× Q 翻訳訳語辞典
quite   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あまり
   
quite unsuitable: あまり感心しない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 210
あんまり
   
fear it would not be quite civil: あんまり不作法みたいで気がひける ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 166
いっこうに
   
quite happy: いっこうにかまわない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 121
いとも
   
quite elegantly: いともみごとに ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 47
いまにも
   
it quite seems to take one’s breath away: いまにも息がとまりそうだ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 36
うまく
   
can’t describe quite what ...: 〜がなんであるのかうまく説明できない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
うんと
   
quite sarcastic: うんと皮肉な サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 36
えらい
   
take quite a liking to sb: (人が)えらいお気に入り 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 209
えらく
   
take quite a liking to ...: 〜のことがえらく気に入ってる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
かなり
   
be quite familiar with sb: (人とは)かなり親密な間柄だ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 37
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 195
かなりの
   
quite a spectacular: かなりの見もの プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 86
be quite good-looking: かなりの美丈夫だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 51
かなり手きびしく
   
be quite critical of sb: (人の)ことをかなり手きびしく批判する 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 51
がらりと
   
the situation is quite different: 状況ががらりと変わる ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 62
in quite a difference tone: がらりと変わった口調で レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 90
きれいさっぱり
   
quite take off sb’s thoughts from ...: 〜のことなんか、きれいさっぱりどこかへふっとんでしまう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 53
きわめて
   
quite exceptional: きわめて非凡な マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 32
quite dispassionately: きわめて冷静に レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 386
laugh quite merrily: きわめて陽気な笑い声をたてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 66
くらい
   
for quite five seconds: 五秒間くらい アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 372
けっこう
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
この上なく
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 301
ごく
   
quite by accident: ごく偶然のように ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 249
have still been quite young: まだ、ごく若いころである アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 144
be quite a nice ordinary woman: ごくありふれた人のよい婦人だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 158
all seem quite natural: ごく当り前のことに思われる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 12
ごくごく
   
in quite a straightforward way: ごくごく率直に レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 401
さっぱり
   
don’t quite understand what sb is getting at: (人は)さっぱりわけのわからんことをいう ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 241
can’t quite succeed: さっぱりうまく運ばない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
can’t quite make out what’s wrong with it: どこが間違っているのかさっぱりわからない ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 49
しかと
   
make quite certain: この目でしかとたしかめる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 44
しかとは
   
have not been quite sure what to expect at ...: 〜で待ち受けているものが、しかとはわかっていない ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 78
じつに驚くべき
   
quite a trick: じつに驚くべき特技 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 50
すぐ
   
the explanation is quite simple: それはすぐ説明のつくことだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 121
すこぶる
   
be quite a thing apart from normal table manners: すこぶる礼法にはずれている 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 5
すごく
   
quite relaxed: すごく落ち着いて 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 160
すっかり
   
quite satisfied: すっかり安心して ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 25
grow quite dark: すっかり暗くなる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 86
be quite delighted: すっかり気をよくした 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 78
be getting to be quite the New Yorker: すっかりニューヨークにくわしくなった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 380
すばらしい
   
get oneself quite a place: すばらしい場所を見つける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 167
そのもの
   
be speaking quite seriously: 口調もまじめそのものだ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 157
それこそ
   
will be quite a battle cry: それこそ凱歌があがるだろう マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 248
たいした
   
one was becoming quite a fellow: 自分もたいした男になったものだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
make quite a sight: たいした見ものだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
have quite a life: たいした生活の持ち主なのだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
be quite a theory: たいした理論である トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
ただ
   
look quite stupidly at sb: (人の)顔をただポカンと、馬鹿みたいに眺める ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 268
だいぶ
   
put ... quite differently, in fact: だいぶちがう説明をもちだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 282
be in quite wrong with ...: 〜からだいぶ睨まれている ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 138
だた
   
answer that ... quite simply: 単簡にだた〜という 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
ちっとも
   
be quite unimportant to sb: (人が)ちっとも〜に頓着しない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 133
ちょっと
   
