× Q  ?  翻訳訳語辞典
between

主要訳語: あいだ(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜から〜にかけて
   
between spring and autumn: 春先から秋口にかけて メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 147
〜から〜にかけては
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 167
〜のうちのどちらか
   
He therefore settled down to choose between the two: そこでジャン=ピエールはこの二作のうちのどちらかを選ぶことにきめた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 169
〜のはざまで
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 287
〜の合間から
   
between the crackling and hissing static: しゅるしゅるバリバリといった気ぜわしい空電の合間から 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 243
〜をはさんで
   
there are a couple of chairs with a table between them: BをはさんでAが置いてある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164

あいだ
   
there is no ill-feeling between sb and sb: (人と)(人の)間には何の蟠まりもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 51
pull sth between one’s fingers: 〜を二本の指のあいだにはさむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
instead of on the roads between ... and ...: 〜と〜のあいだを何度も往復して時間を奪われることなく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 72
dribble of brown water running between one’s fingers: 茶色の泥水を指のあいだからぽたぽたと垂らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
あいだには
   
between the hills: 丘と丘のあいだには ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
あいま
   
<例文なし> アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 140
かげから
   
a silent immediate guard appears between the curtains: 衛士が、垂れ幕のかげからすうっとあらわれる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 46
から
   
in the transition time between one’s tenure and sb’s: (人)から(人)への就任移行期に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 257
から生じる
   
the conflict between the various rules: 二つの原則から生じる葛藤 アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 66
はさまれて
   
stand between ... and ...: 〜と〜にはさまれて立つ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 414
はさみこまれる
   
be brought in between sb and sb: (人と)(人に)はさみこまれるようにして運び込まれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 247
はさむ
   
before taking his head between her hands and kissing him on the mouth: ・・・から、両手で彼の顔をはさんで口にキスをした ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
ひまひま
   
draw breath between one’s words: 息さえ言葉のひまひまに吸う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500

間に
   
stand between sb and sb: (人と)(人の)間に立ちはだかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 134
間にはさまって
   
spin between ...: 〜の間にはさまってくるくるとまわる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 213
結婚して
   
‘between those two, unbelievable wealth, said sb: 「その二人が結婚して、天文学的な財産ができた」と、(人が)いった アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 179

