する
   
can not really imagine ...: 〜している図は想像できない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89
〜だとする
   
<例文なし> ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 182
〜だなんて
   
Imagine, falling into the sea!: 海なんかに落ちただなんて…… 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 248
〜と見えたのも目のあやまりであった
   
imagine ...: 〜と見えたのも、目のあやまりであった 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 39

つもりになる
   
imagine that one like sth: 気にいったつもりになる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 113
なってみる
   
imagine that ...: 〜になってみる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 438
ふと思う
   
<例文なし> バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 240
らしい
   
imagine that ...: 〜らしい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 387
わかる
   
imagine the lichen growing behind one’s knees: 膝の下で苔が生い繁ってくるのがわかる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128

感違いする
   
imagine for a moment, that ...: 〜とちょっと感違いする E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 22
眼にうかぶ
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 48
気のせい
   
be imagining sth: 気のせい マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 491
気分にひたる
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 28
空想する
   
imagine ...: 〜を空想する 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 101
He imagined nonetheless: にもかかわらず、彼は空想した トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
見なす
   
imagine sth as ...: (物を)〜と見なす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 86
imagine ... as ...: 〜を〜と見なす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
見当をつける
   
cannot imagine ...: 〜は見当もつかない O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 241
幻影
   
..., so faint as to be almost imagined: ただの幻影かと思うほどおぼろな〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
幻想に浸る
   
momentarily imagine ...: 束の間〜という幻想に浸る アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 26
考えてみる
   
imagine what it was for sb when ...: 〜のとき(人は)どんな気持を抱いたか考えてみる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 8
考えてもみろ
   
Imagine! I thought as I bounced along in the taxi taking me west: 考えてもみろ! と西へ向かうタクシーにゆられながらわたしは思った トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
考えられる
   
could sort of imagine ...: 〜ぐらいのことは考えられなくはない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 115
考える
   
with sb’s stomach in that terrible shape, you can imagine how healthy ... is: (人の)胃の状態を考えたら、〜が良いわけはない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
what sb imagine doesn’t matter: どう考えたところで、事実は動かない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 434
try to imagine: 考えつづける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
imagine ...: 〜と考える アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 120
can not imagine sb doing ...: (人が)〜するなどとても考えられない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 46
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 11
思い
   
be unable to imagine ...: 〜など思いもおよばない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 164
思いすごし
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 12
思いみる
   
could not have imagined ...: 〜を思いみることもなかったろう クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 13
思い違い
   
the silly things to imagine: ばかげた思い違い ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 18
思い込む
   
imagine oneself as ...: 自分のことを〜だと思い込む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 345
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
思い描く
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
思い浮かべる
   
imagine ...: 〜の様を思い浮かべる カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 88
<例文なし> 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 63
思う
   
though one don’t imagine there is any cause for worry in this case: その心配はないと思うが 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
or at least I imagine ...: おそらく〜だろうと私は思う 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
more or less as one has imagined: およそ、思っていた通りだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
it is unbearably painful to imagine that ...: 〜と思うと急に苦しくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
find ... far more difficult and exasperating than one had ever imagined: 思ったより説き落とすのに骨が折れるので弱った 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 194
信じる
   
have always imagined that ...: 〜だと信じている ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 25
be hard to imagine ...: 〜というのが信じられない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 220
推察
   
be inclined to imagine that ...: 〜と推察する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
想像をめぐらす
   
imagine the reality of sb’s life: (人の)送っている現実の生活について想像をめぐらす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
imagine things: いろいろ想像をめぐらす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 408
想像をたくましゅうする
   
in one’s unworthy suspicions about sb, one imagine ...: 〜か、と勝手な想像をたくましゅうする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
想像する
   
be revolting to imagine: 想像するだにおぞましい図だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
full of childish yet perfectly serious imaginings: たわいもなく、しかし生真面目にひとしきり想像している 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 212
imagine ... from sb’s eyes: (人の)視点から想像する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
you can’t imagine ...: 想像できないくらいの〜だった ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 139
想像がつく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
想像
   
imagine ...: 〜が想像される ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
imagine only a small part of the truth that lies behind ...: 〜の半面だけを想像に描く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 34
more ... than sb can imagine: 想像などは遠くおよばないほど〜だ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 251
念ずる
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
夢想する
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 249
目に見える
   
can just imagine ...: 〜ところが目に見えるようだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 177
目に浮かぶようだ
   
can imagine sb doing ...: (人が)〜している姿が目に浮かぶようだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 216
予想
   
do not happen quite as sb imagine it: 予想外の展開だ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 266
用意周到
   
be well imagined: なかなか用意周到だ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 118
連想する
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 196

