× Q 翻訳訳語辞典
come   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜する
   
come visit: おこしやす 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 238

あたる
   
the sun was coming in the window: 窓には陽があたっていた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 391
あふれだしたがる
   
the tears come at random and seemingly without reason: 涙は無際限にあふれだしたがる 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 158
ある
   
come by good jobs: 旨い口がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
a weather report came warning about ...: 〜が来るって天気予報があった 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 46
あわれる
   
come alone: 単独であらわれる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 34
いざ
   
Come. Let us up and go: いざ、立ちて行かん 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 54
うかびあがってくる
   
come back the real life that we had known: 馴染深い現実の生活がふたたびうかびあがってくる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
おそいかかる
   
sth will come in its own time: 〜は時を選ばずおそいかかってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
a sloppy flapping sound comes again: 間のびした音がふたたびおそいかかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
おでまし
   
So where's the hacker coming from today?: で、ハッカーは、今日はどこからおでましかね? ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 284
おとずれる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
かかってくる
   
the call comes to sb: 連絡の電話が(人に)かかってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
かけつける
   
come hastily: いそいでかけつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 438
きこえる
   
a dull, rumbling echo comes: ごろん、ごろんと鈍い響きがきこえる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 40
くる
   
until someone comes to take sb’s place: 手替りがくるまで 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
the drinks come: 酒が運ばれてくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
sth can come in now: もう〜はいつきてもいい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
men who come near me: 私に寄ってくる男 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
have just come in from a run: いまひとっ走りしてくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
come XX miles to do: 〜するためにわざわざXXマイルも旅してここまでやってくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
come up an idea for a publishing venture: 出版で一旗あげようと、ひとつのアイディアを持ってやってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 171
come to the door: 戸口まで迎えにくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
come on over here: こっちへきな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 11
come into ... with some standing: ちょっとした大物として(場所)に入ってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
come into ...: (場所)にやってくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 95
come home to something: 何かが待つところへ帰ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
come and see sb: (人に)会いにくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 499
come and go: 勝手にきて勝手に出ていく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 325
come along: ついてくる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 338
come all the way: わざわざくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
さあ
   
Come and lay off your things, Rachel: さあ、帽子や持ち物をこっちへおよこしなさい、レイチェル ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 356
さしかかる
   
come to ...: 橋にさしかかる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 87
さしこむ
   
milky light coming from ...: 〜からさしこむ淡い光 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
さめる
   
come out of one’s doze with a start: ぴくっとして居眠りからさめる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 203
しゃがみこむ
   
come down on sth: (物の)上にしゃがみこむ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 31
する
   
come to grips with the world: 世間の人のお相手をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 496
come to a pause in the conversation: 話が一段落する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 11
come to a halt behind a traffic tieup: 交通渋滞で難儀する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
たどりつく
   
soon come to ...: ほどなく〜にたどりつく ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 139
pull up as one come to ...: 〜にたどりつくと一時停車する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 35
come to the gift shop: ギフト・ショップにたどりつく ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 47
come to the conclusion that ...: 〜がたどりついた結論だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 76
つく
   
light come up: 灯がつく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
である
   
come as close to the pornographic as anything the media could publish: 新聞が掲載できるポルノすれすれのものである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
とどけられる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
とびこんでくる
   
come charging in and out: かわるがわる部屋にとびこんでくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
ともなう
   
with sth comes greater responsibility: 〜にはより大きな責任がともなう ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 3
とんでくる
   
come the expected and immediate response: たちまち、予想どおりの返事がとんでくる フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 24
どうした
   
Come, you do yourself an injustice!: どうした、ミケル、遠慮することはないぞ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 171
なる
   
come to substantial grief: かなり後悔することになる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 127
come to dominate the environment/development debate: 環境と開発に関するあらゆる議論に登場するようになる ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
はじまる
   
the music comes on like ...: 〜といった雰囲気で曲がはじまる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 164
ふと心に浮かぶ
   
come to sb: ふと(人の)心に浮かぶ クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 63
まわってくる
   
bills come through: 請求書がまわってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
みえる
   
I wish accommodation prepared for sb who may come here: (人が)みえると思うんだが、部屋を一つ用意してもらいたい ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 33
もうすぐ〜になる
   
come age fifty-five: もうすぐ五十五歳になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
もどる
   
simply did not come home: 朝まで家にもどらなかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
やってきやがる
   
be coming to one for help: 相談ごとにやってきやがる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 85
やってくる
   
may come by anytime: いつやってくるかわからない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
come nosing around: 鵜の目鷹の目でやってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
come by: やってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
come all the way from ...: 〜からはるばるやってくる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 47
やって来る
   
come all the way from ...: 〜からわざわざやって来る 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 187

