Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
line

主要訳語: 電話(10)   線(6)   列(4)   せりふ(3)   ロープ(3)   行列(3)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
せりふ
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 180
つらなり
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 317

シナリオ
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 10
ライン
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 335
ルート
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
ロープ
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 27
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 113

運転
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 175
科白
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 80
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 127
回線
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 243
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
境目
   
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 9
曲線
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
傾向
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 149
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 138
結びつき
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
血統
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 174
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
行列
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 191
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
差違
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 36
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
事実
   
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 38
斜面
   
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 75
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 338
車列
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 335
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
受話器
   
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 178
情報
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 55
職業
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
陣列
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 313
吹き込む
   
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 21
政策
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 134
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 189
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 258
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 207
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
足どり
   
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 253
態度
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 235
弾道
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 27
痛烈な一言
   
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 133
釣糸
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
電話
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 125
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 158
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 317
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 39
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 477
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 263
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 13
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 129
   
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 55
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 44
内容
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 299
配置する
   
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 7
筆跡
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
表情
   
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 148
文句
   
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 26
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 171
並ぶ
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
並べる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 223
並木
   
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 85
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
優先順位
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 16
稜線
   
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 255
領分
   
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 24
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 155
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 446
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 180
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 413
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 254

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

What’s My Line: クイズショー トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
wait in line: 番を待つ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
the punch line: そのさき フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 271
the lines provide to describe: 空欄 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
the bottom line: 結論 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
the assembly line: ベルトコンベヤ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 101
right down the line: 徹頭徹尾 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 265
punch line: オチ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
open line: はずれた受話器 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
one’s exit line: 退場の台詞 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 328
on three lines: 三列にならんで スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
more modest lines: 徳用品 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
line up sth: (物を)ならべる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 21
line of white pines: 松並木 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 28
line of action: 作戦 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 121
line go dead: 電話を切る音がきこえる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 95
in the lines: 並んでいる間 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 192
go into one’s line of work: 〜になる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
fire lines: 非常防火線 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
drop sb a line: 一筆書く ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 213
down the line: 部屋の中央へ向かうにつれ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 70
cross the line: そばに近よる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 202
cross the line: とうとう一線を越えてしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
buy the line: 納得する 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 96
bottom line: それにだよ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 73
bottom line: 結局 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 329
between the lines: 暗にほのめかす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
be out of line: 軽率 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 122
be one’s reputation on the line: 恥をかく ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 262
be lined up: ずらりと並んでいる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 234
avenue lined with trees: 並木道 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 53
anywhere along the line: 途中 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 19
along the line: なにかのおりに ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 317
all along the line: 最初から マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 235
a tree line: 並木 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 25
woman with a soft line of talk: 言葉じょうずな女 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 348
with the prestige of sth on the line: 〜の威信を賭けて ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 147
with a straight line for a mouth: 口を固く結び フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 16
where one’s summer tan-lines stop: (人の)身体のどの部分に陽灼けの跡が残っているか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
what do one call ... in one’s line of work?: (人の)職業用語ではなんていったかしら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
there is a very thin line between ...: ほんの紙一重の差だ マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 133
the two stitches one have received have left a thin hairless line: 二針縫ったあとが細長いハゲになっている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 173
the lines and planes of back: 背中の作り サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 133
the line reserves for ...: 〜という項目に書きこまれた〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
the line is dreadful: お電話とても遠いんですが ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 64
the end of the line for sb: (人)にとってはそれが一巻の終わり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 326
the end of the line: 行きどまり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 213
the bottom line is that ...: その結果〜 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
the bottom line is that ...: 肝心なのは〜 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 135
the bottom line is ...: 要は〜なのだ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 244
that’s your line of life: 君はこれで身を立てるがよい ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 109
take a wounded line: 弱気に出る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 99
take a harder line than ...: (人)以上に態度がハッキリしている 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 14
stretch out in line abreast: 横陣形に展開する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 471
started off with an arresting lead line: ...: 第一行は〜という印象的な書き出しだった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
stand in a line with other people: 列をつくる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 193
somewhere along the line: いつ頃からか 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 175
somewhere along the line: ここに至る道のどこか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
something much further down the line: もっと遠い遠い先のこと 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 78
