× Q 翻訳訳語辞典
wire   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
テレタイプ
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 22
ワイヤ
   
hang from a wire: ワイヤで吊るされている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185

回線
   
wires corresponded to ...: 回線が〜に通じている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 34
金網
   
wire runs: 金網囲い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
繋維索
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 60
固縛する
   
be wired tight against the steel: 鉄骨にしっかり固縛されている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
針金
   
break the wire: 針金をたわめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
針金を張った
   
walk through a swinging wire gate up to ...: 針金を張った自在門を押しあげ、(場所)に入っていく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
接続
   
can wire sb to ...: 接続は自由自在だ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 191
   
high voltage wire: 高圧線 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
鉄線
   
make a fog-flower on the wire-reinforced glass of window: 鉄線の入った窓ガラスを白く曇らせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
barbed wire: 有刺鉄線 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
盗聴装置をつける
   
It's wired and I think it might be interesting: 盗聴装置がつけてあるから、面白いことになるかもしれんよ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 195

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wire service: 通信社
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 23
wire fence: 金網
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 76
the wire services: 情報ネットワーク
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
loose wire: 接触不良だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 491
we’ve crossed the wires a bit: 少々行き違いがあった
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 219
set out wires around one’s abode: 住まいのまわりにロープや鉄条網をめぐらす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
hear ... in the wire: 受話器の向こうに〜の音が聞こえる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 323
a high-wire acrobat: 空中曲芸師
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 307
busy oneself with a bobber and a piece of wire leader: 熱心に浮きと針金の先に糸を結びつけている
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 89
hardly a live wire: 精力的な活動家とはお世辞にもいえない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 212
the man’s throat where the wire pressed: 針金が首に深くくいこんだ
ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 187
pushing the wire-rimmed half-glasses toward sb’s face: 金属縁の読書用メガネをつきつける
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 25
be surrounded by a temporary wire fence: ワイヤフェンスで仮囲いがしてある
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 438
Paul's reclusive hardware technician who hides in thickets of telephone wire: ポールは世捨て人を思わせるハードウェアの技術屋で、つる草の繁茂する藪にも似た電話線の交錯のなかに隠れ棲んでいる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 35
trip-wire veterans: 忍び返しの復員兵
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
tufts of copper wire: 銅線の束
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 56