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

just between ourselves: 大きい声では言えないが 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
between us: ふたりきりのとき トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
between us: 人には言うなよ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 106
between us: 二人を隔てる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 240
between two sth: (物)から(物)へ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 146
between the lines: 暗にほのめかす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
between one’s legs: (人の)股ぐら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
between one’s legs: またぐら フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 391
between one’s feet: 両足のあいだにはさむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
between one’s eyes: 眉間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
between one’s breasts: 胸の谷間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
between friends: 内輪の話 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
between ... and ...: 〜対〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
between ...: 〜にはさまれて フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 41
be between stories: ちょうど何も書いていない時期だ カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 90
work on a rotation of four to five days between outings: 中四日か中五日というローテーションで登板する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
with Sunday falling in between: 間に日曜がはさまると 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
wear a mysterious expression somewhere between ... and ...: 半分〜して半分〜しているようななんともフクザツな顔をしている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22
twirl between one’s fingers: 指先でくるくるともて遊ぶ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
tuck down between ... and ...: 〜と〜のあいだにはさまっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
thrust out one’s fist and punch sb between the eyes: 拳をのばして(人の)眉間に打撃を加える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 359
this is between us: このことはここだけの話よ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 187
the last tenuous bridge between sb and sb: (人)と(人)のあいだに架かっていた最後のもろい橋 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
the key between her forefinger and thumb: 親指と人指し指でぶら下げた鍵 マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 79
the door between ... and ...: 〜と〜を仕切るドア スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
the contrast between the halves of each inning was striking: イニングの表と裏とでは、その内容は眼をみはるほど対照的だった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 382
that meeting between the two: このときのふたりの出会い プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 93
that have been the beginning between them: ふたりの仲はこうしてはじまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
tell sb about the dust-up between sb and sb: (人)と(人)がひきおこした騒動の顛末を、(人に)話してきかせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
tell sb about all the years between Then and Now: あのころからいまにいたるまでの、長い長い歳月の物語を打ち明ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
somewhere between naive and crude: 素朴とも粗末ともどちらともとれる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 95
somewhere between ... and ...: 〜ともつかず、〜ともつかない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 7
sky between the branches: 梢からのぞく空の色 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 163
sb’s eyes move between them: 二人を交互に見つめる マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 60
pause for longer intervals between pitches: 投球のインターヴァルは、どんどん長くなる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 384
pause between each mouthful: 一口ずつ区切って飲む 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 116
one’s position is halfway between that of a government official and an ordinary citizen: 半官半民といった立場にある 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 137
on the hand between one’s legs: 両脚のあいだにはさまれた手を支点に スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
not a word passes between the two men: ふたりはまったく言葉をかわさない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
No love lose between those two: ともに天をいただかず スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
look back and forth between sb and sb: (人と)(人の)顔を交互に見る 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 213
keep it between you and me: おれとあんただけの問題にしておける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
just between us for now?: ここだけの話にしてくれるか、今のところ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 154
it was never the same between us afterward: そのあとはなんとなくぎくしゃくしてしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
it disappears between one’s big knuckles: (人の)大きな拳のなかにすっぽり隠れてしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
in a strange semiconscious state between asleep and awake: ねむっているともおきているともいえない怪しい半ネムリ状態で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 103
if you kill sb, then it’s between you and me: もしおまえが(人を)殺すようなことがあったら、今度はただじゃすまさない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 369
hold ... between one’s palms: 両手で〜をつつむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 129
fierce spiritual tug-of-war between ... and ...: 〜か、〜かというすさまじい精神闘争 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 104
crinkle the skin between one’s eyebrows in a frown: 鼻の上にシワをよせる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
center between one’s breasts: 胸の谷間の中央にはさむ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 51
between the time ... and the time ...: 〜した時点から〜した時点までのあいだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
between one’s eyebrows and headline: 眉間から髪のはえぎわにかけて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
between now and midnight: 真夜中までに ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 209
between anxiety and distress: 懸念と困惑の板ばさみになり セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 63
between a cheer and a shout of hilarious anger: 喝采とも騒々しい腹立ちの叫びともつかぬ シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 158
between ... and ...: 〜と〜にはさまれた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
between ... and ...: 〜のあいだにはさまって スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
be torn between ... and ...: 〜だし〜なので甚だ処置に苦しむ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 152
be something awkward, in between: なにか中途半端な、不安定な存在だ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 305
be hit between the eyes with ...: 〜でおでこをごつんと一発ぶたれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 274
be divided equally between AA and BB: AA半分BB半分 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
are things all right between you and sb: (人)とはうまくいってるの プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
a state between sleep and waking: 半睡とも覚醒ともいえる状態 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 131
a noise between shrieking and singing: 悲鳴とも歌声ともつかぬもの スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 282
a contest between sb and two: 二人が組になって(人に)当たる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 224
alternate between total vision and absolute blindness: 明視と盲目の間を往復する リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 102
act as intermediary between A and B: AとBの取り持ち役をやる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 238
act as go-between: 仲を取りもつ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 433
adjustments to perfect the balance between ... and ... are made: 〜の均衡を保つためのこまかい調整が行なわれていた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
natural affinity between sth and sth: 〜と〜の相性の良さ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 30
there is a considerable difference in age between sb and sb: (人と)(人の)間に大分年の差がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 193
represent the difference in age between sb and sb: (人)と(人)との年のへだたりそのものだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 173
a feud, ages old, is between them: 両方は、昔からの宿敵同士なのだ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 276
there’s not all that much difference between ... and ...: それほどの差はない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 187
