Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
get

主要訳語: もらう(8)   なる(7)   つかむ(6)   わかる(6)   する(4)   ありつく(3)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
〜が入り込んでしまう
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 21
〜になる
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 329
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 139
〜ぶる
   
〜を仕入れる
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 38
〜を手にする
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 177

あう
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 368
あげる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 388
ありつく
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 67
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 184
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 161
ある
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 188
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 210
いただきだ
   
いだく
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
いやという目にあわす
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 96
いる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 231
うける
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
うまくやってる
   
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 35
おく
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
おこる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
おさめる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
おびる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 150
かかえてる
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
かかる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
かけつける
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 52
きく
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
くらう
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 369
くる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 424
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
させる
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
さとる
   
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 26
される
   
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 27
してくる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
しなきゃ
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 200
する
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 5
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 162
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 46
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 73
そばまでいく
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 320
そろう
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 412
そろえる
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
たかる
   
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 38
たたきつぶす
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
たどりつく
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 230
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 298
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 299
たまたま
   
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 5
ちょうだい
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 174
つかまえる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 387
つかむ
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 31
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 253
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 60
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 390
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 29
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 478
つきとめる
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 52
つく
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 252
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 17
とらえる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
とりだす
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
とりつける
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 222
とる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 242
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 163
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
ならぶ
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
なる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 46
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 342
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 305
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 124
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 109
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 22
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 411
なんとかかちとる
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
はかる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
はじめる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 206
はめになる
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 18
ひっかける
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 180
ひっぱりだす
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
ひらめく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 277
まきこまれる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
みなぎる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
もぐりこむ
   
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 29
もちだす
   
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 39
もって帰る
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
もっと〜になる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
ものにする
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
もらう
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 54
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 161
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 369
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 22
やってくる
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
やられる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 284
わかってる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
わかる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 296
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 296
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 58
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359

移る
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 376
引き出す
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
引く
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 116
飲む
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 80
   
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 299
噂になる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 502
押しこむ
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 113
開く
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 151
覚える
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 75
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
感触をつかむ
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 105
関与する
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
陥れる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
   
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 21
起きる
   
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 84
起こす
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 245
吸う
   
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 102
吸収する
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 262
救う
   
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 26
挙げる
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 282
駆けつける
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 404
具わる
   
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 257
結ばれる
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 46
見つかる
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 205
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 152
見つくろう
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 354
見つける
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 255
見る
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 42
見習う
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 246
見抜く
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 328
呼び集める
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 168
呼ぶ
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 91
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
呼んでくる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
雇う
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 295
口に入れる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 21
座る
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 32
仕止める
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 323
仕入れる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 211
刺激する
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 136
思いあたる
   
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 133
思いつく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
思いどおりになる
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 231
死んでもらう
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 486
耳に入る
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 553
取りかかる
   
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 125
取り戻す
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
手が回る
   
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 258
手にする
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 381
手に取る
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 354
手に入れる
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
手もとに届く
   
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 70
手をつける
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 12
受けとる
   
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 22
受ける
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 323
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 340
受け継ぐ
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 151
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 172
収集
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 36
拾う
   
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 40
集まる
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 130
出す
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 211
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 17
出る
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 157
勝つ
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 393
焦らされる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 512
上げる
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 36
乗り込む
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 324
触れる
   
食べる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
食らう
   
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 56
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 448
食らわせる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
心をとらえる
   
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 51
心を打たれる
   
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 168
申請を出す
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 145
訊く
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 343
遂げる
   
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 56
征服する
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
席を立つ
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 245
積む
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
占拠
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 51
狙う
   
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 113
阻む
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 47
漕ぎつける
   
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 175
増やす
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 39
貸す
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
逮捕する
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
託される
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 242
知っている
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
知る
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 166
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 55
着く
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
着ける
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 191
注ぐ
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
通じる
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 36
盗む
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 183
当たる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 18
頭から、〜が離れない
   
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 16
得る
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
読み取る
   
