Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
take

主要訳語: とる(12)   案内する(5)   飲む(5)   取る(5)   受け入れる(5)   聞く(5)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
〜かね
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 123

あく
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 7
あたえる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
いただいてしまう
   
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 210
いただく
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 247
うけとめる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 284
うなずく
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 219
えらぶ
   
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 265
おかす
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 438
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
おく
   
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 91
おぼしい
   
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 295
お連れする
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 45
かかる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 196
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 232
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 116
かける
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 566
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 536
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 223
かぶる
   
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 251
かわって担う
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 40
きく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
くらう
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 213
くる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 187
くれる
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 142
こたえる
   
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 178
こっちにいただく
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 258
さばく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
さらう
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
してみる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
する
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 285
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 17
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
そなえる
   
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 28
たしかめる
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 389
たずさえる
   
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 28
たどる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
つかむ
   
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 91
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 315
つきあう
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
つく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 35
つける
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 166
つまむ
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 233
とっつかまえる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 225
ととのえる
   
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 100
とびつく
   
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 34
ともなう
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 90
とらえる
   
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 10
とりあげる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 514
とる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 77
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 42
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 96
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 58
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 316
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 36
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 64
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
なる
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 220
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 361
にぎる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 278
のがさない
   
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 34
はずす
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 552
ひったくる
   
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 293
ひっぱっていく
   
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 94
ふかす
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 189
まちがえる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 370
むさぼる
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
むしりとる
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 52
むだにする
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 278
めしかかえる
   
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 94
めとる
   
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 59
もちかえる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
もちこむ
   
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 23
もちだす
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
もって帰る
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 326
もとめる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
やってる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 50
やる
   
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 51
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
よく根づく
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 38
らしい
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 53
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15

マイナス
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 250

握る
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 275
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 125
扱う応対をしてくれる
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 31
案内する
   
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 26
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 49
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 16
引き取る
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
引き出す
   
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 53
引出す
   
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 59
飲む
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 550
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 183
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 10
鵜呑みにする
   
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 72
応じる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 140
押収
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 178
我慢する
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 155
懐に入れる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
獲物
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 423
確保する
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 222
勘繰る
   
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 18
慣れる
   
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 199
寄る
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 91
休憩をとる
   
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 103
吸い込む
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 189
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 88
吸う
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 369
吸収する
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 38
曲がる
   
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 32
迎える
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 274
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 277
結果
   
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 223
検挙
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 69
見える
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 177
見ている
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 326
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 146
見てとる
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 146
見てみる
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 246
見詰めている
   
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 77
呼ぶ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
悟る
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 12
向かう
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 260
幸い
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 249
控える
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 305
採りいれる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
採取する
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 11
採集する
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186
採用する
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 96
散る
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 285
賛成する
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 404
使う
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 175
思う
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 162
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 289
指し押さえる
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 337
試みる
   
持ち帰る
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 91
持ち去る
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 316
持ち込む
   
持っていく
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 329
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 211
持って帰る
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
持参する
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 59
時間がかかる
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 250
示す
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 11
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 165
耳を傾ける
   
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 118
執る
   
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 11
失わせる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 449
社長にたてる
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
借り入れる
   
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 12
取る
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 254
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 86
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 46
手にする
   
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 96
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
手にとる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
手を出す
   
首尾よく果たす
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 184
受けいれる
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 231
受けて立つ
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
受けとめる
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 61
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 69
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 115
受けとる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
受ける
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 294
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 161
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 218
受け取る
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 233
受け入れる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 274
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 238
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 534
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
受取る
   
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 167
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 21
受領する
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 218
出る
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 183
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 303
承知する
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 202
乗る
   
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 65
振るう
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
真に受ける
   
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 113
身にまとう
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 207
切り上げる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 158
占める
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
占領する
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 107
選ぶ
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 55
選択する
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
相手にする
   
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 307
送っていく
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
送りとどける
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 130
耐える
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 305
大変な仕事
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 104
奪う
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 13
眺める
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 133
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 10
聴取
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 179
追いこむ
   
