× Q 翻訳訳語辞典
embarrassed   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いささか
   
slightly embarrassed: いささかバツのわるい思いで ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 295
きまりの悪い
   
look embarrassed when I return: きまりの悪い顔をして帰る 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 81
きまり悪そうな
   
continue to look embarrassed: まだきまり悪そうな表情をしている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 58
きまり悪そうに
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 84
ぎこちない
   
manage an embarrassed smile: ぎこちない笑みを浮かべる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 39
はにかんだような
   
offer a small, embarrassed grin: はにかんだような笑みを小さく洩らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 350

間のわるい
   
feel embarrassed or uncomfortable: 間のわるい思いをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
気がひける
   
be too embarrassed to do ...: 〜するのも気がひける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 336
気まずい
   
an embarrassed silence reign: 気まずい沈黙が流れる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 197
気まずそうな
   
have an embarrassed smile on one’s face: 気まずそうな微笑を浮かべる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 217
気恥ずかしい
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 64
居心地の悪い
   
look more embarrassed than anybody: だれよりも居心地の悪い顔をしている ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 273
居心地の悪そうな
   
sb’s embarrassed face: (人)の居心地の悪そうな顔 カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 150
極まりが悪い
   
be embarrassed: 極まりが悪い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
極りが悪い
   
become embarrassed: 極りが悪くなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
戸惑ったふうに
   
Toby shrugged, slightly embarrassed: トビーはちょっぴり戸惑ったふうに肩をすくめた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 223
困った
   
say nothing, smiling slightly in an embarrassed way: 黙って困ったような微笑を浮べる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 326
困惑顔だ
   
He seemed embarrassed: なんだか困惑顔だった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 312
実に辛い
   
be embarrassed to admit ...: 〜といわれると実に辛い 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 49
照れ
   
an embarrassed grin: 照れ笑い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
照れくさそうに
   
smile in a grim, embarrassed manner: 照れくさそうに硬い笑いを浮かべる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 400
照れ隠しの
   
make a few embarrassed sounds: 照れ隠しの音声を二つ三つ洩らす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 30
申し訳なさそうな
   
an embarrassed look: 申し訳なさそうな顔 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 474
切り詰めた
   
be financially embarrassed: 切り詰めた生活をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 171
恥ずかしい
   
be embarrased: 恥ずかしい デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 29
恥ずかしがる
   
be quite embarrassed: 恥ずかしがる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 181

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

merely feel embarrassed: 気恥ずかしい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 20
be embarrassed: 困惑する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 114
smile in an embarrassed way: 照れたように笑う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 312
it is sb’s turn to be embarrassed: (人の)方が少し痛み入る様になる
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 83
feeling embarrassed and annoyed with oneself: 少なからぬ羞恥を自分への腹立ちに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 153
feel guilty and embarrassed: 何となく悪い事でもした様に極りが好くない
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 17
look almost boyishly embarrassed by this mild fun sb’d poke at one: からかはれた(人は)、はにかんだ目つきをする
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 35
answer a little embarrassed: あいまいに口をにごす
池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 21
have become embarrassed and flustered: いささかあせってしまった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
feel a bit embarrassed: いささか気恥ずかしい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 25
mumbled, confused and embarrassed: 戸惑いと羞恥をおぼえながら小さくくり返した
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 14
be embarrassed to death: 恥かしさに堪えられない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 171
be somewhat embarrassed with oneself for doing so: ちょっぴり気がさす行為だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 313
slightly embarrassed by one’s own effusiveness: 余計なことをいったかもしれない、といくぶん戸惑いながら
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 112
be embarrassed by one’s own thoughts: 自分の考えていたことがきまり悪い
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 197
look embarrassed: ぎこちない表情だった
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 300
the cheeks stained with embarrassed pleasure: 頬に、どぎまぎした喜びの色がさしている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 228
replace an embarrassed Director: 窮地に立たされた情報部長を更迭する
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 206
He coughed gently into his hand, as if embarrassed: 虚をつかれたように、ゴーントは手を口にあてがって軽く咳ばらいをした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
looking flushed and embarrassed: 困ったような照れたような顔をして
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 451
smile the embarrassed sb: (人が)きまり悪げに苦笑する
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 104
seem mysteriously embarrassed: なぜか困惑の態だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 306
seem embarrassed: 少し言いにくそうな口ぶり
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 40
sb’s embarrassed expression: (人の)戸惑いした表情
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 139
one’s own thoughts embarrassed one: 気恥ずかしさを覚える
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 46
look embarrassed: 困ったような顔をする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 178
look embarrassed: 迷惑顔
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 102
look embarrassed: 面目なさそうにする
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 57
intolerably embarrassed: そこに居たたまれなくなったので
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 142
in an embarrassed voice: 照れ臭そうに
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 99
I’ve never been so embarrassed: こんなに面食らったのは生まれて初めてだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 232
have been painfully embarrassed by ... at first: 最初のうち(人は)〜するのがなんとも億劫な思いだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
hate to be embarrassed: もじもじしてるのは大嫌いだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
half embarrassed by one’s own enthusiasm: 自分のはしゃぎぶりにいささか戸惑った顔で
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 67
get embarrassed: きまり悪くなる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 407
feel terribly embarrassed by ...: 気恥ずかしくて仕方がない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 217
feel embarrassed in the presence of something she can’t name, something unaccountably sacred: 何かは知れぬ神聖なものに対する得体のしれないきまり悪さが生れる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 144
feel embarrassed: 照れる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 177
feel embarrassed: 心が暗くなる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 96
feel a little embarrassed doing: 〜するのはいささか気がひける
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 114
display an embarrassed grin: 苦笑する
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 18
be very embarrassed: どうしていいかわからない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 91
be too embarrassed to do: 恥ずかしくて〜できない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 267
be obviously embarrassed: きまり悪そうだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 178
be embarrassed with ...: 〜をもてあます
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 75
be embarrassed in front of the huge crowd: 大観衆の前できまり悪い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 191
be embarrassed for the kindly old dollmaker: その心優しい老いた人形職人を哀れに思う
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 29
be embarrassed by the praise: 賛辞にどきまぎする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 366
be embarrassed by ...: 〜が邪魔になる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 538
be embarrassed as hell: すっかり転倒する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 299
be embarrassed: きまりが悪い
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 93
be embarrassed: きまりの悪い思いをする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 79
be embarrassed: まごついちゃう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
be embarrassed: 自責の念にかられる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 279
be embarrassed: 焦る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
be embarrassed: 返す言葉に窮する
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 231
ask quietly, a little embarrassed: ちょっと戸惑いをおぼえて、小声で訊いてみる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 51
a little embarrassed: ちょっときまり悪そうに
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 135
I think she'd only be embarrassed and fluttery: そんなことされたら、あの人、まごついちゃって身のおきどころがなくなると思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
be embarrassed at one’s foolishness: 自分の粗忽を恥ずる
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 132
I then saw that Sensei was grinning, and I suddenly became embarrassed: しかしにやにや笑っている先生の顔を見た時、私は急に極りが悪くなった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 13
horribly embarrassed sb: 当惑しきっていた(人)
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 146
gaze imploringly into sb’s embarrassed face: うったえるように(人の)当惑顔を見る
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 32
sense the stirring of an embarrassed kinship: ある気恥ずかしい同類意識がわく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 335
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!