× Q 翻訳訳語辞典
down   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜の先に
   
sth down the hall: 廊下の先にある(物) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
〜を
   
hurtle down the N100: 国道一〇〇号線を闇雲に飛ばす メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 105

あげて
   
point one paw down ...: 片足をあげて〜をさす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
うなだれる
   
with one’s head down: 首うなだれ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 334
うぶ毛
   
covered with a fine layer of down: うすい肌色のうぶ毛が一面に生え 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 113
おりていく
   
down in the place where instinct lives: 本能的直観の棲みついている深い場所までおりていく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 342
くずおれる
   
be down: くずおれる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 163
ぐいとあおる
   
down another wet: また酒をぐいとあおる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 27
だらりとさげる
   
force hands down to one’s sides: ひきはがした手を両脇にだらりとさげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
のしかかる
   
see something monumental and deadly bearing down on sb: (人の)頭上に巨大で致命的な何かがずっしりとのしかかかるのを目にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 432
はずれ
   
down the hall: 廊下のはずれ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 155
ぺたりとすわりこむ
   
down here on the floor: 床にぺたりとすわりこむ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 137
むこう
   
from down the room: 部屋のむこうで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 167

ガブ飲みする
   
down one’s share of the bar’s famous but deadly mojitos: この店の名物の強烈このうえないモヒートをガブ飲みする バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 49

悪いこと
   
it has its ups and downs: いいこともあったし、悪いこともある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356
飲み干す
   
down it all at a gulp: 一気にそれを飲み干す ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 21
   
jump up and down: ぴょんぴょんと上下にはねる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 54
下まで
   
look sb up and down: 上から下まで眺めまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
次第に
   
retreat down the hallway: (音が)廊下を次第に遠ざかる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 178
床に
   
throw down sth: (物を)手荒く床に置く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208
消耗している
   
look a bit down: なんだか消耗している 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 152
垂らした
   
comb sb’s hair down and to the side: いったん垂らした前髪を横に流す タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 149
接続不可
   
network is down: ネットワークは接続不可 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 163
   
farther down ...: 〜の先にある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 324
a block down: 一ブロック先 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
駄目よ
   
"Down, big fella," she said at last: 「駄目よ、あなた」ポリーが制した スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
低い
   
way down: かなり低い デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 75
低く
   
keep one’s voice down: 声を低くする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
倒れる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 344
不通になる
   
network is down: ネットワークが不通になる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 163
負けている
   
down by only a bucket: わずか二点差で負けている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
落ちる
   
attendance is down substantially: 出席率ががたんと落ちる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 327
落ち込む
   
I feel so, so down: 果てしなく落ち込んだ気分になる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 151
落とす
   
look down at ...: 〜に視線を落とした サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 14
力がぬける
   
get a body down: 体から力がぬける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 123

