× Q 翻訳訳語辞典
this   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あの
   
at this rate: あの様子じゃ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
あの状態
   
Brooks says a few more days of this will kill him: もう二、三日あの状態がつづけばあぶないとブルックスはいっている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
いまこの
   
this moment: いまこの瞬間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
いまの
   
this is merely the beginning: いまのはほんの序の口だ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 77
いわば
   
this is the newest of the huge cooperative apartment building: いわば最新型の巨大な協同住宅だ ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 97
かくのごとき
   
carry this wimp: かくのごとき腑抜けを討ち取る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
こう
   
write sb’s name in this formal way: 斯う改まって(人の)名前を認める 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 32
こういう
   
to tide everyone over this sticky patch: こういう苦しい時期をみんながしのげるように ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 50
shouldn’t be doin this shit: こういうことはやるべきじゃない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
こうした
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 120
ここで
   
this bring out ...: ここで〜を知ることになる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 43
ここでの
   
this life: ここでの生活 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
ここは
   
this is not the time to panic: ここはうろたえているばあいじゃないぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 503
ここまで
   
at this late hour: ここまで遅い時間とあって タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
こっちの
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 114
この
   
volunteer for this errand: この使い走りを自分からかって出る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 187
in this part of town: この地域の トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 318
このざま
   
this was now: 今はこのざまだ キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 66
このゆかりの
   
this Hanseatic dumping ground: このハンザ同盟ゆかりのごみすて場 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 318
この件
   
I don't want you to tell me any more about this: この件についてもう二度とわたしに話さないで トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
この手の
   
A case like this one didn't need to be solved: 見た目だけでいうなら、この手の事件は解決する必要すらない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
この手のこと
   
be not really great at this yet: まだこの手のことに慣れていない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
この分では
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 534
こりゃ
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
これこそは
   
this is the only life for ...: これこそは、〜が生きるただひとつの世界である マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
これだ
   
now this: そこへこれだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
これほど
   
this unreasonable yearning for sb: これほど理不尽に(人を)待ちこがれる気持 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 141
be almost never this elegant: これほど鮮やかなことはまずない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
これより
   
this is it: これより説明する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 252
こんな
   
this is a miserable business if ever there was one: こんなつまらん商売はないですよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 32
this awful thing: こんな不祥事 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
shouldn’t work these kind of hours: こんな時間に働くのはおかしいんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 194
そう
   
chose to do this: そうする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 50
そういうこと
   
I would assume that the compliance staff of the Exchange is alert to this: そういうことは、取引所の規制部が監視しているんじゃないのかね? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 176
そこにいる
   
this funny motherfucker: そこにいるあんちきしょう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 242
そこまで
   
things are this imminent: そこまでひどくなっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
その
   
for this story: そのストーリィとやら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 243
それだけの
   
this power: それだけの権限 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 26
それ故
   
this makes it possible: それ故〜 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 131
そんな
   
This noble smugness lasted until dinner: そんな文明人の思い上がった気取りも夕食までだった メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 264
this emotion overcomes sb: そんな感情にかられる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 66
そんな真似
   
do this: そんな真似をする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 134
となれば
   
George, I mean this gets very crude, know what I mean?: となれば、これはもうなみたいていのことじゃない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 238

   
on this date: 何年何月 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 21
   
this is the moment of truth for ...: 今は〜にとって試練の時である ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 7
at a time like this: 今どき 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 284
今度の
   
this supposed business with sb: (人が)やったと思われる今度の事件 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
今度のこと
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
斯う言うと
   
this may sound as though ...: 斯う言うと、〜のように聞えるかも知れない 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
事態
   
take this with stoical calm: ストイックなほど冷静に事態を受けとめる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 61
相手の
   
this display: 相手のしぐさ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 340
相変わらずの
   
say fast enough in this big voice: 相変わらずの大声で早口に言う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 389
当地の
   
this climate is a little trying: 当地の気候はすこし厳しい ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 30
彼は
   
this a kind and good man: (人は)親切でまっとうな男だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
本〜
   
this ship: 本艦 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 419
this convoy: 本輸送船団 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 89
目の前にあるもの
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 257
問題の
   
this sb be at ..., and might be loosed: 問題の(人は)、今〜にいるが、うっかりすると釈放されるかもしれぬ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 74
例の
   
this sex talk: 例のセックスの話 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 228
this kid: 例の子 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 313
She had even considered asking him, for she had this urban cockiness: 例の都会人の小生意気さを発揮して、きいてみようかとさえ思った ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 9

