× Q  ?  翻訳訳語辞典
what

主要訳語: 何(6)   どう(5)   どんな(4)   こと(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜のは
   
what surprised one most of all: なによりも(人を)はっとさせたのは クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20

いかに
   
discover what a weakness sb has for ...: 〜に(人が)いかに弱いか、見抜く 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 46
   
what: え? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
What--: え? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
ええ
   
"What?" I exclaimed, letting a fork full of fried noodles drop onto my plate: 「ええ?!」と、私は思わずいったん持ちあげた焼きソーメンのたっぷりからまったフォークを皿の上に投げだしてしまった 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 24
ええっ
   
What?: ええっ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 340
What?: ええっ? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 341
かぎりの
   
offer sb what comfort they can: できるかぎりの慰めを与えようとする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
こと
   
what one suspect: 推測できること クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 103
what one know: 判明していること クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 103
that’s what the word is: そういうことなんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
さすがに〜
   
what an eye one has: さすがに目が高い メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 110
じゃないか
   
Everyone's allowed a bit of leg-sliding these days, what: きょう日だれだって、多少の脱線は許されようじゃないか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
そいつあ〜だ
   
what a surprise: そいつあ驚きだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
ところ
   
what sb want: 望むところ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 266
ところは
   
what one’s instincts tell one: (人の)勘がつげるところは クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
どう
   
what was it like for sb: (人)にとってはどうだったのだろう? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
what is the situation?: どうでしょう 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 38
what did you make of that?: あれをどう思いました? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
what about ...: 〜ならどうなんだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
be not sure what one is going to do: どうするか決めてない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
どういう
   
what does one want sb for: どういう罪状により(人を)引き渡せといってるのか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
what brings you here: 今日はまたどういう風の吹きまわし クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 127
どういう事態が
   
what lies in store for you: どういう事態が諸君を待ちうけているか マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 88
どうした
   
so what: それがどうした ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
どうする
   
what if ...: 〜ときはどうする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 80
どうだっていうの
   
so what: だからどうだっていうの? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 163
どうなって
   
what’s wrong with sb?: (人は)どうなってしまったのだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
どのくらい
   
what is the child mortality rate?: 乳幼児死亡率はどのくらいか知っているかい? ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 1
どれだけ
   
God knows what else: ほかにもどれだけあることやら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 522
どんな
   
what sb looked like: どんな風体をしていたか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
what kinda matter?: どんなことだ? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
what happens: どんな目にあったか タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 124
what ... do you need?: どんな〜を用意したらいいですか 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 129
どんなに
   
no matter what awful things you learn: どんなに驚くようなことをきかされても クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 171
なかなか〜ね
   
What a lovely place: なかなか素敵なお店ね 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 53
なぜ
   
what had ever made one think that ...: なぜ自分は〜などとかりそめにも思ったりしたのだろう? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 303
なに
   
wonder what sb is up to: いまからなにをしにいこうというのか、ただいぶかるばかりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 147
before one realizes what is happening: なにがなにやらわからないうちに レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 68
なにか
   
what do I get if ...: 〜したら、なにかもらえるわけ? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 54
なんて
   
what kind of name is that?: なんて名前なんだ、これは トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 211
what a helpful fellow sb is: なんて親切なんだろう、この(人) クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
なんてこった
   
What!: なんてこった! タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 116
なんの
   
what have we gained?: いったいわれわれに、なんの利益があったでしょう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 124
なんのこと
   
what do you mean?: なんのことです クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 310
   
what: は? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
はん
   
What?: はん? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 124
へええ?
   
What?: へへえ? 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 200
まさにそう
   
it is what I would have done if I had done ...: もしわたしが〜なら、まさにそうしただろう フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 27
まったく
   
what a shitty day: まったくいやな日だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 249

イメージ
   
what one thinks of as America: (人が)アメリカとして考えるイメージ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153

   
what happened?: 何でまた 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 27
what do you want for breakfast?: 朝食は何にする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 47
what did sb do supposedly: (人が)何をしたというんだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
what’s what: 何がどうなんだ? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
what’s up?: 何があったのか? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
what’s this: 何ですか、これ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
何か
   
what: 何か用でも? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
a friend of sb or what: (人の)知り合いか何か カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 149
何だ
   
now what: 今度は何だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 231
何だい
   
what is A except B: AなんてBでなくて何だい ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 30
何とまあ
   
what a ...!: 何とまあ〜 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 142
何の話
   
what did he want?: 何の話だったんだ? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
何事
   
