× Q  ?  翻訳訳語辞典
come

主要訳語: 来る(19)   くる(16)   入る(5)   行く(4)   浮かぶ(4)   やってくる(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜する
   
come visit: おこしやす 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 238

あたる
   
the sun was coming in the window: 窓には陽があたっていた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 391
あふれだしたがる
   
the tears come at random and seemingly without reason: 涙は無際限にあふれだしたがる 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 158
ある
   
come by good jobs: 旨い口がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
a weather report came warning about ...: 〜が来るって天気予報があった 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 46
あわれる
   
come alone: 単独であらわれる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 34
いざ
   
Come. Let us up and go: いざ、立ちて行かん 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 54
うかびあがってくる
   
come back the real life that we had known: 馴染深い現実の生活がふたたびうかびあがってくる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
おそいかかる
   
sth will come in its own time: 〜は時を選ばずおそいかかってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
a sloppy flapping sound comes again: 間のびした音がふたたびおそいかかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
おでまし
   
So where's the hacker coming from today?: で、ハッカーは、今日はどこからおでましかね? ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 284
おとずれる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
かかってくる
   
the call comes to sb: 連絡の電話が(人に)かかってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
かけつける
   
come hastily: いそいでかけつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 438
きこえる
   
a dull, rumbling echo comes: ごろん、ごろんと鈍い響きがきこえる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 40
くる
   
until someone comes to take sb’s place: 手替りがくるまで 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
the drinks come: 酒が運ばれてくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
sth can come in now: もう〜はいつきてもいい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
men who come near me: 私に寄ってくる男 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
have just come in from a run: いまひとっ走りしてくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
come XX miles to do: 〜するためにわざわざXXマイルも旅してここまでやってくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
come up an idea for a publishing venture: 出版で一旗あげようと、ひとつのアイディアを持ってやってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 171
come to the door: 戸口まで迎えにくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
come on over here: こっちへきな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 11
come into ... with some standing: ちょっとした大物として(場所)に入ってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
come into ...: (場所)にやってくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 95
come home to something: 何かが待つところへ帰ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
come and see sb: (人に)会いにくる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 499
come and go: 勝手にきて勝手に出ていく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 325
come along: ついてくる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 338
come all the way: わざわざくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
さあ
   
Come and lay off your things, Rachel: さあ、帽子や持ち物をこっちへおよこしなさい、レイチェル ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 356
さしかかる
   
come to ...: 橋にさしかかる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 87
さしこむ
   
milky light coming from ...: 〜からさしこむ淡い光 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
さめる
   
come out of one’s doze with a start: ぴくっとして居眠りからさめる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 203
しゃがみこむ
   
come down on sth: (物の)上にしゃがみこむ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 31
する
   
come to grips with the world: 世間の人のお相手をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 496
come to a pause in the conversation: 話が一段落する 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 11
come to a halt behind a traffic tieup: 交通渋滞で難儀する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
たどりつく
   
soon come to ...: ほどなく〜にたどりつく ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 139
pull up as one come to ...: 〜にたどりつくと一時停車する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 35
come to the gift shop: ギフト・ショップにたどりつく ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 47
come to the conclusion that ...: 〜がたどりついた結論だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 76
つく
   
light come up: 灯がつく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
である
   
come as close to the pornographic as anything the media could publish: 新聞が掲載できるポルノすれすれのものである クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
とどけられる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
とびこんでくる
   
come charging in and out: かわるがわる部屋にとびこんでくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
ともなう
   
with sth comes greater responsibility: 〜にはより大きな責任がともなう ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 3
とんでくる
   
come the expected and immediate response: たちまち、予想どおりの返事がとんでくる フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 24
どうした
   
Come, you do yourself an injustice!: どうした、ミケル、遠慮することはないぞ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 171
なる
   
come to substantial grief: かなり後悔することになる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 127
come to dominate the environment/development debate: 環境と開発に関するあらゆる議論に登場するようになる ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
はじまる
   
the music comes on like ...: 〜といった雰囲気で曲がはじまる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 164
ふと心に浮かぶ
   
come to sb: ふと(人の)心に浮かぶ クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 63
まわってくる
   
bills come through: 請求書がまわってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
みえる
   
I wish accommodation prepared for sb who may come here: (人が)みえると思うんだが、部屋を一つ用意してもらいたい ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 33
もうすぐ〜になる
   
come age fifty-five: もうすぐ五十五歳になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
もどる
   
simply did not come home: 朝まで家にもどらなかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
やってきやがる
   
be coming to one for help: 相談ごとにやってきやがる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 85
やってくる
   
may come by anytime: いつやってくるかわからない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
come nosing around: 鵜の目鷹の目でやってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
come by: やってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
come all the way from ...: 〜からはるばるやってくる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 47
やって来る
   
come all the way from ...: 〜からわざわざやって来る 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 187

移る
   
as ... come to do: 〜に移るにつれて カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
押しかける
   
dozens of people who are ..., to come here: 〜な連中が、ワンサ押しかけてくる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 169
開ける
   
come to a little path: 細い路が開ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
眼に飛び込んでくる
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 342
顔を見せる
   
usually come: よく顔を見せる ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 164
顔を出す
   
the sun comes out from behind the tattering clouds: きれぎれになった雲のあいだから、太陽が顔を出す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
come back later: また顔を出します スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
帰ってくる
   
the noise sb make coming in: (人が)帰ってきた物音 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
帰る
   
want me to come and join the family business: 帰って事業を手伝えといってる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 142
I came out okay: こうして無事帰ったんだからな クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 323
come back to town: 帰ってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 179
帰宅
   
come back in the late hours of the night: 夜も更けてから帰宅する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 166
起こる
   
suggesting great things to come: なにかすごいことが起こるぞ、という感じを漂わせながら プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
起す
   
the memory of sb comes back to one: (人の)記憶を呼び起す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
起る
   
and if it does come while we live to see it triumph: つまりな、あのことがよ、おれたちの目の黒いうちに起ってな、勝ったなんてことになればだよ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 335
近く
   
fifty coming: 五十近くでも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
近づいてくる
   
come over: 近づいてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
came on briskly: 勢いよく近づいてくる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 215
近づく
   