quite a way from ...: 〜からはちょっと遠い メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
ちょっとした
   
quite a row: ちょっとした騒ぎ カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 98
quite a building: ちょっとしたビルだ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 235
つい
   
quite forgetful of ...: 〜をつい忘れがちに 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 194
とっくの
   
for quite some time now: とっくの昔から 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 36
とんだ
   
quite a scene one play: とんだひと幕 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 326
どうしても
   
be quite incapable of doing ...: どうしても〜することが出来なくなる 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 7
どうにも
   
be quite ridiculous: どうにも馬鹿馬鹿しい 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 73
どうも
   
do not look quite right: どうもしっくりしない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
なかなか
   
It's quite tiring talking to mice: 鼠と話するのもなかなかつかれるぞ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 241
have the makings of a quite remarkable agent: なかなか得がたいエージェントの素質を持っている イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 209
for quite a while: なかなか 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
be quite a role: なかなかいい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
be quite a powerful speaker: なかなか口達者だ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 14
be quite a mystery man: なかなか謎の人物だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
なかなかの
   
quite an armful: なかなかのグラマー ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 63
quite a sight: なかなかの光景 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 26
quite a boy: なかなかの青年 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 241
なるほど
   
you are quite right: なるほどいわれるとおりです マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 192
なんとも言えなく
   
be quite delightful: なんとも言えなくありがたい ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 131
はっきり
   
quite remember: はっきり思い出す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
はっきりとは
   
can not quite recollect ...: はっきりとは思い出せない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
ひしひしと
   
one’s guilt is still quite real: いぜん罪悪感はひしひしと身に迫る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 228
ひとしきり
   
lie quite still: ひとしきりじっとしている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 138
ぴったり
   
the door is not quite closed all the way: ドアがぴったり閉じていない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
へべれけに
   
be quite drunk: へべれけに酔っている マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 20
ほとほと
   
have become quite weary of apartment-hunting: そんな部屋さがしにほとほと疲れた 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 149
ほとんど
   
be quite incapable of comprehending the fact that ...: 〜がほとんど理解できない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 20
ほぼ
   
feel quite oneself though a bit weary: まだちょっと疲労が残ってはいるものの、ほぼふだんの気力を恢復している アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 111
ほんとうに
   
one be quite incorrigible: ほんとうにあなたにあっては敵わない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 117
look quite insane: ほんとうに狂ってしまったように見える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
I am quite pleased with the promptness with which you attended to our needs: われわれがお願いしたことを早速片づけて下さってほんとうにありがとうございました ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 108
ほんとに
   
be quite odd: ほんとに変だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
be quite liable to die: ほんとにいつ死ぬかわからない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 43
まったく
   
be quite obvious: まったく白々しいばかりだ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 80
まるで
   
quite undeflected: まるで矛先をそらされることなく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
むしろ
   
seems quite relaxed as one stands there: (人の)態度がむしろ落付いている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
もう
   
it’s quite late in autumn: もうすっかり秋だ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 74
もちろん
   
quite serious: もちろん本気だ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 174
もっと
   
have a quite different parentage: 自分の親はもっとちがう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 497
be quite visible: もっとわかりやすい フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 56
もっぱら
   
quite unconsciously: もっぱら無自覚のうちに 鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 90
ゆうに
   
be quite six feet tall: 身長はゆうに六フィート ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 14
よく
   
still do not quite know why: なぜなのか、いまだによくわからない ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
sleep quite soundly: よく寝ている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 123
seem not quite to see me: 私がよくわからないみたいだった カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 23
resemble quite astonishingly: びっくりするほどよく似ている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
can’t quite remember if ...: ちゃんと〜したかどうかもよくおぼえていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
よくよく大した
   
be quite a girl: よくよく大した女だ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 225
よほど
   
Such a gullible cretin would be quite open to any suggestion: もしいたとしたら、よほど暗示にかかりやすいお人好しにちがいない 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 10
よほどの
   
there is quite a contrast between ... and ...: 〜と〜とはよほどの懸隔がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151

