× Q 翻訳訳語辞典
from   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜からやって来た
   
friend from Paris: パリからやって来た友人 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 107
〜から遠来の
   
fat-necked banker from the City: シティから遠来の猪首の銀行家 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 39
〜から寄せられた
   
complaints from ...: 〜から寄せられた苦情 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 104
〜から仕入れた
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 175
〜だから
   
from sitting continuously on ...: 〜に腰かけて織りつづけだから 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 211
〜としての
   
an implicit threat from the head of one’s family: 一族の長としての威嚇のようなもの 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 159
〜によると
   
from what one hear: うわさによると トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
〜に関係した
   
from school and all: 学校やなんかに関係した サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 248
〜に出てる
   
the guy from ...: 〜にでてる、あの男 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 29
〜の
   
the stooped clerk from the day before: 昨日の猫背の男 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 224
memo from sb: (人の)メモ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
a scene from a German film: 独逸映画の一場面 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 94
〜のかぎりでは
   
from what sb have seen: (人が)見てきたかぎりでは プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 225
〜のかなたから
   
from a fog-bank: 霧峰のかなたから マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 55
〜のせい
   
from sb: (人の)せい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
〜のために
   
be worn out from nervousness: 緊張感のためにぐったりと疲れ切っている 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 89
〜まで
   
two, three years from retirement: 定年まであと二、三年 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
see sb off from the front door: 玄関まで見送りに出る レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 87
〜を起こして
   
be going to faint from the shock: ショック症状を起こしていまにも気を失いそうだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
〜を代表して
   
from the owner and all the staff: オーナーと全従業員を代表して タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 24
〜関係の
   
people from ...: 〜関係の人間 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 168
〜産の
   
chicken from Bresse: ブレス産のチキン メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 226
〜上
   
from work: 仕事上 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 72

から
   
from then on: その時分から 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
から借りてきた
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 158
すぎれば
   
from seven in the evening: 午後七時をすぎれば ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
なかから
   
from the packet: パックのなかから ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 244
みると
   
think she is half silly, from her behaviour: しぐさや素振りをみると半分たりない女のようだ E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 63
ゆえに
   
from their transparency: その透明さゆえに ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 204
   
from the road below the sound of ... reaches sb’s ear: 遠い往来を〜の響きが聞こえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 76

見ていると
   
one would never have guessed from ... that ...: 〜を見ていると〜とは思えない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 90
限り
   
from the look of sb: 外から見た限りじゃ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 69
限りでは
   
from what one have seen of ...: 知りえた限りでは ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 15
手前
   
come to a stop four inches from ...: 〜の十センチ手前でようやく停止する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
手前で
   
I stopped a few feet from the body, which was lying on its back: わたしはその数フィート手前で足をとめた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 26
   
where you from: どこの出だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 28
出身
   
from ...: 〜の出身 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
先を
   
from the wrists: 手首から先を ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 430
伝いに
   
come into the room from the corridor: 廊下伝いに入って来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 136
発信
   
FROM: McCormack A. Malloy: 発信 : マコーマック・A・マロイ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 10
範囲で
   
can figure out the answers from sb’s general education and sb’s common sense: 一般教養と常識の範囲で問題が解ける セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 85
方から
   
from the bedroom: ベットルームの方から カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 202

