× Q 翻訳訳語辞典
foot   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あがり口
   
show sb to the foot of the stairs: (人に)階段のあがり口をしめす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 52
at the foot of the great staircase: 大きな階段のあがり口のところで ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 304
つま先
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311

フィート
   
at AA feet above ground level: 地上AAフィートで クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95

   
the peacock picked up its gray feet: 孔雀がその灰色の脚をぴょんぴょんとはねあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
根もと
   
the foot of ...: 〜の根もと レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 43
at the foot of the tall camphor tree: 大きな楠の根もと 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 189
昇り口
   
the foot of the stairs: 階段の昇り口 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 284
   
light of foot and heart: 心も軽く身も軽く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
   
without shifting one’s feet: 足の位置をそのままに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
walk with its feet up in the air: 足を空に向けて歩く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
wag one’s foot: 足をゆらゆらと揺する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 269
the foot of the bed: ベットの足下 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
stamp upon sb, until sb lie dead under one’s feet: (人を)さんざん足蹴にして踏み殺す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 37
sprain one’s foot: 足をつる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 30
set foot inside: 足を踏みいれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
sb’s feet: (人の)足下 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 95
return from an artfully reluctant trip to the bathroom under orders from sb to wash one’s feet: (人に)足を洗うことを命ぜられてわざとしぶしぶ足を洗ってきた 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
plant each foot: 一歩一歩、ゆっくり足を踏み出す ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 385
pivot on one’s left foot and drive off the right: 左足を軸に右足が地を蹴る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 469
pick up one’s forward foot: ピッチャーに近いほうの足をぐいっと引き上げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
one foot inside ... and ...: 〜に一歩足をふみいれたとたん〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
one’s feet printing tracks in one’s own blood: 動いたあとには血の足跡がしるされていく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
one’s feet in the wind: 足が風になぶられる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
lie down near sb’s feet: (人の)足下に横になる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 146
hit oneself in the foot: 足にぶつける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 133
have one’s feet up on sth: (物に)両足をのせて トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
foot fetishist: 足フェチの野郎 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 373
cross one’s feet: 足がもつれる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 298
be rocking too far back on one’s hind foot: 軸足に体重をかけすぎている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 227
be pretty much staved in from a foot or fist hurled by sb: 足で蹴ったか拳固でなぐったかしたらしい凹みがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
bare foot: 靴を履いていないほうの足 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
足どり
   
on catlike feet: 猫のような足どり ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 163
足の甲
   
glance off one’s foot: (人の)足の甲を打って倒れる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 32
足もと
   
in all one’s life one has never seen soldiers so uncertain on their feet: これほど足もとのおぼつかない兵士たちを見るのは、生まれてから一度だってない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 134
be a bit unsteady on her feet: 足もとがおぼつかない ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 326
at the foot of the bed: ベッドの足もとに タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 178
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 57
足音
   
hear more feet than one’s own: 耳にとびこんでくるのは(人の)足音だけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
登り口
   
at the foot of the slope: 坂の登り口に 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 74
片脚
   
rest on foot in the crotch of a tree: 片脚を木の股にかける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 251
片足
   
without taking one’s foot off ...: 〜に片足をのせたまま サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 161
one foot on the rich carpet: 片足を豪奢なカーペットの上に置いて脚を組む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
   
