× Q 翻訳訳語辞典
sort   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ともいえる
   
feel sort of cheerful: 爽快ともいえる気分だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
〜ように
   
sort of surprised: 驚いたように デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 366
〜らしい
   
a solicitous sort of sb: 親切らしい人 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 77

いろいろ
   
there are many sorts of German: ドイツ人にもいろいろあるのよ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 228
いわば
   
it is really a sort of beginning: いわばそこんとこからまた始まる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 242
a sort of running joke: いわばお決まりのジョーク ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 40
かたち
   
some sort of ...: 〜といったかたちで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
ぐらい
   
could sort of imagine ...: 〜ぐらいのことは考えられなくはない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 115
こんな
   
sort of bloke: こんなやつ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 372
it is the sort of time that allowed you to do: 〜という気になるのはこんな時だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
I don’t like doing this sort of thing: 私もこんなことを好きでしているんじゃありませんよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 224
その手
   
make small offerings of this sort: その手の問を投げかけてくる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 306
たぐい
   
the same sort of ...: おなじたぐいの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
the cleverest thing of the sort that sb ever did: そういうたぐいで拙者がなした最高に味なわざ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 163
have learnt several things of this sort: こういうたぐいのことをいろいろ教わっている ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
たち
   
be a likable sort: 割に誰にでも好かれるたちだ 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 35
ちょっと
   
be sort of ditzy: ちょっと間が抜けてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
なんか
   
some sort of dirty thing: 汚い物かなんか ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 286
なんだか
   
sort of funny: なんだかおもしろそう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
say in a sort of awe: なんだか感心したようないいかたをする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 410
ほどの人
   
your sort: あなたほどの人 リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 47
まあ
   
sort of: まあ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 8
まあね
   
sort of: まあね トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
まあまあ
   
sort of: まあまあ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
まず
   
in the sort of candid way that probably too few siblings ever do: 普通の兄弟のあいだではまず見受けられないであろう率直なやり方で ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
まるで
   
in a Wonderland sort of way: まるで不思議の国にでもいるように フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 8
みたい
   
the sort of words used on TV shows: テレビ・ドラマみたいな言葉 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
みたいな
   
have a sort of hunch that ...: 〜は(人の)勘みたいなものだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 492
ような
   
sort of half knows sth: 〜を半分知っているような、いないような ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 245
be the sort of issue that ...: 〜ような問題である ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
a staring sort of look: じっとにらむような目つき ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
ようなもの
   
seek some sort of last-chance reconciliation: 最後の和解のようなものを求めている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 347
よくあるタイプ
   
be the sort of ...: 〜によくあるタイプだ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 427
よりわける
   
sort through sth: 〜からよりわける ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 39
らしい
   
offer some sort of excuse: 言い訳らしい言葉を使う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 114
a sanitary sort of fellow: きれい好きらしい男 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 373
らしきもの
   
sort of smile: 微笑らしきものをうかべる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201

タイプ
   
the sort of person who do ...: 〜するタイプの人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
dreamy sort: 夢想家タイプ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 43
be an obliging sort: 押しつけるタイプだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 346
another sort of: べつのタイプの スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
a patient sort: 辛抱づよいタイプ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 59

区別する
   
sort through ... and ...: 〜と〜とを区別する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
仕分けする
   
仕分けをする
   
sort the mail: 郵便の仕分けをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
   
the man that I am telling you about is after all adj. sort of man: 私の今話しているのは〜の人の事だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
種類
   
the sort of atmosphere that ...: 〜と同じ種類の雰囲気だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
it is likely the sort of ...: 〜する種類の〜だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 552
be filled with business of every sort: 〜はありとあらゆる種類の物事で満ち溢れている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
整理する
   
sort through sb’s possessions: (人の)遺品を整理する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
get around to sorting them: その整理に手をつける クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 32
can’t begin to sort anything out: うまく気持を整理することができない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 240
選りわける
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
   
be the sort who finish number one in nearly everything: 何をやらせてもたいていトップで終える男 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
調子
   
not for any sort of human discourse: 人と話をする調子ではない サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 12
程度
   
wonder just exactly what sort of guardianship is soliciting: どの程度まで監視していればいいのだろう デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 80
同然
   
become a sort of unreality: 幻も同然になる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 248
内容
   