so determined to go down the line for sb: (人)には格段の労をいとわない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 73
sight sb down the line of a finger: 指を拳銃のように(人に)つきつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
short out sb’s communication line: 回線を短絡させる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 118
see the horizontal lines of ...: 前方に〜が見える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
scores of carriages line up: 馬車をずらりと並べる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 73
sb’s lips are primmed up into a line of determination: きゅっとむすんだ口に決意のほどをあらわす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 195
say with nothing between the lines: さらりと言う 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 98
results is the bottom line: 成果があがらないことにはどうしようもない オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 141
rehearse the lines sb will speak: 頭に入れてきたせりふを、口に出してくりかえす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
reeled around on that line: これは頭にきた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
red diagonal line draw through sth: 〜の上を赤い斜線がよぎっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
put sb on the line: (人を)出してくれないか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
one is on the line: 電話の声は(人)だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 19
one’s voice suddenly fluctuated on the line: (人の)話し声は急速に不安定になった 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 246
one’s list of ... has a line through every item: 〜が頭のなかで整然と一覧表になっている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 110
one’s life on the line: (人の)命を危険にさらす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
on the other end of the line: 受話器の向うに 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
of our particular line of work: よそは知らずわれわれの業界では イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
look like what folks in one’s line of work call a tough sell: あの男、(人の)業界でいううるさがたのような感じがするな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
look for no line of infringement: 越えてはならぬ一線とやらを無視する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
look beyond the incoming lines of surf: たえまなく押し寄せる波の彼方に眼をやる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 249
listen to the other line: (電話の)相手の声に耳をかたむける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 110
lines drawn through sth: 〜斜線で消されてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
lined with private brick houses and small apartment buildings: レンガ造りの家や小さなアパートが立ち並ぶ フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 14
line up firing tracks: 射線をそろえる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 217
line along the top step: 最前列の段のところにずらりと並ぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 384
line a ball sharply to right field: ライトへ鋭いライナーを放つ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 261
limp to the finish line with sb: (人を)引きずってゴールめざして悪戦苦闘する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 113
let sb read between the lines: ほのめかす 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 452
let one’s line play out right away: 手ぎわよく竿をくりだす 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 118
last Louis but one of the line that is never to break: 永劫絶ゆることなき現王統の先々代 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 213
just down the line from each other: それこそ肩を並べてかわりばんこに プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
it would be rather hard lines on sb’s work: (人の)作品にとっては、とんだ御難だ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 44
it is something along those lines: かういふことになるかもしれない 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 166
it is sb’s job that will be on the line: 自分の首があやうくなる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 264
it is plain from every line of sb’s body that ...: 〜だということは、はっきりと目に見えている スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 147
in the same line of vision: おなじ目線上ながら ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 329
in sb’s direct line of vision: その視線の先に マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 68
in line with sb’s character: その性格を考えあわせると トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
in close line ahead: 縦に密接してならぶ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 471
I would have to say that’s the morning line: そう思わざるをえない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
I don’t like doing this over a phone line: 電話でもなんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 154
hear a trace of static on the line: ざっという雑音が微かに聞こえる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 299
have to draw the line somewhere: 〜にはきりがない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 50
have one’s ass on the line: 尻に火がつく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 335
have direct line to sb: (人に)情報が筒抜けだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 258
have always thrown out such a jazzy line: いつもあんなに浮かれ騒いで、男を釣るみたいなまねばっかりしてた カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 105
have all one’s lines out: あらゆる関係方面に連絡をとる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 102
have a farce of a line drill: まるでドタバタ喜劇のような緊急退避訓練 ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 95
go up to the water line: 水平に戻す 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
get the intravenous line: 静脈注射の針を入れる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 187
get out of line: (人の)頭がちょっと熱くなる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
get fast to the bottom line: すぐさま核心をついてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
even with the WATS line: 「ワッツ」とかいう月ぎめの定額料金を適用する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
draw the line somewhere: どっかでけじめをつける ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 232
draw the line at sth: 〜にはいい顔をしない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 261
draw in a thin line for one’s eyebrows: 眉を細く描く 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 122
deliver throw-away lines to sb: (人に向かって)ことさら意味のない台詞を吐く ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 87
debutantes are a little out of sb’s line: 上流社会の若い娘なるものは、(人には)いささか畑違いの分野だ ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 78
cross the finish line: ゴールラインを駆け抜ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
come on the line: 電話に出る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 275
come on a swift line toward ...: 〜めがけてハイスピードで迫る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
come back on the line: また電話に出る ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 27
buy the straight line: 餌に食いつく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 239
break out from the two lines ahead: 縦二列陣形をくずす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 350
block the line of sight: 視界を妨害する デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 162
be witten in every line of one’s face: (人の)顔の隅隅に書いてある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
be way out of line: まったく無礼である トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 327
be quiet on the line: 電話の向こうで声を呑む タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 189
be putting one’s career on the line: これに自分のキャリアを賭けている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 458
be on the line: 受話器をとっている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 96
be on the line: 電話をかけてくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 20
be not something in one’s line of work at all: 修行のどこを探しても出てこない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 270
be not in one’s line: (人の)性に合わない レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 154
be lined with photos: 〜には写真がずらりとかけてある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
be bound in both directions by an unbroken line of ...: 〜が左右にぎっしり並んでいる マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 50
be already in line near the front of the long queue: 行列の先頭のほうに陣取っている フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 65
be all in line: ずらっと一列に並ぶ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 212
be a terrific line: 言い得て妙である ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 78
be a step from crossing the line between A and B: Aを逸脱してBをおかす寸前だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 228
be a snaking, thin line: 細長くうねうねと蛇行している 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 252
at the one-yard line: あと一メートルというところで タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 136
another line converges to form a circle: めぐりめぐってつながっている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 89
along the internal line from head to gut: 頭から腸まで、体内に トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
a smile creeping across the straight line of one’s mouth: 一文字に結んでいた口元がゆるむ フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 17
a side-street lined with elegant clothiers and antique shops: 洒落た洋品店や骨董品をおいた店のある裏通り 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 56
a sheet of paper with all kinds of lines indicating major and minor roads, lanes and such: 大きな道路や小さな道路や小道やら何やらかやらが書き込まれた紙 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 20
a line of red trickles down: 赤いものが筋になって滴り落ちる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
a line of questioning: 質問のやりかた 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 19
a line of daylight: 一条の日光 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 213
a line have to be drawn: 無茶苦茶としか言いようがありませんわ カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 109
a hand with no lines on the palm: 掌紋のまったくない一本の手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
a clerk finally come on the line: やっと予約係が出る クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 73
ツイート