× Q 翻訳訳語辞典
morning   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
午前
   
as morning give way to afternoon: 時計の針が午前から午後に移ろうとする時間帯に入ると スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
午前中
   
have had an uneventful morning: 午前中は事もなく過ぎ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
今朝
   
have never actually done until that morning that ...: 〜と今朝はじめて〜した 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
深夜
   
scribbling on into the early hours of the morning: 遅々とした深夜の執筆 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 363
   
with the morning wind pouring into his face: 朝風を顔に受けて ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 185
the next morning: あくる朝 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
take an early time slot on morning television: テレビの早朝の番組時間を確保する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 222
start off the morning with a couple of drinks: 朝、仕事に出る前に何杯か飲む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 243
one morning as heavy rain falls on ...: ある土砂降りの雨の朝 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 308
on the coldest mornings: 厳寒の朝に トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 327
on the chill morning wind: 冷たい朝風に乗って 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
move the blanket to cover sb from the morning chill: 毛布をかけ直して朝の冷気があたらぬようにしてやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
in the small hours of a blustery October morning: 風の強い十月の朝のまだ夜明け前 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 7
in the morning: 朝になれば 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 52
go home in the morning: 朝帰りする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 312
first thing next morning: 翌朝一番 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
call a meeting for first thing in the morning: 会議を朝いちばんで開くと招集をかける ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 272
be rubbing noses with my folks every day from morning to night: 毎日、朝から晩まで、おやじやおふくろと鼻を突き合わせている 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 131
as the small hours of Monday morning creep toward dawn: 月曜日の朝まだき スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 366
an overcast Saturday morning: 曇天の土曜日の朝 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 305
朝の
   
in the still morning air: 静かな朝の空気に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
be greeted with the usual morning cordiality: 朝の挨拶をする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 27
明日の朝
   
when it’s morning: 明日の朝 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 184
明日
   
you‘ll be leaving in the morning won’t you?: 明日はもうお別れね 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
   
until the early hours of the morning: 夜遅くまで 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 52
夜中
   
one o’clock in the morning: 夜中の一時 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 309
around twelve-thirty in the morning: 夜中の十二時半 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 222
夜中の
   
夜明け
   
it seems as fine a morning as one could remember: 記憶にもないほど気持ちのいい夜明けだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
it is almost morning when ...: 〜は、もうほとんど夜明けといってよい ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 78