ナンバーワン
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81

一向
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 14
何だか
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 93
完全な
   
not quite right, somehow?: 完全な答にはなっていないと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
完全に
   
sb’s behavior never seems quite right to one: (他人の)行動ってやつは(人)には完全に理解できないんじゃないかな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
look quite different: 完全に別物だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 156
haven’t quite imbibed ... spirit: 〜の精神を完全にのみこむまでには至っていない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 63
can not quite fathom: 完全には見抜けない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
be quite dead: 完全に息が絶えている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 215
be not quite evaporated: 完全になくなったわけではない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 459
顔負けの
   
be quite a sth: 〜顔負けの中身だ ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 98
   
quite near the sea: 海へ極近い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
   
be quite bare: 空坊主になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
結構
   
I'm quite used to that kind of stuff from work: 私は仕事上そういうのには結構なれてるし、 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 72
have taken quite a lunch of rust of one’s fingers: 指に積った鉄錆を、結構一食分くらいはペロリとなめてしまう ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 132
catch quite a lot: 結構そこそこの獲物を仕とめる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 179
厳密に
   
実に
   
quite remarkable: 実にうまい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
quite plausible: 実に当を得ている 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 37
充分
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
充分ある
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 137
十分
   
be quite self-possessed: 十分落着いて 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 87
重々
   
be quite aware that ...: (〜は)重々承知のことである 安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 70
少しも
   
quite unremarkable: 少しも人目を引くところのない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 19
少なからず
   
She became quite angry and pouted: 彼女は少なからずお冠になって、つんとしていた 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 124
心から
   
随分
   
used to be quite frightening: もとは随分酷かった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 135
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 32
全部
   
ain’t quite done yet: まだ全部終わったわけじゃない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
相当難儀な
   
be quite a crossing: 相当難儀な渡りになる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 344
多少は
   
perhaps not quite disinterestedly: もっとも多少は自分のほうの魂胆もないわけではない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 141
大した
   
be quite a gal: 大したはねっかえり娘だ ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 62
大分
   
become quite familiar with sb: (人と)大分懇意になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
如何にも
   
quite extraordinary: 如何にも珍しい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 10
別に
   
think it quite acceptable to do ...: 〜するのは別に悪いことでもないくらいにしか考えていない ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 29
満ちる
   
be quite convinced that ...: 〜という気が充ち満ちている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 134
妙に
   
seem quite fond of each other: 二人は妙に仲が好い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151
明らかに
   
quite illegally: 明らかに不正行為だけれど プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
露ほども
   
be quite unrepentant: 露ほども悔いていない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 215