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

stare sb down: (人の)目をにらみつけてたじたじとさせてやる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
slow everything down: 全部スローモーションにしてみる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 226
sit down: 席を占める
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 117
sb sound down: (人の)声、元気がないよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
put sb down: (人を)こきおろす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
plop oneself down: 腰をおろす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
one’s head down: うなだれて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
not backing down: へこたれることなく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 161
network is down: ネットワークを遮断している
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 163
look upside down: 上下を逆に見る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58
look down: 眼を伏せる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 103
let sb down: (人の)期待を裏切る
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 154
let sb down: (人の)足を引っぱる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 153
let sb down: (人を)がっかりさせる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 219
just down the way: 近所の
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
hurry down ...: 〜をいそぐ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 278
hurry down: 大急ぎで駆け込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
head down: うつむく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
hang down: だらりと下がる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
go down in: 入り込んでいく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
go down ...: (場所)のむこうへ行く
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
go down: ころぶ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
get sb down: くたくたになる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 359
get me down: 白ける
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 28
feel really down: 全く気分が悪い
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 14
ease oneself down: (人の)神経をなだめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
down to cases: 本題にもどる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 247
down the tubes: 水の泡だ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
down the line: 部屋の中央へ向かうにつれ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 70
down the drain: 無駄骨だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 147
down payment: 手付け
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 241
down payment: 手付金
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 149
down on campus: 隣のキャンバス
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
down inside: 心の底のほうで
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 58
deep down: 胸のいちばん奥底に
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 14
deep down: 心の底では
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 99
come down: 階下へ降りてくる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 19
come down: 降下する
cast one’s eyes down: うつむく
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 78
bring me down: 白ける
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 97
break down completely: 泣き崩れる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 141
be down on ...: 〜に立つ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 282
be down here: ここに来る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
back sb down: (人を)ひるませる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
back down: 減速する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
you been down there: きみも〜に行ったことがあるだろうが
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
work down the hall: おなじ事務所の、つい目と鼻のさきではたらく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
with parrots down the side: 横っちょにおうむの絵が描いてある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 147
when it comes right down to it: さてとなると
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
when it came right down to it: いざとなって
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
walk up and down to warm oneself: 歩きまわって暖をとる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 43
walk up and down sth: (物を)行きつ戻りつする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 214
walk down the street to the hamburger place: ちょっと歩いてハンバーガー・ショップまで行く
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 355
walk down the path after sb: あとからやってくる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 339
time would wear it down but: 時とともに勢いは衰えるかもしれないが
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
throw down the alley between them: ふたりの立ってる狭い隙間にボールを投げ込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
think and act up and down: いろいろなことを考え行動する
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 123
these ups & downs of mine: わたしの体験している苦楽
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 288
there is a screwing and complaining sound down below: 地面の底の方で、何かネジでも巻くような、また何か鳴き声のような軋む音が続く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 293
the thumb of one’s other hand is doing things to sb down there: もう一方の手は親指をつかって(人の)中心を刺激しつづける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
the feeling of sliding irresistibly downward down into the depths: すっと奈落へ落ちて行くような心地
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 267
talk all the way, move sb down the drive: べらべらしゃべりながら車寄せを抜ける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 385
tainted crowd dispersed up and down this hideous scene of action: この忌まわしい場所のあちこちに集まった薄ぎたない群衆
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 108
sweep down along ...: 〜に沿って吹き抜けていく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
sth down in Alabama: アラバマにある(物)
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
something much further down the line: もっと遠い遠い先のこと
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 78
slide in the stuff, fall down: 瓶の中身の上ですってんころりん
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
slide down the pole: 消防署の棒をつたってすべりおりる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
slam down the phone: 電話を叩き切る
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 235
sit back down again: 坐りなおす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
rush up and down: あたふたする
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 37
run down the entire length of the page: 一枚の紙の上から下までをフルに使って書きつけられている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 169
rub it twice vigorously across and down sb’s face: (人の)顔を、たてよこ十文字に力をこめてぬぐう
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 193
reach down to the sea: 海面から生えてる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 149
put one’s chin down: 顔を伏せる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 200
put down one’s pencil: 鉛筆を走らせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
pour on the coal down ...: ぐうんとスピードをあげて〜に殺到する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
pin sb down on how ...: どれくらい〜か(人を)釘付けにして聞き出す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 178
pad down ... after sb: (場所)で(人の)跡をそっと尾ける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
pace restlessly up and down: ぐるぐる回る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 257
one’s glasses slip down one’s nose: 眼鏡が鼻にずり落ちる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 103
never let sb down: (人に)とって悪いようにしない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 196
move sb up and down the board: 将棋の駒のように動かす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 304
move down the mountainsides: 山頂から麓へとおりてゆく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 169
move down the lunch line in the dining room: 昼食のときに食堂で並ぶ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
move down the corridor: 廊下をそのまま歩いていく