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

until late morning: 昼近くまで
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
the morning room: 茶の間
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 133
the early morning: 夜明け
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 168
Monday-morning quarterbacks: あと講釈が商売の小言幸兵衛ども
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 344
in the small hours of the morning: 深夜に
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 511
in the morning: 昼前に
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 87
in the morning: 朝っぱらから
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 87
in the morning: 明けがたには
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
in the morning: 夜中の
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 222
first thing in the morning: 朝一番に
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 307
early morning: 朝まだき
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 16
early morning: 明け方
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 277
during the morning: 午前中に
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 151
come morning: 翌朝
three in the morning: 夜中の三時
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 47
the rest of the morning: そのあと昼まで
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 298
spend the tail of the morning doing ...: 午近くまで〜してすごす
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 41
one o’clock in the morning: 午前1時という時間
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
look bad enough in the morning or when you see them sitting on the toilet: 朝の起きぬけの顔や便器に座っているところを見ただけでも興ざめだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 113
leave home almost an hour after the morning rush: 世間のラッシュからは小一時間ほどずれている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
it was two in the morning: 夜中の二時だった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 364
it is early in the morning: 夜が明けたばかりだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 100
in the small hours of a spring morning: 春の夜明け前
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 255
in the morning twilight: かわたれ時
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 113
in the morning on a schoolday: 学校へ行く時間のときに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 118
I would have to say that’s the morning line: そう思わざるをえない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
have sth looking fresh every morning: (物が)毎朝ぴかぴかになって目覚める
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 38
from morning to night: 明けても暮れても
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 77
breakfast is accompanied by a morning paper: 新聞を読むのは、いつも朝の食卓だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 148
at three o’clock in the morning: 夜中の三時
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 144
at the end of the morning: 昼時になって
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 220
at one in the morning: 夜中の一時
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
as the morning wear on: 昼になるまでに
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 146
as soon as one rise in the morning: 起きぬけに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 178
around two in the morning: 夜中の二時ごろに
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 251
all during the morning: 午前中ずっと
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 118
do not return until the morning of the fourth day of one’s absence: 帰ってきたのは、出て行ってから四日目の朝だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 156
I told him about the morning's activity at Livermore: 私は昼前のリヴァモアとのやりとりを話した
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 159
had never actually counted until that morning: 今朝はじめてその月日を数えた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
That morning again Omi had come to school unusually early: その朝もめずらしく早く近江は学校へ出て来ていた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 56
all morning: 午前中は
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 342
a dog barked in anticipation of its morning run: 朝の散歩をせがんで吠える犬の声
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 192
miss the morning assembly: 朝礼に遅れる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 132
at daybreak on a really fine morning: よく晴れた朝ぼらけなら
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 181
... balloon into a morning of phone calls: 〜すれば各方面への電話連絡で午前中はつぶれてしまう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 125
suddenly the morning is bearable again: 耐えがたい朝が、ふいに快いものになる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 108
no longer know what to do with oneself while lying in bed in the morning: 朝目を醒してから起き上るまでの時間を持てあます
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
sit that way all morning bolt upright in one’s chair: 午前中いっぱい(人は)背をこわばらせたまま椅子を離れない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
yesterday morning one came down for breakfast: 昨日の朝、食事に下りてきた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
one bright morning in spring: うららかな春の朝
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 47
bright morning sunlight: まぶしい朝の陽光
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 37
a bright Sunday morning: 麗かな日曜日の朝
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 21
But he would have killed for his morning Sovietskiy Sport: それにしても、朝起きて「ソビエツキー・スポーツ」が読めないとはあんまりだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 225
by morning: 朝になれば
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 131
one’s morning calls: 午前中の往診
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 450
calm and pleasant morning: 心なごむ楽しい朝
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
give a strange cast to the morning: 朝の光景に奇妙な隈どりをあたえる
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 212
have a charming morning: けさはとても気持ちがよい
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 172
in the clear, cold morning air: ひえびえと澄みわたった朝の空気
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 198
come each morning from ...: (場所から)通う
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 48
They were enjoying the crisp morning and the company: ふたりはさわやかな朝と訪問者をたのしんでいた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 319
continue the conversation in the morning: 話の続きは明日の朝にする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 291
Tuesday morning’s journey can now be corroborated: 火曜の朝の行動の裏づけをこれでとれる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 176
crazy morning: 頭がおかしくなりそうになった朝
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 248
in the dark early morning: まだ暗い早朝に
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 28
the manner in which the morning was developing: 朝から一日が思わぬ展開ぶりを見せる
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 70
Matsunaga Taka died at eight o'clock the following morning: 松永たかは、翌朝の五ツ(午前八時)ごろに、息を引きとった
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 52
the morning sun shines directly: 朝陽がまともに射し込む
三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 21
It had been drizzling since morning and was a raw, damp day: その日は朝からこまかい雨が降り、なんとなくうすら寒かった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 223
every morning during the season: 社交シーズンが続くかぎり毎朝のように
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 140
watch an early-morning TV show: 早朝のテレビ番組を見る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 153
in the early-morning hours: 朝早く
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
suffered very little from morning sickness, and the birth had been an easy one: 悪阻も、出産も、あっけないほど軽かった
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 173
fusty eeriness of early morning: むっとよどんだ早朝の無気味な空気
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 215
one morning one’s eyes open to see ...: ある朝目ざめると、〜が見られる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 170
our eyelids might open some morning: 朝眼を醒ましてみると
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
fight the unpredictable morning traffic: いつ起こるかもしれない朝の渋滞に巻きこまれる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 29
one fine morning: ある朝
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 131
a frequent morning chef: 以前からよく朝食をつくっていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 37
But Nettie had come to see Polly with a gift of food on Sunday morning: が、日曜日の朝、ネッティは食事のおみやげをたずさえてポリーを訪問している
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
Good morning: では失礼
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 196
Are you a little grumpy this morning: どうしたんだ、ご機嫌ななめなのかい?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 217
have an even remotely cheerful morning: 少しでも楽しい朝を迎える
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 84
In the morning he was heavy-eyed and tired: 朝になっても、まぶたが腫れぼったく、気分が重かった
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 300
ツイート