I wonder what this was all about: 何事があったんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 186
仕事
   
one know exactly what one is doing: 心得た者の仕事だな クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 559
事実
   
what sb have learned: 〜が入手した事実 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 59
取るに足らない
   
what were a extra people compared to ... ?: 〜なら多少の混雑など、取るに足らないではないか メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 205
出来事
   
what is taking place onstage: 舞台で起こっている出来事 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 165
所以
   
discover just what it was that made the Japanese what they are: 日本人の日本人たる所以を明らかにする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 5
全く〜だ
   
What a great man: まったく大した人物だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 274
代物
   
what sb confidingly calls AA: 気のおけぬ相手にはAAと呼ぶ代物 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 36

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you know what: あのなあ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
whoa, what: な、な、な、なんだって? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 85
what: えっ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
what: そんな 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 18
what: わたしは耳を疑った フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 120
what: ん・・・・・・? フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 137
what you say: あんたの言い種 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 161
what with the way things are going: そのうち 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
what was the point?: まあいい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
what was ...?: 〜はどうなってしまったのだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 103
what to do: どう対処するか ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 62
what they call: 俗にいう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
what then?: そしたら、どうなるのだ? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
what the hell: いったい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 124
what the hell: かまうもんか ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 305
what the hell: そんなことは知るものか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
what the hell: まったく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
what the heck: でもいいや 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 229
what sb wish: 自分はこうありたいと思う理想像 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 258
what sb wants: どういう用件なのか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 463
what sb be supposed to do: セオリー ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 127
what sb be: 現実の自分 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 258
what pure pleasure: これはようこそ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 221
what one likes to call ...: いわゆる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
what one know: (人の)知識 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 123
what one is saying: 自分の話 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 334
what of it?: 文句でもあるのか? ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 221
what of it: だからどうなんです ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 344
what money?: お金って、どこよ? フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 96
what is the world coming to?: 世も末だ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 121
what is said: 話の内容 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 10
what is referred to as ...: 謂わゆる 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 7
what is more: おまけに 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 13
what is it?: 用件は? ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 28
what is in ...: 〜の内容 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 29
what is happening: どういうことなのか ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
what is ...?: 〜というと? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 76
what indeed?: ちがいない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 159
what if that?: それがいったいなんだというのか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
what if ...: 〜してはことだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 40
what if ...: もし〜したらどうしよう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 225
what if ...: 万一〜したら大事だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 161
what if: もし、もしもだよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
what have occurred: 今日の経過 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 333
what happened: で、結果は プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 319
what had happened: 事情 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 261
what goes on inside: 内面 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
what gives?: どうした クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 185
what gives?: なんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 268
what do you think?: ところで 池波正太郎著 フリュー訳 『後は知らない』(Master Assassin ) p. 184
what do you think about that, eh?: どうだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 298
what do you think about that: どう? 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
what are you: 自分を何だと思ってる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 255
what an idea!: まあ、あきれた 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 50
what about ...: 〜の間では プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
what about ...: 〜はだいじょうぶなんですか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 299
what about ...: どうなってるんでしょうか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
what a party!: いやあ、とんでもないパーティでさ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 143
what a notion!: 考えるだにすごい! トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
what a life: なんて人生かしら カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 182
what a guy: ひどい野郎だ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 221
what a dancer: ダンスはすばらしい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 114
what a bore: ほとほと倦み果ててしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
what ... is: 〜の真価 ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 190
What’s wrong?: どうしたんです? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 233
what’s up, doc?: どうしたんですか? ボス スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 243
what’s up: おっす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 226
what’s this?: アレッ? 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 97
what’s this: なんたること プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
what’s the word: なんていったっけ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