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

when still quite young: 若くして
speak quite sharply: 語調が鋭い
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
sit quite still: じっとしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 158
say quite snappishly: おこったような口ぶりでいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
say quite seriously: 真顔で言う
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 231
say quite agonised: 身もだえしながら頼む
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 124
quite well: 十分に
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
quite vivid: 強烈
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 91
quite unsatisfactory: 物足りない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 161
quite unlike ...: 〜とはずいぶん対照的
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 180
quite true: そのとおり
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 109
quite true: それはそうさ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 197
quite the contrary: そのかわり
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 59
quite terrifying: 人を恐れさせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 91
quite suddenly: いきなり
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 75
quite suddenly: 一気に
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 125
quite suddenly: 急に
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
quite suddenly: 矢庭に
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 359
quite something: かなりのもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
quite so: ご名答
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 27
quite simply ...: 〜というのが本音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 81
quite simply: ずばりいって
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
quite secure: ああ、無事に
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 257
quite profitable: 業績はなかなか良好
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 177
quite pleased: 満足げに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290
quite often: 何度となく
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 10
quite naturally: 当然
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 431
quite miraculously disappear: 嘘のようになくなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 205
quite impossible: 無理な相談
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 117
quite heavily grained: 粒子は相当荒れていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
quite grim really: きびしいといってもいいくらい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 135
quite get ...: マスターする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 327
quite frankly: 正直いって
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 99
quite feasible: 成功確実だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
quite enough: 十分すぎるほど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
quite deliberately: よく考えたうえで
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 143
quite casually: 何の屈託もなく
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 141
quite by chance: 偶然の機会から
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 19
quite alone: ひとりぼっち
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
quite a neighborhood: なかなかの人たちだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
quite a group of ...: 〜は全員
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 86
quite a gal: よほどいい女
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 379
quite a coincidence: 偶然にしては出来すぎだな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 274
quite a challenge: 腕だめしときたか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 81
put on quite an act: 演技する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 198
prove quite correct: 的中する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
not-quite-right laughter: どこかよこしまな笑い声
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
not quite there: 心ここにあらずという風情で
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 88
not quite ...: 〜とまではいかぬにせよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
not quite: そういうわけじゃないが
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
not quite: そうじゃないんだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 90
not quite: どうも〜しない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 222
look quite unperturbed: 澄ました顔をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
look quite startled: 驚いたような様子をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 126
know sb quite well: 顔見知り
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 26
get quite happy: ちょっと酔った気分になる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 298
feel quite lost: 途方にくれる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 180
don’t quite dare: なんとか自重する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
do that quite a lot: よくやる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 201
can’t quite do: ひとりで〜しかねる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 452
behave quite well: (人の)態度は申し分ない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 89
be quite surprised: これは驚きだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 324
be quite something: ちょっとしたものだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
be quite something: 妙だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 38
be quite simple: そうむずかしいことではない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
be quite shrill: わめいていた
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 18
be quite right: いみじくも
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 300
be quite relaxes: 平然としている
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 77
be quite real: 嘘ではない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 214
be quite plain: 単純明快だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 259
be quite impossible: むずかしい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 117
be quite happy: 大喜びしている
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 162
be quite foreign: 尋常ならざる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
be quite exhausted: へとへとに疲れ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 294
be quite embarrassed: 恥ずかしがる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 181
be quite dead: もう死んでいる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
be quite conscientious: 几帳面だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 114
be quite a walker: 足が早い
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 64