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 299
通じる
   
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 69
通る
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
通用する
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 212
呈している
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
盗む
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 11
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
踏み込む
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
読みとる
   
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 27
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 351
読む
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 285
破壊
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
拝借する
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
買う
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 422
剥ぐ
   
発揮する
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 141
抜きだす
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
抜く
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 68
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 94
抜擢する
   
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 123
伴う
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
伴れて行く
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 26
判断する
   
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 140
反応
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 123
費やす
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
必要
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
服用する
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
払う
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 54
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 412
聞く
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 89
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 130
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
返る
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 296
保管しておく
   
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 100
捕まえる
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 37
冒す
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 321
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
銘記している
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
湧きおこる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
容認する
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
利用
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 63
立つ
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
連れていく
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 320
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 120
連れる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 255
賄賂
   
嗅ぐ
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 182
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 222

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you take care: じゃあ元気でな 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 154
you take care: 達者でな デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 437
you take ...: 〜の場合だと サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 246
winner-take-all playoff: 優勝がかかったプレーオフ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 370
taking long breath: 大きな呼吸を一つフーッと吹いて ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 259
take your time: あわてるんじゃないぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 268
take your time: 急ぐ必要はない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 145
take upon oneself: 自分が背負い込む ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 199
take up sth: 〜に凝っている 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 7
take up one’s post: 赴任する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 371
take up ...: 〜をつづける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 159
take up ...: 新しいことを手に染める メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 217
take up: 提訴する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 321
take turns doing: かわるがわる〜をする 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 56
take turns ...: かわるがわる〜する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 138
take to sb: (人に)好感を持つ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 278
take to be: 〜とおぼしい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 118
take to ...: 〜にくりこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 110
take to ...: 〜に案内する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 112
take to ...: 〜に熱中する レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 186
take to ...: 〜に没頭する レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 186
take to ...: (人や物を)気に入る ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 294
take time off: 中休みする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 69
take time doing: ゆっくりと〜する 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 64
take time: おいそれとはいかない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 310
take time: 一朝一夕にはできない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 43
take the wrong turn: 道を誤る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
take the Volkswagen: フォルクスワーゲンをころがしてくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 191
take the track: その道にはいる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
take the risk: あえてやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 382
take the rap: 大目玉を喰う 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 326
take the point: その点は認める ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
take the news: 知る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 17
take the lead: リードをつとめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
take the lead: 先頭に立つ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
take the ground on one’s drive: ダフる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 253
take the field: 守備に散る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
take the biscuit: 図抜ける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 144
take that chance: それくらいの危険は覚悟する ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 239
take sth seriously: (物事を)重視する デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 63
take sth in: さらりと受け止める べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 283
take sth back: 〜をとりあげちゃう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