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 27
届く
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 117
入ってくる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 113
入る
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 155
入手する
   
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 36
把握する
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 358
買いもとめる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
買う
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
迫る
   
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 180
避難させる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 70
付言する
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 11
払う
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
紛れ込む
   
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 169
聞き出す
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
聞く
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 320
変る
   
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 83
捕まえる
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 470
歩く
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
募る
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 48
暮らす
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 12
命を縮める
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 159
明け
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 440
傭う
   
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 95
容赦しない
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
用意する
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 75
要求する
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123
浴びせられる
   
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 193
頼んで〜させる
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 55
理解される
   
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 168
理解する
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 274
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 116
連れだす
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
連れていく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
連絡する
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 317

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you got me: いいな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 383
you got me: さあ、わからないな 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 9
you got it: よしきた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 187
you got it: 了解 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 247
word gets around: 噂は速い フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 109
we’ve got sb: もう袋の鼠だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 166
we’ve got it: これで決まり ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 427
things get slow: 暇になる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
that’s an arm sb has got there: 生身の腕 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
suddenly get mad: カッとする 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 91
still get nowhere: 目的地はいっこうに見えてこない ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 555
start getting funny: 態度がおかしくなりだす サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 152
sometimes get ...: 〜になっちゃう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
simply get together: あっさり元のさやにおさまる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 382
really get to me: 腹が立つ 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 96
quite get ...: マスターする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 327
one’s whole body get rigid: こわばる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 155
let’s get out here: 出ようか 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 65
kept getting postponed: そのうち、そのうちと一日延ばしで 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 95
keep getting weirder: いよいよもってきみょうな〜だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
just get on: 呼吸がほんとうにぴったり合う ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 236
it’s gotta be: 間違いないね クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
immediately get nervous: みるみるうちにぴりぴりしはじめる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
I’ve got you: オーケーだ 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
I’ve got it!: しめた 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 56
I’ve got it: やった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 334
I’m getting out: もう行っちまうぞ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 107
I’m getting old: としだな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 290
I’ll get sb: やったろうじゃないか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
I’ll get it: ぼくがとってくるから スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
have got to do: 〜したい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 310
have got sth: 〜を持ちあわせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 240
have got made: 敵に気づかれた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
have got into trouble: 叱られる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 23
half getting up: むくっと起き上がりかける ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 147
half getting up: 半ば中腰だ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 138
gotta match sb: なにせ、(人に)肩を並べたい一心なんだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
got slightly drunk: 酔うには酔った 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 302
got sb at last!: しめた 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 48
got no choice: 選択の余地がない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
got it: 了解 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
got canned: 仕事をクビになる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 77
getting even: 復讐 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
gettin’ high: ハイな気分になる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 241
get you!: かたはきっちりつけてやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 279
get worked up: ムキになる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 90
get wet: ずぶぬれ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 154
get warm: からだを暖める ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 49
get very insulted: ひどく憤慨する サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 117
get us both killed: 心中する フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 96