be not quite sure where to go: 戸惑う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 435
be in quite a fix: 大変だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
a quite general trick of sth: 〜の定石
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 138
your room isn’t quite ready yet: ちょっとまだ部屋には入れないんですよ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 211
you have to spend quite awhile around sb: 時間をかけなきゃ(人は)わからない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
you almost remember, but not quite: 記憶にのこるようでのこらない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 40
work out quite nicely in the end: 最後はいい終り方をする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 90
with one’s hands and feet quite raw: すぐ手だの足だのを擦り剥く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
will not ever quite leave sb: 一生(人)から離れないだろう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
well of course sb is quite in the mode: (人は)流行の最先端にいるらしい
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 121
utter sth in a reverent and quite sincere way: 〜をおごそかに大真面目に唱和する
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 222
understate by quite a little bit: 周知の事実
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
to be quite honest: はっきり言って
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 268
to be quite frank with you: 正直いって
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 189
this is quite too good to lose: こちらにとっては、またとない機会だ
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 30
this is quite too good to lose: こんなにいい機会はまたとないだろう
this is quite too good to lose: まず絶好の機会だ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 30
things like insect collecting become quite impossible: 昆虫採集どころの話ではなくなる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 118
things are quite different from ...: 〜とは時代が違う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 314
the word haven’t quite gotten out yet: まだこういう話は知られていない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 252
the sky is quite empty: 空にはなんの影もない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 371
the explanation is quite simple: ...: 〜までの事である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
that is quite untrue: そんなことはございません
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 428
that is quite another matter: そういうことなら話は別だ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 46
that is not quite true: この言い方は正確ではない
that’s quite all right, sir: よろしゅうございます
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 92
that’s quite a trick: まるで手品を見るようね
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 241
take quite a few aspirin: 痛みどめをすこしよけいに飲む
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
stand quite still, rooted to the spot: 道ばたに立ちどまる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 227
speak to sb quite firmly: きびしくいう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 261
speak in a tone which is not quite angry: 声に怒りのひびきは混じっていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
sound quite pleased with oneself: (人の)声ははずんでいる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
something quite out of the ordinary is happening: ただごとではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 160
show it quite plainly: それを露骨に示す
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 218
share quite a bit: 相通じるところ少なくない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
shake one’s head quite a lot: よく首を振るくせがある
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 17
seem quite wrapped up in the child: 子煩悩のようだ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 56
seem quite worn out: へたばっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 216
seem quite out of reach: 到底望めないことだ
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 45
seem quite ladylike and refined: おっとりとした品の悪くないひとだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 196
seem quite at ease oneself: 警戒心のなさそうなものなれた落ちつきがある
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 9
sb have become quite emotionally involved in choosing sth: 〜には、(人にも人なりの)想いがこもっている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 195
sb guessed quite differently: (人の)考えは正反対だった
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 117
sb’s good looks are really quite remarkable; everybody notices them: (人の)顔つきの奇麗なことときたら、だれだって目を瞠(みは)るほどだから
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 99
say really quite vulgar things: はしたないことをいう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 223
say in quite good English: 流暢な英語でいう
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 159
remind oneself that for a student one looks quite respectable: 書生としてそんなに見苦しい服装はしていない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 165
quite unduly modest about sth: 〜について異様に控え目
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 248
quite soon after ...: あまり日も経たないころ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 368
quite so much now: さっきほど
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
quite lose oneself in the joy: 歓喜におぼれる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 26
quite deliberately sb ask a pointed question: わざとこういう質問をしてみる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 54
quite an interesting study: いい研究の対象
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 110
quite a lot of weeping and laughing: かなり激しく泣いたり笑ったりする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 263
quite a lot of mischief: まったく罪な男だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 243
quite a good musician: 楽器を演奏させるとなかなかのもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
quite a few years ago: ずいぶん前から
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
quite a family party: 家族はみんなそろって
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 144
quite a day for you: こいつあ、えれえ日だな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
quite a bulky thing to lug around: かさばって運びにくいもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
quite a bit of sth: ふんだんに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
part of sb feel quite sure ...: (人は)頭のどこかで〜を確信している
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
one will be quite spoiled: (人の)美しさも台なしになる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 37
now quite old and past one’s gallivanting days: 年のせいか道楽も下火になっている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
not quite willing to do ...: 〜するのも気がすすまない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
