Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
good

主要訳語: いい(18)   よい(9)   うまい(6)   たっぷり(4)   まっとうな(4)   立派な(4)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
   
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 60

ありがたい
   
ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
いい
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 22
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 236
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 124
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 219
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 308
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 115
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 437
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 278
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 272
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
いいこと
   
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 199
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
いい意味の
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 109
いい子にしてる
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 95
いい線をいっていると思っていた
   
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 160
いける
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 84
うってつけ
   
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 79
うでがいい
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 99
うまい
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 12
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 164
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 223
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 222
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 114
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 22
うまいこと
   
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 51
うまく
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 57
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
うまそうな
   
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 70
うれしい
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
おいしい
   
おかげだ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
おめでたい
   
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 56
おもしろい
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 195
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 150
かなり
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 272
かなりの
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 196
きちんと
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 240
きつい
   
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 279
けっこう
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 159
ごきげんだ
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 318
さすが
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 160
さんざん
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 174
しかるべき
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 355
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 291
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 125
しっかり
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
しっかりしている
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 101
しっくりと
   
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 227
しみじみ
   
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 98
じっくり
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 46
すぎる
   
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 175
すぐれた
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 327
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 292
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
すごい
   
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 196
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 323
すてき
   
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 301
すばらしい
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 129
すばらしく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
せいぜい
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 275
せっかくの
   
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 345
そう
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 379
そうか
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
それなりにきちんとした
   
それは結構
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 109
たいしたこと
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 420
たしかな
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
たっぷり
   
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 294
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 377
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 207
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 127
たのむぞ
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 272
ためになる
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 218
ちゃんとした
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 72
ちょうどいい
   
つっこんだ
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 172
ていねい
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 124
てごわい
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 401
できる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 385
とっくりと
   
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 67
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 144
どえらいこと
   
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 236
どんどん
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 173
なじみ
   
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 96
のんびり
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
ぴったり
   
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 104
ぴったりの
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 205
ほとんど
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 466
ましだ
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 459
まず
   
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 29
まずまず納得のいく
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
まっとうな
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 445
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
まともな
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 178
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 176
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 62
みっちり
   
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 97
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 12
もってこい
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 463
もってこいの
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 320
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 26
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 125
やっと
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 286
やりがい
   
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 13
やり手
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
よい
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 87
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 464
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 592
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
ようく
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 241
ようし
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 225
よかった
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
よかれと思うこと
   
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 109
よき
   
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 9
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
よく
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 465
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
よくする
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
よくできた
   
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 143
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 48
よく合う
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 44
よく出来た
   
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
よし
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
よろしい
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 49
れっきとした
   
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 380
わきまえる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
わるくない
   
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 12

オーケー
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 9
ハンサムな
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
プラスだった
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 509
プラスになる
   
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 265
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 167
プラスの
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428

愛くるしい
   
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 127
安全
   
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 41
医者
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 107
一人前の
   
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 58
一流
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
一流の
   
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 37
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 111
永久
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 284
何よりだ
   
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 311
価値
   
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 25
快い
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
格好の
   
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
格別の
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 50
獲物
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
確か
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 40
確かな
   
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 42
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 221
楽だ
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
楽な気持ち
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 44
感心した
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 419
頑丈な
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 103
喜ばれること
   
嬉しい
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
嬉しさ
   
気の合う
   
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 264
気持ちがよい
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
気持ちよさそうな
   
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 78
気持のよい
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
強い
   
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 76
近しい
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 148
恵まれた
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 20
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 313
敬虔な
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 405
決まってる
   
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 10
賢明な
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 59
元気
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
言うことをきく
   
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 138
古きよき
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 19
誤らない
   
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 96
効く
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 11
効果的
   
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 382
好い
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 215
好ましい
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
好感の持てる
   
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 154
巧み
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 101
巧妙
   
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 186
幸せ
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
幸先のよい
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
高級な
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 301
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 64
最高の
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 92
作物
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 10
使える
   
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 289
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 154
使えるほうの
   
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 93
思い遣り深い
   
旨い
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
耳よりな
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 398
手慣れたもの
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
手頃な
   
