× Q 翻訳訳語辞典
expression   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いう
   
to use a popular expression: 俗にいうと 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
いうことばである
   
be rather a disapproving expression signifying that ...: 〜を多少非難していうことばである 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
しぐさ
   
keep studying oneself and one’s expression: 自分の様子やしぐさをひっきりなしに気にする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 94
てい
   
expression of annoyance: 当惑のてい ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 27

印象
   
somewhat lost expression: なにかを失くしちゃったみたいな印象 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
芽生え
   
expression of desire: 欲望の芽生え 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 47
眼つき
   
sb’s face takes on an incredulous expression: ふしぎそうな眼つきをする 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 13
   
with the typical, dying-to-know expression of a child: 子供の好奇心そのものの顔で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 185
with a very manly expression: 一人の男の顔で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 167
with a ferocious expression but surprisingly gentle eyes: 恐ろしい顔のわりには眼つきのやさしい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 27
with a bored expression: たいして面白くもなさそうな顔で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
wear a mysterious expression somewhere between ... and ...: 半分〜して半分〜しているようななんともフクザツな顔をしている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22
unadulterated hope in sb’s expression: (人の)顔に晴れわたった希望が浮かぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
expression on one’s radiant face: (人の)晴れやかな顔 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
announce, suddenly serious in one’s expression and tone: いつになく生真面目な顔と口調で答える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 121
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
顔つき
   
wear the expression of ...: 〜という顔つきをする ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 96
wear a grave expression: 謹厳な顔つきをする 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 26
sb’s expression of something like rage: ひどく怒ったような顔つき アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 93
be in one’s fifties, with a pleasant expression: 五十代で人好きのする顔つき デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 455
assume a petulant expression: むっとした顔つきになる 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 89
顔色
   
there is no flicker of change in one’s expression: 顔色を動かしもしない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 80
sb’s odd expression: ただならぬ顔色 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 76
   
Baseball will be his expression of bodhicitta: 野球が、彼のボディチッタの器になるかもしれない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 217
気配
   
with an expression which may almost have been called eager: 何やら今や遅しと待ち構えていた気配がある セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 71
形容
   
expression babyish: 乳くさいという形容 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 19
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 247
言葉
   
utter an expression of disgust: 憎悪の言葉を残す E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 24
think the expressions: (人の)言葉を思い出す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 252
an odd expression: 不思議な言葉 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 33
呼ばれる
   
resent the expression: そう呼ばれると腹をたてる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 61
   
unscientific popular expression: 非科学的な俗語 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 115
仕草
   
in an expression sb have come to recognize: この仕草はもうお馴染みだ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 28
   
a soft, compassionate expression appears on sb’s face: 深い憐れみの色が(人の)面をよぎる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 48
身体じゅうで表わす
   
one’s expression is ...: 〜を身体じゅうで表わす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
人相
   
a provokingly nonchalant expression: すましきって落ち着きはらった人相 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 140
反応
   
the expression feel strange and out of place: その反応は、場ちがいに映るほど奇妙だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
表われ
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
表象
   
an expression of the mind: 精神の表象 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
表情
   
without expression: 無表情に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 325
with this very stupid expression on one’s face: いかにも間の抜けた表情を浮かべて サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 65
with a similarly neutral expression: 同じように無表情に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
turned around with an expression of almost no surprise: ふりむいたが、とりわけその表情を動かしはしない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 235
there is a small and catlike expression of satisfaction on one’s face: (人の)顔には、こぢんまりした、そしておとなしい猫を思わせる満ち足りた表情が浮かんでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
there is a half-smile on sb’s face and an absent expression: うっすら笑みをたたえた、どこか茫洋とした表情 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 285
take on an oafish expression: 途方にくれた表情になる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 220
sb’s face assumes a very grave expression: 深刻な表情を顔に浮かべる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
sb’s expression is wizened by mistrust: (人の)表情に不信のかげりが見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 313
one stupid, wrong expression that shatters your life: 一瞬不用意な表情をしたために、人生が狂ってしまうのだ デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 242
one’s favorite expression: (人の)得意の表情 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 199
one’s expression slackened and mistrustful: 表情がゆるんで疑いぶかげだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
one’s expression indicate that ...: 表情には〜という色がある 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 195
maintain expressions of ...: 〜の表情を守りぬく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 137
look in sb’s eyes with a blank expression: 無表情に相手を見返している クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
level expression: 平静な表情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
it was interesting to watch the changes in sb’s expression: (人の)表情に微妙なものがあった 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 290
impish unfocused expression: 気まぐれな小鬼のような表情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
have the same expression: おなじ表情をうかべている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
give sb the wrinkle of some ... expression one had seen on TV: テレビで見た〜の表情よろしく鼻にしわを寄せてみせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
fiercely baleful expression: 激しい敵意に満ちた表情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
facial expression: 顔の表情 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 201
expression of stunned joy on one’s face: いまにも気をうしないそうなよろこびの表情を満面にたたえ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
distinct expression of distaste: 傍目にも明らかな嫌悪の表情 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
detect the feckless expression: 弱々しい表情が見てとれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
an expression of mingled sth and sth: 〜と〜がいりまじった表情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
an expression of grim determination: 思いつめたような陰鬱な表情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 267
an expression of chagrin at this blow to one’s pride: 矜りを傷つけられた者の我慢ならない表情 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
an expression of ... is stamped on one’s face: (人の)顔には〜な表情が浮かんでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 267
表情をあらわにする
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
表明
   