Graham came and looked over his shoulder: グレアムが近づいて肩ごしにのぞきこんだ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 406
駆けつける
   
come crying to sb: 泣きながら(人の)もとへ駆けつける バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 107
顕現したもう
   
the coming of God and all his angels: 神は万軍の天使を率いて顕現したもう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 165
現れる
   
the reaction comes: 効果が現れる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 323
come and go: 現れたり消えたりする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
呼び寄せる
   
can’t easily come home: おいそれと呼び寄せられる女ではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
効く
   
hope that the effects will come fast: はやく効きますようにと願う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 499
向かう
   
come to one’s breakfast: 朝食の食卓に向かう ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 101
控えている
   
行く
   
make people more interested in coming to ...: みんな行ってみようと思う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
I’m coming up: よし、そっちへ行く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 190
come for a stroll: 歩きに行く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 231
come by the front door: 自宅の玄関に行く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 55
降臨なさる
   
our goddess will come: 女神が降臨なさる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 52
参る
   
come to wait on sb: おつき申して参る E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 46
産まれる
   
baby comes: 赤ん坊が産まれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
始まる
   
the dealing with sb comes: (人との)交渉が始まる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 168
思いどおりになる
   
sth come to sb: (物事が)(人の)思いどおりになる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 101
耳に入る
   
sb’s voice comes to sb suddenly: (人の)声がふと(人の)耳に入る 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 84
手に入る
   
things always come pretty easily for sb: 何でも簡単に手に入る フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 382
手に入れる
   
sth come easily to sb: (人が)(物を)苦もなく手に入れる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 18
襲う
   
this feeling of strangeness never comes to sb: けっしてこういう観念には襲われない 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 15
something come over one: ある感覚が(人を)襲う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
one’s love for sb come over one: 〜への愛情が(人を)襲う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
襲ってくる
   
the danger comes upon us: 危険が我々を襲ってくる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 61
come in waves: 波状に襲ってくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 578
   
come from some such place as Tottori: 鳥取か何処かの出だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 33
出かけてくる
   
come out to stay for a month: ひと月滞在するつもりで出かけてくる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 227
come from ...: 〜から出かけてくる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 29
出てくる
   
the placenta be late in coming: 胎盤がなかなか出てこない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 62
come to school: 学校に出てくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 204
come piling out: 水があふれるように外へ出てくる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254
出る
   
the only words that come out: 唯一出てくる言葉 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
sb’s reply comes: (人の)返事が出る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 386
come naturally from I know not where: 何処からか自然に湧いて出る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
come downtown: 町中へ出る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
出向いてくる
   
come to speak to the conference: 会議で講演するために出向いてくる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 264
出席する
   
came to the meetings for sb’s sake: (人の)お供でたまたま集会に出席していた レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 181
巡ってくる
   
come and go: 巡って来ては過ぎ去る フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 149
順応する
   
come from dark to light: 闇から光に順応する スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 217
招く
   
have an eminent doctor come and examine sb carefully: 相当の医者を招いて慎重に(人を)診察してもらう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
昇る
   
will be coming up any minutes now: もうじき昇るでしょう 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
触れる
   
come to sth: 〜に触れる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 336
身につく
   
a skill that can not come too quickly: そうおいそれと身につく技術ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 465
身につける
   
failing sb came by naturally: 血筋のせいか、身につけた悪習 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
吹いてくる
   
the wind comes up: 風が吹いてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
生じる
   
a faint check comes in sb’s thought process: (人の)思考過程にかすかな行きづまりが生じる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 66
選ぶ
   
come up with the particular name for sb: (人の)ために妙な名前を選ぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 140
蘇ってくる
   
it comes to sb not as a thought but as a taste in the mouth: イメージとしてではなく、舌の上に味覚として蘇ってくる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 169
蘇る
   
the memory of ... come to sb: 〜の記憶が蘇る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
送られる
   
eyes that are changed by the death one had died in coming here: ここに送られるということによって、すでにはっきり死を経験してしまった人間特有の変り果てた視線 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 131
足を運ぶ
   
come to bat: 打席に足を運ぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
達する
   
come to a natural head: 極に達する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
張りつめる
   
the tide gradually comes in: 潮が少しずつ張りつめる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 74
通う
   
come each morning from ...: (場所から)通う 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 48
電話に出る
   
come on: 電話に出る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
登場する
   
come in: 登場する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
到着する
   
will be coming soon: すぐに到着するはずよ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 43
到来する
   
have not yet come: いまのところまだ到来していない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
突っ込む
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 43
突進する
   
come charging: 猛然と突進する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 192
届く
   
come in very handy: 届くタイミングは絶妙だ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 347
入ってくる
   
if sb want to get in, sb be coming in: くろうとは、入りたいと思えばどこにでも入ってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
come ambling by in one’s sturdy fashion: いつもの元気な足どりでツカツカと入ってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
入る
   