take sth back: ひっこめる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 62
take sth apart: (物を)解体する 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 17
take sth: (物)だって 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 95
take steps: 手を打つ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 14
take standing room: 立ち見 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
take soundings: 打診を行う ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 423
take some satisfaction: いくらか胸の晴れる思いを味わう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
take so long: 遅くなる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
take shape: 体制が固まる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 30
take sb with: (人を)道づれにする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 195
take sb up on it: 応える デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 137
take sb up: (人の)話に乗る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 277
take sb time: 手間どる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 306
take sb seriously: (人の)訴えをまじめに聞く ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 68
take sb seriously: ちゃんと一人前に扱う応対をしてくれる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 31
take sb seriously: 真に受ける メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 19
take sb out: (人に)おごる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
take sb in: (人を)招く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
take sb in: 入院させる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 65
take sb in: 連行する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 519
take sb down: (人を)連行する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 148
take sb back: (人は)不意をつかれてたじろぐ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
take sb back: もらいさげる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
take sb away: (人を)パクる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 76
take sb away: (人を)引き取る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
take sb away: (人を)奪う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 163
take sb aside: (人の)腕をひく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 95
take sb aside: わきへ呼ぶ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 194
take sb’s word: (人の)言うことを信じる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 260
take sb’s place: (人の)穴を埋める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
take sb’s name: 名前をひかえる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 280
take sb’s measure: (人の)正体を見破る アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 265
take sb’s job: (人を)解任する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 326
take sb’s arm: (人に)腕を絡げる セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 216
take sb: 誘って出かける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
take responsibility: 言質をとる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 98
take responsibility: 手を貸す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 97
take rash decisions: 速断する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 242
take prisoner: 殺さずに拘束する レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 330
take practice strokes: 素振りをくりかえす ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 258
take place: 記録する サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 129
take place: 展開される トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
take place: 展開する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 24
take pictures: 撮影する デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 162
take part: たち会う 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 99
take over sth: 〜を交代する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 365
take over: そのあとがまに〜が座る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
take over: ちょっとたのむぞ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 396
take over: はたらく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 346
take over: 協力する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 200
take over: 取り合う ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 16
take over: 土地をぶんどる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 44
take over: 優勢を占める ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 332
take out of here: 出ていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 146
take out: 切り抜く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 53
take oneself to ...: 〜へ行く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 13
take one step: いいか、一歩でも前に出てみろ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
you take after your father: お前のすることはお父さんそっくりだよ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 90
you shouldn’t take yourself so seriously: 過度の思い込みは禁物だ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 222
you must take note of that: そのことを肝に銘じておくがいい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 125
you let me take sb’s place: あたしに(人の)代役をさせてくれたんだわ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 41
you didn’t take chance: 無理をしてはいけない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
you can take it or leave it: 信じるのも信じないのもご自由に ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 415
you can take a guy: ここにひとりの男がいたとしよう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
you’re going to take care of sb: この人の面倒を見てもらいたい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
you’d swear every thirty seconds took a real-world minute: 時のたつのが外界の二倍も遅く感じられる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
wouldn’t mind taking a risk: こんな危ない芸当をするのを何とも思っていない アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 51
would only take a minute or so: なに、ほんの一、二分ですよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
would not shrink from doing ... if one take it into one’s head: 思いこんだら〜しかねない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 15
would he remember what took place in the relapse?: 当人はですね、発作の間のことを覚えているんでしょうか? ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 35
won’t take no for an answer: 簡単にはひきさがらない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 63
without taking one’s foot off ...: 〜に片足をのせたまま サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 161
with great changes taking place: 騒然として 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 449