What’s the story?: どうしてだね クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 291
what’s that?: なんのこと? フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 375
what’s that for?: なんのまねだね 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 263
what’s that: へえ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
what’s new?: その後どうなった ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 209
what’s going on?: どうなってんの? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
what’s going on: どういう事件なのか ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 62
what’s going on: 情勢 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 29
what’s doing?: 何の話で? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
what’s a ...?: 〜というのも妙なものだからね カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 408
that is what: まったくのところ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 172
tell you what: まあしかし 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 181
tell you what: わかったよ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 435
tell me what: どんなお話なんでしょう? カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 322
so what: それで? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
so what: かまうこっちゃない レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 116
so what: それがどうした スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
see what happens: 状況を見る レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 300
see what happens: 成り行きに任せる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 351
or what: 〜とか? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
no matter what: 理由の如何なんて関係ない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 162
know what’s what: (人に)まかせておけば大丈夫だ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 126
I see what you mean: なるほど 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 137
hey, what do you know?: 本当だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 127
guess what: が、なんとしたことか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
guess what: どうしてかっていうとね プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 148
don’t understand what have sb so upset: 問題ない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 42
come what may: いかなる状況のもとでも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
What if they come to inspect?: こんなところを人に見られたらどうしよう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 179
your own feeling tells you that you were not what you are: あなたにも御自分の気持が変ったことはお分りでしょう ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 61
your ears are bum, that’s what: あんた、耳がちゃんと聞こえるのかよ、えっ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 304
you don’t know what trouble is: ごたごたの意味がわかってないね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
you didn’t see what you thought you saw: 見たような気がしただけで、じっさいは見なかったのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
you are what you drive: 車は体を表す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 95
you’ll see what happens: どうなるか見ものだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 339
wonder what one can do to do ...: 〜するには、どうすればよいかと考える 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 48
wonder what on earth has happened: はて、これはどうしたのだろう 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 17
with all the excitement: そんなこんなで メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 173
will you listen to what I’m saying?: 人のはなし、ちゃんと聞いてくださいよ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
will not care what one do: とにかく無茶苦茶なことをやる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 191
why should one die for what they did?: なんでこいつらのとばっちりで死ななきゃならない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 515
when the going’s good, I want to do what I can: 出来るときにしとかないとね 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
what you say last is what counts: 物事は最後の言葉でしか決まらねえんだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 162
what you have to do is ...: 〜するだけでよい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
what would you think: そこで相談なのよ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 397
what with one thing and another: それやこれやで 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
what we used to call ...: 〜時代に使っていた巷の言葉でいえば〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
what was the use?: いくら好きになったってだめさ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 429
what the hell is this: なんてザマだ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 229
what the hell happened at ...: (場所)のあれってなんだったんだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
what the hell for?: そりゃまたどうして マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 266
what the hell be sth?: え? (物を)知らないって? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
What the hell’s going on?: どうしたっていうんだろう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 248
what the fuck is going on!: どうなってんだ、いったい? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 192
what sb used to call: (人が)いうところの プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
what sb saw sth drove everything else slap out of one’s mind for a moment or two: 〜を眼にしたとたん、(人の)頭のなかは一瞬からっぽになってしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
what sb really need to ... is ...: となると、〜してくれるのは、〜でしかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
what sb really need is ...: (人に)なによりも必要なのは〜じゃないの? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
what sb must become: 社会的にかくあるべしと望まれる姿 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 258
what sb is really like: どんな人間か アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 117
what sb do in the next year: (人が)むこう一年間にどこまでやるか コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 25
what passes for a dance floor: ダンス・フロアのようなもの カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
what one saw caused one to do: 〜を見たとたん、〜してしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
what one really think: (人の)本音 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 408
what one really means to say is that ...: (人の)考えでは〜と結論する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 111
what one have to say: 胸の底にかかえこんでいた言葉 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 167
what one have to do: (人の)やる仕事は サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 269
what one have learned: (人が)得た情報 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 135
what one have done with sb: (人)への接し方 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 227
what on earth sb was doing ...: (人が)なんだって〜なんかする破目になったのか ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 280