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you imagine: さだめし〜と想像される
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 19
you’re imagining things: 思い過ごしですよ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 121
wow! imagine that!: いやはやまったく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
try to imagine: じっくり考えてみる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 31
to imagine ...: たわけ、〜と思うか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
than was originally imagined: 予想より
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 106
one imagine: おそらく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
just imagine it: 気の迷い
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 56
just as one have imagined: 果たして
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 216
imagined sins: でっちあげられた罪
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 31
imagined enemy: 仮想敵
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226
Imagine this kid!: まったく、なんてガキだ!
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 251
imagine things: あらぬ妄想を抱く
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 243
imagine that ...: きっと〜でしょう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 82
I imagine ...: 〜にちがいない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 42
I imagine: そうじゃない?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 213
can you imagine: ひどいでしょ?
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 88
can imagine ...: 〜か、見当がつく
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 26
can imagine ...: 〜という気がする
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 132
can be imagined: 想像にかたくないところだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 196
can’t imagine ...: 〜かさっぱりわからない
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 250
can’t imagine ...: 〜筈はない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 122
be imagining things: みんな空耳だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 218
be imagining sth: 気のせいだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 159
..., I imagine: 〜ですよ、たしか
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 39
..., I imagine: きっと〜だろう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
wonder if I am imagining things: またぼくの妄想かなと考える
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 84
try to imagine defending sth verbally: 頭の中で誰かに向かって〜を弁護しようとする
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 27
so that one can imagine financial security: それによって経済的保障があたえられているような気分にはしてくれる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 85
one can imagine how ...: いかに〜かは、想像するにあまりある
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 107
nothing sb ever imagined: (人に)とっては想像の埒外だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
it is well imagined: 実によい考えです
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 292
it is hard to imagine playing tag with the sand crabs: とてもカニとたわむれたりする余裕はなさそうである
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 64
imagined one’s own stench assaulting one: 自分の嫌な匂いを嗅いだようなきがした
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
imagine oneself to do: 〜するようなつもりで
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 189
imagine oneself as sb: (人に)なったつもり
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 234
I don’t imagine I look very good in sth: 似合わないでしょう
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 66
I can’t imagine sb giving a hoot about girls yet: あれじゃあ女の子もヘチマもないよなあ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 90
he little imagines ...: 〜とは、ご当人様も気がつくまい
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 5
have the sort of face one imagines ...: 〜にも似た風貌だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 217
have only to imagine the scene to know that ...: 想像しただけで〜と知れる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 191
fall into mooning and imagining: 空想にふける
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 84
cannot imagine how sb can have come here: どうしてここにおるのか見当もつかん
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 115
cannot imagine a more dreadful scene: 鬼気迫る光景だ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 221
can you imagine that?: 呆れるじゃない?
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 34
can you imagine anything more awful than ...: 〜なんてぞっとしない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 38
can well imagine ...: ありありと見える
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 172
can not imagine what: なにも思いつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
can not imagine even doing: 〜する気も起こらない
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 245
can imagine what hell sb must be going through in ...: 〜の天手古舞がしのばれる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 234
can imagine one’s disgust: 内心、むしゃくしゃしているにちがいない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 61
can almost imagine ...: 〜が眼の前に浮かびそうになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 236
a strange, shadowy world of phantoms and bewildering imaginings: 幽霊や妖怪の徘徊する不思議な、影に包まれた世界
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 103
imagine how alarmed this would make sb: (人は)その時どんなに驚愕し恐怖するだろうと思う
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 172
imagine what your informant is alleging: 情報提供者が何を申し立てているのか想像する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
can imagine: 想像できないことはない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 112
it is not difficult to imagine ...: 〜は想像に難くない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 452
imagine oneself to be facing no-holds-barred villains: 相手が、底ぬけの悪党なら
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 114
it is hard to imagine sth: 〜は想像するだに至難のわざである
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
the fact that sb is lacking in the ability to imagine: 持合わせのない想像力
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 70
To imagine he can touch the Master!: たわけ、名人上手の球に触れうると思うか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
you may imagine how I felt: ぼくがどんな気持ちになったかは、想像におまかせする
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 94
'I can't imagine' said her father mendaciously: 「さあ、わからんな」父親は白ばっくれた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 93
imagine various possibilities: あれこれと想像をしてみる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 105
imagine every possible form one can think of: 自分なりにさまざまに想像する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 31
you cannot possibly imagine ...: 〜が、あんたにはわかるもんか
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 288
be scary to imagine: そう考えると何か空恐ろしい気がする
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 35
Second, I can't imagine why he would get so upset about a photo of sheep: それからその人物がどうして羊の写真を気に病むのかがわからない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 94
I can imagine the sort she is: どこにでもいる娘よ
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 99
But he had only to imagine the scene to know the idea was stillborn: しかし、想像しただけでとてもむりだと知れた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 191
imagine the tickle of a knife against one’s ear: 自分の耳にナイフが触れたりするところを想像してしまう
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 100
You can't imagine the uproar that caused: 想像できないくらいの反響を引き起こしたもんだ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 139
Watchers imagine things: 監視屋たちはいろいろ想像をめぐらす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 408
may well imagine without my repeating: 繰り返すまでもなく御想像願えるだろう
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 39
can well imagine ...: 〜か想像にかたくない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 214
the worst times are when sb begin to imagine ...: 〜を想像しはじめると、居ても立ってもいられない気分になる
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 33
ツイート