with a ten-dollar grin taking up most of one’s face: 十ドル相当の笑顔をのぞかせる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 137
wish to be taken ... for sb: 〜と思われたがる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 446
willing to take any chance: いっさいを賭けてもよい 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 26
will you take ... out of ...?: 〜を〜から出してくれない? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
will not take refusal: いくら断っても引きさがらない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 203
will not take any of ... seriously: まったく〜をとりあわない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 179
while sb eat sth, one take opportunity to explore the house: (人が物を)食べているすきに、家の中を見てまわる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 71
whether it takes place or not: 〜の成否にかかわらず ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
when sb pause to take breath: (人が)息を継いでいるすきに セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 21
what one take for ...: 〜らしきもの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
what is taking sb so long to organize oneself?: いったいあの(人々は)なんでさっさと尻をあげようとしないのだろう? マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 141
what do you take me for: おれはどう見える? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 106
we ought to take advantage of this good weather: こんなに良い気候ですもの、外に出ないという法はありません カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 312
we’ll take care of sth: わたしたちにまかせなさい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 566
was taking a long time to do: 〜は手間取った 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 14
wait to observe and take note of ...: 〜を一目見ようと待ちかまえる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 63
until someone comes to take sb’s place: 手替りがくるまで 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
until it is time to return to ... and take leave of sb: 気がついてみると、〜へ戻って(人を)見送る時間になっている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 109
unless one take better care of oneself: あんまり軽はずみをして 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
turn onto the road that’s going to take one to ...: (場所に)通じる道路に車を乗り入れる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 371
try to take real care: 慎重にすすめる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 313
took me a little while to figure how to do: 〜するにはどうしたものか、ちょっとかんがえたよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 196
to take on sb: (人)との対決 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 224
this is one person who don’t take long to do ...: この女は〜するすべを心得ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
this dialog have taken place at ...: この会話は、〜のそばで進められている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 98
things take on a whole new perspective: 視点ががらりと変わる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 137
Things Take Care of Themselves: ひとりでにカタがつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
the true story begins to take shape for sb: 事態の真相が(人の)前に姿を現す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 98
the tired body takes over completely: 疲れた体が凡てだ リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 13
the things he asked wouldn’t have taken in a kid of two: 奴みたいな訊き方じゃ二つのがきだってひっかからなかったろう シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 41
the taxi taking sb west: 西へ向かうタクシー トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 28
the sobs take sb and carry sb just as they will: 涙は(人を)とらえ、思うがままに(人を)さらう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
the relationship between sb and sb take on its own difficulties: (人と)(人の)関係がいささか気まずいものになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 62
the psychic toll it takes on sb: 錯乱した妄想にとりつかれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
the point was well taken: こいつは一本取られたかもしれない コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 113
the picture on the adultery puzzle is taking shape: 不倫の謎を説明する図がだいぶ見えてきた フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 91
the passion sb and sb bring to their meetings and couplings take on a special intensity: (人と)(人が)会って身体を重ねるとき、そこには特別な高まりのようなものがある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 550
the matter is not one to be taken lightly: 事態は容易ならぬ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 158
the load is not taken off from sb’s mind: (人は)気が楽にならない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 84
the final take on domestic: 国内興収の数字は最終的に〜 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 230
the dream figure take on corporeal qualities: 夢が肉質化する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
the dopers take over: 麻薬の売人たちが幅をきかせはじめる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 231
the dispute was over who had to take the child: 子どもをどっちに押しつけるかで論争する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 51
the crowd take sb through a scene of carnage to ...: (人は)群集に囲まれて流血の巷を通り、〜へ着く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 157
that isn’t taking anything away from sb: (人は)そんなことでビビるような男じゃない ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 60
that could take longer: そいつはちょっと手間どりそうだな ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 141
that’s taken care of: これでもうだいじょうぶよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
tend to take little notice of ...: 〜に関心の薄い 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 142
tell sb to take a walk: つっぱねる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 223
tell sb one will take the name: 〜の名前を教えてくれと頼む トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
taking great care not to do: うっかり〜してはならない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 398
taking advantage of one’s position in ...: 〜に勤めているのを幸いに 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 97
taking a few deep breath: 大きく息をつく フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 14
takes you back to the old days, doesn’t it?: 懐かしいものなんでしょうね 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 29
takes time to front up that much cash: それだけの現金は、右から左というわけにはいかない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
take you from every penny you’ve got: 財産を絞りとってやる ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 203
take yes for answer: 首を縦にふる メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 186
