× Q 翻訳訳語辞典
that   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜から
   
in that ...: 〜から 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 21
〜っての
   
that Labyrinth: 迷宮っての ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 134
〜という事実
   
that this technically feasible is encouraging: これが技術的に実行可能だという事実は心強い ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
(〜した)以上
   
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 13

あっちのほう
   
have just sort of finished that: あっちのほうはもう終わったんだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
あれじゃあ
   
That didn't do her any good: あれじゃあたまりませんよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
あんな
   
that bunch: あんな連中 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
あんなに
   
anyone that bad at math: あんなに数学ができなくて 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 79
いかにも
   
have that fly-about look: いかにもそそくさと出ていったような雰囲気がある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
いつものように
   
smile that shy, broken smile of one’s: いつものように気恥ずかしそうに笑い、顔をくしゃっとさせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 288
いまの
   
What was THAT?: 何だ、いまのは? ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 134
Unless that was the coffee: もっとも、いまのがコーヒーだったかどうか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 510
かの
   
that harsh uncomely puritanism: かの厳格一点張りのやぼな清教主義 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 193
こいつ
   
Isn't that something?: こいつは相当なもんだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 222
こいつは
   
that’s all I need: こいつは上等だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 243
こと
   
that be sb: (人の)やりそうなことだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
この
   
it was precisely in that year that ...: 〜したのもこの年です 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 41
be entirely out of place in that magazine: 凡そこの雑誌には不似合いのものである 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 9
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 48
これが
   
that is where the wonder lay: これがじつに奇中の奇だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
さっきの
   
that lecture: さっきの講演 ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 238
そういう
   
before all that other shit: そういうオマケを全部抜きにして タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 231
そういえば
   
the allusion serves as a timely reminder to sb that ...: 言われてみて、(人も)初めて思い出したのだが、そういえば〜だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
そこ
   
that’s the point: そこなのよ、問題は トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
maybe you could explain that: そこを説明してもらいたいのです トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
そっち
   
I refuse that too: そっちの答えもノーだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
その程度のことは
   
We might teach him that but nothing much more: その程度のことは教えてやるかもしれない。しかし、そこまでだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 225
その分
   
pay tax on that: その分については税金を払う メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 91
それ
   
is that a crime?: それがいけないかい? ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102
I think that’s the allegation: それは言いがかりというものだ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 141
それだけ
   
that’s all sb said: とただそれだけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
after that: それだけやれば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 97
そんなの
   
we don’t call that working, do we: そんなの仕事とはいわないわよね ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
そんなもの
   
that’s men for you: 男ってそんなものよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
that’s life, isn’t it?: 人生ってそんなものなんだねえ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 101
そんな訳で
   
that one seem on the point of being at once released: そんな訳で、今にも釈放という形勢にまでなる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 158
ただ
   
it is that simple: ただそれだけです クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
つまり
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
とでもいったような
   
rooted conviction that one be more than a match for any foreigner: 外国人など、たとえ誰だって負けるものか、とでもいったようなたいへんな自信 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
などと
   
say that: などと言う マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 379
には
   
curl one’s lip, and say that ...: 脣を歪めて言うには、〜 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 218
まあそんなもの
   
because that is a political decision: 政治的決定なんて、まあそんなものだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71

気がして
   
stare sb so reproachfully in the face that ...: (人は)何かまっこうから責任を問われているような気がして ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 105
   
give out that ...: 〜の旨を発表する ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
情報
   
on hearing when the day closes in that ...: その日も暮れかかるころ、〜という情報が伝わると ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
世の中
   
even that is not irreversible: 世の中何事であれ後戻りがきかぬものでもない スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 50
先ほどの
   
that owlish smile: 先ほどのふくろうを思わせる笑み プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
彼の
   
without that testimony: 仮に彼の証言がなくても ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 374
様子
   
not liking to show sb that one hear the conflict: (人の)心の中で戦っている苦悶に感づいている様子を見せたくなかったから E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 40
類のもの
   
that are showered on fashionable young men: 人気のある青年のうえに降りそそぐ類のもの ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 140
例によって
   
say in that soft, kind voice: 例によって穏やかな優しい声でいう ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 106
例の
   
