× Q 翻訳訳語辞典
flat   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ぐったり寝込む
   
be flat on one’s back: ベットでぐったり寝込む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 326
つるりとなめらかな
   
nothing can be flatter than ...: 〜ほど、つるりとなめらかなものはない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 43
とまる
   
one’s heart go flat: 心臓がとまりそうになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
べったりはいつくば
   
be flat on ...: 〜にべったりはいつくばる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 462
ぺたっと
   
one’s hand hang flat and naked at one’s side: (人の)手は手袋もなしで脇にぺたっとつけられる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 517
ぺちゃんこ
   
sb’s nose is flat: (人の)鼻はぺちゃんこ ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 30
ぺったりつける
   
flat on the paving: べったり歩道につける ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 27
ぼそっと
   
sb’s voice is flat: 〜の声は、ぼそっとしている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 211
ぼそぼそした
   
in rather flat terms: むしろぼそぼそした口ぶりで プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110

アパート
   
That evening when I returned to the flat I couldn't find Masu anywhere: その夕暮、アパートに帰るとマスの姿が見えません 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 98
カラにする
   
I’ll bet whatever sock sb keeps sb’s mad-money in is flat: へそくりをカラにしちゃったことだけはまちがいないわね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
パンプス
   
exchange one’s blue dress and flats for ...: ブルーのワンピースとパンプスを〜に替える フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 48

気が抜けてる
   
be fuckin’ flat: めちゃんこ気が抜けてる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 229
言下に
   
turn down ... flat: 〜を言下にはねつける ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 176
失敗
   
the flat real estate investment: 不動産投資の失敗 ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 411
叩き潰す
   
smash ... flat: これでもかこれでもかと叩き潰す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 245
低い
   
The nose was flat the hair-style full and mid-European: 鼻は低く、ヘアスタイルはごてごてした中欧風 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
転がって
   
be flat on the floor: 床に転がっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 236
鈍そうな
   
flat look in one’s eyes: 両眼に宿る鈍そうな光 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
薄っぺらな
   
chew flat bread: 薄っぺらなパンを噛む ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 507
平ったい
   
just as flat as a pancake: 平ったいパンケーキみたい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
平べったい
   
flat surface: 平べったい表面 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
平坦な
   
rest at the center of a flat basin: 平坦な盆地の真ん中に建っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 491
平板な
   
fall flat: 奥行きを欠いた平板なものになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 541
偏平な
   
It seemed flat like clay thrown against a slick concrete wall: やわらかな年度をコンクリートののっぺりとした壁に投げつけたときのような妙に偏平な音が聞こえただけだった 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 13
無表情な
   
glance at sb with flat eyes: 無表情な眼を(人に)投げかける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
抑揚のない
   
say in a flat official-sounding voice: 市役所の窓口でかわす問答のような抑揚のない声で言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 129
抑揚の乏しい
   
sb’s accent is plain and flat: 抑揚の乏しい、単調なアクセントでしゃべる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 232
扁平な
   
flat loosely packed cigarette: 扁平な、巻きのゆるい煙草 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 170

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

run flat out: 死物狂いで走る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 122
lay flat: 伏せる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
knock sb flat: (人を)のす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 260
flat monotonous fields: 何の面白味もない単調な平野
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 123
fall flat off: ばったりと途絶える
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 86
drop flat: その場に身を倒す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 269
be knocked flat: 打ちひしがれる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 14
weep in large, flat sobs that make sb whole body quake: 全身をふるわせ、声をあげて、いつまでもつづくようなすすり泣きをする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 333
wash one’s face in no time flat: 素早く顔を洗う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 140
swing sth in a flat sweeping arc: 弧を描くように〜を横へなぎはらう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
sb’s voice is quite flat: 無表情な声だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 124
pass the flat of one’s hand squeakily over ...: 掌で〜をこする
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 106
nearly landed flat on one’s face in surprise: すんでに這いつくばるところだった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 25
land flat on one’s back: 激しく背中をうちつける
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 38
frighteningly flat gaze of one’s on sb: 鋭い光を放つ眼で威嚇するように(人を)見据える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
flat wit of sb: (人が)連発する駄洒落
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 131
flat and absolutely still: 平らに凪いで波ひとつ立たない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
feel life is flat stale and unprofitable: 人生がばかばかしく生き甲斐のないものに思える
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 135
fall flat on one’s back: 仰向けにのびてしまう
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 26
fall flat on one’s back: 仰向けに引っくり返る
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 27
be pound flat against ...: ぺしゃんこに折れている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 180
be perfectly flat and smooth: のっぺらぼうだ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 47
be Homicide brass flat out: 掛け値なしの殺人課のヴェテランだ
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 36
be flat out on the bed: グッタリさ、のびてたよベッドで
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 37
answer at once, with a flat and uninflected assertion: 即座に、抑揚のない声できっぱり答える
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 109
beat ... flat again: 〜をまたたたきなおす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
"Wilma?" Pete asked as she turned her flat face toward him: 「ウィルマ?」ピートが呼びかけると、ウィルマはのっぺりした顔を声のするほうに向けた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
can see the flat chiaroscuro outline of Ceylon on the horizon: 平たく蒼ぐろくセイロンの陸地が見える
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 206
Vallery's voice was flat colourless: ヴァレリーの声は、ぼそっと生気のないものだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 211
be as flat and cruel as ...: 〜のように平べったく残忍な感じがする
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 46
He had entered the flat dismembered hinterland of the docks: 車はたいらで乱雑な、波止場の後背地にはいっていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 140
be flat-out enraging: 怒り心頭に発するひどいしろもの
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 553
Finally I went to his flat: しかたがないから将軍のアパートに行った
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 182
flat-buttocked:尻の平たい
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 97
a little freestanding two-flat: 一戸建て二世帯住宅
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
for his little flat in the Barbican, which he felt was rather gray: やや殺風景な感じのするバービカンの小さな部屋に
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 48
inside flat: そこでは
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 358
lie flat on the ground: 地面にへばりつく
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 267
in a minute flat: 難なく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 194
old flat-iron: 古ぼけたアイロン
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 106
a railroad flat: うなぎの寝床のようなアパート
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 116
The events of that evening in Mark's flat he had many times relived: マークのフラットでのあの夜の出来事を彼は何度も反芻した
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 213
I went up to her flat when she was out and searched it thoroughly: 留守中、上がりこんでは、そいつをたんねんにしらべてやった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 74
be turned down flat and thrown out: けんもほろろに追い出される
宇野千代著 フィリス・バーンバウム訳 『色ざんげ』(Confessions of Love ) p. 35
It is unimaginative, flat dry, and likely to consist of mere wind: 想像力に訴えないし、単調で、無味乾燥だし、無意味な言葉をつらねただけと取られかねない
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 39
in flat weather: 海況がおだやかなときは
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 270
ツイート