× Q 翻訳訳語辞典
sweep   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
さっそうと通りすぎる
   
sweep by: さっそうと通りすぎる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 163
さらう
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
じろりと眺める
   
sweep ...: 〜をじろり眺める アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 109
そよぐ
   
the red rolling grass sweep up: 赤いインディアン草が風にそよぐ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 56
はびこる
   
sweep through ...: (場所に)はびこる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38

サッと開ける
   
sweep aside a door: サッとドアを開ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 42

押す
   
the tide keep sweeping sb westward: 潮が船を西へ西へと押しつづけて スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 142
感じる
   
an angry wave of humiliation sweeps over one: はらわたの煮えるような屈辱を感じる 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 77
寄せる
   
in the everlasting sweep and torment of wind: いつやむとも知れず寄せては逆巻く風に セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 92
駆けこむ
   
sweep in: 駆けこむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 324
駆けつける
   
sweep into sb’s house: (人の)家に駆けつける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 152
見わたす
   
sb’s eyes sweep ...: 目が〜を見わたす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 296
斜線
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 71
車寄せ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 410
吹きわたる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
捜索
   
surprise sweep: 抜き打ち捜索 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 42
掃き清める
   
it is swept at the same time: 決まった時間に掃き清められる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 95
掃海する
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 60
追いやる
   
sweep the fantastic shadows in dusky corners: 夢幻的な影を薄暗い隅に追いやる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 136
突き進む
   
sweep up the hall: 廊下を突き進む ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 638
呑み込む
   
huge waves sweeping everything before them: 眼の前のことごとくを呑み込まずにはおかぬ波 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
飛ぶように
   
sweep round the corner: 飛ぶように角をまわる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 197
風靡する
   
a yearning towards sth sweep countries: 〜への憧れが諸国を風靡する アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 134
猛威をふるう
   
the flu that sweep through the city: 町中に猛威をふるうインフルエンザ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 226
落ちる
   
sweep sb almost immediately into slumber: とたんに眠りに落ちる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 120

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sweep up the bits: あと始末
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
sweep up sth: (物を)やにわにつかむ
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 149
sweep through sb: (人の)全身をつらぬく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
sweep the board: 一挙に事の成就へ持って行く
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 43
sweep sth together: 〜の片づけ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
sweep sth together: (物を)かきあつめる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 196
sweep over sb: (人の)全身をつつむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
sweep over: さらう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 47
sweep majestically downriver: 物々しく川下へ下がっていく
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 20
sweep away ...: 〜をがらりと変えてしまう
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 87
sweep ...: 〜を眺めわたす
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 60
be swept back: なでつけてある
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 221
be swept aside: 両側にするすると開く
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 415
waves of lust sweep through sb: 激しい情欲のごときものがとおりすぎる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 168
two stones sweeps of staircase meeting in a stone terrace: 石造の階段が二つ、ずっと左右から上って石のテラスで一つになる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 212
the Yankees’ four-game sweep of the Phillies: フィリーズに四タテを食わせたヤンキース
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 305
the wind sweeping through one’s fine hair: 風に吹かれてまだ細い毛がさらさら揺れる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 149
the sulkies sweep around the turn: 馬車がコーナーを曲がる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
the realization of ... sweeps over sb with tremendous force: 〜をはっきりと実感として感じる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 33
the news of ... has done swept down ...: 〜がニュースとなっってたちまち(場所)を駆け抜けた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 195
the memories of ... sweep over sb: 〜のことがぐっと胸に来る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 30
the fire sweeps across the headlands, over the grass and brush: 火は草や低木の茂みを舐め尽くす
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 546
the calm, wide sweep of the lake: おだやかに広がる湖の水面
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
sweet one’s hand wide: 手でサッとまわりをさす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
sweep up by the force of the question: その声の強さに気圧されるように
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 76
sweep the base paths: ベースラインをきれいにする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 335
sweep sth onto the floor: (物を)払い落とす
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 160
sweep sb from sb’s feet: (人を)つまみ上げる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 49
sweep sb away somewhere: さらって行く
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 311
sweep one’s hat off one’s head in a very elegant way: 気どった手つきで麦わら帽をさっと脱ぐ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 64
sweep one’s eyes over sb: (人を)一瞥する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 239
sweep off the seats: 座席をさっと払う
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 138
sweep eyes over ...: 〜に目を走らせる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 41
sweep down along ...: 〜に沿って吹き抜けていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
sweep away the flowers in their vases: 水盤に活けられていた花を流し去る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 283
sweep away in ...: 〜にのまれて消える
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
sweep across the floor: 床を突き進む
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 642
sb’s eyes sweep effortlessly across the room: (人の)視線がさりげなく法廷を一巡する
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 71
polish sth in slow, lazy sweeps: だらだらと〜をみがいている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 334
one’s eyes sweep across the room: 視線が部屋全体を掃く
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 75
make an indulgent sweep of one’s hand across ...: 手で〜をつるりとなでる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 309
make a clean sweep: 徹底的にやる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 234
make a backhanded sweep along a shelf of ...: 棚に並ぶ〜をひとなぎにする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 369
have got swept up and destroyed: ごみと一緒にされ、破棄されてしまう
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 189
happen to pass there on a regular sweep along the shore: 海岸に沿って定期的に泳いでいて、その途中で入江に立ち寄る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153
get sweep out at the polls: 選挙で惨敗する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
fresh breeze come to sweep through sb: 新しい風みたいなものが体内をかけめぐる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 93
feel all the old excitement sweeping through sb: あのなつかしい昂奮が身体を駆け抜けていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
command a sweeping view of ...: 一望のもとにながめられる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 175
be swept by spotlights: こうこうとスポットライトを浴びる
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 35
be swept by a wave of happiness: 急に楽しくなってふふんと笑う
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 34
a wave of self-reproach sweep through sb: (人は)自責の念にさいなまれる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 341
a waft of fresh air sweeps through ...: 涼しい風が吹き込む
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 94
a momentary revulsion sweeps over sb as ...: 〜した瞬間(人は)嫌悪感が身体を駆け抜けるのをおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
a chilly, rain-swept night: 雨あがりの肌寒い晩
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
curse as one sweep sth on to the floor: 毒づいた拍子に、(物を)払い落とす
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 160
a wave of distress sweep over one’s face: (人の)顔を不安がかすめる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 181
drive gaily down the garden-sweep: 威勢よく庭を走らせて行く
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 52
sweep in past sb: (人を)無視して駆けこむ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 324
ツイート