移る
   
as ... come to do: 〜に移るにつれて カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
押しかける
   
dozens of people who are ..., to come here: 〜な連中が、ワンサ押しかけてくる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 169
開ける
   
come to a little path: 細い路が開ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
眼に飛び込んでくる
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 342
顔を見せる
   
usually come: よく顔を見せる ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 164
顔を出す
   
the sun comes out from behind the tattering clouds: きれぎれになった雲のあいだから、太陽が顔を出す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
come back later: また顔を出します スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
帰ってくる
   
the noise sb make coming in: (人が)帰ってきた物音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
帰る
   
want me to come and join the family business: 帰って事業を手伝えといってる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 142
I came out okay: こうして無事帰ったんだからな クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 323
come back to town: 帰ってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 179
帰宅
   
come back in the late hours of the night: 夜も更けてから帰宅する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 166
起こる
   
suggesting great things to come: なにかすごいことが起こるぞ、という感じを漂わせながら プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
起す
   
the memory of sb comes back to one: (人の)記憶を呼び起す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
起る
   
and if it does come while we live to see it triumph: つまりな、あのことがよ、おれたちの目の黒いうちに起ってな、勝ったなんてことになればだよ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 335
近く
   
fifty coming: 五十近くでも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
近づいてくる
   
come over: 近づいてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
came on briskly: 勢いよく近づいてくる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 215
近づく
   
Graham came and looked over his shoulder: グレアムが近づいて肩ごしにのぞきこんだ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 406
駆けつける
   
come crying to sb: 泣きながら(人の)もとへ駆けつける バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 107
顕現したもう
   
the coming of God and all his angels: 神は万軍の天使を率いて顕現したもう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 165
現れる
   
the reaction comes: 効果が現れる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 323
come and go: 現れたり消えたりする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
呼び寄せる
   
can’t easily come home: おいそれと呼び寄せられる女ではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
効く
   
hope that the effects will come fast: はやく効きますようにと願う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 499
向かう
   
come to one’s breakfast: 朝食の食卓に向かう ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 101
控えている
   
行く
   
make people more interested in coming to ...: みんな行ってみようと思う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
I’m coming up: よし、そっちへ行く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 190
come for a stroll: 歩きに行く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 231
come by the front door: 自宅の玄関に行く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 55
降臨なさる
   
our goddess will come: 女神が降臨なさる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 52
参る
   
come to wait on sb: おつき申して参る E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 46
産まれる
   
baby comes: 赤ん坊が産まれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
始まる
   
the dealing with sb comes: (人との)交渉が始まる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 168
思いどおりになる
   
sth come to sb: (物事が)(人の)思いどおりになる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 101
耳に入る
   
sb’s voice comes to sb suddenly: (人の)声がふと(人の)耳に入る 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 84
手に入る
   
things always come pretty easily for sb: 何でも簡単に手に入る フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 382
手に入れる
   
sth come easily to sb: (人が)(物を)苦もなく手に入れる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 18
襲う
   
this feeling of strangeness never comes to sb: けっしてこういう観念には襲われない 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 15
something come over one: ある感覚が(人を)襲う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
one’s love for sb come over one: 〜への愛情が(人を)襲う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
襲ってくる
   
the danger comes upon us: 危険が我々を襲ってくる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 61
come in waves: 波状に襲ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 578
   
come from some such place as Tottori: 鳥取か何処かの出だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 33
出かけてくる
   
come out to stay for a month: ひと月滞在するつもりで出かけてくる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 227
come from ...: 〜から出かけてくる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 29
出てくる
   
the placenta be late in coming: 胎盤がなかなか出てこない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 62
come to school: 学校に出てくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 204
come piling out: 水があふれるように外へ出てくる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
出る
   
the only words that come out: 唯一出てくる言葉 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
sb’s reply comes: (人の)返事が出る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 386
come naturally from I know not where: 何処からか自然に湧いて出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
come downtown: 町中へ出る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
出向いてくる
   
come to speak to the conference: 会議で講演するために出向いてくる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 264
出席する
   
came to the meetings for sb’s sake: (人の)お供でたまたま集会に出席していた レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 181
巡ってくる
   
come and go: 巡って来ては過ぎ去る フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 149
順応する
   
come from dark to light: 闇から光に順応する スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 217
招く
   
have an eminent doctor come and examine sb carefully: 相当の医者を招いて慎重に(人を)診察してもらう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
昇る
   
will be coming up any minutes now: もうじき昇るでしょう 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
触れる
   
come to sth: 〜に触れる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 336
身につく
   
a skill that can not come too quickly: そうおいそれと身につく技術ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 465
身につける
   
failing sb came by naturally: 血筋のせいか、身につけた悪習 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
吹いてくる
   
the wind comes up: 風が吹いてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
生じる
   