move one’s feet: 歩を運ぶ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 154

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

shadowed feet: 足の影
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 239
set foot outside the house: 外に出る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 268
rise to one’s feet: 席を立つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
rise one’s feet: 立ちあがる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 58
quick on one’s feet: 機敏
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 125
lift one feet: 眉毛に唾をつけたくなる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 220
let’s beat feet: さ、フケようぜ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 350
landed on sb’s feet: 立ち直る
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 119
keep one’s feet: 立っている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 42
in stocking feet: 裸足のまま
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 42
get to one’s feet: 席を立つ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 112
get to one’s feet: 立つ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 27
get cold feet: 逃げ腰になる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 314
gain one’s feet: 立ちあがる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 218
drag one’s feet: 煮えきらない態度をとる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 95
between one’s feet: 両足のあいだにはさむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
beat feet: トンズラする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 400
beat feet: 逃げ出す
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 71
be fleet of foot: 足の速い
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 278
work one’s feet off for sb: (人のために)汗水垂らしてはたらく
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 29
with sb’s foot flying or sb’s fist swinging: でもその場で殴る蹴るの折檻が始まる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
will not set foot on one’s property: 〜はわたしの家へ寄りつこうともしない
walk one’s feet off looking: 足を棒にして探す
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 16
vote with one’s feet: 逃亡により自己主張する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 25
turn one’s feet around: きびすを返す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
think of the corpse under one’s feet: 足許に死骸が埋まっていると思うと気色が悪い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
the vibrations of feet in contact with the ground forerun: 地面を踏む足音が響いてくる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 197
the light by one’s feet: 足もとに射しこんでいる光
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
the door be trimmed at the foot to fit the carpeting: じゅうたんが敷きつめてあるのでドアの下にその分だけの隙間がある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58
sweep sb from sb’s feet: (人を)つまみ上げる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 49
sway on one’s feet: 立ったからだが揺れている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 369
success in swiftness of foot: 駿足の成就
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
struggle to one’s feet: ぎくしゃくと立ち上がる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 209
struggle to one’s feet: なんとか下りる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 50
struggle to one’s feet: 立ちあがろうともがく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 151
stare at one’s feet: 地面の上を見つめる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
sit at sb’s feet: (人の)意見に従う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 76
set foot out of her door: ドアの外へなんか一歩も足を踏み出せない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
set foot on ...: 始めて踏む〜
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 33
set foot in ...: 〜に足を踏み入れる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 28
set foot in ...: 〜に通される
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 424
say, putting one’s foot in it, though in a nice sociable way: おだやかな愛想のよい言い方ながら、思いきって口を切る
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 181
quickly jump to one’s feet: ぱっと立ちあがる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 425
put one’s foot in one’s mouth: 大失敗をやらかしてしまう
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 167
put one’s foot down about: 〜には手厳しい
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 94
put one’s foot down: ぴしゃりとはねつける
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 25
put one’s foot down: 毅然たる態度をとる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 171
plant a foot in sb’s ass: 靴がめりこむほど思いっきりケツっぺたを蹴とばす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
pass out on one’s feet, fall over: 酔いつぶれてばたんと倒れる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
like to lie at sb’s feet: その足もとにねそべっているのが好き
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 279
leap to one’s feet: さっと椅子から立ち上がる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 60
jump up on to one’s feet in a moment: すぐさましゃんとして立ちあがる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 18
jump up on to one’s feet in a moment: すぐさまぴょんと立ち上がる
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 15
If you got cold feet: 危ないと思うなら
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 139
help sb to sb’s feet: (人を)立ち上がらせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
guy who can think on his feet: 決断力のある男
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 264
get unsteadily to one’s feet: よろよろと立ち上がる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 121
get under sb’s feet: (人の)下で使われる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 213
get to one’s feet: ようやく立ち上がる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
get to one’s feet: 腰を上げる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 137
get to one’s feet: 立ち上がる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
fidget from one foot to the other: もじもじする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 228