that sth: 例の(物) ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 141
that quick liberty: 例の短い自由時間 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
that endless source of funds: 例の無尽蔵の資金源 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 370
that beautiful accent: 例のすばらしい〜なまり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with that: そのとき
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
things like that: ざっとこんなところだけど
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
things like that: そんなもの
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 244
that way: そうすりゃ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
that way: そうやっておけば
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
that was it: それだけだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 441
that sth: そんな〜なんか
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 298
that one day: あの日に限って
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 155
that night: 先夜
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 84
that Murphy: あのマーフィーってやつ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 317
that much: そこまでは
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
that much: ただそれだけのこと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
that is that: そういうことだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 118
that is that: それで騒ぎは収まってしまう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
that is that: ほかにいうことがあるか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
that is ...: だから〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
that is ...: だとしたら〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
that is: たしかに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
that is: といっても
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 11
that is: もっとも
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 276
that and more: それもはんぱなものじゃない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 160
that AA: 〜というお人
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 192
that’s that: 以上
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 208
that’s over.: これでおしまい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
that’s our sb: 〜らしいわね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
that’s it: これで全部だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
that’s it: ざっとこんなところだ
that’s it: そこまでだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
that’s it: それだけだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 154
that’s it: というわけだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 234
that’s it: どうってことない
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 312
that’s it: もう俺は我慢できない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 400
that’s all?: たった?
that’s all: でもそれだけ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
something like that: そんなこと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 268
so that ...: 〜なので、〜する結果になった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
so that ...: そしたら
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
now that ...: いざ〜すると
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 191
now that ...: いま〜すると
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 389
now that: やれやれ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 70
not that ...: 〜という訳でもない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 62
know that much: わかっているのはそれだけだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
if even that: 〜が関の山だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 206
for that matter: ばあいによっては
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 51
for that matter: ひいては
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 300
for that: だったら
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 30
change all that: 〜によって事態が一変する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 9
and all that: その辺はみんな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 135
after that: そうなると
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
after that: それで
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
... all that: 〜のこととか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 73
when I read that ...: 〜のくだりでは
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 24
well, that was it, then: こういうことになってしまったのだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 200
use one’s personal influence so wisely that ...: 個人的信望を非常に賢く利用したと見え〜だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
the letter begins in that way: 大体斯う言った書き出しである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 12
that was the case: そういうことだった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 265
that was it for sb: (人は)それで一巻の終わりだった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 309
that is, if ...: 〜ならばの話だが
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 293
that is, if ...: もっとも〜ればのはなしだが
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 80
that is what you are thinking: どう、図星だろう?
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 194
that AA is the man behind the plot: その張本人はAAなんとやらという奴だ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 155
that’s what sb says: (人が)そう言い捨てる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
that’s what I’d do in sb’s shoes: おれだったらまずそうするところだが
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
that’s more or less it: まあこういったところだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 89
that’s exactly what one wants: それこそ〜の望むところである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 238
that’ll be the day: そればかりはない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
tell what it is that has happened: ことの次第を話す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
so ugly that one cannot do: あまり醜いので〜することもできない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
so that nobody would see ...: ひとに見られたくないというわけだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 169
so slowly that ...: それにしても遅すぎる。これでは〜
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 289
so much so that ...: というよりは、つまり〜なのだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 137
so adj. that ...: すっかり〜で〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
so ... that ...: あまり〜なので〜でかなわない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 46
say something that causes sb to suspect that ...: (人が)何かを言って、(人が)それを〜だと取る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
point to this sth and that: (物)だの(物)だのを指す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
order this and that: 次々に指令を下す
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 180
only ..., but that’s all: ただ〜でしたっけ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
one does so that ...: 〜する間、〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 136
on that day, too,: 今日と同じように
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 238
not that sb ever needed an excuse to do: もっとも(人は)〜する口実など必要としなかったが
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 30
not that I am in the least conventional myself: もっとも私にしても礼儀正しい男だというわけでもない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 134
