Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
that

主要訳語: 例の(4)   この(3)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
〜から
   
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 21
〜っての
   
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 134
〜という事実
   
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14

あっちのほう
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
あれじゃあ
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
あんな
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
あんなに
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 79
いかにも
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
いつものように
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 288
いまの
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 510
かの
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 193
こいつ
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 222
こいつは
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 243
こと
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
この
   
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 41
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 9
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 48
これが
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
さっきの
   
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 238
そういう
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 231
そういえば
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
そこ
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
そっち
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
その程度のことは
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 225
その分
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 91
それ
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 141
それだけ
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 97
そんなの
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
そんなもの
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 101
そんな訳で
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 158
ただ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
つまり
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
とでもいったような
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
などと
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 379
には
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 218
まあそんなもの
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71

気がして
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 105
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
情報
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
世の中
   
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 50
先ほどの
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
彼の
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 374
様子
   
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 40
類のもの
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 140
例によって
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 106
例の
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 141
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 370
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with that: そのとき トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
things like that: ざっとこんなところだけど プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
things like that: そんなもの ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 244
that way: そうすりゃ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
that way: そうやっておけば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
that was it: それだけだった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 441
that sth: そんな〜なんか 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 298
that one day: あの日に限って サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 155
that night: 先夜 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 84
that Murphy: あのマーフィーってやつ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 317
that much: そこまでは トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
that much: ただそれだけのこと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
that is that: そういうことだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 118
that is that: それで騒ぎは収まってしまう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
that is that: ほかにいうことがあるか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
that is ...: だから〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
that is ...: だとしたら〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
that is: たしかに プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
that is: といっても サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 11
that is: もっとも ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 276
that and more: それもはんぱなものじゃない バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 160
that AA: 〜というお人 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 192
that’s that: 以上 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 208
that’s over.: これでおしまい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
that’s our sb: 〜らしいわね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
that’s it: これで全部だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
that’s it: ざっとこんなところだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 112
that’s it: そこまでだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
that’s it: それだけだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 154
that’s it: というわけだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 234
that’s it: どうってことない レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 312
that’s it: もう俺は我慢できない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 400
that’s all?: たった? フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 148
that’s all: でもそれだけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
something like that: そんなこと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 268
so that ...: 〜なので、〜する結果になった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
so that ...: そしたら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
now that ...: いざ〜すると ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 191
now that ...: いま〜すると デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 389
now that: やれやれ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 70
not that ...: 〜という訳でもない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 62
know that much: わかっているのはそれだけだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
if even that: 〜が関の山だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 206
for that matter: ばあいによっては ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 51
for that matter: ひいては ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 300
for that: だったら タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 30
change all that: 〜によって事態が一変する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 9
and all that: その辺はみんな プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 135
after that: そうなると ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 501
after that: それで ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
... all that: 〜のこととか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 73
when I read that ...: 〜のくだりでは 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 24
well, that was it, then: こういうことになってしまったのだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 200
use one’s personal influence so wisely that ...: 個人的信望を非常に賢く利用したと見え〜だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 160
the letter begins in that way: 大体斯う言った書き出しである 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 12
that was the case: そういうことだった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 265
that was it for sb: (人は)それで一巻の終わりだった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 309
that is, if ...: 〜ならばの話だが ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 293
that is, if ...: もっとも〜ればのはなしだが 池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 80
that is what you are thinking: どう、図星だろう? カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 194
that AA is the man behind the plot: その張本人はAAなんとやらという奴だ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 155
that’s what sb says: (人が)そう言い捨てる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
that’s what I’d do in sb’s shoes: おれだったらまずそうするところだが トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
that’s more or less it: まあこういったところだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 89
that’s exactly what one wants: それこそ〜の望むところである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 238
that’ll be the day: そればかりはない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
tell what it is that has happened: ことの次第を話す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
so ugly that one cannot do: あまり醜いので〜することもできない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
so that nobody would see ...: ひとに見られたくないというわけだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 169
so slowly that ...: それにしても遅すぎる。これでは〜 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 289
so much so that ...: というよりは、つまり〜なのだ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 137
so adj. that ...: すっかり〜で〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
so ... that ...: あまり〜なので〜でかなわない ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 46
say something that causes sb to suspect that ...: (人が)何かを言って、(人が)それを〜だと取る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
point to this sth and that: (物)だの(物)だのを指す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 17
order this and that: 次々に指令を下す ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 180
only ..., but that’s all: ただ〜でしたっけ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 207
one does so that ...: 〜する間、〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 136
on that day, too,: 今日と同じように 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 238
not that sb ever needed an excuse to do: もっとも(人は)〜する口実など必要としなかったが ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 30
not that I am in the least conventional myself: もっとも私にしても礼儀正しい男だというわけでもない ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 134
none the less one know very well that ...: 〜であろうことくらいは百も承知だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
mention nothing like that: それらしきことをひとことも言わない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
leave it at that: それ以上は押さない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
it is one of those times that one do: たまに(人が)〜することがある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 171
it is at the age of XX that ...: XXといえば、〜する頃です 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
it is ... that ...: 実に〜で〜する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
it is ... that ...: 実を言うと〜だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 113
I guess that is it: どうやら、これでお別れだな ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 512
give sb a look that tells sb that ...: (人に)向かって〜という顔をしてみせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 130
for that storm, that was: この暴風にしては、である マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 159
don’t try that one, man: その手は食わないぜ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 64
do so that ...: 〜して〜する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
do like the dumb dairymaid that she is: ばかな乳しぼり女みたいに、じじつそうだけど〜する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
by God, pretty damn fine flowers at that: 実に愛すべき、楽しい花である フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 108
but what it that: で、どうなんだ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 202
be the kind of work that makes sb happy: 〜の仕事をしているときがいちばん楽しい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
be that as it may: が、とにかく 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 32
be so familiar that ...: どうも見たことのあるような気がして、そう思うと〜 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 70
be not so embarrassed that one don’t do: いくら恥じてはいても、〜しない手はない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 591
be not being like that: そんなのじゃないわよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
be not all that clear what sb is talking about: 事情を解せぬ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 445
be not all that ...: そんなに〜ではない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 17
be good but not that good: 強敵だ、しかし無敵ではない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 239
be as simple as that: じつに単純なことだ コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 43
be a clever one, that sb: さすがは(人)である 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 227
as ... as that: そういう〜なこと デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
any chance of that: なんとかなりませんか? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
after all of that: 何やかやあったあとで カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 57
翻訳訳語辞典で経済金融・証券会計訳語辞典も引ける広告なしの Pro版発売中!
ツイート