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

what’s this: アレッ?
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 97
this time: 以前と比べると、こんな風に
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 98
this time: 今度こそ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
this time: 今度ばかりは
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
this time: 次は
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 248
this Nazi: ナチ野郎
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 30
this is it: もうおしまいだ
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 11
this is ...: 〜というのはこういうものよ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 29
this is ...: 〜といこう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 116
this is ...: いわゆる〜とかってやつなんだよな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
this is ...: さすが〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
this here ...?: 例の〜の件で?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
this guy: 問題の男
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
this balon thing: あんな風船
this afternoon: 今日の昼間
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 184
stop this now: いい加減にしてもらいたい
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 186
sth like this: こういう(もの)
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 43
see this here: たとえばじゃ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
on this occasion: 場合が場合だけに
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 144
listen to this: いいか、よく聞け
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
like this: いまのように
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 162
in that case: すると
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
for all this: とはいうものの
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 459
come this way: ここへ来る
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 68
all this: これだけいろいろなもの
all this: 以上のこと
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
what’s this about ...: 〜がどうしたって?
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 139
this kind of ...: こういう〜
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 123
this isn’t the time to do: 今〜するのはまずい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 348
this is the strangest goddamn part: まったく奇妙なことに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
this is the last thing one see oneself doing: こんな阿呆らしいことやっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
this is not the face of sb which have appeared in a photograph at ...: 〜の写真に出ている(人は)あんな顔ではない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 55
this is how sth always were: 〜というやつはいつもこうだった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 60
this is going to be great: うれしいな
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 29
this has been the longest day on record: こんなに長い一日は初めてだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
this big bag belly: 大きなたるんだ腹
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
say sb this and that all the time: (人に)ああしろ、こうしろと口やかましく話しかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
point to this sth and that: (物)だの(物)だのを指す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
order this and that: 次々に指令を下す
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 180
it has been to this day: そのまま今日に至っている
I have some say in this: 勝手なことは言わないでちょうだい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 247
be not quite of this world: どこか浮世ばなれした
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 147
be like this new man in sb’s lives: 家族に新しく加わった人みたいな感じだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 155
be good, but be not this good: 努力はしているがたしかにまだ努力が足りない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 40
all this for less than ...: 〜もしない〜にこれだけいろいろなものがはいっている
..., ... like this ...: こうして〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 19
‘Course, this still isn’t what I’d call comical: もちろん、これは笑いごとじゃあない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
sb in not the first man she has loved in this totally abandoned way: 自己放棄的な愛し方は、(人が)はじめてのものではない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 178
this is abetted by the fact that ...: それには〜という事情も加わっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 126
use this ability to ...: 〜を武器に〜する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 213
just about this time of the night: 夜のちょうどいま時分になると
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 240
this is not about ...: 問題は〜のことではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
this is not a proud story that sb is about to relate: 今から語るのは、実を言えばかなりみっともない話である
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
this is about people: 問題は人間だ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 71
this is about life: 肝心なのは人生だ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 71
this is about as intimate a situation as you can get: これほどくつろげる機会なんて、そうそうあるものじゃないぞ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
can be up and about like this: こうしていられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 106
be actually trying to pretend this is still about ...: 〜のことさえもちだせば話をごまかせると思ってるのか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
about this thing: その点
be not above doing this too: (人も)やはりこのたぐいだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 374
this may seem rather abrupt but ...: 突然だが
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 71
Why, this is absolutely as it used to be!: ああ、ここはすっかりもとの通りだ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 15
Now this is important: you must speak of this to absolutely no one: それからこれは重要なことですが、この件に関しては一切他言は無用です
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 93
this feeling is absolutely sincere: それもたしかに真実な(人の)感情の一面にはちがいない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 159
absorb very little of this: そういわれてもなかなかのみこめない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 331
this seems absurdly dramatic: そんな大袈裟なことをするのも馬鹿馬鹿しいかぎりです
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 237
no matter how long one continue this abuse: いくら云いつのっても
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 76
bit academic, all this actually: どうも空理空論のきらいがある
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 242
accept this explanation: この話を鵜のみにする
ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 189
please accept this little gratuity: これはほんの気持だ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 237
this gives you access to sth: これがあれば〜が閲覧できる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 350
cheered by this happy accident: この幸運に力を得て
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 225
Could this actually be accomplished?: 果たしてうまくいくのだろうか、
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 347
accomplishes this quite naturally: ごく自然にこれをやってのける
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 128
all this is no mean accomplishment: なみたいていていのことではない
