× Q 翻訳訳語辞典
start   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜かける
   
start to amble off: 離れかける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 185
〜しだす
   
start running: この場から逃げだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
〜しにいく
   
start for the telephone: 電話をかけにいく ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 306
〜するようになる
   
start working on ...: 〜に関わるようになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
〜だす
   
rain was starting to fall: 雨がぱらぱらあたりだしていた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 162
〜にかかる
   
They would start as soon as Henriette had finished serving the camion: アンリエットがカミオンの整備を終えたら、ただちに収穫にかかる、と彼は言った メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 221
start cataloging assets: こちらの利点を挙げにかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 174
〜になる
   
start talking about ...: 〜の話になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
〜のきっかけを作る
   
It was Dominic DiMaggio, as much as anyone, who started the Red Sox comeback: レッドソックスの猛追撃のきっかけを作ったのはドミニク・ディマジオだった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 321

あれこれと言い立て始める
   
start in on sb’s sanity: (人の)頭の具合についてあれこれと言い立て始める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
いいだす
   
start discussing plans for ...: 〜しようといいだす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 108
かかる
   
start working on sb’s hair: (人の)髪を梳かしにかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
start tracing: 追跡にかかる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
start right away: 今からかかる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 11
start quartering the area around sth: 〜の周囲をさがしにかかる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 186
start cooking: 料理にかかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 91
かける
   
start to talk baby talk to sb: 赤ちゃん言葉で(人に)話しかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
start the engine: エンジンをかける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 420
start giving one’s heart away again: ようやくまた自分の心を人に与えかける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 76
ぎくりとする
   
The figure started: 影がぎくりとした プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 354
make sb start: (人が)ぎくりとする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363
it gives sb a momentary start and sb jerk: 一瞬ぎくりとした(人は)、反射的に身体をひきつらせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 357
ぎくりとなる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 321
くる
   
start to get real for sb: (人に)とっても現実味をおびてくる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 150
さえずりはじめる
   
the birds start: 鳥がさえずりはじめる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 222
しかける
   
start to get up: 腰を上げかける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
すべりだし
   
get off to a flying start with ...: 〜でのすべりだしはこわいくらいに順調だ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 195
とば口
   
it is a start: とば口についた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 280
とびあがる
   
start violently: ぎょっとしてとびあがる ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 28
とりかかる
   
start doing: 〜にとりかかる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 39
なっていく
   
sb’s life starts to grow wilder: (人の)生活が前にもまして無軌道なものになっていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 367
はじまり
   
seem so fitting to the start of a day: 一日のはじまりにはいかにも好ましい気がする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
はじまる
   
school start again: 新学年がはじまる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
before sth have a chance to start: 〜がはじまらぬ先から クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 584
はじめている
   
start to get a little scared: いささかおびえはじめている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 235
はじめる
   
start up: 泣きはじめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 46
start to go wrong: ぐれはじめる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 180
start pushing buttons: どんどんはじめてください クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 118
start out with sb: まず(人と)飲みはじめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
start hugging: いちゃつきはじめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 189
start going out together: 交際しはじめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
start anew: 新しい人生をはじめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 19
It’s starting to get too cold on the porch: ポーチがぐっと冷えこみはじめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 252
get started: 行動をはじめる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
はっと
   
wake with a start: はっと目があく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 195
realise with a start that ...: 〜とはっと気づく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 115
びくっとする
   
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 114
びっくりして飛び上がる
   
start away: びっくりして飛び上がる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 50
まずは
   
it starts with doing: まずは〜すること ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 467
もちあがる
   
the fights start: 騒動がもちあがる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 93
やる
   
be starting a game of ...: (人が)やろうとしているのは〜というゲーム トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275

ギクリ
   
with a inward start: 内心ギクリとして ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 10
スタート
   
try to get the team off to a very good start: スタートからぶんぶん飛ばせるようにチームづくりをする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 396
start off pretty badly: 〜のスタートにしちゃ、かなりひどい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
pretty great way to start off ...: 最高のスタート タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 210
an unnerving way to start off ...: 〜のスタートとしては消耗な感じ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 210
スタートする
   
start with sb and go on from there: (人)までさかのぼり、そこからスタートする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
start over from scratch: もう一度ゼロからスタートする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 10

音頭とり
   
sb start the custom of ...: 〜を、(人の)音頭とりでひらく ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 59
何かと
   
start gossiping: 何かといいたがる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
解禁
   
the official start of the hunting season: 狩猟解禁 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 216
肝心
   