what on earth had been bothering me?: 今まで何がひっかかっていたのだろう 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 88
what more do you want?: これだけあれば十分だよね フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 164
what little family structure remains: 現在かろうじて保たれている家族構造 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
what kind of talk is that?: 何か間違っていやあしませんか フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 93
what kind of sense does that make, if ...: もし〜だったら、理屈にあわないんじゃないかね? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
what it is with sb there’s no telling: (人)というのはわからないもので トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
what it comes down to is that ...: つまるところはこうだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 337
what it comes down to is ...: つまるところ〜ということになる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
what is that, please?: というと? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
what is so clear to sb: (人には)自明の理 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 41
what is sb likes at work?: (人の)働きぶりはどうか 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 408
what is it to sb?: 何の合図なんだろう? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
what is it gonna be?: どっちにする? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 251
what is in sth: 〜の中身は? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 124
what is held within the room: この部屋の空気 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
what is almost a date: デートのまねごと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 136
what is all this noise about ...?: いったい、どこをどう押したら〜どう言葉が出てくるというのだろうか? フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 166
what in the blue hell is sb doing ...: (人)の野郎、いったい何様のつもりで〜したんだ? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 343
what in life is so important that ...: いったいこの世に〜ほど重大なことがあるか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
what if ... ?: (〜したら)事である 安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 194
what I want to say is ...: ちょいと聞きてえんだけどさ〜 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 194
what I mean is: というのは デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 26
what I fix for myself: 俺の手料理 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 496
what I’m saying is ...: 結局のところ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 80
what have we got to lose: こうなったらだめで元々だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 114
what have sb been up to?: いままでどうしてたの? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 311
what happens at ...: 〜ってどんなことをするの プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
what happened last night: 夕べの事件 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 580
what happen with sb: (人と)の問題はどうなったのか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
what had come of one’s visit with sb: (人)訪問の収穫 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
what good will it do now?: 今、それを言ってなんになるんだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 134
what goes on there at night: 夜はどうしてるんだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 157
what foolishness is that: 馬鹿いってんじゃないよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
what do you think: そうでしょう 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 359
what do you say: ね、そうしようぜ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 67
what do you need, sir?: ご注文は? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 97
what do you know about that?: 馬鹿言っちゃいけねえや カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 346
what do you have to go to somewhere for?: 〜へなんか行かなくたっていいじゃないか 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 119
what do you do for ...: 〜に何か手は打ってみたの? カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 213
what do one pitch like: ピッチング・フォームは プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
what did I tell you?: さっきもいったじゃないか? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 171
what crazy lady with ... live ...: 〜といっしょに住んでる頭のおかしい女とは、いったいだれだっけ? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
what could the man possibly mean by this?: よくもいけしゃあしゃあとそんなことが言えたもんだ。 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 302
what comes out of one’s mouth: (人の)口から出ることば キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 83
what can I say?: 世の中はわからないものだ ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 27
what came of it was that ...: 結局〜ということだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 215
what bring your sight back?: どうして見えるようになった? 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 27
what bring sb to ...: 〜にこられた理由は アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 234
what better way to mock the meanness of sb’s suspicions?: (人の)思いつきの卑しさを嘲笑するのに、これ以上のものは考えられない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
what are you talking about?: なによ、あんた達 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 38
what are you saying?: どういうこと? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
what are you saying?: なんだと? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
what are you say?: な、なんですって? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
what are you out?: 損害額はおいくらです? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
what are you doing?: どういうつもりだい ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 88
what are you doing standing there?: なにを突っ立っている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 245
what are you doing here: こんなところでなんだ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 292
what are we up against?: なにほどのことがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 489
what are we doing?: どうしたものだろうか 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 115
what am I supposed to be doing?: 俺が〜しているということはどういうことなんだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 69
what a terrible thing to say!: なんということを言うやつだ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 112
what a moment that must have been: たいした瞬間だったにちがいない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
what a lucky boy you are: いいねえぼうや 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 232
what a circus ... has become: 事態は面白いおかしい見せ物みたいになってきている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 483
what a ... this character is: まったく〜みたいな野郎だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
what’s wrong with sb?: どうかしちゃったのかしら? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 268
what’s the use of making a lot of fuss over it?: いまさらこぼしてどうなるの? ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 227