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 150
make hitters hit the ball down: ゴロを打たせる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 230
lying down on the bed: ベッドに仰向けになったまま
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
look sb up and down: (人を)頭のてっぺんからつま先までじろじろ眺める
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 144
light sb down the stairs: 降りる足もとを照らしてやる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 161
let sb down a little: 少しずつ(人の)期待を裏切る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 306
let my whole ... down: 〜を台無しにしちゃった!
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 84
lay beside sb, belly down: (人の)隣りに腹這いになる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
keep your head down: 顔を合わせないようにしろ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 466
keep track of money down to the hundreds of a penny: 一セント単位まで正確にデータを扱っている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
keep one’s voice down: 低い声で話す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 227
just down the way: ちょっとむこうの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
just down the road from ...: 〜と目と鼻の先にある
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 208
just down the line from each other: それこそ肩を並べてかわりばんこに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
just cut down on one’s smoking: 煙草は本数を減らすだけにする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
jump up and down loosening up: 跳躍運動で身体をほぐす
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 247
jump up and down: ぴょんぴょん跳ぶ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
it’s very easy to foul a ball straight down: ファウルボールってのは、真下に行きやすい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 278
how about keeping your voice down: そんなに大きな声を出さなくてもいいだろう
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 299
have sort of been down this pass before: こういうことはこれがはじめてではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
have sb down and let sb up: (人を)さんざん疲れさせておいて、解放してくれる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 309
have got sb with sb’s pants down: (人の)きんたまを握ってる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 168
have a split down the middle: 縦にひび割れている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
happen to look down: ふと足元に目がいく
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 540
gulp down some vitamin beverage by the kiosk: KIOSKでドリンク剤を買って立ち飲みする
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
go up and down: 上がったり下がったり
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 392
go down to my Father: 親父の家へ帰る
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 13
go down to ...: 〜におしかけて行く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 264
go down the corridor: 廊下を進む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 144
go down as a criminal fraud: 詐欺罪になる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
get sb’s ass down here pronto: すぐにこっちへきてくれるよな
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 216
get a down on sb over: 〜のことで(人に)文句の一つや二つ言いたい
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 244
flop down next to sb: どたっと(人の)横に腰をおろす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 147
feel up and down the side of the door: 上から下までドアをまさぐる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 356
feel strangely let down: がくんと妙な落胆をおぼえる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 124
fall down on one’s job: 仕事をやり損なう
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 184
everyone is the same deep down: 人間なんてこんなものさ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
drop back down into one’s seat: 自分の席にへたりこむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
drift on down the hall: 廊下を去っていく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
down to the end of the block and back: 目と鼻の先のところまで行って帰ってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
down the city walk: 歩道を歩く
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 65
down at each end of the row: 一列に並んでいる端っこに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 188
do not want to be down here that long: 長居をしたいところではない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
do not back down: ひるまない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 162
do not back down: 引き下がらない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 161
deep down one hate sb: 心の中では(人の)ことを嫌う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 137
dance down the base paths: 踊るようにリードをとる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
crouch down for ...: 低いクラウチング・スタイルで構える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
crash down down down ...: たたきつけられるように、どこまでも、どこまでも下降して行く
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 130
come down to ...: 〜に帰結する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 170
clatter down the close: 靴音高く路地を進む
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 71
chew sb up one side and down the other: (人に)頭のてっぺんからつま先まで噛みくだかれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
bring sth down on ... like a gavel: 裁判長が木槌を使うように、〜を叩く
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 239
bring it down into a smaller chunk: もう少し近いところで話をすると
break down on a nighty-by-night basis: ひと晩あたりの〜数で計算すると
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
be walking up and down despairingly: がっかりしたような足取りで、あっちこっちと歩きまわっている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 51
be the sort of wedding where the cost of the ceremony and reception go as a down payment: まるで、結婚式と披露宴の費用をなしくずしに払わせられているようなものだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 110
be regularly turned upside down by sth: いつも〜でひっかきまわされる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 185
be out to do one down: 詐偽漢である
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 158
be on one’s unhappy trail down the hill: 不運の一途をたどる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
be not as far down as one thought: 自分で思ってたほどかすじゃない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 262
be in mischief down the road: 通りのちょっと先で何かいたずらをする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 173
be down to whiskers of difference from one to the other: あるかないかの差だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
be down to sth: 〜だけ(身につけている)
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 63
be down to ...: 〜と心細い状態だ
be down the tubes: 〜はだめだ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 47
be down in the dumps: ふさぎの虫にとりつかれるまま
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
be down among the dead: 泥のように眠り込む
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 15
be certainly right down in the dumps: 妙にふさいでいる
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 37
and all things ready to go down into the village: さて村へ帰る用意ができ上がる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
all the way down: はしからはしまで
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 17
all down the building: 建物の上から下まで
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 71
all comes down to one sap: 櫛の歯が欠けるようにすこしずつ減っていく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
be on the Life Plan down there at AA: 断酒会に出てる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
be lying down in an abandon of comfort: とてもいい気持ちで寝ている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 194
drift down from above: 頭上からふわふわと舞い降りてくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
absolute blackness settles down on ...: 〜には闇のとばりがおりる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 185
write everything down plainly and absolutely without concealment: 何も一つも包みかくさずはっきり書く
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 29
press down on the accelerator: アクセルの上に載せる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 373