take what you want: 好きなものを買いなよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
take what sb get: 仕方ないことだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 63
take what life has to offer: 人生の現実から目をそむけない ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 39
take very little notice of ...: 〜には耳もかさない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 221
take upon sb as the embodiment of womanly qualities: 女の代表者として( 人を) 知っている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 206
take up with sth: 〜にかかる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 307
take up with someone else: ほかの男と付き合うようになる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 44
take up with sb: (人を)ひっかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 351
take up too much of the sb’s time to ~: (人には)~する時間がない ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 5
take up the study of jewels: 宝石の研究に手を染める ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 199
take up the profession of sth: 〜の身分におさまる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
take up the challenge: 挑戦をはじめる ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 10
take up sb’s tone of ...: (人の)〜の調子に合わせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
take up sb’s offer: (人の)すすめに乗る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
take up residence in the empty field next to ...: 近所の原っぱに巣くっている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 9
take up one’s position on ...: 〜の位置につく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 409
take up one’s lodging under sb’s roof: 泊りこむことになる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 11
take up half a room: 部屋の半分を占領する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 120
take up all one’s time: かかりっ切りになる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 134
take up a senior appointment: 上級職につく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
take up a river: 川をさかのぼる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 173
take trouble to ...: 〜することに心を砕く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 276
take too many chances: ちょっと無防備すぎる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 273
take to tobacco at once: たちまち煙草のとりこになる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 59
take to the sofa: 日がなソファーにしがみつく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 82
take to the cudgel of spiteful words: 軽蔑の言葉を棍棒よろしく振りおろす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
take to strike the final spark: (人の)怒りに決定的な火をつける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
take to one’s heels in one direction: あわてて逃げだす ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 37
take to one’s heels in one direction: あわてふためいて逃げてしまう ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 38
take to one’s heels in one direction: いちもくさんに逃げだす ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 35
take to one’s heels: いっさんにかけだす ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 90
take to one’s heels: 一目散に逃げ出す ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 90
take to one’s bed: 寝たり起きたりになる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 98
take three quick-swinging strikes: 空振りのストライクを三つとられてさっさと引き下がる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 388
take this, for example: 例えば、こんなことがある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 171
take this very ill: ひどく腹を立てる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 99
take this to mean that ...: 〜と解釈する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 252
take this opportunity to ...: この場を借りて〜したいことがある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 41
take this job teaching English: 英文学の先生になる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 270
take this as a good sign: 幸先がいいぞと感じる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 155
take things away from sb: (人のすることを)横取りする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 253
take the wet, dark streets very fast: 雨に濡れた暗い通りをびゅんびゅん飛ばす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 123
take the top off ...: 〜のふたをとりのける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
take the time to light a cigarette: まずはおもむろに煙草をつける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 486
take the time to do: 時間をかけて〜する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 47
take the time for ...: 〜のために時間を割く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 447
take the stairs three at a time: 階段を三段おきに駆けあがる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 301
take the sample case: サンプル・ケースをかかえる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
take the Sabbath seriously: 安息日を厳守する デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 34
take the road that lead past one’s door into town: 家の前をとおる道を町のほうに歩きだす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 128
take the place of drawing one’s gun: 銃を抜く快感にとってかわる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
take the outside staircase up to the second floor: 外階段をのぼって二階へ行く デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 210
take the opportunity to do ...: この機会を利用して〜する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
take the opportunity to do: その機会に〜しておくことにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 396
take the more distant route: 遠まわりをする 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 21
take the liberty of doubting: 失礼ながら疑問がある ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 47
take the liberty of bringing sth: 勝手ながら(物を)持参する ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 192
take the liberty of ascertaining as much beforehand: 僭越ながら、あらかじめ確認させていただいております セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 151
take the leap into ...: 跳び込んでいく 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 80
take the initiative to ...: 自発的に〜する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 407
take the hatchet to sb: 鉈をお見舞いする フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 10
take the goddam hint: ピンとわかる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 35
take the first, long, self-indulgent drag: 最初の一服を思いきり長々と吸いこむ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 416
take the first that comes: 手当たりしだいに抜きとる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 82