get up quickly: さっと椅子から立ち上がる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
get up in ...: 〜に坐る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 24
get up close: ぐっと迫る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 305
get up: くる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 279
get up: さきへ出る ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 211
get up: ぬく ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 211
get up: まともになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 530
get up: みこしをあげる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 251
get up: 腰を上げる サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 106
get up: 座を立つ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 218
get up: 床を上げる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
get up: 席を立つ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
get up: 跳び上がる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 66
get up: 奮い起こす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 24
get up: 目を覚ます カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 209
get under ...: 〜の下に立つ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 211
get too close: すぐそばまで迫ってくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 147
get together: 会う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 98
get together: 口裏を合わせる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39
get together: 手をたずさえて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
get to work: 仕事にかかる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 66
get to that point: そうなる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
get to sb: (ひとの)からだに障る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 99
get to sb: (人に)とりつく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
get to sb: (人を)つかまえる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 294
get to sb: こたえる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 342
get to sb: 癇にさわる レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 290
get to one’s feet: 席を立つ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 112
get to one: おかしくなる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 179
get to know: 顔見知りになる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 83
get to do: 〜しないとだめなんだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
get to be a drag: 荷が重い フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 227
get to ...: 〜にたどりつく レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 411
get to ...: 〜にもどる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
get to ...: 〜に行く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 29
get to ...: 〜に着く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
get tired: くたびれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
get thrown out: 玄関払いをくらう ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 33
get through this: 最後までちゃんと言える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 27
get through life: 世渡りをする 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 210
get through channels: 筋を通す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 117
get through: よみがえる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 248
get through: 重態を切り抜ける E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 55
get through: 相手に意味が通じる アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 94
get those ideas: そんなことを思いつく オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 119
get this place: ここに越す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 46
get this: くそう! タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 123
get things organized: 生活を軌道に乗せる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 337
you won’t get away with it: このままじゃすまんぞ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 76
you seem to think you can get away with anything: いい気になって 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 233
you give, you get: そっちがいえば、こっちも教えてやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
you get whatever you want: 欲しいものはなんでもあげる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 54
you get to understand ...: 〜ということをわかって下さい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
you get to me: じんとくる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 393
you get to do do: 〜してくれ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 238
you get the idea: まあ、こんなところです オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 36
you get off pretty cheaply: サービスしてある フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 186
you get him or he gets you: 斃すか斃されるかである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 388
you don’t get me that easy: なめるんじゃないよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
you do not get the things themselves: そのことはほんとうにならない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 136
you can not get sth at the store: 商品として店で売れる性質のものではない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 61
you can not get sb off ...: 〜からおろすのが一騒動だ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 327
you‘re obsessing. you’ve got to let go of sb: そんな人に執着するのはよしなせい 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 83
wouldn’t have got off easy: ただじゃ済まない 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 52
would no sooner try to get a jump on A than one would B: 戦いの相手としてはB以上に手ごわい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
would never get over one’s featherbrained ways: そそっかしいくせはとうていなおらない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 356
would have got the same result in almost any library: どこの図書館でも似たやうなものだつたらう 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 26
would get the business over with hastily and even crudely: あたふたと粗雑に実にそっけなく済ましてしまう 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 324
word gets back to sb, sb get word to sb: 言葉が(人の)耳に届いて、(人は)(人に)はっきりと釘をさす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 369
won’t get a penny: ふところへは一文も入らない 池波正太郎著 フリュー訳 『後は知らない』(Master Assassin ) p. 174
will that do to get on with?: この点は簡単すぎるかな アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 96
will really get sb going: (人が)頭にくるのもあたりまえだ バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 93