come to the point directly: ズバリ本題に入る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
come to the point: 本題に入る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 281
come to port: 港に入る セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 27
come right to the point: ただちに用件に入る オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 31
come right to the point: まっすぐ要点に入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
入所する
   
come in at ...: 〜に入所する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
入城する
   
be coming into Paris under a guard five hundred strong, in cavalry alone: こともあろうに騎兵五百人に守られてパリ入城を企図している ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
迫る
   
the time is to come: 時はようやく迫っている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 57
発する
   
come from ...: 〜から発する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
抜ける
   
come out of ...: 〜を抜ける 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 5
飛んでくる
   
come right over: すぐに飛んでくる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 403
飛来する
   
come skimming in over the treetops: 梢すれすれに飛来する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 79
漂う
   
a smell coming from ...: 〜から漂う臭い 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 80
表に出る
   
come off being awkward: ぎこちなさのほうが表に出る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
浮かび上る
   
the picture come quite clearly: 姿がはっきり浮かび上ってくる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 282
浮かぶ
   
the tears come to sb’s eyes: 目には涙が浮かんでくる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 141
come to mind: 頭に浮かぶ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 181
come to mind: 念頭に浮かぶ 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
come to mind: 脳裏に浮かぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 326
浮き
   
come and go: 浮き沈みが激しい ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 518
浮上してくる
   
come to the surface: 意識の表面に浮上してくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
舞いこむ
   
And then, near the end of 1975, the telegram had come: そしてそれからしばらくたった一九七五年の暮れ、一通の電報がポリーのもとに舞いこんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
聞こえてくる
   
come faintly through the voices of the bells: 鐘の声越しにかすかに聞こえてくる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 59
訪れる
   
come in repeatedly: たびたび訪れる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 138
湧いてくる
   
that’s how they come from out of nowhere: とにかくこんな調子で、自然に湧いてくる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 245
由来する
   
come from ...: 〜に由来する 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 172
来たる
   
suspect what is coming: 来たるべきものを察する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
来る
   
you must come: 来てくれ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
why don’t you come too?: 〜も一緒に来ない? 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 64
want to come and claim one’s child: 子供を引き取りに来る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 146
take what is coming: 何が来ようと受けて立つ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
in case you want to come by: 〜したかったら来てもいいぞ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
expect sb to come with sb: (人を)連れて来るはずになっている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 128
come to visit: うちに来る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 382
come to see who do: 〜するのは誰だろうと思って来る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 321
come to sb: (人の)所へ動いて来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 36
come to retrieve sb: (人を)引き取りに来る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 164
come to do: 出て来て〜してくれる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
come out of ...: (場所)からふいと出て来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
come into the room from the corridor: 廊下伝いに入って来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 136
come in, we want you here, too: 君も来たまえ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 42
come down to forage: あさりにくる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
come and look after the house: 何処からか来て留守番をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
come alone: 自分で出て来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
... be coming soon: もうじき〜が来る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 183
来合わせる
   
come at a bad time: 間のわるいときに来合わせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
立ちよる
   
come to do ...: 〜しに立ちよる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 184
立ち去る
   
come away from the conversation: 会話を終えて立ち去る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 232
流れてくる
   
the warmth coming from ...: 〜のほうから流れてくる暖かい空気 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 185