take the fall for sb: (人に)かわって泥をかぶる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 62
take the elevator down: エレベーターで下へおりる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
take the edge off ...: 〜の迫力を減殺する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 452
take the drug operation down: 麻薬組織をつぶす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 520
take the day off: 今日だけ仕事を休む 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 201
take the conscious decision to ...: あえて〜する決断をする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 22
take the cares off sb’s shoulders: (ひとの)心配事をなくす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 178
take the cake for being both adorable and odd: もっともほほえましい、そしてもっとも不思議な 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
take the ... pleasure: 〜する楽しみを十二分に味わう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
take such pains to do: ご苦労千万にも〜する イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 230
take such matters very seriously: こういうことを決して軽く見るものではない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 156
take such aesthetic considerations as the color of ... into account: 〜の色合にまで気をくばる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 22
take stock of sb: (人の)様子を観察する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 412
take stock of sb: (誰かを)観察する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 75
take sth up with sb, if you want: 話を(人と)つづけてもらってもいいんですよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
take sth up with sb: (人と)話しつづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
take sth up with sb: (人に)頼む デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 282
take sth to be ...: 〜を〜と受け止める プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
take sth to be ...: 目には〜とうつる。 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 103
take sth out of mothballs: 戸棚の奥から(物を)ひっぱりだす イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 54
take sth out of ...: 〜から(物を)引っ張りだす レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 428
take sth onto one’s cart: (物を)カートに積み込む タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 38
take sth off sb: 横取りする サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 174
take sth into ...: 〜を〜へ運び入れる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
take sth from sb as punishment: 罰として(人から)取り上げる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 260
take sth between one’s fingers: (物を)指の間にはさむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 271
take sth as true: 事実だという結論に達する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 156
take sth as ...: 〜が...として感じられる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
take steps to ...: 〜努力をする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 137
take something out of sb: なんだか腹の底からがっくりくる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 294
take someone with sb: だれかを道づれにする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
take some time to tell sb sth: 〜を話してやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 53
take some time off from ... to do ...: 〜の合い間にちっとは〜をする気になって、〜する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
take some sudden startling control over sb’s existence: 突如としておそろしい力で(人を)支配しようとする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
take some of one’s drink: 酒を一くち飲む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 175
take some graphic pictures: なかなか見事な写真を何枚かものにする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
take some drastic action: 思いきった行動に出る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 227
take some care over one’s appearance: なかなか外観を重んじる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 155
take sips from a cup of coffee: コーヒーを飲む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
take shots at sth: 〜を狙い撃ちする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 291
take ship and leave sb: 舟を仕立てて旅に出る ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 103
take second string in a sb’s set-up: (人が)次の段階に進む フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 76
take sb with one: (人を)道づれにする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
take sb with one: 道連れにする マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 480
take sb up to ...: (人を)〜に案内する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 179
take sb up on sth: (人の)申し出を受ける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 378
take sb up on everything: いちいち突っかかる アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 119
take sb under one’s wing: (人の)保護者の役をかってでる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 388
take sb under one’s wing: 手元にひきとる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
take sb to one’s warm heart: (人に)好意を抱く 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
take sb to lunch: (人を)昼食に誘う ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 37
take sb to bed: (人を)ベッドに誘う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
take sb to be ...: (人が)〜だと判断する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 25
take sb to a football game: フットボール見物につき合う フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 253
take sb to ...: (場所へ)(人を)案内する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
take sb to ...: (人)を〜まで(乗り物で)送る 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 238
take sb to ...: (人を)〜に案内する 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 212
take sb through sth: (物事を)列挙する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 376
take sb through ... briefly: 手みじかに〜をきかせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 274
take sb over the edge: (人の)足を踏みはずさせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 314
take sb over ... anytime: どっちをとるかっていわれたら、迷わず〜をとる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 117
take sb out to lunch: ランチに誘う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
take sb out to dinner: (人に)飯を食わせる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
take sb out to dinner: いっしょに食事に出かける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
take sb out for coffee: (人を)コーヒーに誘う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
take sb on an overnight fishing trip: (人と)一泊二日ぐらいの釣りに出かける 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 237
