× Q  ?  翻訳訳語辞典
startled
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
なにかに驚いているような
   
startled eyes: なにかに驚いているような眼つき ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 124

驚く
   
look quite startled: 驚いたような様子をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 126
素っ頓狂な
   
cry out a startled overheartysth: 素っ頓狂な、必要以上に力のこもった声で〜と叫び返す ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 16
頓狂な
   
with a startled exclamation: 頓狂な声をあげて マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 171
呆気にとられた
   
give sb a startled stare: 呆気にとられたように見返す マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 226

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

give a startled look of recognition: おや、という眼をする 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 230
as with startled eyes and lips parted in frightened pleasure: 驚きに眼を見はり、どきどきするような楽しさから、脣をかすかに開けたまま ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 58
be startled and anxious: 動転し、気をもんでいる ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 54
ashamed of being startled: たった今の驚きように照れる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 116
emerge startled and awestruck: 茫然と、畏敬の念さえおぼえたかのような表情を浮かべて出てくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
Lessa complied, but with a startled exclamation, jumped back: レサは言われた通りにやったが、頓狂な声をあげてうしろに跳びさがった マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 171
have time for one startled gasp: あっと息をのむ間に アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 93
look at sb a questioning and rather startled gaze: いぶかしげに、やや狼狽して(人を)見る ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 46
be genuinely startled: 〜は愕然となる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 83
And the gesture so startled him that he did shush: アランはそのしぐさに度肝をぬかれ、ほんとうに口をつぐんでしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
be startled to hear sb sound so harsh: (人の)口調の激しさに呆気にとられる 有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 23
jump, startled as one hear ...: 〜する音におどろかされる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 318
be startled to hear ...: (人の)耳をおどろかす 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 170
Her inconstancy startled him as much as if he had accidentally crushed a flower underfoot: 少女の早い心変わりに、花を踏みつけたようなおどろきだ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 127
look a little startled at what one has done: 自分のしでかしたことに、いささかショックを受けたようだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 195
look almost startled: ほとんど驚愕ともいえる表情で デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 116
sb is merely startled at ...: さすがの(人も)呆れる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 55
something coolly piercing about her beauty had startled Shimamura,: なにか涼しく刺すような女の美しさに驚いて 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 8
be startled by the shining of the sun into the room: 部屋の中に、サッと朝日が射し込んだのに、ハッとなって目をさます ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 28
be startled to silence: おどろいて、言葉を呑む スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
be somewhat startled to do: いささか呆気にとられる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 197
startled back into sth: はっとして我に返る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 42
a startled silence: 唖然たる静寂 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
be startled: 思いがけない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 28
the startled sb: あっけにとられる〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 297
swing round, startled: はっとふりかえる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 160
startled: はっとして 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 225
one was startled by the sound of ...: と、ふいに〜の音がした 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 226
nod, startled: 吃驚して頷く マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 53
look startled: 驚愕の表情が浮かんでいる マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 107
get startled: どきっとする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 38
be startled to hear ...: 〜を聞いて仰天する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 47
be startled to do: 呆気にとられる 有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 23
be startled by ...: 〜でぎくりとする ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 21
be startled by ...: 〜に愕然とする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 296
be startled by ...: 〜を驚嘆の目で見つめている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 234
be startled back to oneself: (人は)ぎょっとして我に返る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 93
be startled: おどろく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
be startled: ぎくっとする 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 70
be startled: ぎくりとする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 7
be startled: たじたじとなる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 129
be startled: たまげて プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 370
be startled: はっとする 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 69
F'lar gave him a startled stare and then threw back his head and laughed: フーラルは呆気にとられたように見返し、やおらのけぞって笑いだした マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 226
Since this was indeed something unprecedented, Honda was startled: これは甚だ異例なことだったので、本多はおどろいた 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses )
ツイート