sort of dream one tell sb about: (人に)話せるような内容の夢 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

that other sort of: その手の
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 62
sort through sth: (物を)漁る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 48
sort through ...: 〜を洗いなおす
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 208
sort out the real story: 裏をとる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 141
sort out ...: 〜を出す
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 52
sort of yell: どなるみたいにして言う
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 233
sort of suggest: それとなく言う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 435
sort of sth: 〜というか
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 122
sort of open: ちょっとあける
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 248
sort of half-assed: ちょっと腰を落として
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 201
sort of ...: 〜といったところで
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 68
sort of ...: 〜ような
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
sort of ...: いささか
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 50
sort of ...: いわば〜というところ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 15
sort of ...: なんといえばよいか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
sort of: いささか
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 36
sort of: ちょいと
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 27
sort of: なにしろ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 167
sort of: なんかこう
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 125
sort of: なんだか
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 21
sort of: なんとなく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
sort of: まあ、そういうことだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
sort of: まあな
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 119
sort of: ものもある
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 11
sort everything out: 事態をつかむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 118
of some sort: 何かの
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 14
of any sort: いかなる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
crazy sort of thing to say: 突飛だ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 38
all sorts of ...: 〜の数々
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 77
all sorts of: いろいろ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63
a sort of wonder boy: 怪童
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 64
a sort of ...: いわば
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
a sort of: こういう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
a closure of sorts: 結末
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 546
you know the sort of thing I want: わたしの注文はわかっているだろう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 246
wonder, sort of abstractly: もうろうとした頭をひねる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
with every sort of person: 相手を問わない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 17
what sort of things are they?: と言いますと?
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 147
wear the wrong sort of fatigues: 着ている戦闘服がちがう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
try to sort out sb’s problem: (人の)尻ぬぐいを引きうける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 270
try all sorts of things: 思いつくかぎりのことをする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
this sort of thing: こういうこと
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
this sort of ...: この手の〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
think sb is some sort of ...: (人は)〜という印象だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
there were all sorts of stories about ...: 〜については、いろいろなエピソードが残っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
there is some sort of conspiracy at work against sb: (人に)対する陰謀が進行している
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 370
there are all sorts and sizes of ...: 世間には〜と呼ばれる人種はざらにいる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 50
there’ve been all sorts of changes: なにからなにまで変化してきたものだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
there’s some sort of random mechanism inside: 機械のなかに、動きを一貫させないメカニズムが内蔵されてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
the sort of place where new light or fresh air rarely enters: 新しい光や新しい空気とはほとんど無縁の場所
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
the sort of nice surroundings that one have enjoyed with sb: (人が)前々から(人と)居を構えているような、まともな環境
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 320
the sort of home sb should live in: まさに(人が)住むのにふさわしい
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 166
the sort of family life: 家庭生活のようなもの
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
the sort of ...: 〜とでもいおうか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
that sort of things happens every day: それは日常茶飯のことだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 114
that sort of thing: 〜といった程度で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
that sort of thing: そういったもの
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 41
that sort of thing: そんなものだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 96
that sort of thing: そんな具合
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
that sort of thing: とかなんとか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 95
that sort of thing: とかなんとかいった類の箇所だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 20
talk to sb about all sorts of things: (人と)色々話す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
take sb for some sort of would-be molester: (人を)痴漢扱いする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 232
take revenge of sorts: ちょっとした意趣返しをする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 28
start to sort of do: ちょっと〜しかける
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 305
speak in a confused sort of way: なんだか妙にあいまいな言葉づかいになっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 214
sound sort of Californian: カリフォルニアなまりがちょっとある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 98
sound sort of ...: 〜に聞こえる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
sort through their differences: 仲直りする
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 383
sort out with sb: (人と)きちんと話をつける