a faint check comes in sb’s thought process: (人の)思考過程にかすかな行きづまりが生じる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 66
選ぶ
   
come up with the particular name for sb: (人の)ために妙な名前を選ぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 140
蘇ってくる
   
it comes to sb not as a thought but as a taste in the mouth: イメージとしてではなく、舌の上に味覚として蘇ってくる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 169
蘇る
   
the memory of ... come to sb: 〜の記憶が蘇る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
送られる
   
eyes that are changed by the death one had died in coming here: ここに送られるということによって、すでにはっきり死を経験してしまった人間特有の変り果てた視線 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 131
足を運ぶ
   
come to bat: 打席に足を運ぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
達する
   
come to a natural head: 極に達する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
張りつめる
   
the tide gradually comes in: 潮が少しずつ張りつめる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 74
通う
   
come each morning from ...: (場所から)通う 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 48
電話に出る
   
come on: 電話に出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
登場する
   
come in: 登場する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
到着する
   
will be coming soon: すぐに到着するはずよ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 43
到来する
   
have not yet come: いまのところまだ到来していない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
突っ込む
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 43
突進する
   
come charging: 猛然と突進する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 192
届く
   
come in very handy: 届くタイミングは絶妙だ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 347
入ってくる
   
if sb want to get in, sb be coming in: くろうとは、入りたいと思えばどこにでも入ってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
come ambling by in one’s sturdy fashion: いつもの元気な足どりでツカツカと入ってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
入る
   
come to the point directly: ズバリ本題に入る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
come to the point: 本題に入る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 281
come to port: 港に入る セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 27
come right to the point: ただちに用件に入る オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 31
come right to the point: まっすぐ要点に入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
入所する
   
come in at ...: 〜に入所する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
入城する
   
be coming into Paris under a guard five hundred strong, in cavalry alone: こともあろうに騎兵五百人に守られてパリ入城を企図している ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
迫る
   
the time is to come: 時はようやく迫っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 57
発する
   
come from ...: 〜から発する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
抜ける
   
come out of ...: 〜を抜ける 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 5
飛んでくる
   
come right over: すぐに飛んでくる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 403
飛来する
   
come skimming in over the treetops: 梢すれすれに飛来する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 79
漂う
   
a smell coming from ...: 〜から漂う臭い 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 80
表に出る
   
come off being awkward: ぎこちなさのほうが表に出る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
浮かび上る
   
the picture come quite clearly: 姿がはっきり浮かび上ってくる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 282
浮かぶ
   
the tears come to sb’s eyes: 目には涙が浮かんでくる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 141
come to mind: 頭に浮かぶ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 181
come to mind: 念頭に浮かぶ 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
come to mind: 脳裏に浮かぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 326
浮き
   
come and go: 浮き沈みが激しい ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 518
浮上してくる
   
come to the surface: 意識の表面に浮上してくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
舞いこむ
   
And then, near the end of 1975, the telegram had come: そしてそれからしばらくたった一九七五年の暮れ、一通の電報がポリーのもとに舞いこんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
聞こえてくる
   
come faintly through the voices of the bells: 鐘の声越しにかすかに聞こえてくる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 59
訪れる
   
come in repeatedly: たびたび訪れる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 138
湧いてくる
   
that’s how they come from out of nowhere: とにかくこんな調子で、自然に湧いてくる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 245
由来する
   
come from ...: 〜に由来する 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 172
来たる
   
suspect what is coming: 来たるべきものを察する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
来る
   
you must come: 来てくれ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
why don’t you come too?: 〜も一緒に来ない? 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
want to come and claim one’s child: 子供を引き取りに来る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 146
take what is coming: 何が来ようと受けて立つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
in case you want to come by: 〜したかったら来てもいいぞ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
expect sb to come with sb: (人を)連れて来るはずになっている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 128
come to visit: うちに来る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 382
come to see who do: 〜するのは誰だろうと思って来る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 321
come to sb: (人の)所へ動いて来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 36
come to retrieve sb: (人を)引き取りに来る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 164
come to do: 出て来て〜してくれる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
come out of ...: (場所)からふいと出て来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
come into the room from the corridor: 廊下伝いに入って来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 136
come in, we want you here, too: 君も来たまえ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 42
come down to forage: あさりにくる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
come and look after the house: 何処からか来て留守番をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
come alone: 自分で出て来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
... be coming soon: もうじき〜が来る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 183
来合わせる
   
come at a bad time: 間のわるいときに来合わせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
立ちよる
   
come to do ...: 〜しに立ちよる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 184
立ち去る
   
come away from the conversation: 会話を終えて立ち去る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
流れてくる
   
the warmth coming from ...: 〜のほうから流れてくる暖かい空気 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 185
ツイート