take sb on a rare fishing trip: 珍しく釣りに連れていく 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 215
take sb off the side: (人を)わきにひっぱっていく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 187
take sb off ...: 〜から(人を)はずす ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 35
take sb more seriously: (人に)一目おく イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 292
take sb longer to do: 〜に少々てこずる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
take sb into the Catholic faith: (人を)カソリックに入信させる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 174
take sb into a room: (人を)座敷にあげる 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 15
take sb in tow: (人を)したがえて出ていく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
take sb in permanently: (人を)引き取る 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 232
take sb in one’s arms: (人を)抱きしめる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 114
take sb in as a full partner: (人を)共同経営者として受け入れる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
take sb for some sort of would-be molester: (人を)痴漢扱いする レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 232
take sb for a walk: (人を)散歩に誘う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
take sb downstairs to the chariot: いっしょに階段を降り、馬車に乗る ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 20
take sb down to zero: まるっきりゼロに戻しちゃう 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 62
take sb down to the water: (人を)水辺に連れ出す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
take sb down a peg or two: (人の)鼻を明かす 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『たった一人の反乱』(Singular Rebellion ) p. 121
take sb down a peg or two: (人の)鼻面ひきまわす 新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 50
take sb down a notch or two: (人を)痛い目にあわせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
take sb by the shoulders: 両手で(人の)肩をつかむ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
take sb by surprise: (人に)とっさには思いがけない 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 197
take sb by surprise: (人には)不意打ちである 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 162
take sb by surprise: (人の)虚をつく 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 104
take sb by surprise: (人を)驚かせる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 319
take sb by surprise: (人を)騙し打ちにする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
take sb by surprise: 不意打ちにあったも同じだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 229
take sb away with one: つれだしてやる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 85
take sb at sb’s word: (人の)言葉をそのまま信じる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 9
take sb at face value: (人を)見かけどおりの人物と思いこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
take sb at a disadvantage: 不意をつく ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 84
take sb along for company: (人の)ことを道づれにする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 215
take sb all in: (人を)観察する 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 64
take sb’s raincoat to the closet: (人の)レインコートをクローゼットにかけにいく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 131
take sb’s place at the microphones: マイクの前に立つ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
take sb’s hand in one’s hand: (人の)手を取る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
take sb’s graciousness as a sign that ...: 〜(人の)寛大さを〜のあらわれと見る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
take sb’s future to heart: (人の)将来を気づかう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 175
take satisfaction in sb’s pain: (人の)苦しみようを見てたのしむ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 151
take roll call at the rally: 集合をかけて点呼をとる オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 112
take quite a liking to ...: 〜のことがえらく気に入ってる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
take proper care of sth: 〜をちゃんとあずかる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 201
take pleasure in ...: 楽しみには〜をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151
take place in phases: さまざまな局面を経て起きる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 364
take place in ...: (場所で)発生する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
take place during those lulls: 客の波がしばしとぎれたときを狙いすましておこなわれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
take part in the conversations: 会話に加わる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 454
take over the whole mess: あとは任せろと胸をたたく ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 294
take over the whole house: うち中にただよう 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 102
take over sb’s mess: (人の)粗相の後始末をする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 187
take over sb’s education: (人の)教育を引き受ける サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 75
take over part of the work: 仕事を分担する 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 45
take over Forces Command: 陸軍司令部に着任する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 35
take out one’s aggressions on ...: 〜を喧嘩腰で攻める タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 150
take out a mortgage: ローンを組む レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 58
take orders from sb: 命令される トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
take only the tool of ...: 〜だけをたよりに フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 263
take only the absolute essentials: できるだけ必要最小限の荷物にする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 135
take only a second to do: 〜するのに何秒とかからない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 153
take oneself in hand: 自分をコントロールする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 218
take ones business elsewhere: そっぽをむく ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 32
take one look at ...: 〜を一目見る 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 66
take one last look at ...: 去り際に〜を名残り惜しげに一瞥する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 94
take one counter and occupy it: 窓口のひとつをふさぐ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
take one’s word for it: 保証してもいい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 20
take one’s time or kid around sounding grouchy: わざとのろくさして、冗談半分に不満そうな声をあげる レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 198