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

where sb come from: 出身地 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
when the time comes: いつでも 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 12
when one come back from the dead: 来世 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 166
when it comes to ...: 〜などは 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 85
when it comes down on it: 要するに オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 55
what is the world coming to?: 世も末だ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 121
what is coming: つぎにくる運命 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 183
want to come: いっしょに行かない? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
the rain comes down on ...: 雨の襲来 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
the moon comes out: 月が出る 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 69
stop coming: 足が遠のく 三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 100
sth make the blood come to one’s head: のぼせる 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 10
see it coming: 先見の明がある ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 47
rarely come around: 寄りついても来ない 宇野千代著 フィリス・バーンバウム訳 『色ざんげ』(Confessions of Love ) p. 45
prophesies come true: 預言が当たる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 181
please come home: キタクコウ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
please come again: またのお越しをお待ちいたしております スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
oh, come on: 迷うことないでしょ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
now comes ...: これからが〜だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 96
now come again: 今日、出なおしてきたのはですね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
never come amiss: 困ることはない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
never came forward: まったく表立った行動はしなかった バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 425
loudspeaker comes on: スピーカーが鳴りだす ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 31
let oneself come: 放出させる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 114
keep on coming: 攻撃の手をゆるめない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 68
keep coming in: 何度も〜の部屋を覗く ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 165
just come out: 出まかせ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 216
in the days to come: あとで ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 64
in days to come: このさき ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 133
how come: どうしてえ? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
how come ...?: なぜ〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
how come: なんでまた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
hey, come on: おいおい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 188
have it coming: いずれこうなる運命 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 12
have it coming: そうされてもしかたがない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 303
for some time to come: 当分 ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 121
do not come: 避けられる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 151
coppers come round: 警察にみつかる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
coming forward: 前に進み出て スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
comes the echo: 耳の底に谺する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 140
come now,: おい 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 26
come come: それそれ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 20
come without charge: 〜は無料 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
come with sth: 〜がつきものだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 407
come with sb: 同道でくる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
come with ...: 〜についてる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 176
come what may: いかなる状況のもとでも トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
come what may: 何かの方法をみつけて 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 36
come upon sb: 鉢合わせする セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 17
come upon ...: (人の)眼は〜に吸いよせられる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 327
come upon: 行きあう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 42
come up with: 開発する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 27
come up to ...: 近づく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 205
come up to: つかつかと近寄る ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 37
come up there: そっちへ行く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 63
come up short: 負ける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
come up here: こっちへいらっしゃい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
come up: (人のところまで)まわってくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 74
come up: そばに来る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
come up: もちだされる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
come up: 起こる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
come up: 群がる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
come up: 上にあがる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 377
come toward sb: (人に)向かって歩みよる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
come together again: ふたたび一体感をとりもどす トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 319
come to think of it: そうか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 333
come to think of it: そうだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
come to think of it: それに コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 12
come to think of ...: 思い直す セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 196
come to terms: うまく話がつく スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 162
come to school: 登校する 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 51
come to sb: (人に)迫ってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
come to sb: (人を)襲う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 167
come to sb: さとる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
come to sb: 考える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
come to oneself: われにかえる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 37
come to oneself: 気がつく 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 8
come to nothing: お流れとなる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 407
come to murder: 他殺の線が浮かんでくる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 82
come to mind: ふっと心に浮かぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128
come to mind: 頭にうかぶ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
come to do: やがて〜するようになる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 64
come to bat: 打席に入る ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 118
come to an end: 風前の灯 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 279
come to an abrupt end: 途絶える 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 77
come to a stop: とめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
come to ...: 〜を訪問する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 259
come to ...: (場所)へ乗り込む 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 60
come to: 浮かび上がってくる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 133
come through almost unscathed: 息災だ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 91
come through: 〜を破る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
come through: むだではない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 210
come through: 切り抜ける ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 108
come through: 洗いざらいしゃべっちまえ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 146
come through: 踏みこむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
come through: 届く 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 371
come sundown: 日が落ちると フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 48
come rushing out: あわててとびだしてくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58
come rushing along: あたふたやって来る 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 304
you won’t see me coming: いいかい、背中にしっかり眼をつけとくんだよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
you’ve got it coming to you: とうぜんの報いよ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 239
would not come out: もぐったまま サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 257
words of consolation come to sb’s lips: 慰謝の言葉を口に出す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 80
words come out ...: 〜とたずねる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
word come from somewhere: 答えがひとりでに口をつく ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 209
won’t have wasted one’s time coming all this way: わざわざ来た甲斐があった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 379
with one’s first time-at-bat coming up: 初めて自分に打順がまわってくる直前 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
will not tell you momma’s first name when it comes to ...: 〜についちゃあ(人は)口が腐ってもいおうとはせん トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
why don’t you come in: おあがんなさい 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 141
why didn’t you just come in?: さっさとはいってくりゃいいのに バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 268
whether it comes to sb in December or late August: 十二月だろうと、八月の暑い盛りだろうと フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 135
where you come from: おたくのほう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 55
where the name comes from: 名前の由来 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