will not let sb get a word in: (人に)口を開くひまを与えない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 140
will never get away with this: こんなことをしたらただではすまない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 475
will have to get one’s own ...: 〜は自分でなんとかする フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 463
will always get you in trouble: 〜はトラブルのもと トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
while one get one’s shit back together: (人が)態勢を立て直すまで クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
where sb got the dollars: 金の出どころ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 295
when you get going: いざとなると ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 66
when the water gets a bit warm: 水ぬるむ頃 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 89
when the pitching gets really bad: 船も揺れだすと 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 111
When the going gets tough, the tough get going.: 辛いときこそ、実力発揮 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
when sth gets there: 行った先で フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 31
when I get going: 調子が出ると ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 53
what the hell get into you?: なにをそんなに熱くなってるんだ? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
what one could get for sth: (物の)値打ち ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 167
what I’ve got to do first: 手の打ち方 ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 20
what have we got to lose: こうなったらだめで元々だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 114
what gets into you?: どういう風の吹きまわしだ? ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 17
what’s the use of getting poetic about it?: キザないいまわしはぬきにしたらどうです? ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 66
well, that hasn’t got anything to do with it: それが何だというんだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 51
we can’t all get what we want in life: 世の中、思いどおいになれば苦労はない デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 22
want to get out of this lousy life-style: こんな汚ならしい生活とはおさらばしたい 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 94
want to get in fight with me: 必ず喧嘩をふっかけてくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
want to get ... out of one’s system: 頭を冷やしたいと思う プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 40
until it begins to get light out: 夜が明けるまで カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
unless sb get in one’s way: (人の)癇にさわらないときにかぎられる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
try to get the team off to a very good start: スタートからぶんぶん飛ばせるようにチームづくりをする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 396
try to get sb to pop up a slow curve: スローカーヴを投げて打者をポップアップフライに討ち取る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
try to get sb to do: (人に)〜させたがる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
try to get sb to back off: 〜を敬遠する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 116
try to get into ...: 〜を物色する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 118
try to get in the middle of the fights: 喧嘩に余計な口出しをする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 343
to get advancement in the world: 出世のために 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 70
this place is getting pretty run-down: この家も大分イカれてきたな 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 144
this isn’t getting us anywhere: これじゃラチがあかん ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 90
this is not something to get unnecessarily worked up about: あわてふためく理由なんかないのよ フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 72
think sb can forget getting any real sleep: ちゃんと眠れそうもないことを覚悟してなければなるまい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
think how nice it will be to get drunk: そうだ、思いきり酔いつぶれるのもいいな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
things shouldn’t get around anywhere: 秘密が洩れないようにする アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 69
things get out of hand: とても収拾がつかない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
things get out of hand: 事態のとりかえしがつかなくなる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 244
things get headed in the wrong direction with ...: どうも〜の様子がおかしい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 50
things even get so bad: 切羽づまった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 339
things are going to get better: 景気がだんだん回復していく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 49
things are already getting blown way out of proportion: 事態はどうしようもなく大げさに受け止められている バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 81
there is no getting around it: まあ、こんなものだろう、というところがある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
there is no getting around it: 誰もそれをとめることはできない ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 8
there are too many not to get over ...: 〜という例があまりにも多すぎて、いつまでもクヨクヨできない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
there’s no getting around it: 仕方がない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 111
there’s another bunch getting ready to hatch: もう一組、孵りかけているのがいますよ フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 60
the worm is allowed to get into the timbers: 材木の虫食いが放置される セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 148
the word haven’t quite gotten out yet: まだこういう話は知られていない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 252
the word gets out about ...: 〜がニュースになって伝わる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 284
the word gets around: 広く語り伝えられる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 35
the weather’s going to get worse from today: 今日から下り坂だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 209
the trouble gets worse: トラブルがいっそう手に負えなくなる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 57
the recommendation that have gotten sb out of ... for good: 推薦状のおかげで(人は)〜から永遠におさらばすることができた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
the only info one get generally is by ...: 情報はすべて、〜によるものだけだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
the office is as deserted as it ever get: 事務所はいつになくがらんとしている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 243
the oars get fast in the water: 櫓が水にはまり込んでしまう ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 104