amid expressions of enthusiastic loyalty: 熱烈な忠誠心の表明と共に セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 72
不審
   
see one’s expression: (人の)不審を見透かす リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 43
   
one’s expression betray one’s emotion: 感情が面にあらわれる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 311
面もち
   
wear an expression of fulfillment and joy: 満悦した面もちで 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 329
面持ち
   
with tense expression: 緊張した面持ち 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 255
目つき
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 284

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without expression: ただ無表情に
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 195
oral expression: 弁論表現法
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 284
one’s expression stiffened: (人の)顔はすこしこわばってみえた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 130
one’s characteristic expression: 自分の造作
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 8
odd expression: きょとんとした顔で
favorite expression: 口癖
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
facial expression: 表情
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 101
expressions of gratitude: 謝意
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 87
devastated dead expressions: 生気のない無表情な顔
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
cold expression: 無表情
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 397
an expression of one’s thoughtfulness: 思いやり
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 186
expression:<イディオム等>
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 229
a fierce expression: 恐い顔
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 235
with an unhappy expression: すこし不満そうに
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 155
with an expression of utter contentment on one’s face: いかにも満足したように
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 104
with an expression of great revulsion: 気を悪くした風で
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 125
with an expression of extraordinary discomfiture: 何とも云いようのない、ばつの悪い顔で
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 100
with an expression of annoyance: うるさそうに
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 33
with a wistful, longing expression on one’s face: 物欲しそうに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 405
with a severe expression on one’s face: 怒ったような厳粛な表情で
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
with a good natured expression: 気の良さそうな
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 54
what one oneself have really thought deep down in one’s heart, but have never give expression to: 口にこそ出さないが(人)自身何年も胸の中で感じていた
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 120
use the expression ...: 〜という言い方をする
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 11
to use an expression: 俗にいうように
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 246
there is on sb’s face a strangely clouded expression: (人の)表情の中には判然といえないような一種の曇がある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
the expression of concern in one’s eyes: (人の)眼に気づかわしげな色が浮かんでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
show itself at times in one’s expression: 顔に出かかっている
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 22
shake one’s head, a blank expression on one’s face: 言ってることがよくわからないという顔で首を振る
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 77
severe expression on sb’s face: (人の)恐い顔
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 144
sb’s voice carries expression: 調子づいた口を利く
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 23
sb’s expression is contrite: (人は)うしろめたそうな顔をする
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 288
sb’s expression has identifiable elements of ...: (人の)顔には〜の表情がありありと浮かんでいた
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 312
say with a serious expression: 真顔で言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 197
one’s own horribly repressed desire for expression suddenly burst forth: (人の)抑制は瞬時にして吹きとんだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 190
one’s expression lighting up: 眼をかがやかせ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 35
one’s expression holds a hint of ...: 〜がつい覗いてしまう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
one’s expression certainly seemed deadened: まったく無表情に見えたことは確かだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 229
one’s expression almost audibly proclaimed one’s doubts: 疑惑を持っている様子がありありとわかる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 64
obsessively commit to children’s innocent expressions: 子供たちのあどけなさをくどいほど強調する
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 193
look at sb with a terribly serious expression: (人の顔)を笑わずにしっかと眺める
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 32
look at sb with a dazed, idiotic expression on one’s face: 呆けたように相手の顔を見つめる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 250
look at sb’s serious expression: (人の)その真剣なもの言いの顔を見る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
give sth straightforward expression: 〜を素直に表現する
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 26
give full expression to ...: 〜を悉く開陳する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 196
from sb’s expression I could tell sb was tickled pink: 面白くってしようがない、というような顔をした
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 86
frightened expression on the flight attendant’s face: スチュワーデスが真っ青な顔をしている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
can hardly wait to see the expression on the face of sb: (人が)どんな顔をするか、いまから待ち切れない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 212
assume an expression of indifference: 白けた顔つきになる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 52
assume an earnest, resolute expression: 観念の臍をかめたという顔つきをする
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 27
