× Q  ?  翻訳訳語辞典
merely

主要訳語: ばかり(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜したまでである
   
I was merely using the popular name: 一般に通用している名称を使ったまでですが アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 37
〜じゃないかな
   
probably it is merely the effect of ...: たぶん〜せいじゃないかな ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 74
〜だけ
   
merely refrain from attacking sb: 攻撃することをさしひかえているだけだ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 280
〜だけの
   
Merely the fact of their presence, here and nowhere else, was wrong: どこでもない、ここに、それがあるというだけのことがおかしいのだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 118
〜に過ぎない
   
He had merely adopted the same posture today: その恰好を取ったに過ぎまい 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 12
(〜した)なり
   
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 25

かえって
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
じゃ
   
merely writing a letter won’t be enough: 手紙じゃ用は足りない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 113
ただ
   
one’s mouth seems merely to grope: ただ口をパクパクさせて言葉をさがしているように見える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 296
As April passed, he thought it was merely a slow start: 四月のうちは、ただ出足が悪いぐらいにしか考えていなかった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 180
ただ〜したかったまでである
   
I was merely establishing a fact: 私はただ、ひとつの事実を明白にしたかったまでです マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 23
ただの〜だ
   
Merely a guess: ただの推測だ。根拠というほどのものはひとかけらもない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
だけ
   
merely do: 〜すればいいだけだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 485
ちょっと
   
be merely a delayed meal: ちょっとおあずけをされてるんだ ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 42
ちらりとでも
   
had merely announced his plan to the world: この計画をちらりとでも匂わせたら セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 298
ばかり
   
merely give emphasis to one’s misery: 惨めさをつのらせるばかりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 137
be not merely on the grounds of ...: 〜ばかりが理由ではない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 492
a boy with merely a physical edge on his classmates: クラスの中で、体ばかり一足先に成長した大柄な少年 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 54
ばっかり
   
merely because ...: 〜したばっかりに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
ほんの
   
this is merely the beginning: いまのはほんの序の口だ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 77
まったく
   
it is due merely to ...: まったく〜の賜物だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 79

辛うじてかすかに
   
merely smile: 辛うじてかすかに頬をほころばせる リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 60
単なる
   
merely a courtesy: 単なる社交辞令 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 31
黙って
   
merely look at sb: 黙って(人を)睨み返す スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 121

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

not merely pretending: 空寝しているわけでなく 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 42
merely feel embarrassed: 気恥ずかしい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 20
lie merely breathing: 虫の息で横たわっている ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・解放の呪文』(Wind's Twelve Quarters ) p. 117
be merely conjecturing: 臆測の域を出ない 三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 281
sb is merely startled at ...: さすがの(人も)呆れる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 55
say merely for the sake of repetition: 意味もなく繰り返す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 176
one’s eyes are merely skirting along the top of the printed words: 目だけが字面を追っている 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 253
merely looked prouder and prouder: ますます得意そうにそりかえった 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
merely looked at sb: (人を)見たきりだった 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 23
merely flap their wings futilely: いたずらにはたはたとむなしく羽ばたいているだけだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 54
go beyond being merely ...: 埒を越えた 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 251
don’t write ... merely to pass the time away: 酔興に書くのではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
do not think it is merely conceit that ...: 〜はまんざらうぬぼれではないと思う 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 230
be merely possible good comrade: よい戦友でしかない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 402
be merely knocked down: はじきとばされただけで済む 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 327
The President merely exhaled, acquiescing: 大統領は吐息をついて、先を促した セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 172
charge that this is merely an attempt by sb to do: 〜しようとする(人の)魂胆だと僻目に見る向きもある セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 93
His attitude was not merely out of the ordinary: そのさまは常軌を失しているというか 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 251
merely stare blankly: 黙って見返す デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 160
do it merely take cognizance of what passes within the soul: ただ魂のうちに去来するものをのみ感得するのだろうか ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 157
be uttered merely to win sb’s compliance: 単に(人を)説き伏せるためのお題目にすぎない ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 33
so merely confirm a piece of news some secret vein have already received: 虫の知らせでとっくにわかっていることを、ただ裏書きしただけのことだ カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 229
Takichiro now drew designs merely as a hobby or diversion: 太吉郎の下絵は、今もう、趣味か道楽かである 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 32
merely pick at food and eventually ignore it: 食べ物はほんの申し訳につっつく程度で、やがてそれもやめてしまう オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 121
merely examined sb: じっと(人を)見つめているだけだ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 47
merely facts: 単なる知識 ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 93
cannot, of course, be fed merely by sth: 勿論、〜だけで凌げるものではない リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 45
have been merely frustrated: 不満を覚えるだけだ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 87
merely buried under the impedimenta of life: ただ生活上の夾雑物の下に埋められているに過ぎない リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 65
say things merely intended to please.: 調子のいいことを言う 阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 65
tell sb merely as a point of information: そっけない説明をする クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 45
droop merely to suffer and not to propitiate: ただ耐え忍ぶためだけに、うなだれているのであり、決してご機嫌とりのそれではない ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 204
there could be no question of merely ~ing: まさか〜するわけには行かない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 183
Not merely Clara's unfaithfulness: クララの不貞という事実だけではない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 318
ツイート