the longer the night gets: 夜がふけるにつれ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
the guys who get up and walk at the tent meetings: インチキ宗教の祈祷集会で生き返った死人 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
the difficulty one get into: (人が)抱えていた問題 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 196
the clash between one’s personalities only gets worse: かえって性格の違いがぶつかりあう 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
the card gets billed at sb’s place: 例のカードの住所は(人の)ところになっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
that is more or less the last one get to see sb: (人は)そのあと(人に)はほとんど会わない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 384
that got me thinking: そこで、待てよと思った ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 311
that’s what you get for being such a fool: ばかをやった報いがこれだよ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 19
that’s what make sb get so depressed: それでおかしくなっちゃったんだ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 154
talent to get along: 世渡りの才能 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 81
take you from every penny you’ve got: 財産を絞りとってやる ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 203
take what sb get: 仕方ないことだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 63
suck sb out of everything sb have got: 骨までしゃぶられる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
struggle to get sth past the layers of wiring: (物を)、びっしりつまっている配線の中に押しこむ ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 102
sth is getting sb down: 〜にいらいらする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 221
start to get up: 腰を上げかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
start to get a little scared: いささかおびえはじめている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 235
start getting into trouble: トラブルに巻き込まれるようになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 203
spent XX years getting sth all set up: ここまで持ってくるのにXX年かけた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
spend too much time getting down to ...: (場所へ)精勤賞を貰えるほど足繁くかよう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
spend hours and hours getting nowhere: いくら時間をかけても、徒労におわる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 42
someone to go out and get the other person ready: 相手の稽古台 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
someone is really out to get sb: 誰かに本気で狙われる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 466
someone else got it: 駄目になつた 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 155
someone’s persistence got sb through with a question about ...: 〜かと執拗に食い下がる者がいた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
somehow get a note to sb: (人に)なんらかの手段で伝言を渡す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 385
some farmer I get: ちょっとしたお百姓さんね カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 31
so that the authorities won’t get suspicious: 当局の目を逸らすため 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 16
so eager to get out of the room: そそくさと出ていく 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
sinister scheme to get at sb: (人を)葬る陰謀 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 145
simply get to have sth: どうしても〜を買わなきゃ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
shoot one’s mouth off, trying to get at sb: 難癖をつけて、(人を)いびる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
seem to be getting nowhere: 行き場をうしなった気分でいる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 144
sb got the best of me: (人には)やられた 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 67
sb get the message: いいたいことが(人に)伝わる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 532
sb get the ax: (人の)クビを切る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
sb and sb get along famously: (人と)(人は)いつもうまくやっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 345
sb’s tale get perplexing: (人の)話というのは、複雑怪奇だ ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 113
sb’s business gets up and running again: (人が)仕事を再開する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
resort to a high-trajectory lob to get it safely into sb’s possession: 安全確実な返球を心がけて、ふわりとした山なりのボールを投げ返す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 288
repair business is almost impossible to get into: 修理事業に手をそめるのは不可能に近い ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 119
really get under one’s skin: (人を)心底いらつかせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
really get to sb: ひどくこたえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 339
really get to sb: 本当にがっくりくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 247
really get to me: 私も気が滅入る 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 226
really get into sth: 〜のとりこになる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 422
really get ... on one’s mind: とことんまで〜を気にする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 258
realize that one is getting nowhere: とてもだめだ、と見きわめる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 303
realize sb have gotten to one again: またやられたと思う フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 76
psych sb out just enough to get sb off ...: (人を)惑わして外に連れ出す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 238
play some small part in sending sb to Earth get sb: (人を)おむかえに(人を)地球におもむかせたのは、それがいくらか影響している アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 91
ought to get rid of it: 手を打たざるをえない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
ought to get on with it: いい加減にして欲しい ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 165
or at least to get sb brought to tried: いや、せめては裁判にかけてほしいものと ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
one would have to get the job done: 断じてやりとげなくてはならない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
one will never get any place: きりがない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 101
one is beginning to get ...: 〜が出てくる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 128
one don’t got friends, one got enemies: 友だちがいなくなって、敵ばかりになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
one’s writhing is only getting worse: もがき苦しむ様子はただごとではない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
one’s sex life get so wild: 性的に一般的とは言えない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 121