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 34
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 103
充ち足りた
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
充実している
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 41
充分
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 192
充分な
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
従順な
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 55
出来のいい
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 236
順調な
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 294
助けになる
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
上々の
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 101
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 289
上質の
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
上手い
   
上等
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 195
上等の
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 35
丈夫な
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 98
情報源
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 28
心持の好い
   
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 15
心正しい
   
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 113
心地よい
   
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 28
心優しい
   
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 146
申し分ない
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 52
親切に
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
進む
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 119
澄んだ
   
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 216
整然たる
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
正しい
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 404
正装
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 34
正当な
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
惜しい
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 70
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 114
絶好の
   
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 137
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 209
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 136
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 329
善である
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
善玉
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
善人
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
善良
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 444
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 407
善良な
   
善良なる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 431
素晴らしい
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 453
素直な
   
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 70
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 70
相当の
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
憎めない
   
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 140
大したもの
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 526
大事な
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
大丈夫
   
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 63
仲良く
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333
忠実な
   
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 78
調子のよい
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
長けている
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 69
痛快
   
通用する
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 153
的を射ている
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 106
適切な
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 18
都合のよいことだ
   
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 105
当意即妙の
   
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 153
堂々とした
   
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 34
堂に入ってる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
得な
   
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 181
得意で
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
熱心な
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
納得のいく
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 343
派手に
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
抜群
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 144
微笑ましい
   
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 17
富む
   
負傷していない
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 244
物知り
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 123
聞き分けのいい
   
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 198
便利だ
   
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 5
万々歳
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
芳しい
   
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 18
豊作の
   
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 58
味方
   
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 5
明るい
   
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 232
模範的
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 284
役立つ
   
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 122
愉快な
   
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 454
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 280
優しく
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
優れた
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 248
優秀
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 136
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
優秀だ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 59
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 59
優秀な
   
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 244
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 415
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 39
有望な
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 50
有力な
   
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 116
裕福な
   
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 449
予定どおり
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 190
要領よく
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 116
利点
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
立派
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 413
立派な
   
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 64
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 94
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 320
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 262
立派な態度
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
立派に
   
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 76
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 100
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
良い
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 348
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 418
良策
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 216
良心的な
   
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 213
老練な
   
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 339
腕きき
   
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 196
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 25
腕のいい
   
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 117
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
腕のたつ
   
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 183
腕の立つ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 16