where sth came from: (物を)どこで手に入れたのか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
where ... is coming from: 〜の出どころ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
where’d it come from?: どこで手に入れたんだ? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
when we come back: コマーシャルのあとは プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 309
when the warm weather comes: もっと暖かくなったら フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 435
when the time for sb’s death comes ...: 死に臨んで、(人は)〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 412
when the time comes: 〜する段になったら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
when the time comes: いよいよとなったときは 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 484
when spring have at last really come: 春も盛りとなった頃 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 138
when one part of your life is coming apart at the seams: 暮らしのどこかがほころびはじめると フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 19
when one comes to think of it: 考えてみれば マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 174
when it comes to the point: 大事なところになると デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 432
when it comes to the finer points: こまかいところでは 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 195
when it comes to sth: (何かに)かけては デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 100
when it comes to sb: (人の)こととなると トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
when it comes to real running: いざ駆けくらべとなれば ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 271
when it comes to embezzlement: 使いこみをやらせば スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
when it comes to ...,: 〜に関しては フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 60
when it comes to ...: 〜に目を転じてみると サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 362
when it comes to ...: こと〜に関する限り フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 102
when it comes time for sb to talk about one’s own past: 自分の身の上話をする段になると ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
when it comes right down to it: さてとなると 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
when it comes down to talking a question of sth with sb: 〜について(人と)話し合う段になると アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 89
when it come to the big stuff: いざ大きなことになると ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
when it come to ...: こと〜のこととなると アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 167
when it came right down to it: いざとなって 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
when business hours come round: 朝のまた営業時間が来たとき ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
what it comes down to is that ...: つまるところはこうだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 337
what it comes down to is ...: つまるところ〜ということになる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
what it comes down to is ...: つまるところは〜である オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 176
what had come of one’s visit with sb: (人)訪問の収穫 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
what could it do, if any danger came?: いざってときに、木がなんの役にたつの? ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 34
what comes out is worthless: ろくなものは出てこない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 146
what came of it was that ...: 結局〜ということだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 215
weariness comes rushing back upon sb: 疲れがまた出てくる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 47
wait until he should come round to it: 向こうから本題を切りだすのを待つ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 193
usually come out conservative: おおむねほしゅてきになる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 55
try to come to terms with sth: 〜と何とか折り合いをつけようとする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 393
try to come in: 家に押し入ろうとしている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
truly come from somewhere: 根無し草ではない アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 26
trouble come from another front: 思わぬ方向からじゃまが入る ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 29
time has come to do: そろそろ〜する時期 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
till better times come: もちっと見通しが立つまで フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 429
those hopes can never come to be: 希望が叶えられることは絶対にない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
this wouldn’t come back on sb: 迷惑はかけない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
this dog and White Fang should come together: このイヌとホワイト・ファングが取り組まされる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 210
this beats everything past, present and to come: 古往今来、聞いたことがない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 262
think it is the closest one have ever come to doing: そのとき危うく〜してしまいそうになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 555
things keep coming back to sb: いろんなことがしょっちゅうよみがえってきて、胸がすっきりしない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 21
things come so quickly to the sticking point: 事態はこんなにも早く、行きつくところに行きついてしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
they hadn’t come for one: (人が)お目当てではない シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 192
they come to do: 一行の任務は〜だ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 42
they’ve come for me: おいでなすった ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 138
there wasn’t a peep coming from sb: (人は)ひとことも声を立てなかった 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
there is more to come: まだまだこれからだ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 299
there is going to be something bad coming down about ...: ただじゃすみそうにない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 309
there is danger in what comes next: この次が危険なところだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 544
there come into sb’s head the first of ...: その最初の一つが、ぼくの頭にひらめく スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 118
there came a great roar of sound: 大きな音が轟いた 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 17
there are hard punishments yet to come: これから先に厳しい懲罰が待ち受けている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 276
there’s always a chance that something will come up to let him: うまい具合に事が運ぶこともあるもんさ ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 24
there’s a horribly ironic twist that comes from ...: 実のところ、〜のおかげで恐ろしいばかりに皮肉な顛末がもたらされることになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
then would come the story: それからお定まりの告白になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
then a time comes when ...: しかしある時点から〜するようになる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 243
the wounds are coming on in rare shape: 傷のほうは奇蹟的な回復ぶりを見せている ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 315
the word comes out in a croak so dusty: ざらざらした不快なかすれ声だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
the word come down from on high: 上からのお達しがある ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 298
the women always come first: どこへ行っても第一の目的は女だ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 12
the wind comes screaming off ...: 風が〜から吹きわたる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 27
the whole family comes together: 一家が一堂に会する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 246
the vaguest recollections of ... come to mind: 〜のことは、頭にぼんやりよみがえってくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
the twisted thought has not come to sb of doing: 〜しようなどというもの狂わしさはわきおこらない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 26
the truth would come out just the same: どうせ真相は話すことになるんなら、今の方がと思いまして…… アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 319
the trouble comes to full boil: トラブルが頂点に達する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
the thought come to sb: (人は)〜と考える 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 81
the terrifying whip of the arm coming through: 腕を鞭のようにしなわせてびゅんと投げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
the teeth come together emptily with a sharp click: 歯は鋭い音をたてて空をかむ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 197
the teeth come in crooked: 歯がぐしゃぐしゃに曲がっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 36
the sweat came back again: 汗がわいて出る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 456
the sound seems to come from everywhere at once: 音がいちどきに四方八方から聞こえてくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 68
the skin’s coming off and it’s turned a funny color: 皮が剥けて色が変っている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 43
the shock of one’s initiation comes early: その種のショッキングな洗礼を早いうちに受ける ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 51
the people who come about sb’s house: 家に出入りする人たち スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 13
the pale light comes in: 朝の淡い光が射し込む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 259
the overhead light comes in: 天井灯がつく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 202
the old year comes to an end: 年が暮れて春になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 224
the noise and commotion came to a sudden, almost violent stop: 話し声と動きがいきなり、不自然なほどにぴたりとやんだ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 294
the newspaper comes to the house: 新聞が配達される カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 79
the nearest he comes to telling her of his love is to do ...: 想いを打ち明けるといったって、〜するのが精きりいっぱいだ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 133