not quite understanding oneself: われながら理解できないことに
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
not quite breaking into a trot: 足早にこそなれ、急いで駆け出したりしない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 293
not quite a relic, but an artifact most certainly: そりゃ遺宝とか聖宝とかまではいかないにせよ、筋のたしかな工芸品なんです
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
none of them look quite right: どれもぴんとこなかった
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 200
never quite sure who sb be: (人を)どう判断してよいかわからない
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 96
never quite join the secular world: 俗世にくみせず
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
need sth quite badly: 喉から手が出るほど〜を欲しがる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 241
need someone quite badly just now: いままさに心からだれかを必要としている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 352
murmur that one is quite sure of that: 小声できっとそうでしょうと答える
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 147
meet up with a priest who quite unceremoniously engages one in conversation: 居合わせた坊主に馴れ馴れしく話しかけられる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 11
make sb quite a recognized character in ...: (場所)でもちょっと顔の売れた男になる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 197
make quite an impression on sb: (人は)会ってぞっこんになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 245
make quite a pair: どっちもどっちだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 184
make quite a pair: 並んでいるとなんだか不思議な光景だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 42
make quite a nice living at it: この手口で、けっこういい暮しをしている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
make oneself quite at home: ごく当り前といった感じだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 102
make off quite unharmed, under one’s own steam: 元気でどんどん逃げだす
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 221
look quite different at close quarters: こうして近くで見るとほとんど別人のようだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 125
look like a woman who is in quite a lot of discomfort: すごくつらそうな顔をしている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
lie quite still looking sadly downward: なんだかしょんぼりした面もちで、やや下を向いてじっとしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 286
let me tell you quite plainly now: 言っておきますけど
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 153
know quite a bit about sth: 〜については深い知識がある
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 319
know quite a bit about ...: 〜についてくわしい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 225
know quite a bit about ...: 〜に関して実にくわしい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 221
it was quite against my wishes that sb do: (人が)〜するというので、つよく反対したのですが
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 116
it takes sb quite a while to do: 短い間には〜できるものじゃない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 165
it take sb quite a while to do: 長いこと〜できなかった
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 163
it makes sb quite invaluable as a companion: それだけでもかけがえのない友だちだ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 169
it looks quite a bit like ...: 〜によく似てるんだな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
it is really quite an extraordinary piece of work: まさに、これはよくできているとしか言いようがない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 364
it is quite possible that ...: 〜してしまうようなことにもなりかねない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 224
it is quite genuine: まがいものなんかじゃありません
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
it is quite a pretty little problem: いささか、おもしろい問題ですな
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 22
it is quite a pretty little problem: いささか興味が湧いてまいりました
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 22
it is quite a pretty little problem: いささか興味のある問題です
it is not quite clear: 判然としない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 352
it is never quite the same: ああはいかない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
it is a narrow lane for quite a way: ずっと狭い道を通る
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 160
it gave me quite a start when I first saw it: 最初、その光景を見たときはどきっとさせられた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
it doesn’t quite jell in your head yet?: ちょっと、しっくりこない?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
it’s quite impossible for sb to do: 絶対に〜するわけにいかない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 161
isn’t quite sure what one meant by that: 本人にもいささか意味不明の返事だ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 153
in fact they make quite a boring fuss: いろいろと、とてもめんどうだ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 38
I don’t quite understand: なんのことかさっぱりわからん
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 278
I don’t quite get sth: (物)はなにかしら
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
I’m not quite sure where that is: そういう場所がどこにあるかはっきりしない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 54
I’m afraid we never give them quite enough: それでもどうやら足りぬらしい
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 18
how expensive nobody quite dares to ask: じっさいにいくらするのか、あえて問いかける客はひとりもいない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 185
hold sb’s hand quite openly: (人の)手を大っぴらににぎる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 44
hesitate, as if one is not quite sure of something: なにか決めかねてでもいるような逡巡ぶりを見せる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 428
heard His Majesty say quite distinctly: 明瞭な御言葉があった
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 319
haven’t been home for quite a while: 実家に帰るのは久しぶりだ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 130
have the looks and feel of a building that doesn’t quite belongs: まわりの建物と妙にちぐはぐだ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 52
have quite made up one’s mind that ...: 〜と信じている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 120
have quite a reputation as ... at school: 〜というのでは学校中の評判だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
have quite a long argument with sb: (人と)さんざっぱら議論する
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 20
have quite a long argument with sb: (人と)ひとしきり言い合いをする
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 19
have not quite made up one’s mind whether ...: はたして〜かどうか決めかねている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 395
have not been quite sure what to expect: 漠然と予期していたにすぎない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