what’s the idea of all ...: 〜するのはどういうことだ ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 52
what’s the big deal: なにを騒ぎ立てることがあるんだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 393
what’s so wonderful about that?: 当り前じゃないの、そんなことは 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 395
what’s sb trying to do?: いったい(人)はどういう料簡なんでしょうね ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 15
what’s sb been up to since last time?: (人は)どうしたんだい、その後 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 128
what’s it to you?: それがどうした 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 187
what’ll those three rascals be up to next: あの三人はいろいろよくやってくれるからねえ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
we are what we do: 人すなわちその行動なのだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
we all know what’s expected of one: これでみんなの役割が決まった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 148
want sb to tell one what sb know: (人の)口から詳しいことを聞きたい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 346
venture out to see what is going on: 意を決して外の様子を見に出る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 370
use what sense or sensitivity one has: なけなしの分別とハートをふりしぼる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 199
turn to sb to see what sb thinks: 「どう思う?」というような顔で(人を)見る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 340
tried to think what else to say: (人に)それ以上の何が言えるのか、よくわからなかった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 403
to see what is the matter: どうしたことかと思って 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 20
this must be what sb looked like XX years ago: XX年前はおそらく(人は)こんな顔だちだったに違いない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 107
this isn’t what sb think it is: (人が)考えているのは見当違いだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 372
there is danger in what comes next: この次が危険なところだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 544
that is what you are thinking: どう、図星だろう? カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 194
that’s what you’re suggesting: そういいたかったの? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 268
that’s what sb says: (人が)そう言い捨てる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
that’s what one have to drink: 飲むものといえばそれだけだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 65
that’s what it was like: 要するにそういうことだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 69
that’s what I was afraid you’d say: そう言われちゃおしまいだ コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 33
that’s what I’d do in sb’s shoes: おれだったらまずそうするところだが トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
tell sb what it is like to do: 〜するのがどんな気分か、(人に)話して聞かせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
tell sb what is wrong: (人に)症状を説明する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 222
tell sb what have happened with ...: (人に)〜の顛末を話す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 290
tell sb what happened: なにがどうだったかを話す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 298
tell everyone what to do: どうしようどうしようとうろうろする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 164
take care what one say: 言葉に気をつける 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 67
suddenly realize what sb is talking about: いちどきに話のわけがわかる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 12
stop what one is doing: 〜の手をやめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 323
stop what one is doing: 仕事の手を休める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 67
sth what made sth great: 〜が立派になったのは〜のおかげ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
sth ended one’s concerns about being spotted for what one really is: 正体を見破られる心配はそれで消えた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
stay here and see what happenes: しばらく様子を見る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 369
stand out for what one is: 〜の真価が問われる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 327
so, to what do I owe sth?: 〜とは、またどうしたことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
so that’s what happened: やっぱりそういうことだったのか 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 21
sense what sb is after: 気配を察する 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 236
seem fully to realize just what happened: 事態の意味するところを、しかと悟る ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 58
see what sb is really like: (人の)本性がはっきりわかる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 425
see what is what in ...: 〜を調べる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
see what I decide: ゆっくり決めればいい ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 256
see what’s going on: いったいどうなっているのかご視察なさる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
see a lot of what’s going on like that: こういうことに目がさとい デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 262
rush about trying to find what has happened to sb: (人の)消息を尋ねに駈けずりまわる 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 292
put a series of “What if?” questions: いわゆる“たられば" 質問の矢をつづけざまに放る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 306
oh, no! what happened?: あっ、なんだよオ! 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 195
of what use would sth be to sb?: (物を)貰っても仕様がないわね 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
now what’s wrong with you?: なによ、あんた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 67
not thinking about what one is doing: 自分のしていることをうっかり忘れ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
not knowing what to do in the face of sb’s request for the impossible: (人の)無理な要求を持てあまし 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 252
not knowing what else to say: ほかにいいようがなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 20
no one knows what’s going to happen: 先のことはわからない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 378
no longer know what to do with oneself while lying in bed in the morning: 朝目を醒してから起き上るまでの時間を持てあます 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
most of what life in ...: 〜で暮らしていくコツ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
make out what it is: その正体を確かめる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 30
look at what sb have done: (人の)しでかしたことの痕跡に眼をやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
listen to what sb says: (人の)訴えを聞く 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 112
listen to the story of what have happened: 一部始終を聞く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 160
like what I know that it’s none of my business: さしつかえなければ聞いてもいいかな? 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 34
like what one see: 眺めが気に入る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 241