none the less one know very well that ...: 〜であろうことくらいは百も承知だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
mention nothing like that: それらしきことをひとことも言わない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
leave it at that: それ以上は押さない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
it is one of those times that one do: たまに(人が)〜することがある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 171
it is at the age of XX that ...: XXといえば、〜する頃です
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
it is ... that ...: 実に〜で〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
it is ... that ...: 実を言うと〜だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 113
I guess that is it: どうやら、これでお別れだな
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 512
give sb a look that tells sb that ...: (人に)向かって〜という顔をしてみせる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 130
for that storm, that was: この暴風にしては、である
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 159
don’t try that one, man: その手は食わないぜ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 64
do so that ...: 〜して〜する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
do like the dumb dairymaid that she is: ばかな乳しぼり女みたいに、じじつそうだけど〜する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
by God, pretty damn fine flowers at that: 実に愛すべき、楽しい花である
but what it that: で、どうなんだ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 202
be the kind of work that makes sb happy: 〜の仕事をしているときがいちばん楽しい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
be that as it may: が、とにかく
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 32
be so familiar that ...: どうも見たことのあるような気がして、そう思うと〜
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 70
be not so embarrassed that one don’t do: いくら恥じてはいても、〜しない手はない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 591
be not being like that: そんなのじゃないわよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
be not all that clear what sb is talking about: 事情を解せぬ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 445
be not all that ...: そんなに〜ではない
be good but not that good: 強敵だ、しかし無敵ではない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 239
be as simple as that: じつに単純なことだ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 43
be a clever one, that sb: さすがは(人)である
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 227
as ... as that: そういう〜なこと
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
any chance of that: なんとかなりませんか?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
after all of that: 何やかやあったあとで
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 57
worship a god that one cannot see: 影も形もないたゞ一人の神を崇めてゐる
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 18
a world that had been refashioned anew in a darkness for our pleasure: 一夜の暗黒のうちに世界が人間の気に入るようにすっかり面目をあらたにする
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
how about that Thursday-night A.A. meeting over in Greenspark for a start?: 手はじめにアル中更生会なんてのはどうだろう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
restless contingent that abandons home: わが家をかえりみぬ落ちつかぬ人々の群
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 133
that project is abandoned: この計画が放擲される
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 115
this is abetted by the fact that ...: それには〜という事情も加わっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 126
be so abject in one’s apologies that sb begin to feel sorry: 気の毒なほど恐縮する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
say that one would not be able to do: 〜するといけないという
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
never be able to put one’s finger on anything conclusive establishing that ...: 〜しようとしているこれという決め手をつかめない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 180
make that abominable noise: あのような不愉快なわめき声を立てる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 197
our day is about seven percent shorter that Earth’s: ここの一日は地球の七パーセントがた短い
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 122
think about that: そこまで考える
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71
at about the time that ...: 〜するのと前後して
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 62
this is not a proud story that sb is about to relate: 今から語るのは、実を言えばかなりみっともない話である
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 549
that was what sth was about: それで〜が読めた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 45
that’s about it: そんなところだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 176
is that about right?: そういうことだな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
how about that: いや、まいりました
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 256
be just about the handsomest, most different kind of boy that sb have met: (人に)とってすごくあかぬけていて、地元の他の男の子たちとはまったく違った種類の人間に見える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
be about the only way that ...: 〜するより外に道がない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
it is sb’s eyes above all that are terrible: あの眼がわけても恐ろしい
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 34
in a loud voice that carries above the music: 楽の音にまけじと大声で
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 325
Chieko's confession was so abrupt that Hideo could find no words: 秀男は二の句がつげないほど、思いがけない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 146
abruptly suggest that ...: 〜と唐突に言いだす
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 320
there’s absolutely no doubt that: むろん、トリックということは考えられない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
make absolutely sure that one never has another child: もう二度と妊娠しないように用心する
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 121
make absolutely sure that one keep doing: 必死に〜し続ける
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 243
it is absolutely mandatory that one do: どうしても〜しなければいけない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
a capitulation that does not lessen one’s resolve to put sb absolutely out of one’s life: (人と)絶交する決意に変わりはない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 83
take a second to absorb that: ちょっと考える
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134
guess that sounds absurd, doesn’t it?: 何を馬鹿なことを、とお思いだろうか
think I made it abundantly clear that ...: 〜だと、くどいほど明確に申しあげたはずだ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 234
grudgingly accede to that request: しぶしぶながら〜の頼みを容れる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 261
will accept that ...: 〜かもしれません
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 47
reluctantly accepting ... that sb insists on pressing into one’s hand: (人から)〜を無理やりつかまされ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 94
I accept that as a kindness: お言葉に甘えることにします
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 125
have accepted the fact that ...: 〜に馴れてくる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 285
have a great deal of difficulty accepting that ...: 〜という現実にすぐにはついていけない
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 91