have never seen anything quite like it: こういうものを目にするのは初めてだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 346
have a quite cockeyed view of ...: 〜を斜め上から見る恰好になる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
go quite so well: 無事やりおおせる
go down again quite happy: すっかりまた晴れやかさをとりもどして、階下へおりていく
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 129
give sb quite a start: (人が)ほんとにぎくっとする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 114
give sb quite a beating: さんざん(人を)殴りつける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 213
give off quite a sinister air: 毒気をふりまく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 199
gaze at ... until sb feels quite bashful: (人が)テレるほどしげしげと〜を見る
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 63
gain quite a lot of credit from ...: 〜で点数をあげとく
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 46
for the first time in quite a while: 久しぶりに
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 99
for something quite grand: ちょっとしたご馳走をつくろうと思い
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 104
for quite a while: 随分長い間
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 168
for a quite a while: ひとしきり
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 175
find it quite unthinkable to do anything but do ...: ただひたすら〜することになってしまう
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 130
feel quite happy with the way one’s deduction is going: 推理がうまく運びさうだと内心ほくそゑむ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 83
feel quite a bit better: さっきにくらべると気分はずいぶんマシになっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
eyes grow quite round: 目をまん円く開く
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 8
doing ... is quite beyond sb: (人に)〜できるわけがない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 138
do not quite understand: どうしてもぴんとこない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 238
do not quite know what has happened: なにがなんだか、まるで見当がつかない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
do not quite fall over: なんとか踏みとどまっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
do not quite conceal a certain grim satisfaction: どこか毒を含んだ満足感を隠しきれない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 174
do not mind very much when sb is not quite--always: そのとおりにはいかなくてもかまわない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 63
do not know ... quite as well as one think one do: 〜のことを自分で思っているほどにはよく知らない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
do entertain quite a lot: お客さまはよくする
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 18
did not quite get the sixties: 六〇年代に関与できなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
could be kept quite quiet: 隠密に運ぶことも可能だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 112
come quite close to doing it: あとほんの少しでそうなりそうになる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 144
caress ... with a finger which is not quite steady: ともすればふるえがちな指で〜を撫でる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
can quite easily do: 容易に出来る所作
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 138
can not quite look at sb: 直視できない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 270
can be quite an assault on the nerves: まちがいなく神経を傷つける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
can’t quite make out what sb is saying: 聞き取れない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 52
buckled and quite dead: がくんとくずれて息絶え
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 191
begin quite openly to do: だしぬけに〜しはじめる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 293
become quite violent when one drink: 飲むときは徹底的に飲む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 218
be still quite seriously ill: 病気はかなり重いようだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 96
be sleeping quite peacefully, lying on ones right side: 右を下にし、すやすやと睡っている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 234
be regarded as quite the little shrew: 小さなじゃじゃ馬と見なされる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 61
be really quite frightening: 恐るべき男だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 199
be quite unusual for you: ついぞなすった事もない
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 63
be quite unable to say how ...: 正直な話、どうして〜か、それさえ実はわからない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 130
be quite taken aback: 唖然とする
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 12
be quite sure sb would: 太鼓判押してもいいくらいだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 261
be quite sure of it: 確信があるんです
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 241
be quite sure ...: 〜だと思うんです
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
be quite sure ...: ほんとうに〜だといいきれる
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 114
be quite studiedly ignoring sb: 頭から(人を)無視している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 218
be quite out of the question: 絶対に駄目だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 207
be quite out of question: 〜などとは考えてもみない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 75
be quite ignorant of ...: 〜をほとんど知らない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 191
be quite genuine and distinguished: 偉い立派な
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 357
be quite formidable enough: 容易ならぬ相手
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 505
be quite formal with sb: (人に)対して態度を崩さない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
be quite foreign to sb’s interests: 〜が自分などには縁のないものである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
be quite excessively bothered about ...: 〜に必要以上にこだわる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 268
be quite different from anything one has seen before: 尋常のものではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 420
be quite determined to do: 何処までも〜しようとする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 20
be quite content with ...: 〜に満足している
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 108
be quite conscious that ... would tell them nothing: 〜がたとえだれかに見られたとしても、秘密が露見することはあるまい
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 206
be quite as sure: 確信に満ちている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
be quite as odds with ...: 〜と妙にそぐわない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 205
be quite a step: 前に進んでいる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 103