assume a serious expression: すこしキマジメな顔になる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 111
as a polite expression of sb’s regret over the way our friendship declines: 久濶を叙すると言った程度の、儀礼的な意味をこめる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
answer with a dead-serious expression: 身じろぎもせずに言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 80
answer sb with a terribly adult expression: いっぱしの大人のような顔をして言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
an expression of trapped horror freezes one’s face: 顔は恐怖に凍りつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
an expression of faintly mocking mischievousness: どこか冷ややかな意地わるさのようなもの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 122
a troubled expression on one’s face: 困惑の表情を浮かべる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
... is the sb’s expression of astonishment: 〜と、(人は)あきれかったように言う
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 235
with a peaceful absentminded expression: 放心した顔で
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 12
found her expression largely abstracted: 彼女の表情はとらえどころがなかった
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 227
... is actually an expression of ...: 〜が〜にとっては〜の表われである
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
adopt a serious, reverent facial expression: 真顔になる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 229
sb’s expression and attitude is uplifted and aerial: 天にものぼるような表情とかっこう
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
no expression at all: およそ表情がない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 423
allow oneself the traces of a wry expression: 声がかすかにひきつるのをあえて隠さない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 138
one’s expression is almost good-humored: その顔はむしろ機嫌が良い
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 21
sb’s habitual melancholy expression is as always: (人の)表情は相変らず物憂げである
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 25
an expression of curious amusement: 興味津々といった表情
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 275
try to analyse one’s expression: (人の)表情にそれとなく注意する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 146
with an angry expression: むっとした表情で
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 234
take an appalled expression: 驚きの色をうかべる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 72
shuffle sth with an apprehensive expression: 心配そうな表情で(物を)もじもじといじる
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 29
an expression appropriate to a budding doctor: 医者の卵らしい表情
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
a benign expression: 温厚そうな表情
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 20
the bland expression on one’s face: そしらぬ顔
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 327
keep one’s expression blank: 素知らぬ顔をする
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 151
one’s blank expression: すっとぼけた表情
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 79
sb’s expression is bleak: 沈痛な表情
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 20
Her expression was hard, her body poised, on the alert: 表情はこわばり、からだの線が身がまえるかたちになっていた
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 21
a bored expression: うんざりしたような表情
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 164
catch sb’s expression: その表情を目にする
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 15
the expression of certainly, of surprise, or chagrin: 確信、驚き、苦悩とあらゆる表情
helpful expression must have changed: 好意的な表情がさっと変わったにちがいない
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 131
a cheerfully complacent expression on one’s face: 朗らかな屈託のない表情
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 18
from the expression of sb’s face it is clear sb is extremely interested: 熱心なことは顔色に出ている
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 115
sb’s closed expression: (人の)とりすました顔
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 499
give sb a cold, stern expression: 冷やかな、いかつい印象を与える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 20
an expression of ... collects on sb’s face: (人は)〜の表情を浮かべている
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 49
a complacent expression: 屈託のない表情
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 18
do one’s best to wear congenial expression: 和んだ表情をつくろうとつとめる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 181
pleasing contemptuous expression: ひとを食ったところのある美貌
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 29
a most peculiar expression crosses sb’s face: なんとも言えない妙な表情がさっとうかぶ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 255
an expression intense and curious: なにかに惹かれた一途な表情
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 30
with a dazed and happy expression on one’s face: 夢見がちな顔をして
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 183
a deeply unfamiliar expression: これまでお目にかかったことのない表情
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 171
be wearing a dejected expression: うちのめされたような顔をする
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 92
devout expression: 敬虔な表情
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 259
dignified and suggestive facial expression: 厳粛な、曰くありげな表情
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 68
with a disapproving expression: 詰るような目つきで
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 141
sb have that tight, driven expression on sb’s face: あんな切羽つまった表情の〜
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 130
look up with a vacant yet eager expression: 無心な表情で見あげる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 279
The boys sat in silence, earnestly studying Isao's expression: ひたすら勲の顔色を伺って黙っている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 273
expression that had never emanated from sb: (人が)こうした表情をうかべたことは一度もない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
sb’s embarrassed expression: (人の)戸惑いした表情
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 139
ツイート