take one’s time going to ...: ゆっくりと〜まで歩いていく フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 236
take one’s time doing: 時間をかけてゆっくり〜する 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 146
take one’s switch to sb: 痛い目に合わせる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 27
take one’s Sunday relaxation: 日曜のくつろぎをたのしむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 446
take one’s sth to ...: (〜へ)打って出る 谷崎潤一郎著 サイデンスティッカー訳 『細雪』(The Makioka Sisters ) p. 106
take one’s station in the business part of the city: にぎやかな通りに陣どる ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 195
take one’s seat in ...: 〜に陣取る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 166
take one’s seat among the dignitaries: 来賓席に腰をかける ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 102
take one’s Saturdays off: 土曜に休みを取る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 348
take one’s pleasure with sb: (人を)犯す レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 245
take one’s pleasure with a wild gimlet eye: ギムレット色の目で楽しむようにみつめている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
take one’s place behind them: 列のうしろに並ぶ フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 16
take one’s own second stab at college: (人)自身もう一度大学をやりなおそうと試みる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 447
take one’s mind off reality: とてつもない空想を誘う フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 227
take one’s mind off reality: 現実を忘れさせる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 225
take one’s mind off ...: 〜から気がまぎれる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 57
take one’s losses casually, however large the stake: 大きな賭けに負けたというのに潔く敗北を認める デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 414
take one’s leave of sw: (場所を)辞する デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 85
take one’s last whimsical decision: 気まぐれのしおさめをする デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 416
take one’s hat off: 帽子をとる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 239
take one’s hands off ...: 両手を〜から離す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
take one’s hand out of ...: 〜から手をひっこめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
take one’s figure back to the brioche: またもやブリオシュをぱくつく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 17
take one’s feet off ...: 足をおろす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
take one’s eyes off sb: (人から)目を離す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 387
take one’s eyes off ...: 〜から目をそらす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 235
take one’s eyes from ...: 〜から視線をそらせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 95
take one’s ease on the sofa: ソファーでじっとしている フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 504
take one’s courage in both hands: 両の手にぐっと力をこめる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 284
take on these pudding-y, plump, vapid, low-class children: うすのろでぶくぶくの育ちの悪いこの娘たちの面倒を見る ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 69
take on the task oneself: その任務を買って出る 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 217
take on the semblance of ...: 〜のように見える ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 47
take on the past: 過去を引き受ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 595
take on the consistency of a kind of muck: 有機物が堆積したようなどろっとした感じがつづく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
take on the burden of sb and sb’s problems: (人と)(人の)抱えた問題を我が身に引き受ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
take on such a disgusting color: こんな嫌な色になる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 190
take on mournful look: 悲しげな色を浮かべる 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 52
take on an importance: 大きな意味を持つ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 8
take on an expected and terrible meaning: とほうもなく恐ろしい意味をもってくる 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 50
take on a slovenly neglected appearance: だらしなく乱雑になる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 67
take on a reckless air: すぐに開き直ったように ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 58
take on a new-found luster: 見違えるほど毛艶がよくなる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 99
take on a life of one’s own: ひとり歩きをしはじめる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 7
take on a double meaning: 裏をもっているようにうけとれる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 18
take on a classic status: 古典的なゆるぎのないものとなる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 92
take off out the back: 裏口からさっと抜け出す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 381
take off one’s necktie: ネクタイをほどく 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
take off one’s apron: 前だれをとく 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 151
take off for ...: (どこかに)高飛びする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 89
take notice of sth: (物事を)感じる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 88
take notice of ...: 〜に関して気をつかう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 205
take note of sth: 〜を気にかける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 254
take note of more and more examples: あるわあるわ実例が次々と出てくる 鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 43
take not the smallest notice of sb or of anything else: (人)にしろ何にしろ、てんで無関心といったふぜいだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 61
take not the smallest notice of sb or of anything else: (人の)こともなにもまるで眼中にない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 60
take no part in ...: 〜とも無縁で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
take no part in ...: 〜に顔を出さない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 15
take no pains to hide one’s thought: 自分の心のうちを隠そうなどとはしない スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 271
take no notice of sb at all: (人の)ことなど眼もくれず スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
take no notice of ...: 〜に取り合わない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
take no notice of ...: 〜をてんからとりあわない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 171
take no more than two weeks: 二週間以内に成果をあげる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 25
take no lasting harm except ...: あとあとまで残るようなひどい傷はほかにはない ル・グィン著 小尾芙佐訳 『