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 99
sort out the change: 小銭を仕分けする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 129
sort of sweat sb a second: ちっとばかり脅しをかける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
sort of strike up a conversation: なんということもなく話が始まる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 170
sort of strike up a conversation: なんとなく口をききだす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 235
sort of shovel ... down the stairwell: シャベルですくうように、階段の下へ落とす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 396
sort of scratch one’s ear lamely: いいわけがましく耳のあたりを掻いてみせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
sort of miss sb: なんだか(人が)なつかしいような気がしてくる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 291
sort of makes sense: そうだろうよなあ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 183
sort of make sense: なにかとても正しいことのような気がする
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 136
sort of live a day at a time: 言うなればその日暮らしをしているようなものだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
sort of like ...: いってみれば、〜ってところ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 323
sort of like ...: まるで〜だ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 50
sort of like ...: むしろうれしい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 317
sort of keep looking around for ...: 〜をそれとなく捜す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 306
sort of idly poking for clues: 手がかりを求める気持ちもあった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 133
sort of a lousy day: いやな天気の日
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 325
sort of a fun chore: なかなか楽しそうな仕事
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
some sort of ritual: 儀式めいた風景
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 121
some sort of kidnapping: まるで誘拐だ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 140
some sort of hackneyed sentiment about ...: 〜という平凡な文句
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 52
some sort of ...: 〜に関するものとおぼしき
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 230
some sort of ...: なんらかの
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 159
smile at sb in a can-you-keep-a-secret sort of way: あなたは秘密を守れますか、といわんばかりの微笑をたたえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
smell some sort of ...: なんだか〜の匂いがする
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
seem to be some sort of ...: 〜というものらしい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 8
see sb is the right sort: (人が)見あげた男だとわかる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 234
sb you expect in this sort of place: こうした場所にふさわしく〜な(人)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 326
say in the wrong sort of voice: 出しつけぬ声を出して言う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 557
right sort of terms: しかるべき条件
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 118
opt for a compromise of sorts: 一種の折衷案に落ち着く
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 23
one is not at all the sort of person one is now: あんな人じゃなかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 33
one’s hair is sort of mussed: 髪の毛はなんだかくしゃくしゃにしてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 142
once a living creature of some sort: 何やら得体の知れぬ動物
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 38
not the easiest sort of boarder: 手のかからない下宿人とはいえませんね
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 73
make some sort of greeting: 会釈のひとつもする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
make all sorts of ridiculous vows of devotion: 歯の浮くような誓いの言葉を並べ立てる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 158
make all sorts of excuses: 色々弁解する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 181
make a sort of sad sense: 〜にもの悲しいものがある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 220
look sort of poor: あまり裕福な家庭ではなさそうだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 179
look at sb sort of funny: なんだかへんな顔をして(人を)見る
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 328
lack all sorts of things: 何かと足りないものだらけだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 86
know all sort of sth: 〜に精通している
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 172
just sort of pop out: 思わず口をついて出る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
just sort of hit one all of a sudden and one try it: ちょっとした思いつきでやる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 149
it would sort itself out: 事態はいずれ落ち着くだろう
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 237
it takes one an instant to sort things out: 一瞬(人は)それが何なのかわからず
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 107
it sort of give sb something to do: そんなことでもとにかくなんかやることがほしい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 144
it seems to be sth of some sort: ちょっと見には〜のようにも思える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
it make sb feel sort of sad: なんだか悲しくなる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 150
it just sort of work itself out: 偶然、そんなふうに運ぶ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 76
it is sort of a fad among ... to do: 〜する、というのが〜のあいだで流行っているようだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 42
it is far better not to wash linen of the sort in public: こうした内輪のゴタゴタは、世間に知られないほうがいい
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 116
in their spider sort of way: 蜘蛛の世界のやり方で
in a sort of drunken frenzy: 酒乱のように
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 135
in a fake sort of run: まるでインチキなかけ足をしながら
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
in a distant, preoccupied sort of way: 意識が遠のき心がさらわれていく気分をおぼえながら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
I can imagine the sort she is: どこにでもいる娘よ
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 99
have the sort of face one imagines ...: 〜にも似た風貌だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 217
have sort of been down this pass before: こういうことはこれがはじめてではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
have sort of a feeling then that something is coming: 何だかへんな予感がしている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 112
have some sort of suit on one’s back: いっぱしの背広などを着こんでいる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 174
have just sort of started: 始まりかけてる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