accept the idea that ...: 〜と割り切る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 308
accept the fact that ...: 〜だと納得する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 139
accept the fact that ...: 〜を実感する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 533
accept that ...: 〜なのも当然かもしれない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 28
I'm sure that's acceptable, James: ぼくは異存なしだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 313
produce an opinion that is just and acceptable: もっともな妥当な意見を述べる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 374
the messages that accompany the postcards: 葉書の文面
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
a chemical high that accompanies a range of experiences, including infatuation: そんな化学的状態になる経験はたくさんあり、恋の情熱はそのひとつでしかない
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 48
accomplish that dream: その夢をかなえる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 33
what would that exercise accomplish?: 〜していったい何が得られるだろう?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
that accounts for sth: 〜の謎が解けました
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 267
the mail that is accumulating: 山積みになっている手紙
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 129
the accumulation is enough to convince sb that ...: 塵もつもれば山となるもので、(人は)〜と判断する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 374
accurate estimate that ...: 〜を敏感に察する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 362
it is more accurate to say that ...: 〜と考えるほうが真相に近い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
excite accusation that ...: 〜と疑われる
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 122
be accused on the grounds that ...: 〜と言ってなじられる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 68
be accustomed to doing at that time: その時間にいつも〜している
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 284
so accustomed was one to sb’s invariable success that ...: いつも(人が)成功するのを見つづけていたから
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
so accustomed was one to sb’s invariable success that ...: いつも(人が)成功するのを見なれていたから
so accustomed was one to sb’s invariable success that ...: (人が)いつも成功するのを見せられていたから
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 26
have finally achieved a modest enough level of composure in sb’s marriage that ...: 〜夫婦にもやっと〜のささやかな余裕ができた
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 224
However, there is one achievement that has eluded me: ところが、ひとつだけわたしに果たせなかった目標があります
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 160
sb’s reputation is that of an achiever of the impossible: 不可能を可能にする才能が(人を)有名にする
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 139
acknowledge to sb that ...: (人に)〜と率直に打ち明ける
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 239
say, as if acknowledging that one have no control over ...: まるで自分で〜をいかんともしがたいと言っているようだ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 76
not that sb could not acknowledge ...: といっても、〜を感じなかったわけではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
it is from sb that one acquire one’s lifelong habit of picking up ...: (人が)つきあうのが、〜ばかりだったのも、(人の)せいにちがいない
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 11
act on that impulse: そのような衝動に駆られて行動する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 326
can tell by the way that sb is acting, that ...: (人の)様子から、〜らしいと推察できる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 479
an act of independence that one has to do on one’s own: どうしても自分たちだけの力でやらなければならないこと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 395
actions that make sense: 意義のある行動
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
I think that ... actually: いえいえ〜だと思う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 365
what actually is in that letter: その手紙にはいったいなにが書いてあったんだい
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 173
that is why I talked, actually: だから、話したんだけれど
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 225
it is unlikely that anyone can actually do: 〜しえたであろうか
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 156
have never actually done until that morning that ...: 〜と今朝はじめて〜した
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
had never actually counted until that morning: 今朝はじめてその月日を数えた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
do not know for sure that sth is actually ...: 〜かよくはわからない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 46
Actually, you have to ask for that to be put in: これ、希望しないとつけてもらえないんですよ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 135
the thought that ... give sb acute discomfort: 〜だから(人が)ひやひやする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
remind sb too acutely that ...: 〜であることをひしひしと感じさせる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 67
be adamant that ...: 〜であることは間違いない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 123
be adamant that ...: 〜だといって、頑として譲らない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 407
charge that ... and add:: 〜と主張したのち、つぎのように述べる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 31
George added, 'But the ground's still wet from that March snow.': ジョージが応じて、「でも三月の雪で地面はまだ湿っておりますよ」
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 39
should add that ...: 申し添えねばならぬが、〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 85
add that ...: 〜と添え書きする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
to oneself one add that ...: ひとりごとのようにこうつぶやく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 70
present sth to sb with the added temptation that ...: (物を)渡す際、〜を言い添える
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 120
need hardly add that one is simply letting off steam: 言ふまでもなくこれは憂さ晴らしである
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
it may be added that ...: さらにつけくわえるなら〜だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354
I would add that ...: だがそれなら〜といってもいいだろう
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 11
add that ...: 〜と釘を刺す
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 76
It's in adolescence that addiction starts: 悪しき習慣がはじまるのは思春期のころなんだよ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 451
with that cryptic adieu: その謎めいた言葉を残し
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 80
adjust to the idea that ...: 落ち込みから立ち直り、〜に頭を切り換える
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 36
have always admired sb for promoting the concept that ...: 〜という(人の)持論に、かねて敬意を払っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
admire with regret that ...: 残念ながら〜である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 36
say to sb in admiring tone that ...: (人に)〜だといってさも尊敬したらしい口の利き方をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 170about
That's absolutely the same as recognizing the victory of Moscow II, isn't it?: それじゃまるで、モスクワ2号の勝をみとめたのと同じことじゃないですか
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 20
That word most of all, glaring, shouting, accusing: なかでもぎらぎらと輝き、おおげさに叫び、声高になじっているのは、この一語だった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!