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without a good fight: 簡単に デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 222
with good care: 用心さえしていれば 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56
was a good guess: 当たった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 298
very good hitter: 強打者 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 35
very good: かしこまりました セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 73
very good: そのとおりですね ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 99
very good: よろしゅうございます ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 90
very good: 上出来 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
very good: 絶品 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
this is not good: まずい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 511
think good thought: 本当に真心がある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 143
the price is good: 割安だ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 164
the greater good: 大義名分 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 306
the good times: 無軌道な生活 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 252
that is good: よしよし、と(人は)うなずく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 354
that is good: 上出来だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
that good: そいつあひどい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 207
that’s very good: よしよし、非常によろしい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
that’s good: ならいい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
that’s good: 立派なもんだ レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 10
take good care of oneself: 節制する ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 150
sth be good: 〜でもかまわない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
sounds good: ふーん 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 95
sb’s good looks: (人が)美しい アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 239
say good luck: (人が)幸運を祈ってます クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 234
resign for the good of the service: 名誉除隊 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 192
receive good service: 丁重に扱ってもらう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 139
really good: 感謝感激 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
real good friends: 大の仲良し カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 192
put up good fight: よくやる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 67
pretty good morale: 士気旺盛だ 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 141
one’s good work: 自分の手際 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 249
one’s good deeds: (人の)善行 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
one’s good days: そんなに痛まない日 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
not too good: どうもうまくいかない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 362
not good enough: そんなことでは足りません クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 429
no good: 役立たず ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 228
manufactured goods: 製品 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 169
make sb better: (人を)矯正する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 192
make good: 一生懸命やる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 32
make good: 出世 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 411
make good: 前向きに考える ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 269
look good: 絵になる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 77
look damn good: すごくカッコいい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 199
local boy making good: 地元の星 デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 178
life is good: いい日々だ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 80
lay for good: これでやっと退散する ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 377
just feel good: ただただ楽しい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 247
jolly good show: こいつは上出来だ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 239
it’s very good: なかなかいける バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 364
it’s no good: だめだよ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 44
it’s no good: 駄目だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 334
it’s awfully good: すばらしい品物 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
isn’t very good: 上出来とはいえない ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 251
in one’s ‘looking goodmode: 颯爽と フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 29
in great good humor: 上機嫌で 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 299
in good time: すばやく 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 99
in good time: 遠からず デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 291
in a particularly good mood: 上機嫌で 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 193
in a good mood: 上機嫌だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
I’m no good: ろくでなし マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 420
hide too good: 隠れたが最後、絶対に見つからない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 88
he’s good looking: いい男だ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 66
have good reasons: 〜するにはそうするだけの理由がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 525
have good looks: 眉目秀麗だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 170
have good imagination: 想像力がある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 308
have good cover: 利点がある デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 403
good solid fun: したたかな意趣返し カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 245
good working order: 威厳 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 10
good work: 慈善行為 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 283
good will: 好意 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
good to hit: 甘い球 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 239
good thought: 真心 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 143
good thing ...: 〜してよかった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 173
good strong padlock: 頑丈な南京錠 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
good strike: 掘り出し物 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 590
good sth: ものは良い 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 132
good riddance: ああ、せいせいした フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 63
good question: さあそれだ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 44
good question: そのとおりだ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 168
good point: そりゃそうだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 12
good people: 善人 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
good old sb: 古狸の(人) バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 309
good news: 吉報 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 280
good mood: 上機嫌 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
good man: いいぞ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
good man: ご名答 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 579