the look that comes over the nutty bitch’s face: とんちき女の表情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
the look that comes into sb’s eyes: (人の)眼に浮かんだ色 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
the kid has come along: 子供が生まれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 57
the jury came back not guilty: 陪審員は無罪の評決に達っした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
the insufflator come once more into play: またもや粉吹きが活用される セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 151
the inspiration for sth came to me at ...: 〜と気がついたきっかけは〜 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 16
the ideas come back: その考えが頭をもたげる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 318
the horrors of that day come back to sb: あの阿鼻叫喚の巷を思い出す 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 106
the first sign of ... comes within moments of sb’s arriving back home: (人が)帰宅してすぐに〜がわかる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 386
the day comes that ...: 〜なった場合 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
the cry of one’s sinning hath come up to the ears of God: 悪名はの耳にも届いている ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 36
the crowds of people always coming and going: たえず往来している群衆 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 157
the children inside sb are permitted to come out: 自分のなかの幼児的な部分をなにはばかることなく露出できる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 251
the camera comes to rest on: キャメラ、〜にさしかかったところで静止する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
the call came out of the blue: 電話が思いがけずかかってきた ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 65
the blackness comes over sb: 急に頭の中が真っ白になる フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 116
the answer comes easily enough: 理由は思案するまでもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
that comes of having so many things hung round the horse: あんまりやたらいろんなものを馬にぶらさげるからよ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 162
that’s where you come in: そこにきみの出番がある ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 352
that’s one wish that came true: 願いごとがかなったなんてあとにも先にもこれっきりだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 56
thank you for coming: わざわざありがとうございました デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
tell sb how come ...: なんで〜か、白状する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
take the first that comes: 手当たりしだいに抜きとる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 82
take a long time coming: ひどく遅れる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
still have ... to come: 〜のことも、これから教えなければならない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
sth come to sb clearly: 頭のなかにさっとひらめくものがある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
sth come to mind: 〜を思い出す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 198
sth come to mind: 興味を覚えたもの フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 248
sth come from sb: (人)が言った(こと) フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 142
sth be coming for one: 〜が襲いかかってくる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 25
steam come out of ...: 〜から噴き出す湯気 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
start to come away: ぐらついている レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 128
sound of children’s voices comes shrill and loud to one’s ears: 子供たちの声がきんきん聞こえてくる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 52
something unavoidable came up: ちょっとのっぴきならないことですっかり帰るのが遅くなってしまって 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
something in French comes over the speaker: フランス語が何かを告げる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
something good comes from everything: 何か一つぐらいはいいことがあるものだ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 199
something came over one: どうかしていた アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 247
sliders coming in to ...: 食い込んでくるスライダー ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 245
should know if evil came upon sb: (人の)身に、変わったことが起こると、すぐピンとくる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 184
shit comes out of: クソをひりだす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
self-forgiveness doesn’t come easy: 簡単にはあきらめられない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 551
seldom come out save to indulge in ferocious quarrels with sb: たまに外出したかと思うと、(人)と大げんかをする始末だ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 208
seem to be urged on by a seriousness that has come into one’s voice from somewhere: 自分の声に激してくる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 399
see what is coming: これから起こることを予想できる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
see something of oneself coming alive in sb: (人の)中に自らの分身を見る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 180
see smoke coming from the hole in the roof: 屋根にあいた穴から煙がもくもくと出ているのが見える ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 92
see a small yellow compact car coming: 眼の前を黄色い小型車が走りぬける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
sbs are coming and going: (人たちが)どたばたと出入りする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 313
sb who will come to work: 毎日きちんと出勤する(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
sb leave ... as sb come in: (人が)出るのと入れちがいに(人が)やってくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
sb is coming to Sunday dinner: (人を)日曜の夕食にお招きする カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 24
sb do not come off as irredeemably jaded: (人が)いきがいい エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 223
sb come through the operation in excellent shape: 手術は無事に終る 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 62
sb’s voice comes up clearly: (人の)声がはっきりと聞こえる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
sb’s head comes up a bit sharpish: (人の)顔をややギクリとあげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 46
Ready or not, here I come: さあいくぞう! 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 162
radio for sb to come help: 無線連絡して(人の)応援を頼む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
plenty of squirts come on ... like that: 〜にはこういう手合いが大勢いる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
please come and visit us sometime: 一度あそびにきて下さい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 27
people come often to ...: 〜は千客万来である ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 266
people are conservative when it comes to ...: 〜は保守的を最上とするからね 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 387
our conversation had come to an end: (人は)言葉を失う 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 22
only good thing to come from that: ただ一つプラスだったこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 509
one right after another like the street lamps coming on: まるで街燈がいつせいにともるやうにしてだしぬけに 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 139
one expects terrific speed to come out of a tall, rangy frame: ふつう、剛速球投手というのは長身で手足の長い体型だと思われている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
one’s voice comes out high and unsteady: (人の)声はうわずってふるえている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 214
one’s voice come from a great distance: (人の)声がはるか彼方から聞こえてくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
one’s reply comes with unexpected promptness: 案外てきぱきと答える 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 30
one’s eyes deepen into amethyst and across them comes a mist of tears: 眼は紫水晶をおもわせる深い色を帯びて涙に霞む ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 43
one’s assignment coming up: 登板を目前に控える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
once again sth come to sb: また〜が巡って来る フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 140
on coming up from dinner: 階下で午餐を済まして E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 12
often come and go: 出たりひっこんだりすることが多い スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
obstinately refuse to come to life: なまなましさはすこしもない 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 235
now, do come in: さあさあ、どうぞ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 343
nothing could come of doing: 〜したところで、どうなるものではない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 284
note everything that came and went as the minutes passed: 刻々の動きを残らず頭に入れる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
not to come back until sb learn ...: 〜がわかるまでは部屋に入ってくるんじゃない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
not quite noiseless carriage of sb’s telefax come to life: テレファックスがけたたましく印字を開始する セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 344
no tears come into sb’s eyes: べつに涙がわいてくるようなこともない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 156
no sound comes out: 言葉は出てこない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
no sound comes out: 声が出ない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
no one came or went: 人の動きは途絶えた ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 202
no hundreds of people come to the sights: 何百人という人間はまだ現われない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
next reasonably acceptable person who comes along: 次に出会うほどほどの相手 フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 44
next came the recounting of sexual abuse: そのあとが性的虐待で クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
never comes easily to anyone: 誰にとっても辛い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
never come up with anything sensible: 分別ある意見などこれっぽっちも持ちあわせていない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 218