one’s rheumatism has gotten worse: この間うちからリューマチの具合が悪い 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
one’s own suspicion has gotten the best of one: (人の)いだいていた猜疑心が抑制する心を上まわる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
one’s methods of persuasion get sb right in the gut: (人の)説得は恐ろしく胸にしみる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 111
one’s embarrassment gets in one’s way: うしろめたいせいか、気がとがめる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
one’s creative impulses get a jolt of some sort: 創作衝動が湧き起こってくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 145
one’s anxiety to get on with the investigation while dining: 食べながら仕事の話をしたいという希望 アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 130
once one get going, ...: (人が)しゃべりだすと勢い〜 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 74
now, don’t get me wrong: 間違っては困るよ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 189
now we’re getting somewhere: これでやっと話が合いそうだ べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 182
now let me get this straight: すると、こういうことか イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 68
not really get the notion of ...: 〜は思いもよらないことだ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 108
not get too involved: いいかげんにあしらっておく 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 72
not a day passed without one’s eyes getting red and swollen from crying: 目を真赤に泣きはらさぬ日はない 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 52
never try to get too close: 決して必要以上に近寄ろうとはしない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 99
never got around to it: ついにやらなかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
never gets cut up about anything: なにがあったってけろりとしている ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 74
never get together even for a meal: 食堂に顔を合わせることがない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 253
never get over losing sb: (人を)失い、その痛手からとうとう立ち直れない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 71
never get off the ground: 最初からうまくいかない レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 140
never can get one’s eyes adjusted to the gloom of ...: 〜の薄暗がりに眼がどうしても馴れない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
need to get going: 早く〜しなければ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
need to get away from ...: 〜が耐えがたく感じられる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 148
need to get a good look at sb: 〜をよく見ておく必要がある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 465
might get sb off: 無罪にならないものでもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 521
manage to get oneself out of ...: 〜を切りぬける 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 217
manage to get half the year’s labor done: 半年分の仕事をはかどらせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 314
make sure sb gets a lawyer: (人に)弁護士をつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
make a point of getting sb to do: (人が)うまく〜するようにもっていく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 20
looks like we’re going to get some rain: ひと雨きそうだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 32
look where it had gotten sb: その結果がこれだ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 611
look where it get sb: あのていたらくではないか ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 144
look over at sb to get ...: (人を)見やり、〜を待ち受ける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
let sb get sexy with one: 性的な関係を許す サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 224
let sb get one a number: (人に)番号新設の手続きをさせる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 315
let sb get into a state of doom: (人を)地獄行きの運命にする フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 534
let sb get away with ...: (人に)〜を言わせておく サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 77
let one’s anger get the better of one: つい怒りに駆られる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 522
let me get this straight: こういうことか イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 282
let me get this straight: 念のために聞くが グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 63
let me get this straight: 話をはっきりさせよう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
let me get hold of sb: (人)にもそう伝えよう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
let foolish emotions get in the way: つまらない人情を出す 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 60
let’s not get too comfortable: あまり気を楽にするんじゃないぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 171
let’s get the fuck outa here: もう行こうぜ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 117
let’s get some chow: これより食事だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
let’s get out of sight: 人目につきたくない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 140
let’s get on with it: 早いとこすませよう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 242
let’s get loosened up: からだをほぐしましょう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
let’s get it straight: この点ははっきり申し上げておきたいの ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 80
let’s get it on: 行動あるのみ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 351
lean over the desk so that one can get closer to sb: 上半身を机の上に折り曲げるようにして(人の)顔を(人)に近づける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 236
last night’s dinner one have managed to get down: 昨夜どうにか胃におさめたもの フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 35
know one is getting nowhere: 手に負えないことはわかっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 157
know how to get on a woman’s good side: 女のあしらいがうまい 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
know enough to get along: なんとかしてる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 377
kill sb and get away with it: 罰せられることなく(人を)殺す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 218
keep getting in the way: いつも邪魔だてをしてくれる オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 252
keep getting fatter and fatter: みるみる肥えふとる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 157
keep getting emptier and emptier: どんどん空っぽになってゆく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 36
keep ... from getting dusty: 〜に土がつくのを嫌う プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