good luck, then: 天に祈るしかないわね デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 510
good luck: どうか、ひとつ、しっかりやってくれ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 101
good luck: 吉 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 184
good looks gender-translated: 彼女をそのまま男にしたような美貌 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
good looks: 美しさ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 170
good laugh: 大声で笑う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 139
good job: よくがんばった デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 435
good intentions: 善意 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 290
good initiative: 気がきく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 156
good in clutch: ピンチに強い ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 382
good idea: いいねぇ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 66
good idea: うん 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 127
you did a good job: よくやった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 61
you’ve certainly done me a power of good: おかげでたっぷり楽しませてもらった ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 233
you’re very good to me: ほんとによくしてもらって スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
would make a good sth: (〜には)こと欠かない 安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 161
would like to keep on the good side of sb: きげんを損じたくない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 227
would it do any good for me to do ...: こうしたらどうかな ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 239
would feel good about us again: またいい関係になれそうだ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 93
working up a good sweat: 働いて汗をかけば 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 105
with a good natured expression: 気の良さそうな 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 54
wish sb good fortune in battle: 武運長久を祈る 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 150
will never amount to anything, for good or for ill: 毒にも薬にもならない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 15
who would be a good choice?: だれを推薦する? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 188
which is well and good until ...: とはいっても 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 46
when the going’s good I want to do what I can: 出来るときにしとかないとね 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
when sb get to a good place to quit: 区切りがついたら 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 112
when in a good mood: 機嫌のいい時は 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
whatever constitutes a good time: どんなふうにお楽しみいただこうと タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
what sb is offering sounds good: (人の)話には魅力がある ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 135
what good will it do now?: 今、それを言ってなんになるんだ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 134
what’s good for one’s body and what is not: 己の身体についての養生法 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 100
weigh more than is good for sb: (人の)体重は適正数値をかなり上まわっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
two good and giving souls: 奉仕の精神にあふれた善人の父と母 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 101
try to get the team off to a very good start: スタートからぶんぶん飛ばせるようにチームづくりをする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 396
too good for this world, like saint: 普通に生きていくには人が良すぎる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 97
too good for him, really: やつには過ぎた女だった ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 23
this seems a good chance to have our embarrassing chat: 言いにくいことを言い出すにはいい雰囲気なんじゃない? デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 173
this place is no good for sb: こんなところにいるとダメだ 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 128
this is quite too good to lose: こちらにとっては、またとない機会だ ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 30
this is quite too good to lose: こんなにいい機会はまたとないだろう ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 28
this is quite too good to lose: まず絶好の機会だ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 30
this is about as good as most people’s memory is: 普通の人間の記憶というのは、だいたいこの程度だ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 386
this bit of spite, as it turned out, do me no good at all: ちょっとした意地わるのおかげで身をほろぼす羽目になる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 47
think that one detects a chord of good cheer in sb’s voice: 声に陽気な響きがあるような気がする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 303
think it is a good idea to do ...: 〜すれば有利かもしれないと考える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
things that should not properly pass through the mind of young lady of good family: あまり良家の子女らしからぬこと 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 196
there was a good reason why ...: 〜べき理由はあった 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 25
there is no good doing: 〜してもはじまらない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 300
there is just no good reason for ...: 〜になるわけないんだがな カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 138
there is a good enough reason to do: 〜せずにいられない理由がある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 72
there are often good reasons for doing: 多くの場合〜するには〜するだけの理由がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 134
there’s one sure rule sb will stick to for good: 〜にも一つだけ、何としても守りたいおきてがある シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 172
the two of them go at it again pretty good: (人と)また派手に喧嘩する フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 460
the results are not good: 結果は芳しくない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 23
the recommendation that have gotten sb out of ... for good: 推薦状のおかげで(人は)〜から永遠におさらばすることができた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
the racket’s too good to last: うまい汁はいつまでも吸えない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 103
the place has a good crowd: 客種が悪くない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
the only good part: せめてもの救い サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 240
the going is not very good right: 戦況が思わしくない ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 55
the chance for doing seems good: これで〜しなかったらどうかしているというものだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 17
the billet is a good one: 割りのいい仕事だ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 67
that would be ruh-ruh-real g-g-g-good: そそそ、それは、めめめ、名案ですね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
that is not going to do sb no good: どうにもなりはしない ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 278
that is no good in sb’s business: それじゃ(人の)ところの商売にはならない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 180
that is a good world, too: それはそれでわるくない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
that is a good thing: だとしたら、うれしい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
that is a good lay of sb’s: (人の)方は大出来だ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 164