have just sort of finished that: あっちのほうはもう終わったんだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
have felt this sort of wakefulness in oneself before: 思えば(人は)こうした覚醒の気分を体験していた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
have considered sth in a distant sort of way: 〜を漠然と考えたことはある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
have ceased to receive the sort of warm attention: さしたる厚遇も受けられなかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 70
have attached oneself to sb as a sort of lackey: 近ごろ、すっかり(人の)子分になっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 438
have all sorts of progressive projects under way: ありったけの改革案が実行に移されている
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 322
handle the escape with the sort of tense aplomb: 現場離脱は緊張裡にも沈着に果たされる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
go on saying to oneself, in a dreamy sort of way: もうろうとしながら、まだひとりごとでぶつぶつ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 18
go on saying to oneself, in a dreamy sort of way: 寝ぼけ声のひとりごとになる
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 15
get some sort of social life going: まともな人づきあいをする
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 48
feel tired and somehow out of sorts: なんだか大変、疲れている
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 24
feel out of sorts: ちょっと気分が優れない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 77
do not look the sort people confide their personal troubles to: 身上話に興味を持つ人のようには見えない
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 150
companions in an odd sort of way: おかしな友だち同士
come home with all sorts of things, including sth: (物)とかいろんなものを貰ってくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 41
clipboard of some sort: クリップボードのようなもの
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 195
can never get the right sort of look into one’s face: とうてい〜には〜するのにふさわしい顔つきができない
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 149
can’t guess of what sort it is: なんだか正体の知れない
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 55
can’t guess of what sort it is: 正体不明だよ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
both sorts of investment: 二重の投資
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 34
become a writer of sorts: 文士のはしくれになる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 217
be used to sorting out sb’s emotions and telling sb what to do: (人の)気分の舵は取りなれている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 95
be unapproachable sort of person: 取りつきはのない人
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 200
be the sort of wedding where the cost of the ceremony and reception go as a down payment: まるで、結婚式と披露宴の費用をなしくずしに払わせられているようなものだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 110
be the sort of environment ... love to inhabit: 〜が棲息しやすい巣窟のようになっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
be the sort of: 〜みたいなもの
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 90
be the same sort of thing: 〜でもべつに差し支えない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 66
be subjected to all sorts of physical abuse: ありとあらゆる肉体的加虐に合う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
be still sort of doing: まだ〜するのをおさえることができない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 161
be sort of worried about this development: なりゆきを案じている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 97
be sort of toy with the idea of doing: 〜することをなんとなく考えて
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 80
be sort of on the stupid side: 少し足りないほう
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
be sort of on speaking terms: 会えば話をする仲だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
be sort of like doing: 〜みたいだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
be sort of like a furtive bird: 人目を盗む小鳥のようなところがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 73
be sort of like ...: 〜に似ている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
be sort of hard to do: 〜するのはいささかつらい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 296
be sort of cute: ちょっとかわいいの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
be sort of crying: 泣きそうな気持ち
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 84
be sort of afraid sb ...: (人が)〜しそうな気がする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 224
be sort of afraid ...: 〜かと心配でなくもない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 328
be sort of a blonde: 髪はブロンドに近い
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 147
be sort of ...: いわば〜だ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 149
be some sort of domestic argument: なんらかの内輪の喧嘩がもとである
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 515
be out of sorts: ぼやいている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 233
be out of sorts: 元気がない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
be on the whole a considerate sort of person: 思慮に富んだほうだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 221
be not the sort to do: 〜するような(人)ではない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123
be not the sort of man to burden one financially: (人に)経済的な迷惑なんかをかける男ではない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 72
be not an uncommon sort of ...: よくある〜
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
be in all sorts of trouble: 絶体絶命の窮地に陥る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 265
be feeling out of sorts: 虫の居所が悪い
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
be fairly unremarkable sort: とくに並外れたものではない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 196
be dressed in a sort of semi-military leisure suit: 服装はセミ・ミリタリーとでもいえばいいようなカジュアルなもの
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 104
be carried out in an absent-minded sort of way: 何気ないふうに行われ
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 200
be an astronomer of sorts: ちょっとばかり天文をかじっている
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 177
be a very methodical sort of person: 綺麗好きで整頓好きだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 22
be a vain sort of thing to do: 余計な事だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
be a terrific dab at any sort of game: ゲームなら何でもお手のものだ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 139
be a sort of revolting advertisement of ...: 〜をいわば宣伝している
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