just never think it would get this far: ここまで深みにはまるとは思っていない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 387
just getting into full swing: 宴たけなわを迎えた バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 268
just do not get it: 要領が悪い 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 111
just as it started to get dark: あたりがうっすらと暗くなった頃 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 146
just as it is getting dark: うす暗くなる頃 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
it takes sb nearly four hours to get it right: 意味の通る文面に仕上がるまでには四時間近くもかかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
it takes sb a while to get around to sb: (人)がらみの話がなかなか出てこない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 544
it takes a long time getting through: 話が通じるまでずいぶんかかる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
it seems sb got off too easy, even though sb didn’t: じっさいには〜が頭にこびりついているってのに〜のことをさっさと頭から追い出そうとしている気がする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
it is sth you will have to get along without: そんな〜はなくてもすむ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 219
it is starting to get light outside: 空が白み始める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 148
it is impossible to get any overall picture: 全貌はよくわからない 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 13
it is harder sometimes to get ...: 〜となるとなかなかお目にかかれない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 63
it is getting light: ぼちぼち明るくなりかけている ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 90
it is getting late: ぐずぐずしてはいられない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 317
it gets terribly cold: 寒くて叶わなくなる 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 190
it all gets out: 世間に洩れる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 422
it’s time to get out of here: そろそろ引け時だぜ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 466
is this getting through ... ?: 話がちゃんとわかってるの? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
if you tell a lie and get catch: 嘘をついてばれた場合 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
if sb do not get it straight: ちゃんとしないなら フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 88
if one could get away with it: 口実があれば 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
I will get some place with tablecloths: ちゃんとテーブルクロスのかかったお店でおごってあげる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
I think you could get into a lot of trouble: いろいろと七面倒なことに巻きこまれるかもしれない カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 38
I think we’re going to get on splendidly: これならうまくやっていけそうだ ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 153
I think I get sick of ...: ただ心のそこから〜というものに飽きたみたい 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 145
I think I’ve got it.: いい手がある ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 150
I should get out there: おれもなんとかいけばいいんだが トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
I must get to work!: 仕事に出かけなきゃ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
I have to get myself back into shape: 早く体調を整えなきゃ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 268
I gotta get out of here: 失礼させていただきます タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 245
I got to get with it: こりゃ景気づけさ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 193
I got to get into shape: いちおう恰好だけはつけなくっちゃな カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 193
I get the idea: そういうものかな 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
I don’t quite get sth: (物)はなにかしら トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
I don’t know what got into me: どうしてあんなことしちゃったのかしら プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
I don’t know what got into me: なぜそんな気になったのかはわからない バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 43
I don’t know what’s gotten into ...: 〜は頭のたがが外れちまったようだな カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 101
I don’t get why ...: なぜ〜だ? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 296
I don‘t know what you’re getting at: きみが何を言いたいのか知らない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 228
I’ve still got a trick or two up my sleeve: こっちにだって、あとひとつやふたつは、奥の手が残ってるんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
I’ve got to hand it to sb: どうも(人には)かなわない 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 240
I’ve got to do: あ、わたし〜しなきゃ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
I’ve got this under control!: こっちはちゃんと仕切ってる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
I’ve got something for you: いいものがあるんだ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 131
I’m going to get you for this: お返しはさせてもらうよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
I’m going to get this guy: あいつに一発食らわせてやるぞ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 443
I’m counting on you to get us through: あなた、頼んだわよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 114
I’ll get to bed: 寝るよ、僕は ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 161
I’ll get on it: 責任もつよ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 355
how idiotic can you get: 馬鹿を云うにも程がある 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 170
hope to get a quick answer and go: 早いとこ質問に答えてもらってここを出たい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
help one’s clients to get better: 治したいんだろう? 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 32
having trouble getting to sleep?: 眠れないの? 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 92
haven’t got time to be scared: おっかないなんて思っている暇がないよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 112
have to get back to work: 仕事をしなきゃならない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
have sb all get up: (人に)着飾らせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
have really got it in for sb: インネンになる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 109
have not got very much farther: さほどの進展はない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 61
have not got time to do: 〜する暇さえない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
have not got around to a formal examination: 御診察など、そっちのけだ 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 107
have not been able to get around to doing it once: ただの一度もそんなことをしたことがない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 109
