Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
account

主要訳語: 口座(6)   話(5)   名義(4)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
〜のこと
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 341

ゆえ
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 354

クレジットカード口座
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
ユーザー名
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 116

勘定
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
記事
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
記録
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 9
供述
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 29
語る
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
口座
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 184
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 76
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 269
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 23
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
辞遊人辞書
手記
   
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 83
出来事
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
書く
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 292
証言
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 310
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 388
詳細
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
説明
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
代金後払い
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
顛末
   
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 39
答える
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 324
本題
   
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 222
名義
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 195
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 190
   
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 193
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 486
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 222

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

to little account: 一向にかわりばえしない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297
on one’s account: (人の)ために レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 381
newspaper accounts: 新聞のニュース 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 13
give an account of oneself: 建て直す 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 94
checking account: 当座預金口座 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 118
central accounting: 経理 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 234
by most accounts: どうひいき目に見ても ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 31
by all accounts: 誰の話を聞いても プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 7
by all account: だれの話から推しても マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 444
be no account: 下らない奴だ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 10
an account print-out: レシート レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 23
accounts of what had happened: 目撃談 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 187
accounts of the case: 報告書 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 273
account for ...: 〜がうなずける レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 131
what accounts for one’s obsession?: どうしてこんなに執着するのだろう 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
there is no accounting for ...: 〜ほどあてにならない代物はない クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 7
that accounts for sth: 〜の謎が解けました ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 267
tenor of the newspaper accounts: 新聞の論調 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 427
take the money out of one’s bank account: 銀行から引き出す 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 53
take such aesthetic considerations as the color of ... into account: 〜の色合にまで気をくばる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 22
take sb’s demands into account: (人)の要求を呑む 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 217
take into account ...: 〜を計算に入れていない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 175
take into account ...: 〜を計算に入れる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 168
take account of events: いまの事態を考える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 175
stumble into a privileged account: 思いがけなくスーパーユーザーになる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 190
sth is taken into account: (物に)気をくばる コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 23
should on no account accept: 決して無理にお受けくださることなきよう ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 8
sb’s tale only accounts for a small portion of sb’s life: (人の)身の上話がカバーしているのは(人の)人生のほんの一部分だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 104
put it on one’s expense account: 必要経費につける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 153
on account of the exceptional height of the tower: 塔そのものの高さがなみはずれているせいで セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 45
on account of ...: 〜という理由で レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 81
on account of ...: 〜と考える ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 40
on account of ...: 〜に影響されて カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 37
on account of ...: 〜のことで サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 201
not on any account: 何があってもね セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 178
must on no account lose another instant: 一刻もぐずぐずできない ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 142
make no attempt to sanitize the account: 歯に衣きせぬ説明をおこなう フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 51
mail the money into one’s checking account: 自分の当座預金に金を振り込む トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
I heard some vague account of ...: 〜は、おぼろげながら、ときどき私の耳にもはいった ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 10
how shallow, and of what little account: なんと皮相で、しかもとるに足りぬものであろうか! ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 179
hold life as of no account: もはや生命など物の数ではない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 59
here on my own account: 一本立ちで乗った スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 93
hear some vague account of ...: 〜について漠然とだが耳にする ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 8
hear some vague account of ...: 〜をおぼろげに耳にする ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 9
have an hour-by-hour account of one’s sickness: 寝込んだ期間の一時間一時間を克明にたどる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 326
go on with this account: 語りつづける 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 198
give them a suitably censored account of ...: 〜のあらましを適度に要約してやる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 61
give sb an account: (人を)登録する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 26
give sb a fairly lengthy, detailed account of ...: 〜についてはかなり克明に具体的に話をする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 140
give sb a conveniently false account: (人に)拵え事を話す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 252
give sb a brief account of what has happened: 手みじかにさきほどの顛末を話す 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
get a credit for ... on one’s own account: 〜が〜自身の手柄になる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
everyone was accounted for: 乗船者の確認が終わる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 19
cannot saw a stitch on account of one’s eyes: 目がこんなだから一針だって縫えない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 81
cannot be accounted for: 詳細がわからない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
begin an excited account of what one witnessed the night before: 昂奮して昨夜の逐一を話してきかせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
begin an excited account of ...: 興奮して〜の逐一を話してきかせる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
be utterly unable to account for sth: (物事に)ついてひと言の申しひらきもできない ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 17
be on no account to be done ...: 〜されることもない ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 135
be of least account: とるにたりない存在 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 67
be much account at ...: 〜の方はからきしだめ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 171
balance the checkbook and the house accounts: 小切手帳と預金通帳の入金と出金を照合する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
account for the enormous vogue for ...: 〜が〜を流行させた理由である 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 109
account for its selection: 〜ということからそこがえらばれる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 483
a long account of sth is nothing to bother sb with: 〜は、(人に)ことこまかく知らせることでもあるまい マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 107
ツイート