scale down one’s social activity: 人づきあいを減らす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 57
sb’s Adam’s apple moves up and down in one’s throat: 喉仏が上下する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 360
copy down sb’s address: 住所を控える
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 20
put the ring back down after one is through: おしっこをしたあとで水洗のコックをもどす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
step down after one’s current term: 今期かぎりで現職をしりぞく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
slip off to sleep less than ten minutes after lying down: 横になって十分とたたないうちにすやすやと寝息をたてはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
look urgently down after sb: (人の)うしろ姿をけんめいに追う
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 224
after one have one’s say, one back down: 二言三言で引き下がる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
bring the afterbirth down perfectly: 後産もすんなりいく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 63
bend down again to read off the name: もう一度かがんで認識票の名を読みとる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
time to go sit down again: 開演の時間
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 197
some time later sb put ... down on ... again: しばらくのあいだ抱きしめていた〜を〜にもどす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 312
do not come down again: それっきり降りてこない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 61
down the ages: 太古の昔から
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 24
jump up and down in an agony of terror: ひやひやして気が気ではなくて、ひょこひょことびあがる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 82
move down the aisle: 通路を歩いてくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
have turned all the men’s heads down in that part: あのあたりの男という男を悩殺している
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 28
all the way down: とことん
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 37
all down ...: 〜の上から下まで
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 71
walk nervously down a dark alley: 暗い夜道をびくびくしながら歩く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
sneak the cruiser down an alley: 車でこっそり路地にしのびこむ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58
run down dark alleys: 暗い路地をつっぱしる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
be just down one’s alley: (人の)趣味だ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 238
The FBI's turned us down five times already: FBIはこれまでにもう五回も私らをつっぱねているんですよ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 131
be already well down one’s particular road to hell: 地獄への一本道を辿っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
"Someone I'd always wanted to fuck and she'd turned me down": 「俺が前々から一発やりたいと思っていて、でも俺につれなくした女のことだな?」
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 98
be ambling down the next street: 前方を悠然と歩いている
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 15
go down to the boats among those fiends: 悪魔どもと連れだって、ボートに急ぐ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 123
look down with amused contempt: 憐れみの目で見おろすのが大好きだ
point the nose down at an angle of nearly thirty degrees: ほとんど三十度近い角度に、船首をさげる
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
Angry, Sarah slams down the phone: サラ、頭にきて、電話を叩き切る
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
Another plane went down there in 1969, seven years before: 七年前の一九六九年、やはりこのあたりに飛行機が墜ちていました
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
anxiously peer down at ...: おそるおそる〜を覗く
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 60
have not laid down a bet on anything until ...: 〜まで、賭けという行為に手を出したことはただの一度もなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
Somebody whose career was down the toilet anyway: すでに名誉を失墜しているだれかほかの捜査官にまかせればいい
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
Anyway, sit down somewhere: まあこちらに坐って下さい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 138
I'm going to have Western District start shaking them down anyway: 一応西署にいって、浮浪者を片っ端から洗わせましょう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
keep straight down a steep little approach: 急な坂をどんどん下る
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 59
It's bloody arctic down this end: こっちまで寒くてかなわん
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
walk down into the arena: 法廷の中央に歩み出る
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 129
mean “there’s a nice knock-down argument for you!”: つまり、『こてんぱんに言いまかされたね』っていう意味でいう
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 112
come down with one’s basket on one’s arm: かごを腕にし出てくる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 195
squat down with one’s arms around one’s knees: 膝をだく
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 50
lay down one’s arms: 除隊手続きをおえる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 175
shuffle arthritically down the street: 道をよぼよぼ歩いてくる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 117
run down ... as fast as one can: 全速力で(坂を)駆けくだる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
as sb run down: 駆けおりている途中に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 307
as one gaze down at sb: 見ているうちに
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 78
ask if sb would come down: ご足労願えないだろうかという
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
assist sb up and down the stairs: 階段の登り降りに手をかす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 188
bring one’s arm down to hurl sth at sb: (人)めがけて(物を)投げつける
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 149
get down on all fours and begin crawling around in a zealous attempt to isolate sb’s prey: 四ツン這いになって甲板を這いまわり、なんとかそいつを捕えんものとヤッキになる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 52
The girl leaned attentively forward, looking down at the man before: 娘は胸をこころもち傾けて、前に横たわった男を一心に見下ろしていた
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 8
come down in a fantastic dancing attitude: まるでダンスでも踊るみたいなおどけた格好で降り立つ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 58
be driving down 82nd Avenue: 八十二番通りを車で流す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 251
slop down the passage, away from the door with the voices: 女たちの声のするドアを背にだらしなく歩いて行く
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 111
back down ...: 〜を後ろ向きに歩く
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 145
so that you have to back down and fly out of the house: おかげでこちらはたじたじとなり、家からとび出してしまう
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 149
refuse to back down: なかなか同意しない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 24
put one’s muzzle back down on one’s paws: 視線をもどして鼻面を前肢に埋めこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
have ... down on its back: 〜を仰向けにする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
back down from unpleasant confrontations: つらい話し合いから逃げ出す
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 11
back down: ひきかえす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
back down: 一歩しりぞく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
there is going to be something bad coming down about ...: ただじゃすみそうにない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 309
settle the bag down: かばんをおく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 56
a whole bag of sth washed down with ...: 〜の大きな袋を開けて、〜で流し込む
balance its course on the winding cliff-path down to the beach: くねくねした崖ぎわの小道を左右にかじをとって浜へ下りていく
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 249
deliver the ball down ... like a bullet: 弾丸のような剛速球をまん真ん中に投げ込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
be yanked down by some robber barons: どこかの泥棒成金が取り壊そうとしている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 14
come barreling down on sb with even greater force: 尚もかじりついてくる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
ツイート