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

from the start: もともと
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 123
from the Group: グループの仲間じゃ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 161
from sth: (場所の)出
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 134
from now on: これから
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 205
from behind ...: 〜の向こうから
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
from a bed: ベッドに臥たきりで
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 213
be from sth: 〜のおかげだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 69
be from sb: (人の)使い
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 105
be from ...: 〜から派遣されてきた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 218
be from ...: 〜のまわし者
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 238
be from ...: 〜の生まれ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 171
be from ...: 〜の方
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 33
away from sb: (人には)聞こえないところで
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 187
where are you from: あなた、出身地はどこなの
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 94
ten minutes from the time of ...: 〜から十分後
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 471
still damp from the sea: 海から上がったばかりでまだ濡れている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
sb’s fiends from college: 大学時代の友人
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 123
one’s friends from school: 学校の友達
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
one’s arm flicks out from the side of one’s body: 腕は横手から出てくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
on the way back from ...: (場所)からの帰り道
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
mostly what we need is from the kitchen: だいたいは調理場で間に合う
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 65
look hurriedly from face to face: 二人の顔をあわただしく見くらべる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 51
just down the line from each other: それこそ肩を並べてかわりばんこに
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
hang from a wire: ワイヤで吊るされている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
groups vary from circle to circle: ひとつひとつの円陣によってグループがちがう
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 32
glass from the broken window: 窓からとびちったガラスの破片
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
from what sb put together: いろいろ総合して考えてみるに
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 337
from what one hear: (人が)聞いた話だと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
from this point of view: その点になると
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
from there to ...: そのあとで足を踏み入れた〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 301
from the moment ... to right now: 〜した瞬間からただいま現在にいたるまで
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
from out behind ...: (場所)の陰に隠れて
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
from one’s bedroom one can hear ...: 〜の音が寝室にまで聞こえる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
from all sb have said about ...: (人が)〜について話してくれたことを総合すると
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 381
drink from one’s root beer: ルート・ビアを飲む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 37
come home straight from work: 勤めが終わると真直ぐうちへ帰る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
change from day to day: 日によって〜を変える
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 26
can’t even tell what country sb is from: 国籍もわからない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
brush the sand from one’s trousers: ズボンについた砂を手で払う
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 186
beseball and soccer teams from the city: 市内の組織だった野球チームやサッカーチーム
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
be still flushed and very warm from ...: 〜のせいか、赤らんで熱をもっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 278
be from the same part of the country: 同郷の縁故がある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 186
be from a wealthy family: ある資産家の息子だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
almost from the first: 試合が始まって間もなく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 292
a sheet of paper from one’s school notebook: 紙は(人が)学校で使っているノートからひきちぎられたものだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
a pitcher form sb’s team: (人と)同じチームのピッチャー
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
a machine from another century: 前世紀の遺物のような機械
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 96
a day or two from ...: まだ〜の二日ほど前
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 155
know everything from A to Z about ...: 〜のことなら隅から隅まで知っている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 177
fish a cigarette from sth: 〜から煙草を一本抜く
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 208
get away from there while you’re able: 命のあるうちに失せろ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 78
be about a block from the house: あと通りひとつでうち
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
resulting from the above: 右記の点から考えて
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 143
the world looks different from above: 空から見ると世界は変わる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
watch sb from above ...: 〜の上から眼をのぞかせて(人の)様子を観察する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
get orders from above to do: 上司の命令によって、〜する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 256
drift down from above: 頭上からふわふわと舞い降りてくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
hear a sound from above: 頭上で物音がするのに気づく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 129
from abroad: 国際間にとびかう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 146
Abruptly sb’s tone of voice shifted from expansive to matter-of-fact: (人の)口調は突然、大言壮語調から実務的なそれに変った。
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 294
dissociate oneself from ... absolutely: 〜とはきっぱり無縁だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 69
wake sufficiently from one’s absorption: もの思いからつかのま覚める
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 135
abstain from any further sth: 〜をいっさいやめる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 252
accept one’s distance from sb: (人と)のあいだの隔たりを静かに受け入れる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 338
only accept jobs from people I feel obliged to: よっぽど義理のある人でないと断ってしまう
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 134
accept a favor from a swindler: 詐欺師の恩になる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 99
... deviated from accepted standards: 常規を逸した〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 68
stray too far from an acceptable range of behavior: 道を誤って容認できない行ないをする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 57
as far as one can tell from one’s account: (人が)勘定している限りでは
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
join in from time to time to supplement sb’s account: 話の合間ごとに言葉を補う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 193
accrue from ...: 〜がもたらす
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 181
one’s head aches from the tumble one have taken: ころんだときにぶつけた頭はがんがんする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
be achieving super-profits from ...: 〜から莫大な利益を上げている
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 157
feel acid-etched from the hangover: 二日酔いのせいで〜が酸で腐食されたような感じだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
it is from sb that one acquire one’s lifelong habit of picking up ...: (人が)つきあうのが、〜ばかりだったのも、(人の)せいにちがいない
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 11
sit right across the aisle from sb: (人の)ところから通路をなかにしておなじ列にすわる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 160
right across from ...: 〜の真向かいにある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
across from sb: (人の)むかい側
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 139
refrain from any illegal activities: 悪事に手を染めない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