never come out right: うまくいったためしがない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
never come out once the whole time: とうとうおしまひまで顔を出さなかつた 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 157
never come off in the dishwasher: 皿洗い機じゃ汚れが落ちなくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133
never come by ...: 〜にまったく立ち寄らない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 28
never came to much: 結局大したこともなくおわった ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 83
neither AA nor BB is of much help when it comes to sth: AAもBBも〜にはあまり役にたたない 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
more months, to the number of twelve, had come and gone: それから一年の歳月が流れ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 232
maybe the bastards had it coming: あいつらは自業自得です クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 525
May I come in?: お邪魔してよろしいでしょうか? アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 313
makes you wonder what the world’s coming to: まったくこの世も末だ レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 258
make speeches at sb until sb come around to one’s side: (人が人の)側に立つまで説得する ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 54
let the sun come in: 陽の光を呼び込む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 245
let sb head come forward a little: 少しうつむく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
leave and come back: 出なおしてくる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 302
lashing out at whatever comes nearest to hand: 八つ当たり 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 77
kill any other child that one come across in the story: 途中で登場する子供を手当たり次第に殺す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 270
Just play it as it comes: 臨機応変だ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 337
just come right out and say ...: 正直に〜と言う 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 7
just come extremely close to ...: 〜しそうになるのを、すんでのところで踏みとどまる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
just came out of the crapper: トイレから出てきたばかりで スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
it is perhaps that the facts should now come to light: いまとなっては、事実を公表したほうがいいような気がする ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 202
it is all coming to sb: それでわれに返る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
it has come easily: 計画がすんなりと立つ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
it comes with a certificate of provenance: 出どころをあきらかにした証明書つきで仕入れる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
it comes upon sb with a shock that ...: 〜に気づいて愕然となる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 172
it come to sb, too, then.: (人)にも伝わる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
it all comes out in a almost hysterical rush: まるでヒステリーでも起こしたように言葉がほとばしり出る ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 83
it all comes down to this: こんな羽目に ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 588
it’s sb come back to life: (人の)生れ代りだ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 287
it’ll come in handy if sb do ...: 〜したら重宝する ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 155
in the seasons to come: それから長い間 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 539
in the end the package always comes undone: 使いこみの常として最後にはかならずボロが出てしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
in any order, just as sth came to hand: 手当り次第に 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 153
if it comes off: うまくいったら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
if any town business has come to sb’s attention: 役所関係のことでなにか気になることがなかったかどうかって スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 303
I thought you would come to it: そんなことになるだろうと思っていたよ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 145
I know just about everything when it comes to sth: 僕、〜のことなら何でもしってるんだよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 65
I knew you’d come: 来てくれたんだな 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 95
I could never let anyone come between us: 誰にもふたりの邪魔をさせるものか フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 492
I come from a family of ...: 〜はうちの苗字 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 69
I’ve come up with an idea: いいことを思いついた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 290
I’ve come this far: 乗りかかった舟だ 池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 75
I’m coming, God dammit!: はいよ、ちくしょう、もう 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 77
I’ll come back to you on this one if I may: よかったらもう少し考えさせてください ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 105
how exactly does that come about?: 正確に言うとどんなふうなのですか? フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 336
how ... is coming along: 〜の進み具合 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 104
how ... be going to come out: 〜の結果がどうなるか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
here comes the statistic of statistics: ここが統計の統計たる所以とも言うべきところ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 172
he may come close: ここへ呼んでもだいじょうぶ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 19
having come this far: せっかくここまでやったのだから 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 119
have sb come to ...: 〜へ引き取る 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 5
have not quite come up to ...: まだその域に達していない ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 111
have not even begun to come to grips with ...: 〜を理解しはじめてさえいない ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 15
have never come to anything: 立ち消えになる 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 92
have never come across such things: こういうことになるとまったく知識に乏しい ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
have just come to work: 仕事が始まったばかりだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 120
have just come out of a bad marriage: 結婚がうまくいかず離婚したばかりだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 99
have just come off a very rough case: 気の重い事件が片づいたばかり デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 36
have it come to one that ...: 〜という事実を受け止めざるを得ないときが来る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
have come to do: 〜しつけている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 83
have come to bring sb home: 迎えに来た ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 51
have come through the worst: 峠は越えた フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 293
have come through it all with no bones broken: 怪我ひとつせずに済んだ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 217
have come from a broken home: 両親、あるいは片親のいない家庭で育つ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 401
have come back yet a third time: 三たびやってきた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
have been waiting around for a story that finally came: この仕事は千載一遇の好機と受けとめる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
have already come to regard ... with some discomfort: ただでさえ〜を見るのが余り好い心持ちではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
have already come to an understanding with sb: もう(人に)諒解を得てある 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 298
have a certain freedom to come and go as one please: 行動の自由を持っている ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 40
hardly come out again: なかなか抜けない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 104
hard color comes into sb’s cheeks: (人の)頬に血がのぼる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 220
guess what comes next?: お次はどうなる? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
good of you to come: どうも御苦労でした 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 160
give sb just three days to come across: (人に)期限はあと三日だと最後通牒をつきつける ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 34
fuse box fire is what they come up with: ヒューズ箱だというのが、おおかたの意見 ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 60
full of the unexpected that came up with each assignment: 仕事を受けるたび、思いがけないことがつぎつぎと起こった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
fresh breeze come to sweep through sb: 新しい風みたいなものが体内をかけめぐる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 93
freak and come running to sth: 仰天して、〜に泣きついてくるにきまってる レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 16
for some inexplicable reason, a silly feeling comes over sb: なんとなく体のまん中のあたりから意味もなくおかしくなってくる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 248
for sb, sleep is longer coming: (人は)なかなか寝つけない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
first come first served: 「早い者勝ち」という言葉 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
everything will come when you grow up: 大きくなったらなんでも思いどおりになる フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 271
everything is coming into focus: やっと話が呑みこめはじめる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 266
do not come up much in sth: 〜とあまり関連性がない ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 270
do not come under the head of arithmetic: 算術のようにはいかないものだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 287
do not come right out and say so: そうとはっきり明言しているわけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 327
disguise where the sound is coming from: 音の出どころがわからなくなる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
disappear one day and never come back: いつの間にか行方不明になる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 10
decide to come back another time: 出なおすことにする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
darkness is coming on: 暗やみがおりかけてきている ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 144