have never gotten around to it: 一度も実行したことはない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 59
have long got on sb’s nerves: とうから(人の)癇にさわっている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 367
have gotten to sb: (人を)たぶらかす バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 89
have gotten the general drift: おぼろげに事情を察する 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 106
have gotten that far in one’s reasoning: 漠然とそう推察する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
have gotten into a bad fight with sb: (人と)大喧嘩になってしまった 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 52
have gotten good at spotting ...: 〜がすぐ判るようになっている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 95
have gotta get ...: 〜がほしいんだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
have got to realize ...: わかってほしいんだけれど〜だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 231
have got to know something’s going on: なにかあるってことには気づいている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
have got to keep sth quiet: 〜を表には出せない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 200
have got to hear: 聞きのがせない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 93
have got to do ...: 〜してるはずだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
have got to be an artist: 画家でないとだめだ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 50
have got the best interests of ... at heart: 心底〜のためを思っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 309
have got someplace with sb: (人と)いっしょにどっかへ行っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
have got some sense: なかなかいいことを言う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 187
have got so much into the way ...: 〜にすっかり馴れっこになる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 22
have got sb with sb’s pants down: (人の)きんたまを握ってる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 168
have got rid of the intolerable fascination of sth’s presence: 〜が(人の)眼の前にあることから生じる耐えがたいばかりの魅力から脱する ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 172
have got over sth: 〜になれっこになる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 192
have got one’s sth: (人に)〜を貸したまま スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
have got it all wrong: ちっともわかっちゃいない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 487
have got enough to do without having to watch sb: (人に)まで気をつかってるひまはない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 276
have got enough problems: いろんなことで頭が痛い レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 96
have got deals with sb: (人と)契約を結んでいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
have got by heart: そらでおぼえている アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 173
have got an awfully soft spot for sb: (人が)気になってる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22
have got a white shirt on and a nice tie: 上等のネクタイを締めたホワイトカラーだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
have got a lot of work to do: 仕事が山のようにある タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 167
have got a lot of options: どうすればよいか、と思っていくつも考えを練っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 309
have got a lot of friends: たっぷりコネをもっている ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 19
have got a look: イイ顔してる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 336
have got a long history of ...: 昔から〜だった ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 87
have got a chip on one’s shoulder about sb: (人に)恨みがある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
have got a chance!: くるかもしれんぞ! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
have got a big day ahead of sb: (人の)身の上にこれからすごいことが起こる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 290
have got a big day ahead of sb: すばらしい一日が(人を)待っている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
have get to brace oneself: 気をしっかりもって スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
have fished without getting a nibble: 竿を出していつまでたってもちっとも魚信がない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 218
have done murder and got away with it: 人を殺しておきながら、つかまりもせずにうまく立ちまわっている アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 218
have difficulty in getting sth away from sb: もぎ離すのがひと苦労だ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 43
hard to get up for ...: とてもじゃないが立ち向かう勇気なんてない ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 204
grown-ups get to have all the fun, don’t they?: いいな、大人はな 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 180
grab hold of everything sb can get: 手あたり次第にかっさらって行く ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 165
got your pitch on it: きみの考えはわかった ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 184
got so frightened that ...: 背筋がぞっとして〜 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 405
got further than sb: (人)より先を行ってる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
got away with it: それでもやってこれた サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 192
got along in ...: (場所で)ちゃんとやってきた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 377
got a lot to do ...: 〜しなきゃならんことだらけだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
got a heavy date: 大事なデイトでもあるんですか フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 60
getting a little more info on ...: 〜について何かがわかる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
gets on me one more time: もう一度ぬかしてみろ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 49
get wise with sb: (人に)へんなまねをする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 125
get what sb think sb want: 自分の好きなようにできる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 154
get what sb be asking for: 身から出た錆 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
get what one want for oneself: 自分のことは自分でする ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 228
get very jolly indeed: 文字どおり「バッチリ」の気分にはまっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
get very good at something: なにかすごく得意な技をもつようになる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
get used to doing: 〜するコツをマスターする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58
get used to ...: 〜になじむ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(