be quite a regular at sth: (場所が)ひいきでときどき出かける
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 74
be quite a lady: 並みのレディではない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 231
be quite a generous lad: とても気前がいい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 41
be quite a few steps ahead of sb: (人より)だいぶ先行している
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 118
be obviously quite taken with the remark and grin broadly: まんざらでもなさそうに破顔する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 84
be not quite the same as ...: 〜とはわけが違う
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 133
be not quite that simple: どうであろう
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 30
be not quite sure ... at all: 〜かどうかさえ心許ない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 171
be not quite sure ...: うすぼんやりとは見当がついている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 114
be not quite right: 少し閉口する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
be not quite of this world: どこか浮世ばなれした
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 147
be not quite closed: 少しぞんざいに閉めてある
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
be never quite right after that: 結局もとどおりにはならない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 184
be living quite contentedly: 楽しく暮している
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 13
be in quite a state: 大分お冠を曲げている
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 113
be even quite sensitive in some ways: 風流を解する
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 30
be charmingly addled and not quite sure: ささやかな混乱も不安げな様子も、なかなか魅力的だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
be bleeding quite heavily: かなりの血を流している
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 162
be also quite positive as to sth: (物事に)ついて同様のことを確信をもって証言する
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 16
at first not quite sure what one should talk about: 何から話してよいか戸惑いながら
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 179
as though ..., but never quite ...: 〜とみえて〜しない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 6
answer the phone quite quickly: 受話器のとりあげ方はすばやい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
almost, but not quite: もういまにも、しかし危うくこらえて
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 43
almost but not quite beyond the reach of pain: あとすこしのところで苦痛から逃げきれずに
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・解放の呪文』(Wind's Twelve Quarters ) p. 121
almost a hunk, but not quite: 色男と呼ぶにはちょっと難がある
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 55
all this may be quite true and prove to be so: じっさいそのとおりだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 397
quite abruptly: だしぬけに
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 396
be quite acceptable: 異存はない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 8
accomplishes this quite naturally: ごく自然にこれをやってのける
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 128
always be quite an accomplished liar: 昔から嘘つきの名人だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 94
act quite a young: 子供っぽいことをやる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 17
quite ill, actually: それも、かなりお悪いようで
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 320
actually quite attractive in her own way: 何かしら心魅かれるところのある女性
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 173
be charmingly addled and not quite sure: ささやかな混乱や不安げな様子も、なかなか魅力的だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
be quite adept of you: きみもたいしたものだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 180
be quite aficionado for ...: 〜に目がない
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 94
I‘m afraid I don’t quite understand: むずかしくって、お手上げよ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 119
get along quite well: 仲がとてもうまく行ってる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 281
quite take off sb’s attention from the angry brother: (人は)すっかり気をとられ、怒りんぼの兄貴のことなどそっちのけだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 81
Anyway, it's quite impossible for us to accept it: いずれにしても、絶対に受取るわけにいかんです
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 161
don’t quite approve: 釈然とはしない
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 106
have quite a long argument with sb: (人を)つかまえて長々と意見をぶったりする
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
be quite artistically sensitive: かん性
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 44
sb will never believe in sth quite as much as sb believe in A: 心から信じることができるという点でAに勝るものはない
can be able to ask sb for help quite easily by telling sb that ...: 〜と言えば、むしろ(人に)頼みやすい
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 62
used at one time to pull quite a pretty rope: ひと頃はかなりいい腕だったものです
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 32
quite take off sb’s attention from the angry brother: 怒れる兄のことをつい忘れてしまう
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
be quite aware that ...: 〜と察する
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 18
be quite awed at the prospect of doing: 〜するかと思うとすっかり怖気づいてくる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 214
be taken quite off balance: ときまぎしてしまう
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 60
not quite so bald: 髪の毛が少し多すぎる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 275
be quite a practiced bargain hunter: なかなか合理的な買い物精神を持っている
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 99
before sb had quite finished reading sb started weeping, so copiously that ...: (人は)みなまで読まぬ先においおい泣きだし〜
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 251
have begun using ... quite frequently: 〜がこの頃しきりと使われる
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 25
it is quite believable that ...: 〜ことも十分に考えられる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 112
can not quite believe ...: のみこめない気がする
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 55
can’t quite believe sth: 半信半疑である
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 170
be quite prepared to believe that ...: 認めるにやぶさかではありません
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 39
My favor could prove quite beneficial: 私の好意は役にたつよ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 172
bloody fellow becomes quite snotty: ばかに気どってやがる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 139
'Quite so,' Achilles assented: 「そのとおりだ」アキレスがうなずいた
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 61
ツイート