be a sort of death: 死に等しいことだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 77
be a rather easygoing sort of fellow: 鷹揚に育つ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 157
be a decent sort of female: 女としてはよくできた人だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 64
ask sb all sorts of stuff about ...: 〜の事をいろいろ聞く
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 39
as everything is all sort of blurred before one’s eyes: 何だか眼がちらちらする感じだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 156
all sorts of problems: 問題の権化
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
all sorts of ...: ありったけの〜
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 73
all sorts of ...: ありとあらゆる〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
all Mars is a sort of Humpty Dumpty: 火星なんかハンプティ・ダンプティみたいなもんだ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 111
after all sorts of troubles and difficulties: 幾多の曲折を経たのち
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 9
a spur-of-the-moment sort of woman: でたらめな女
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 161
a sort of delayed reaction to sth comes over one: 〜の影響がいまごろになってあらわれる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 328
a sort of ... for one: まあ、いってみれば一種の〜かな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 206
a noise of sorts: 音と言ったほうがいいか
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 105
a different sort of urgency: また別の切迫感
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 547
a different sort of request: 筋ちがいのお願い
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 25
A be sort of the way people figure B: Aは、いわばBと同種の人間
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
you humans are actually doing very much the same sort of thing: あなたがたもやはり我々のように行っていると思いますがね
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 17
with a sort of admirable simplicity: 感嘆するほど率直に
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 154
be sort of afraid: ある不安みたいなものを感じる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 175
an uncomfortable sort of age: どうもやりきれない年頃だなあ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 107
this sort of agitation and impatience: こんなヤキモキした心持ち
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 103
trip an alarm device of some sort: 警報装置にひっかかる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
an amicable sort: 愛想のいいタイプ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 303
feel a sort of amused self-satisfaction: 一種の小気味のいいおかしさがある
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 151
And it is sort of funny: それにそのおもちゃ、なんだかおもしろそうじゃない?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
a anonymous sort of man: (人が)めだたない感じだ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 138
Not this sort of elementary game playing, anyway: ことに、こんなスパイ稼業のABCみたいな遊びは
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 99
arrange this sort of complicated figure: こんなに複雑な髪型をきちんと拵える
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 16
attend to business of one sort or another: こまごまとした用事を済ませる
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 64
say, avoiding any sort of commitment: あたりさわりのない返事をする
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 57
sound sort of awful: ひどいことをきいたもんだと思う
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 150
I always try to avoid that sort of situation, which I find awkward: わたしはこうした状況が苦手で、努めて避けるようにしているのだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 412
But Bert is sort of the way people figure me, smart but basic: だがバートは、いわばわたしと同種の人間、頭はいいが子供っぽい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
be pushed by a sort of frenetic boiling-over: 頭がかっとなって火事場の馬鹿力が出る
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 123
have the sort of charm meant to reflect breeding: 育ちのよさを思わせる一種の魅力の持ち主
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
be not the sort of man to burden sb financially: (人に)経済的な迷惑なんかかける男ではない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 72
busily sort papers: 書類整理にしそしむ
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 84
This is the sort of issue that business copes with daily: これは企業が日々対処しているような問題である
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
this sort of business: この種の問題
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
there is a chaotic sort of beauty to this place: ここには一種雑然とした美しさがある
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 39
Are you some sort of chaperone?: 君はお目つけ役の侍女かい。
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 115
exchange views with sb by means of a complicated sort of sign language that seems to involve the use of every joint in one’s body.: (人と)手ぶり足ぶりチャンポンな言葉で応酬する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 165
conclude some sort of conversation: 何かの相談を済ませる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 238
there is some sort of secret connection: 裏のつながりがある
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 202
a conventional sort of incident: 通俗的な事件
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 146
one’s creative impulses get a jolt of some sort: 創作衝動が湧き起こってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 145
be lying crumpled up into a sort of untidy heap: だらしなくからだを丸める
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 83
be lying crumpled up into a sort of untidy heap: ぼろの山みたいに体をまるめて
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 78
sort of cute: ちょっとかわいい顔をしている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 110
don’t give a damn about that sort of thing: そんなものは屁とも思っていない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 194
a dangerous man to play games of that sort with: そんな芝居を打つのには悪い相手
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 190
give one’s head a sort of decisive nod: キッパリとうなずいてみせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
make that sort of declaration: そんな台詞を口にする
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 84
one’s days as ... sort of deprive sb of any ...: 〜時代の体験から、どんな〜ももってはいない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
die of a sort of creeping common sense: 卑屈な常識のとりこ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 65
in some sort of disgrace: 勘気をこうむって
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 142actually
ツイート