that’s when we’ll really find out how good you are: そのときがあんたの腕の見せどころだよ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 195
that’s not so good: 最高ってわけじゃない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
that’s good to know: 勉強になる ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 58
tell sb this for sb’s own good: 老婆心ながら言っとく 新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 101
tell sb that won’t be a good idea: それはやめたほうがいい、と答える フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 42
tell sb outright that ... is no good: (人)の前で〜のことを容赦なくこきおろす ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 175
tell sb a good deal: かなり意味深長だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
take the good with the bad: 幸せも不幸も受けいれる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 231
take jolly good care: せいぜい気をつけてくれ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 107
take good care of yourself: 随分御機嫌よう 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 89
take good care of sb: (人)を可愛がる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 238
take good care of sb: (人を)大事にしてあげる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
take good care of ...: ちゃんと飼う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 107
take another good hard look at sb’s face: (人の)顔を改めてまじまじと眺める 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 255
take a pretty good risk: ひじょうな危険を冒す アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 53
take a good look at the whole motley crowd: 端から端までつぶさに観察する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 173
take ... as a sign of sb’s good intentions: 〜を(人の)誠意のあらわれととる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 64
still it is good practice to say it over: おさらいしておくにこしたことはない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 16
still it is good practice to say it over: それでもここでおさらいするのは悪くありませんね ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
sth has done sb no good: しょうのない〜 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 253
spend some good times with sb: (人)とともにむつまじく暮らす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 57
spend a good deal of that Sunday in an ecstatic daze: 眼もくらむほどうっとりした気分で日曜の午後を迎えている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
sound not too good to be true: 夢のような嘘くさい話でもない ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 135
someone didn’t do a good job: お粗末な仕事だな マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 170
so good at doing: すごく才能がある 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 34
so far, so good: それだけなら何のこともなかったが 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 23
sneak a good look at ...: こっそり〜を盗み見する サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 187
seem to think this a good opportunity for doing: ここぞとばかりに〜する ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 80
seem to think this a good opportunity for doing: これさいわいとばかり、〜する ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 80
seem to me to be a pretty damn good thing: 素晴らしいと思う ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 215
seem to have plenty of good stories: ずいぶん話し上手だ 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 17
sb who always hid so good: 隠れん坊の名人 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 87
sb say sth is real good: (人から)褒められる 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 24
sb might be rather good to do ...: (人に)〜してもらって損はない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 221
sb is not good enough to marry: (人は)結婚相手としては不足である スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
sb is good enough to screw: (人は)寝る相手としてはわるくない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
sb and sb walk out together like good friends: (人と)(人は)仲良く二人でちょいと出かけてくる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 196
sb and sb tell each other their best guarded secrets: (人と)(人が)おたがいにそれぞれ一番の秘密を打ち明けあう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
sb and sb is not on good terms: (人と)(人が)ぎくしゃくした状態だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 540
sb’s reputation is very good: 浮いた噂も聞かない 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 16
sb’s good humour is restored directly: たちまち元の上機嫌にかえる ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 76
sb’s French is not good enough to translate ...: (人の)フランス語力では〜しか訳せない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 337
say in quite good English: 流暢な英語でいう ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 159
run the race as best one can: 全力でレースをたたかう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
run a good risk braining my guest: 客の頭をなぐるというような失態を演じかねない アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 128
ruin sb’s good name: (人の)信用は失われる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 213
ruin a good man’s prospects: (人の)将来がだいなしだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 253
reveal a good deal of one’s bosom in the decolletage: ネックラインから胸がふんだんにのぞく イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 54
regard sb with a good deal of suspicion: (人を)見ると気味が悪い フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 209
really feel good about ...: 本当にほっとした ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
really don’t have a good idea: 〜がどんなものだかうまく思い浮かべられない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 402
quite a good musician: 楽器を演奏させるとなかなかのもの プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
put one’s in good spirits: 胸がわくわくしてくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
put away a good quantity of this drink: あびるほど酒を飲む 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 73
pretty good with sb: (人が)相手だと張り切る レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 74
pretty good at ...: 〜が板に付いた(人) フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 182
ponder sth a good while: (物を)とくと考える ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 93
one’s view of truth-bending is a good deal more lenient than sb: 真実をねじまげるという行為に対して、(人)よりもずっと寛容な見方をもっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
one’s precise, mannerly good looks: (人の)端正な容貌 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
one’s Lion Club Good Citizenship Award: ライオンズ・クラブ功労会員賞 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
one’s credit is good: (人には)信用がある ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 5
on one level sb’s life probably seems to go in good place: (人の)人生は、外目には、けっこう順調にいっているように見えるかもしれない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 547
of all the good days in the year: 折りもあろうに ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 10
not be good for sth: (物事に)差し支える 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 36
not a good sign: こりゃ見込みなしだ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 122
not a good idea: いや、それはまずい ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 63