dark night coming down prematurely: 日は早く暮れて夜になろうとしている E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 21
coming out one’s front door: 今しも玄関に姿を現して フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 29
coming out of nowhere: やぶからぼうに レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 209
coming home from ...: 〜からの帰り道 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
coming down with malaria: マラリアにかかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
comes the New Year: 年が明ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 74
comes a huge, rumbling tractor-bus its side dull with sand: でっかいトラクター・バスがのろのろやってくるぞ、砂にまみれた車体 ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 61
come wriggling down among sb’s pieces: (人の)駒のあいだにもぞもぞとはいり込んでくる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 19
come wriggling down among sb’s pieces: のそのそわりこんでくる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 20
come with the territory: 仕事の時間からもちこす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
come with the computer: コンピュータに内蔵されている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 20
come with sb to do ...: (人を)連れて〜しにくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
come upon yet another odd sight: また奇妙なものが見えてくる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 39
come upon what appears to be a traffic circle: ロータリーのようなものが見えてくる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 64
come up with the bases empty: ランナーなしの状況でバッターボックスに入る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
come up with sth: (何かを)発見する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
come up with sth: (物を)手に入れる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
come up with something: なんとか算段する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 566
come up with some remark: 気の利いたお愛想のひとつも言う 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 115
come up with some half-baked proposals: 生煮えの案を提示する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 286
come up with some different story: いろいろなことを言う 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
come up with one single message: これというメッセージを見つけだす ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 410
come up with bright ideas: すばらしいアイデアを思いつく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 111
come up with an elaborate, foolproof scheme about ...: うまく〜する方法を練り上げる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 408
come up with a rejoinder: 何か言い返す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 46
come up with a nickname for sb: (人の)ニックネームを思いつく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 312
come up with ...: 〜に思い当たる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 442
come up with ...: 〜をかき集める デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 75
come up with ...: 〜をひっぱりだす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
come up with ...: 〜を口にだす 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 128
come up with ...: 〜を唱えだす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 173
come up with ...: 出てきた答え スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
come up to the plate: 打席に立とうとする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
come up to the house for a drink: 家へきてお茶をつきあう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
come up to the front of the chateau: 城館の前でピタリと止まる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 215
come up to sb: (人の)そばへ寄って来る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 314
come up to sb: つかつか(人の)前にやってくる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 95
come up to a roof: 屋上にのぼる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 41
come up the ramp: タラップを降りる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
come up out of the water: 水の上に身を乗り出す 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 18
come up initially when ...: そもそもの起こりは〜だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 17
come up in a hurry: 急に決まる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 52
come up for ...: 〜するきまりで ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 176
come up behind sb: うしろから(人に)近づく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 417
come up at the hearing: 審問で検討される クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 352
come up ahead of ...: 〜の前方に先回りする マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
come under a certain amount of scrutiny: 相当じろじろ見られることになる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
come top by miles: 大差をもって一位になる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 137
come together in a single instant: いまその一瞬に凝縮する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 540
come together in a perfect marriage: もののみごとに一致する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 441
come to think of it, ...: そういえば、〜 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 298
come to think of it, ...: 考えてみれば ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 409
come to think of it: そういえば マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 37
come to think of it: そうかそういえば 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22
come to think of it: そう言えば 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 228
come to think of it: それで思い出したが ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 42
come to think of it: それはそうと ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 40
come to think of it: もっともよく考えれば べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 191
come to the sticking point: 話が肝心のところにさしかかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
come to the point: 核心にずばりと切り込む オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 70
come to the final step of the argument: 計画を煮詰める セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 297
come to the entrance: 応対に出る 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 139
come to the door: 出迎えに出る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
come to the difficult decision that ...: 〜という辛い決断を下すことになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 149
come to the conclusion that ...: 〜ということに気持ちが落ち着く ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 338
come to the conclusion that ...: 総合して〜と確かめる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 176
come to the boil with fresh coffee: 淹れたてのコーヒーがことこと沸く ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 64
come to the beginning again: ふりだしにもどる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 101
come to the assistance of sb: (人の)助っ人に駆けつける ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 334
come to terms with one’s own conscience: 良心に背くことがない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 494
come to terms with ...: 〜をととのえる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 114
come to stay with sb: (人)のもとにやってくる ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 5
come to some kind of terms with ...: 〜と話をつける 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 310
come to see us: お遊びにおいで下さい 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 140
come to see sb: (人を)訪問する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
come to sb ...: (人に)お願いにくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
come to sb’s aid: (人に)助勢する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 118
come to rest within two yards of sth: 〜から二ヤード足らずのところで止まる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 262
come to rest on sb: (人に)集まる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 84
come to regard ... as commonplace: 〜を普通の人間として当然のように考える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
come to one from one’s mother: 母親からゆずりうける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
come to one’s senses in a miserable little shop: 息を吹き返してながめまわしてみると、これはまたなんともいえぬちっぽけなひどい店 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 94
come to one’s senses: われにかえる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 122
come to one’s senses: われに返る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 69
come to know ...: 事情を理解できるようなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 139
come to history first through sth: 〜を通して初めて歴史に開眼する ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 172
come to grips with sth: 〜を確かめる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 482
come to feel that ...: 〜というように考えるようになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
come to an end: フイになる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 67
come to an end: 長続きしない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 221
come to an abrupt stop: がたんと停まる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 114
come to an abrupt and drastic end: 全く途絶える 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 14
come to a stop four inches from ...: 〜の十センチ手前でようやく停止する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
come to a place where ...: 〜ところへ出る 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 444
come to a head: 頭に血がのぼる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
come to a halt: 歩みをとどめる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 179
come to a conclusion: 終わりをつげる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
come to a close: 休止期が訪れる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 427
come through to sb: ちかりと(人の)脳裡にひらめく 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 55
come through the