let’s hear what these men have to say: そちらの人に聞こう 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
know what to think: どう考えたらよいのかわかる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 29
know what to say: 能書きはわかってる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 78
know what sb is like: (人が)どんな手合いかは知っている ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 50
know what questions to ask: 質問のツボを心得る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
know what one see: 目の前にあることだけが納得できる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
know what one is doing: ちゃんと計算のうえでやっている クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 240
know what life is all about: なまなましく生きている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 98
know what is going on: 事情がわかっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 345
know most of what has happened: ことのあらましを知っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 340
knew more of how and what sb thought than sb ever would have guessed: (人が)思っている以上に、(人の)の考え方や考えの中身を知りぬいていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
just say what one always say: いつも訊くことをただ型通りに訊く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 338
it means just what one say: 何もあてつけてなんかいない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 216
it is difficult to work out what is going on inside sb’s head: (人が)どう考えているのかは傍からおし測ることは難しい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 65
I wonder what’s happened to him?: あの人、今どこにどうしていることやら 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 397
I tell you what: こうしない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 123
I need to know what’s going on: 何がどうなってるのか知りたい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 579
I don’t know what in God’s name is going on: まったくいったい全体何がどうなってるんだい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 159
I don’t know what got into me: どうしてあんなことしちゃったのかしら プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
I’m not sure what you want me: 何をすればいいのですか? ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 104
I’m not sure what it is: その件についちゃくわしいことはわからないけど スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
I’ll tell you what it is: 見え透いてるよ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 225
I’ll do what I can: よろしゅうございます 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 114
humbug’s what it says: くだらんことばかり書いてある ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 166
human nature being what it is, ...: 人間本性の常で、〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 78
honestly do not know what to do: 何をどうする、という考えも浮かばない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
hear what has happened: わけを聞く 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
have one’s own ideas of what beauty is: 自分なりに美の基準を持っている ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 137
have no notion of what sb means by ...: (人の)いう〜という意味がよくわからない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
have no idea what sb is up to: どういうつもりでいるのか見当もつかない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
have no idea at all what is going on: 事態がどういうことか判らない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
have done what is expected of one: 自分のなすべき全ての仕事が既に結了する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 68
God knows what wild stunt one may pull: どんな無茶をしでかしてもおかしくない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
give sth to sb for half of what one quotes sb: 正価の半分で(人に)譲る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 162
give sb what sb want: どうとでも(人が)してほしいようにちゃんとしてやる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 197
give sb a brief account of what has happened: 手みじかにさきほどの顛末を話す 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
genetics being what they are: 遺伝というものは恐ろしい ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 518
from what sb put together: いろいろ総合して考えてみるに カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 337
from what one hear, ...: 話によれば、〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 384
from what one hear: うわさによると トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
finish what we have to do: 用事をすませる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 123
finish what is on one’s plates: 皿の上の料理をたいらげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 44
find what one is looking for: 目当てのものを見つける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 216
find out what sb intends to give one for one’s birthday: (人が)プレゼントに何をくれるつもりなのか口を割らる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 121
find out what’s up: 実態を突きとめる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
explain what have actually happened: その実情を説明する ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
don’t understand what is happening: 何が何だかわからない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
don’t pay much attention to what sb says: (人の)言うことなんか気にもとめない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 28
don’t know what to say: 急に何とも応えられなくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
don’t know what to say: 言葉に窮する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
don’t know what to make of it: どう判断すればいいのかわからない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
don’t know what sb will do for his supper: (人の)御飯はどうしようかしら? カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 355
don’t know what it is all about: 何事かは知る由もない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 119
don’t know what in the hell is going on here: なにがどうなってんだか、まるっきりわからない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 117
don’t believe one see what one think one see: まったく自分の目がまだよく信じられない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 352
don’t always understand the language of what one read: 理解できない言葉も中にはある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 274
do you have any idea what ... is?: あなたは〜ってどんなものだか御存じなんですか? カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 401
do what sb say: (人の)いうとおりにする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
do what sb do and be what sb be: あるがままに生きている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 228
do what one can to forget about ...: 〜をそのまま放ったらかしにしても問題ないようにする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
do not quite know what has happened: なにがなんだか、まるで見当がつかない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
do not like what one sees: われながら野暮ったい格好だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 129
do not know what it is about: 何の用事だか知らない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 56