for all the world as if there were some mortal unavenged between us: まるで不倶戴天の仇をにらむかのように E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 16
do all sb can to try to patch up the quarrel between sb and sb: 和解が行われるよう、手を尽す 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 449
all sth need to do is between one’s ears: 〜するための〜は全部(人の)頭のなかにある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 39
all the while, I could hear the trickle of conversation going on between the adults: その間ずっと、大人たちの会話が聞こえてきた ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
allay the heavy mood between them: ふたりの間の重い雰囲気をやわらげる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 266
throw down the alley between them: ふたりの立ってる狭い隙間にボールを投げ込む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
forge alliances between ...: 〜の橋渡しをして共通の意識を生み出す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 139
allow it is the difference between ... and ...: 〜と〜の間に、一線を引く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
the contest between A and B is already in a delicate balance: AとBとはたたでさえきわめてデリケートなバランスをとって拮抗している 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 50
suddenly oscillate between anger and guilt: 気持ちは不意に、腹立たしさとうしろめたさのあいだをふれうごく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
there are angry words between ...: 荒い言葉のやりとりが始まる ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 76
I think her anywhere between sixteen and thirty: 十六歳から三十歳までの間なら、いくつにでもとれる年かっこうだ カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 21
in between sb’s youth and sb’s apotheosis: 青二才だった(人)が今の身分になるまでには スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 250
awkwardness arising from difference between A and B: AがBと異なるところからくるぎこちなさ 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
if only a meeting could be arranged between oneself and sb: もし(人と)自分が出会うことがあったなら 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 173
I think between us we’ve arrived fairly clearly at the truth: どうやら我々は真相を明らかにしたと思う アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 261
as if to put greater distance between sb: (人が)少しでも離れようとする フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 84
attraction between people is more powerful than sb’s decrees: ひとびとのあいだの情愛は、(人の)専制支配よりも強力だった フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 65
lay there awhile between sleeping and waking, when ...: 寝たか寝ないかのうちに 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 163
an awkward truce between sb and sb: (人と)(人の)あいだのぎこちない休戦 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 342
there is no awkwardness between sb: (人との)あいだにはなんのわだかまりもない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 362
look back and forth between sb and sb: (人の)顔と(人の)顔を順番に見る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
go back and forth between ...: 〜の間を往復する メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 29
back and forth between ...: 〜とのやりとり 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 373
there is bad feeling between ...: (人の)あいだに感情的なもつれがある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
the bad blood between sb and sb: (人と)(人の)あいだの敵意 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 177
don’t want any bad blood to stay between one and sb: (人)としても(人と)のあいだにしこりを残したくない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 345
the delicate balance between ... and ...: きわどいバランスが保たれてきた〜と〜の力関係 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 209
get the balance between ... and ... exactly right: 〜と〜の力関係をぴったり均衡のとれたものにする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 302
balance between ... and ...: 〜と〜の力関係 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 306
barge between ... and ...: 〜や〜をかき分ける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
put a barrier between us: わたしに距離を置く 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 144
be based between China and Moscow: 中国とモスクワの間に配備される クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
between the treble and the bass clefs: ト音記号とヘ音記号の領域 ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
a battle of looks between ...: 殺気をおびたにらみ合い スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 18
beautiful intimacy between sb and sb: (人)と(人)との奇麗ごとの間柄 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 67
become the core of contention between sbs: (人)のあいだの口論の火種になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
become a contest of wills between sb and sb: 〜と〜のあいだの意地の張り合い的な様相を呈する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
between-times:時間と時間のはざま べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 104
there is a big gap between one and sb: (人に)大きく差をつけられる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 108
bitterness between ...: 〜に確執がある ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 547
a stumbling block between oneself and ...: (人と)〜との間に横たわる大きな障害 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 247
blow one’s nose between one’s fingers: 指で鼻をつまんで水を出す マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 120
be a constant burring between sth and sth: 〜と〜のけじめがつかない ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 224
a particular bond lies between ... and ...: 〜と〜のあいだには、一種特別なむすびつきがある マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
the bond between sb: (人の)間を繋ぐ糸 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 21
create some bond between sb and sb: (人と)(人の)間になにがしかの絆が生まれる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 102
the borderline between dream and reality is breaking down: 夢かうつつか。つなぎ目がはっきりしなくなっている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
set boundaries between ...: 〜のあいだに序列を構成する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 111
stand between sb and a severe bout of self-castigation: 猛烈な自己懲罰の衝動をかろうじて抑えることができる デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 81
say between breaths: あえぎあえぎ言う ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 87
between breaths: 息せききりながら 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 151
there is never much brotherly love between sb and sb: (人と)(人は)それほど仲の好い兄弟ではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
a buzzword passed between older hands: 古参のあいだにやりとりされる隠語 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 159
live between calamity and opportunity: 綱渡りの生活をする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 101
between calls: 電話の合間に トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 154
there is no phone calls between sb: (人と)電話で話したこともない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 99
make careful distinctions between A and B: AとBの見分けがつく 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 77
get caught up in a feud between sb and sb: (人と)(人の)あいだの葛藤に関わる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 506
be caught between A and B: AとBと板挟みになってしまう 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 22
be caught between ... and ...: 〜と〜のあいだに立たされる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 492
one’s emotion wavering between caution and curiosity: 警戒心と好奇心とにこもごも襲われる 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 29
turn ... into a central issue in the growing war between ...: 〜は(人の)あいだでますます激化していった戦争の最大の火種になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
also observe a certain tension between the newlyweds: 新婚間もない夫妻がどこかぎくしゃくしていることも、(人は)見逃さない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 36
establish a quiet channel of contact between ... and ...: 〜と〜のあいだに、ひそかな接触ルートをこしらえる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 125
sense of oneness between mother and child: 母子一体感 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 82
choose between a tragedy and something serious: 悲劇でも見ようか、何かまじめなものでも見ようかと迷う オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 130
there’s nothing to choose between the lot of them: あの連中はみんな似た者同士よ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 148
ツイート