in accordance with the first item on this onerous program: この面倒なプログラムの第一項に従い
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 73
hear different accounts of how this happens: どうしてそんな羽目になったのか、いくつかの違った話を聞く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428
go on with this account: 語りつづける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 198
this is an odd accusation: こういった悪口は筋違いもいいところだ
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 125
this was not to be achieved so easily: 事実はそううまくは運ばなかったようである
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
Well hell, I mean I see this whole thing as Bee's achievement and not mine: じつをいえば、これはひとえにビーの手柄であって、わたしの手柄ではない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 88
be acknowledged as something of an international authority in this field: この分野におけるひとかどの国際的権威とみなされている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 17
And the purpose of this acknowledgment?: この確認合図の目的は何か
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125
this acoustical coziness: このぬくぬくと心地よい静けさ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 31
act against this country: わが国への脅威となる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 7
have no place in this action: 出番はない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 560
this early activity has something a little sinister about ...: この早起きに何か尋常でないものがある
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 74
I think I better take this up with sb actually: これはひとつ、(人に)いっておいたほうがいいな
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
a scene like this actually happened: 実際に目にした光景
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 278
Actually, I liked this guy: 内心、この男が気に入っていた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 113
this also adds to sb’s wretchedness: これがまた、(人の)やり切れぬ気持ちをつのらせる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 272
in addition to all this: そのほか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 224
this piece of eloquence is addressed to sb: (人に)この雄弁がふるわれる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 22
adhere to this statement: 終始一貫こう主張する
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 254
with this hurried adjuration: 大急ぎでそう言うと
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 17
be prepared to hear some disparagement attempted of this admirable servant: このあっぱれなる雇い人に対して、ある種の誹謗の加えられるべきことは覚悟のうえである
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 116
He was not prepared for the claustrophobic admiration of this stranger: この知らぬ男の息苦しい崇敬をうけいれる用意はなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 89
adore this life: ここでの生活を愛する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 251
we ought to take advantage of this good weather: こんなに良い気候ですもの、外に出ないという法はありません
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 312
this is a mixed advantage: これも良し悪しだ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 95
be quick to take advantage of this fascination with ...: この〜人気に目をつける
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 67
receive this advice solemnly: この忠告をおごそかに拝聴する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
enforce the conclusion of this piece of advice: この励ましの結論に、いちだん力を入れる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 325
this is a very unexpected turn of affiars: 思いもかけない展開を見せたものだ
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 31
this is a very unexpected turn of affairs: それは意外な成りゆきだった
assuming it wouldn’t sound all that affected in this kind of company: この相手なら気障にならないはずなので
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 92
I’m afraid this is more than I can handle: もう私じゃ手に負えないわ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 147
after coming all this way: せっかくここまで来たのであるから
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 106
after all the failures of this bleak summer: こんな殺伐なひと夏の度重なる失敗の果てに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 517
this means ... after all: こうなっては〜ね
池波正太郎著 フリュー訳 『後は知らない』(Master Assassin ) p. 174
be after sb this trip: 今回は(人を)追いつめる気だ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 81
after this is over: 今回のかたがついたら
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 333
after one did all this: これだけの手を打ったうえで、はじめて
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 212
after all this: すべてを考えあわせて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 87
They owned this little corner of the autumn afternoon: 秋の昼下がり、小さな交差点に立っているのは、ウィルマとネッティのふたりきりだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
later this afternoon: 夕方前
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
let’s never hear about this again: この件については二度と口外するな
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 329
don’t discuss this matter again: この問題を此所で切り上げる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
at this age: この年で
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
even at this early age: 早くも
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 157
this sort of agitation and impatience: こんなヤキモキした心持ち
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 103
have long ago agreed on this: これは前々から打ちあわせをしていたことだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 81
agree to this: どうぞ、と言う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
partly from the damping influence of this alarm: 一つには、何やら恐くなって勇気がくじけたため
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 264
imagine how alarmed this would make sb: (人は)その時どんなに驚愕し恐怖するだろうと思う
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 172
All this week: 今週はずっと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
all men have their determined portions in this life: 人それぞれに分がある
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 197
Naosuke's response to all this was peculiar: その問責のひとつひとつに対し、直弼は異常であった
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 70
all this I was told: これはみんな人から聞いた話である
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 25
one have lodged with enough shogi players to know all this: 将棋さしと何度も同宿したことのある(人は)、そのへんの事情はよく知つている
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 18
all this is sb’s: これを(人は)一手に所有している
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 6
I would stand there and watch all of this: わたしはその場にいて、一部始終を見ていました
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 187
you’ve had all this waiting for nothing: こんなにお待たせしたのに、無駄足だったようです
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 13
you’re hanging all this on ...: その根拠は、〜だけでしょう?
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 505
won’t have wasted one’s time coming all this way: わざわざ来た甲斐があった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 379
with all this luggage: こんなお荷物なのに
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 41
with all this free time: 暇にまかせて
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 160
what is all this noise about ...?: いったい、どこをどう押したら〜どう言葉が出てくるというのだろうか?
ツイート