no more good wishes for one’s family at the closing: 末尾に添えられていた「ご家族によろしく」という結びの言葉も、もはやまったく書かれてはいない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 224
never have a good time of it: ろくな目に遭わない 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 47
never be good at doing: 〜が苦手だ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
need to stay on sb’s good side: (人の)機嫌をそこねるわけにはいかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
much too clever for one’s own good: 利口すぎることがあだになる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 51
moving back for good: 町へもどって腰をおちつける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
might be a good idea to do: 〜してもいいな 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 433
maybe talking might do some good: 話し合いでカタがつくかもしれない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 76
matter a good deal more to ...: 〜にとってははるかに大きな意味を持つ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 23
man who is good at heart and well-intentioned: 心優しい善意の人 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 113
make good one’s negligence: 見立て違いの埋め合わせをする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 98
make good eye contact: 視線がしっかりと合う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 201
make a good laxative: 煎じて飲むと便秘にいい フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 107
made a good catch: ナイス・キャッチ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 334
live generally in good style: 豪勢に生活をはじめる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 170
life looks pretty good to sb: (人にとって)申し分のない人生が始まる ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 41
lie down like a good girl: おとなしく寝てる 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 27
lie a-bed for a good long rest: ゆっくり寝坊をする ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 89
know how to get on a woman’s good side: 女のあしらいがうまい 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
know a good deal about sth: 〜に関しては詳しい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
keep good eye contact: 目をしっかり見つめる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 138
just plain good sense: ごくふつうの分別くさい声 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 386
it wouldn’t do any good to do: 〜させては悪い 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 43
it would not be at all good for me: 僕としては非常にまずいことになる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 253
it would mean only having a good laugh together: 笑い話ですむことだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 162
it would do you good: それが身のためだ ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 110
it would be a pretty good guess that ...: こいつは、まずまちがいなく、〜になるはずだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 250
it would be a good idea to do: 〜するのが賢明だ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 353
it will not do any good to do ...: 〜したって駄目だ 山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 41
it will do sb no good to set do: 〜してしまったら大変だと思う マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 255
it will be a good idea to visit sb’s cottage: (人の)家を訪れるのが得策だ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 52
it was a good time gone bad: 楽しみの度がすぎる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 206
it revives sb a good deal: 〜のおかげで(人)はぐっと元気をとりもどす ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 129
it really is a pretty good joke: どんぴしゃといってもよいくらいのジョークだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 300
it really is a pretty good joke: なかなか上出来のジョークだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 300
it makes perfectly good sense: たしかにちゃんとつじつまが合う バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 356
it just makes good sense: それでいい コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 156
it isn’t going to do no good: そんなことしたってどうにもならねえぞ! カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
it is too good to share with anyone: もったいなくて人には教えられない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 198
it is the best sb can think of at the moment: (人は)他に言葉が見つからない ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 69
it is the best sb can do: (人には)それが精一杯だ ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 243
it is not good practice to do: 〜するようではまだまだ修業が足りない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 7
it is no good talking to sb: (人に)話してもなんにもなりゃしない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 305
it is no good doing: 〜してもまったく無意味だ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 464
it is no good doing: 〜するのはよそう マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 240
it is good to do: 〜してしまうべきだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 331
it is good ...: 〜というのはすばらしいことだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
it is good ...: なんと価値のあることなのだろう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
it is a good day: 陽気がいい レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 43
it felt indescribably good: たまらぬここちよさに 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 197
it doesn’t do any good: ぜんぜん効き目はありません クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 84
it does one no good to do: 〜してもしようがない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 35
it does no good: (物)なんていいわけがないわ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
it’s in awfully good condition: 保存状態はすばらしいんです スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
it’s good and cold: ばっちり冷えている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 34
it’s a good thing sb do: 〜してくれると、とても助かる フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 169
it’s a good idea to do sth: 〜が身のためだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 588
it’s a good idea: 念のためですよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 243
introduce sb to the good things in life: 人生の快楽を教え込む フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 76
in the back where there’s a good view of the ocean: ずっと奥の方の海の見えるところ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 231
in one’s own good time: あわてずに ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 23
in high good spirit: 意気揚々とした気分で スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
in deference to sb’s good mood: せっかく機嫌が直ったことだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 221
in addition to every other good thing about ...: まだいいことがある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 108
if sb is not good directly: すぐにいいお顔にならないと ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 20
if it’s not their idea, it’s no good: ひとが言うことには耳を貸さない コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 190
I think he was just trying to make me feel good: 彼は私に気を使ったんだろう ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 16
I suppose there’s some good reason why ...: どうして〜なんだろうねえ! 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 10
I really don’t think it’s such a good idea for you: ぼく思うんだけどね、ちょっとまずいんじゃない? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『