Quite a way from you, actually, nearer the coast: お宅からはちょっと遠いんだ。というより、ずっと海寄りだよ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
What was more, the trees actually protected it from the strong south winds: おまけに杉は、とにかく、南から来る強い風を防いでいるのでした
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 13
a man I don’t know from Adam: どこの馬の骨かもわからん男
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 68
some deep unwritten law adapted from business practice: ビジネスの場におけるある動かしがたい暗黙の鉄則のようなもの
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 283
George added, 'But the ground's still wet from that March snow.': ジョージが応じて、「でも三月の雪で地面はまだ湿っておりますよ」
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 39
cries of admiration escape from the women’s mouths: 女たちは口々に嘆声を洩らす
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 137
from one’s adolescence: 青年時代から
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 118
advance from sb’s corner: つと隅のほうから進み出る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 62
have discouraged one from risking the adventure again: 冒険の危険さにはもうこりごりしている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
not even sb can do without arousing adverse comment from other people: さすがの(人)も〜するのでは、何を言われるか分かったものではない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 448
with advice from somebody: 誰かの知恵を借りて
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 33
take a friendly word of advice from your old pal: 老婆心からひとこといっておく
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 118
advise from the doorway: 戸口で促す
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 135
visitors from afar: 遠来の客
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 188
from afar: 間接的な話だけで
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 225
find a state of affairs which banish sth from one’s mind: 〜を忘れてしまうような事態になっている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 107
can not conceal from oneself that aspect of affairs is very alarming: どうやら事態は容易ならぬらしいことを、(人としても)認めないわけにはいかない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
particular styles from time to time sb affected: しばしば(人が)好んで用いた特殊なきどったスタイル
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
love sb with an affection all the deeper and stronger from ...: 〜だけにいっそう強く深く(人を)愛する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 342
stomach so much giddy affection from sb: (人に)キャッキャとまとわりつかれても嫌な顔ひとつ見せない
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 239
fully recover from one’s temporary afflictions: 一時の衝撃から立直る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 295
can not afford the time away from sth: 〜に追われて時間が取れない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 153
Lamont did not expect to hear from Bronowski again: ブロノフスキーからその後連絡があるとはラモントは期待していなかった
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 53
never hear from sb again: それっきり音信不通なのです
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 107
I stared again at the statement from the Kam Roberts bank card: キャム・ロバーツのクレジットカードの利用明細書をまたしてもにらみつけていた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89
will never again in one’s life be so free from responsibility: 生涯で一番気楽かも知れない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
never heard from sb again: それっきり(人からは)なんの連絡もない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 21
never heard from sb again: それ以来、一切消息がない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356
have heard ... from history time and time again: 昔から今にいたるまで〜が繰り返し説かれてきた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
have discouraged one from risking the adventure again: 〜にはもうこりごりしている
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
against the vague light from ...: 〜のおぼろな光のなかで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
from age to age: どれだけ時代を重ねても
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 127
face from another age: ひとむかし以上も前の顔
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
'Like poor King Richard from the Crusades, you did, darling!' Connie agreed: 「そうよ、遠征から帰ったかわいそうなリチャード王みたいに」コニーがひきとった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
beginning with the aid of sb, to unhook sth from ...: すぐさま(人の)手を藉りて、〜から(物を)取りはずしにかかる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 181
from the air of ceremony with ...: 〜の晴れがましさから
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 145
items saved from the air raids: 焼け残ったなけなしの品物
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 121
partly from the damping influence of this alarm: 一つには、何やら恐くなって勇気がくじけたため
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 264
alarming departures from the norm: 標準からかけ離れた悪化状況
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 3
poison oneself from all the alcohol: アルコールの毒がまわる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 169
fired up from the alcohol: 酒の勢いをかりて
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 213
one’s sense of alienation from ...: 〜との疎遠感
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 112
be still too messed up from being shot and all to be coherent: 被弾やらなにやらで、まだだいぶおかしくて、あまり筋の通る話はしない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 229
it takes all one’s strength to push the words from one’s mouth: 言葉を口から押し出すのにたいへんな苦労がいる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
all waiting one’s dismissal from the desolate shore: ひたすらこの荒涼たる生からの解放を待っている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 131
all from foreign places: みんなよその国の人ばっかり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 406
get all one’s information about it from sb by word-of-mouth: もっぱら(人)からの口コミ情報にたよる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 68
have all fallen from ... into rusty bits and useless debris: 徐々にずりおちて、果ては屑同然になってしまう
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 111
all one see from the window: 窓から見える風物
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 53
be still too drugged from sleep to follow it all: 寝すぎた頭はまだぼーっとして話のすべてにはついていけない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 294
the tendons show all the way from one’s wrists to one’s elbows: 手首から肘にかけて腱の形がくっきりと浮き上がる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
rise from all the varying soils of ...: 〜じゅうのありとあらゆるすみずみから立ち上がる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
it took all one’s self-control to prevent sb from doing: その瞬間、〜しそうになったが、やっとのことでおさえた
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 164
have long been weary from all the migrations: ずっと前から、旅から旅への生活に疲れ果ている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
get away immediately and completely from all the annoyances: 急に一切の煩わしさから離れる
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 21
from all directions: どこからみても
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
from all directions: 誰からも
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 150
control all the gangs from AA to BB: AAからBBにかけてを縄張りにしている香具師の元締
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 15
come all the way from ...: 〜からわざわざやって来る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 187
come all the way from ...: 〜からわざわざ来る
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 162
all the more powerful from the joy of the previous hour: 嘉悦のひとときのあとだけにいっそう強烈に
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 39
all the blood is drained from ...: 〜からだらだらと血を流す
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 129
all one truly carry away from such an incident is ...: 〜のことで(人が)覚えているのは〜だけだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 195
allow sb to usher one from the shop: (人に)ドアをあけてもらって店から出る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
allow ... to slip from one’s mouth: 〜を咄嗟に口に出す
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 29
one’s allowance from sb: (人の)仕送り
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 29aura
ツイート