do not know what good sth does: 〜したところでどうなるものでもなかろうに フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 37
do not know what ... is for: 〜のなんたるかも知らない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
did not know or care what one was up to: 何が何やら無我夢中だった 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 82
degenerate into what could only be considered ...: 第三者が聞けば滑稽な口論という状態までおちこんでいく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 427
decide what’s what at ...: 〜の運営を協議し決定する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 13
check what we do have: 在庫をしらべる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 123
can tell that something is up, though one don’t know what: どうも雲行きがおかしい 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 61
can imagine what hell sb must be going through in ...: 〜の天手古舞がしのばれる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 234
can’t quite make out what sb is saying: 聞き取れない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 52
can’t help hearing what sb say: (人の)話がいやでも耳に入ってくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 272
can’t even tell what country sb is from: 国籍もわからない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
call it what you like: どう呼ぶにせよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
but what about it: それで、どうなんだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
begin to understand what this is about: 事件の輪郭が見えてきた気がする レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 115
before one can figure out what to do about ...: どう対処しようか、どうしようか、どうすべきか……などと思っているうちに 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 35
be touched by what he was: 彼の人格に染まる オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 26
be past caring what is happening: もう何も分からないようになっている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 144
be not sure what ... is: 〜という言葉の意味がよくわからない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 211
be not old enough to understand what is happening: わかる歳じゃない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 156
be not nearly what ...: 〜にはおよびもつかない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 434
be cute, sharp, and know what one is doing: なかなかしっかりした頭のよさそうな可愛い子だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
be at a loss as to what one should say: すぐ後について行き損なう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
be at a loss as to what one should do: 何もする気になれない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
ask sb what the trouble is: どうした、と訊く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 392
ask sb what sb wants: ご用件は、と聞く 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 196
ask sb what sb mean: (人が)そういうわけを訊き質す ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 218
ask sb what one should do: (人に)どうしようと相談する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
and then guess what: そして、まだあるのよ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 218
after all, what was the hurry and why wake everybody up?: いまさらいそぐ必要もなし、安眠妨害でしかない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 166
a needle infects sb with God knows what: (人は)わけのわかんないウイルスに感染しちゃった タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 213
a little prick is what sb is: ただのチンケ野郎だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
..., what have you to say to that?: 〜ということだがね 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 48
‘Course, this still isn’t what I’d call comical: もちろん、これは笑いごとじゃあない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
be able to do what one thinks is right: だから良いと思う所を強いて断行する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 185
you won‘t believe what you’re about to see: これから信じられないことが起こるぞ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
what you are about to read: ここにおさめられている文章 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 7
what about ...?: 〜はどうなるんだい? カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 92
what’s this about ...: 〜がどうしたって? ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 139
that was what sth was about: それで〜が読めた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 45
Abruptly, a clerk appeared and asked what she wanted to see: ふいに、学生部の事務員が顔を出して、何の用かと尋ねた ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 223
have absolutely no idea what you’re talking about: なんの話か皆目見当もつかない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 257
realize the absurdity of what one is doing: ばかげた行為をやっている気がしてくる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 56
as if to accentuate the horror of what one is saying: いかにも恐ろしいことを話しているのだといわんばかりに プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
what does planning everything accomplish?: すべてを計画すると何かいいことがあるの? フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 282
what we had accomplished: 自分たちのしでかしたこと フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 189
what would that exercise accomplish?: 〜していったい何が得られるだろう? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
satisfied with what one had accomplished: われながらうまくできたと満足感にひたりながら バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 108
sb’s real memories and the written and filmed accounts what have happened in sb’s life: (人の)現実の記憶と、文章や映画に描かれた出来事 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
what accounts for one’s obsession?: どうしてこんなに執着するのだろう 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
how shallow, and of what little account!: なんと皮相で、しかもとるに足りぬものであろうか! ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 179
begin an excited account of what one witnessed the night before: 昂奮して昨夜の逐一を話してきかせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
accounts of what had happened: 目撃談 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 187
achieve what sb failed to do: (人が)やりそこなったことの仕上げをする ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 128
have acquired some idea of what the work actually is: 実際の仕事の見当がつく セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 71
Even long after, I wondered what force impelled them to such an action: 何の力が、かれらをこのような衝動に駆ったのか、のちのちまでも私は考えた 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
what do sb produce for them actually: いったいなにをもたらしているんですか ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 153
what actually is in that letter: その手紙にはいったいなにが書いてあったんだい アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 173
what the hell are you looking for actually: いったいなにをさがしてるんですか ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 38
what sb be actually doing: (人が)やっているのは トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