every foot or so through ...: 〜にぎっしり
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 330
drain after being on one’s feet for XX hours: XX時間立ちっぱなしで仕事をして、汗でぐっしょりになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
drag one’s feet about ...: 〜をしぶってなかなかやらない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 337
cry every foot of the way back home: 家に帰りつくまでずっと泣き続ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
could hear sb’s feet rattling up one’s old stairs: 家の古い階段を、(人が)がたがた踏み鳴らしてあがるのが聞こえる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 46
can think on one’s foot: 臨機応変に即断できる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 443
bring a long journey on foot: はるばる〜まで徒歩護送されてまいります
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 104
be without putting one’s foot over the door-mat: 家に引きこもっている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 59
be out on one’s feet: 立っているのがやっとだ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 229
be on one’s feet: 立ちんぼをする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
be on one’s feet: 立ち上がっている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 273
be no more than a foot from sb: (人)との距離が三十センチ足らずになる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 196
be halfway to one’s feet: 中腰になる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 410
be dead on one’s feet: 生ける屍である
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 258
be dead on one’s feet: 両足で立つのもやっとである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 442
be caught on the wrong foot: 虚をつかれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 336
be asleep on one’s feet: もう半分寝ちゃってるみたい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 184
be a dull grey from head to foot: 一面に灰色を帯びている
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 9
at the foot of Mount ...: 〜の山懐に
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 26
accidentally trample on the foot of a young woman: うっかり少女の運動靴を踏む
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 32
accomplish sth by foot-feel: 足探りでやってのける
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 15
air:空
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
a long bare foot aloft: ひょろりとした素足を宙に浮かせ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
There's always one more door you have to put your foot in, he thought: いつまでたってももうひとつ、足を踏み入れなきゃならぬ入口があるんだなと思う
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 184
be always heavily wrapped up from head to foot: 決って頭の天辺から足の先まで深々と身を包んでいる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 31
approaching on foot: どんどん早足でやって来る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
bare foot: むきだしの足
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
kick that bare foot of one’s way up into the air: 靴をぬいだほうの足を空に突き刺すように蹴り上げる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
one bare foot: 靴を履いていないほうの片足
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
bind hand and foot: 手足もろとも縛る
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
be bound hand and foot by ...: 〜のためにがんじがらめになっている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 116
stamp one’s foot upon the ground in his boyish insolent manner: 子供っぽい不遜な仕草で足を床に踏みつける
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 222
set a frivolous foot upon a casual rabbit: たまたま出あった兎を面白半分に足で踏んづける
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 194
clutch at one’s foot: 足を押さえる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 30
creep a foot closer: にじり寄る
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 27
a foot the bare one, with its hideously long, crooked toe: 足指が不気味なほど長く、それが内側にたわんだ裸足
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
return home on foot defeated: 失意のうちに歩いて国へ帰る
draw oneself up to one’s full five-foot-six: 百五十六センチの短躯をのばせるだけのばす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
draw one’s foot as far down the chimney as one can, and wait: できるだけ足を引っ込めてじっとしている
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 55
the fleetest of foot of all mortals: 何人もおよばぬ快足の持ち主
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 46
a foot her favor: 一フィートばかり彼女のほうが高い
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 70
hand and foot: 手足もろとも
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
foot-dragging:腰の重さ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 220
place one foot gingerly: こわごわ片足をのせる
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 18
Wilma's jittering foot slid into the gutter: わなわなとふるえるウィルマの片足は、道ばたの溝にすべりおちていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
on hardscrabble below, where sb has toiled and fought for every foot: 死ぬ思いで一歩一歩急坂と格闘していた麓の岩場で
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 142
Hastily the boy replaced his foot on the deck: 青年はあわてて足をおろした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 44
plant one foot inside the gaping hole: ぽっかりと口をあけた闇の中に片脚を踏み入れる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 40
I’ve never set foot inside ... and I never will: 〜に足をふみいれたことはないが真平だね
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 59
with one of one’s stained shoes jerked off one’s foot: その拍子に片足、酒でよごれたくつをポイと飛ばす
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 58
jiggle one’s foot up and down: 足先をひょこひょこ動かす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 147
quilt of money lying at the foot of one’s bed: ベッドの足のほうになっている札
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 33
no more than five foot four: 一メートル六十そこそこ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
Her right foot struck Wilma's outstretched left foot and she fell forward: その右足が、ウィルマの投げ出した左脚につまずき、ネッティは前のめりに倒れた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
ツイート