× Q 翻訳類語辞典

なんか  

hardly の訳語→ 〜するまでもない ではない ない なくらい になるわけがない いくらも〜しない いまにも お世辞にも〜とはいえない お世辞にも〜とは言えない お世辞にもいえない かねる さだかには〜ない するわけにいかない たいした〜ではない ちらりと てんで できない とても とてもそれほど〜ではいられない ないといっていい なかなか なるかならないか なんだか ほとんど ほとんど〜ない ほど遠く まさか まさか〜ない めったに もはや〜ない ろくすっぽ ろくに ろくに〜しない ろくろく〜もしない 格別〜ではない 危うく 別に〜ない 殆ど例がない 滅多にない

some の訳語→ 〜かなにか か何か というもの みたいなもの ある ある者 ある人 ある程度の いいしれぬ いくつかの いくばくの いくらか いささか いささかの収入 いろいろ おあまりの かなりの か何処か ごろ さまざまな ざっと〜ぐらい すこし そこらの その位の たいした たっぷり ちょくちょく ちょっとした でも どういう どこかの どこかの誰か なかには〜ものもある なにか なにがしかの なんとか ばかり まあ むかし もう少し やや やや〜そうに ようなもの よほど高価な 或る 一つ 一掬の 一種 一端 一度ならず 一部 一部では 一部には 一部の 一部の〜 一面 何か 何かしら 何かの 何か形のある 何と大した〜ではないか 何らかの 何故か 何処か 何人か 何度か 僅かな 結構な 向き 時として 少々 少々の 少し 少しは 少しばかり 少量の 人によっては 人もあり 数あるなかには、〜もある 多少とも 多少なりと 内外 二、三 薄々 比較的 妙な 余り ...

sort の訳語→ 〜ともいえる ように らしい いわば かたち ぐらい こんな その手 たぐい たち ちょっと ほどの人 まあね まあまあ まず まるで みたい みたいな ような よくあるタイプ よりわける らしきもの タイプ 区別する 仕分けする 仕分けをする 種類 整理する 選りわける 調子 程度 同然 内容

そのほかの「なん」で始まる語句・表現

なんかの場合 なんざ なんじゃないか なんぞ なんたらかんたら なんたる なんだ なんだか なんだかえたいのしれない なんだかざわざわとおそろしい気持になる なんだかふるめかしい なんだかんだと なんだか変な なんだか奇妙に なんて なんてこった なんてったって なんてもの なんで なんで〜かしら なんですって なんでも なんでもかんでも なんでもない なんでもないこと なんでもないことに怒る なんでもないよう なんでもないようだ なんでもない男 なんでもなくなる なんでもぺらぺらしゃべる なんと なんといいましょうか なんという なんというか なんといっても なんとか なんとか〜しようとする なんとか〜する なんとかいうもの なんとかかちとる なんとかかんとか なんとかさん なんとかして なんとかして取り立てる なんとかしのいでいく なんとかする なんとか暮らしを立てる なんとか無事に切り抜ける なんとしたことか なんとしても なんとなく なんとなく〜か何かのように見せている なんとなく〜のように思える なんとなく予感する なんとはなしに なんとも なんともいえない なんともいえぬ なんともおかしい なんともすわりがわるい なんともなさけない なんともひどい なんともやるせないような なんとも言えず なんとも言えずうまい なんとも言えない なんとも言えなく なんと言っていいかわからない なんども なんなりと なんにかぎらず なんにも なんにも知らずに なんの なんのこと なんのことはない なんのさしさわりもない なんのまえぶれもなく なんの不思議もなく なんの前ぶれもなく なんの前触れもなく なんの収穫もなく無駄に終わる なんの変哲もない なんの実りももたらさない なんの感情もない なんの感興も示さないような顔をして なんの抵抗もなく なんの支障もなく なんの斟酌も加えず なんの気なしに なんの気もなく なんの気恥しさもなく なんの罪もない なんの苦もなく なんの苦労もない なんの関係もなさそうな なんぴと なんぴとたりとも なんら なんらか なんらかの措置 なんらかの方法で なんらかの施設


ツイート