what sb actually mean is ...: 〜というのが(人の)本音だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 258
learn a little more about what has actually happened: もうすこしくわしく事情を聞く 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 50
fully register what is actually going on: 事態を把握する バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 47
with what have seemed like acute dissapointment: 大いにがっかりした様子で ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 37
I don’t know what more I can add: わたしのほうからつけくわえることはない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
add sth to what sb wish and need and stitch it together into ...: 自分の好みや都合に合わせて継ぎ接ぎして、〜に仕立てる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 258
what advantage could there be in doing: 〜したところでなにになるだろう 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 71
disappointed with what is less of an adventure than sb has hoped: あまり物足りないので 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 195
what is sb’s advice on ...?: (人が)〜をどうする ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 153
what’s your advice: そのへんはどのようにお考えになっているんでしょうか 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
what happens to sb will not affect sb: (人が)どうなったところで、(人に)は影響ない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
the proceeds are what keep sb afloat: その上がりで(人は)やって行ける ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 93
be afraid of what a consultation at ... may show: 〜でどんな診断をくだされるかと思うと、(人は)不安でたまらない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
a woman no longer afraid of what people say behind her back: 誰にもうしろ指をさされない場所を獲得した女 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 132
after the usual what’s-been-happening b.s.: あれからどうしてたんだよとか、そういった類のお決まりのやりとりが一通り済むと ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 18
after what sb did: (人の)やったことを考えてみると フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 241
what sb is after: 目当てのもの ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 204
what are you after?: おまえは何がほしい 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 299
after what happened: あんなことがあったあとだもの フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 458
after all, what am I but a backer: 私は勧進元だからな 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 302
what sb is up against: (人の)悩み ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 371
put sb in against ... to see what happens: (人を)〜にぶつけて様子を見る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
have to agree with what sb say: (人の)意見はもっともだと思わざるを得ない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 253
At the end of the ritual I would usually agree to do what had been suggested: それでもこうした儀式の終盤にさしかかると、わたしは彼らのもちかけてきた話を承諾するのが常だった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
have no idea of what sb agreeing to: いったいなにに対してはいと答えていたのか(人には)まったくわかっていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 290
that is what sb find so agreeable about ...: 〜は、その意味じゃ最高 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
what lay further ahead: その先に何が待っているか トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
there’s no need to go ahead of what I say: わたしの聞くことをさき廻りしないでください アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 74
can see what lies ahead: 見通しをつける 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 103
ask what ails sb: どうかしたのかとたずねる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
aimlessly as if one don’t know what to do with sth: もて余したように 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 217
be a little alarmed at what one have done: 自分のしたことにちょっぴりあわてる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 27
be a little alarmed at what one have done: よけいなことをしたかしらと少々心配になる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 26
see exactly what it all meant: いっさいのことがはっきりわかる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 64
that’s what they all say: みんなそういうわ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
we can’t all get what we want in life: 世の中、思いどおいになれば苦労はない デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 22
that’s what ... is all about.: それが〜の意味だ ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 139
know what it is all about: 事情がわかっている カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 65
be what sb ask all the time: (人が)必ず言う言葉だ フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 9
be not all that clear what sb is talking about: 事情を解せぬ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 445
imagine what your informant is alleging: 情報提供者が何を申し立てているのか想像する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
A could only guess at what the intent of the B was in allowing this: それをするすると通したBの真意を測りかねていた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 398
what did you gather from this allusion to ...: 〜という言葉に、何か思いあたることはありませんか ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 215
almost forget what one is doing: つい仕事がお留守になってしまう ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 241
wonder aloud to sb what has happened: それにしても、いったいどうしたんだ、と大声でいう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 391
They're already asking what the Soviet posture will be, even now: はやくも連中、これでソ連の姿勢はどうかわるのかと、いまからきいてくる始末だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
what can sb expect already?: (人)なんぞは上等ではないか フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 234
I have already arranged what is to occur: どうなるか、細工はりゅうりゅうさ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 34
Also, I had no notion of what Sensei meant by "guilt.": いずれにしても先生のいう罪悪という意味は朦朧としていてよく解からなかった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
also know what one did: (人が)〜したことも事実だ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 64
thinking what an attractive alternative this have suddenly become: ふいに、そのほうがよほど楽だという気がする フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 59
とにかく人を焦らすような女であった: Altogether she was what you would have called provoking ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 95
wear what one always wear: 服装はいつもとおなじ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 140
wonder what one always do: いつもの疑問が頭にうかぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
I always mean what I say: わたしがこう言ったからにはどこまでも本気なんだからね ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 242
always do what needs to be done and do it right: 必要なことを確実に、それも、間違いなく片づける フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten )
What was more, the trees actually protected it from the strong south winds: おまけに杉は、とにかく、南から来る強い風を防いでいるのでした 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 13
翻訳訳語辞典で経済金融・証券会計訳語辞典も引ける広告なしの Pro版発売中!
ツイート