That's a start: まずそれが肝心 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 17
起こす
   
start a feud with: ごたごたを起こす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
snap inside and start a fit: 急に発作を起こす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 414
起点
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 317
原因
   
don’t remember where the fight starts: 何が諍いの原因だったのか、ちょっと思いだせない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 300
言いだす
   
start all that stuff with sb: (人を)相手にあんなことを言いだす サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 209
向かう
   
start towards ...: 〜に向かう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
start slowly for ...: だらだらした足取りで(場所)の方に向かう カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 288
最近になって
   
start to do: 最近になって〜しはじめる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
最初
   
things go bad from the start: ものごとが最初からうまく進まない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 364
started as something small and harmless: 〜は最初小さな無害なものだった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 173
proved rough from the start: 最初から過酷きわまりないものだった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 390
from the start: 最初から トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
from the start: 最初っから プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
最初の
   
have sth right to start: 最初のカンが正しい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
最初は
   
everyone starts out strangers: だれだって最初は他人 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 117
始まる
   
have just sort of started: 始まりかけてる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
as soon as ... starts ...: ひとたび〜が始まると ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 48
始める
   
start to whimper: しくしく泣き始める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 73
start right in: すぐに始める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
start in: 事を始める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 179
start going out: おつきあいを始める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356
it is starting to get light outside: 空が白み始める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 148
a heavy snow starts to fall on ...: (場所に)雪がしんしんと降り始める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
支度をする
   
go in to start supper: 夕食の支度をしに台所に行く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 73
糸口
   
that is a start: ともかくこれで糸口ができた ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 34
手はじめ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 265
手をつける
   
where to start: どこから手をつけるか セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 143
nowhere to start: どこから手をつけるのか、まるでわからない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 325
手を染める
   
It was beyond him and he was sorry he had started: 自分の手に負えそうもない、こんなことに手を染めたのを彼は悔んだ アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 19
出す
   
start to run: 走って逃げ出す 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 21
start talking in a choked and uneven voice: 苦しい声でつかえつかえしゃべり出す クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 589
出る
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 103
出発
   
take sb in and give sb a new start: (人を)引き取って新しい出発の手助けしてやる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
出発点
   
sb’s marriage has been in trouble more or less from the start: (人の)結婚生活はそもそもの出発点から少なからざるトラブルを含んでいた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 548
初め
   
realize with a start that, until now: そもそもの初めから今の今までずっと〜と思い込んでいた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 133
序の口
   
be just the start: まだ序の口にすぎない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 232
乗り出す
   
start doing: 〜に乗り出す ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 111
蒸し返す
   
are you going start: また蒸し返すの? フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 461
吹き起こる
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 193
切り出す
   
don’t know where to start: どう切り出せばいいのかわからない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 217
先発
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 158
先発する
   
start in the playoff game: プレイオフゲームに先発する ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 19
創業される
   
sth start in ...: (会社が)〜で創業される ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 20
創始する
   
走り出す
   
start violently: 猛然と走り出す ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
着手する
   
start doing: 〜に着手する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 189
突入する
   
start speaking ... style: 〜を思わせる会話に突入する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
発進させる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 354
発進する
   
start with a roar: 大きなうなりをあげて発進する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
発端
   
Maybe the start of the path was in Mongolia: そもそもの発端は、モンゴルか、 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 280
発端となる
   
start the process: すべての発端となる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
皮切り
   
this is just the start: これはほんの皮切りときている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 52
変じていく
   
start to gang up with sb: (人の)味方に変じていく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 21
歩みはじめる
   
start one’s new life: 新しい人生を歩みはじめる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 288
立ち上がり
   
that’s all right for a start: ま、立ち上がりはそれでいいだろう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
a good start: 幸先のよい立ち上がり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
話を切り出す
   
I was sorry as hell I'd started it: 僕はこの話を切り出したことを心の底から後悔したね サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 207
Dr. Burns had started as follows:: バーンズ博士は、話をこう切り出した プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 82

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with a start: はっと思って
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 125
with a start: びくっとして
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 113
with a start: びっくりして
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 48
with a start: 愕然と
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 51
where it started: 出発点
until the season starts: 開幕まで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 163
to start with: まず
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
the light is starting to fade: 夕方だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
starting tomorrow: あしたからの話
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 312
starting to ...: しだいに〜しはじめる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
starting point: 序の口
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 260
starting pitcher: 先発投手
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
starting from ...: 〜を境にして
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 186
start wheels turning: 行動を開始する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 24
start weeping: ぽろりとする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 247
start waning naturally: 自然にすくなくなっていく
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 194
start violently: ぎょっとなる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 174
start violently: びっくりぎょうてん
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 20
start up that ruckus: 騒ぎだす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
start up: ぶつぶつ文句を言いだす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 174
start up: 瞬間
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
start towards ...: 〜へ歩きだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 405
start to speak: 口をひらこうとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
start to smile: 思わずほほえむ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 59
start to say: ぼつりぼつりと口にする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 188
start to say: 言いかける
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 51
start to leave: 帰りじたくにかかる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
start to grin: 思わず頬がほころぶ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 462
start to fall: かしぐ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
start to do: 〜しかける
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 109
start to do: 〜しようとする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 462
start to do: 〜するようになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
start to do: 〜に移る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 465
start to cry: 涙がポタポタこぼれる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
start to ...: 〜しようとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
start something: いろいろと持ちだす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
start something: 引き金をひく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
start slowly: 出足が悪い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 142
start sb thinking: (人に)考えるきっかけを与える
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 258
start reading aloud: 読みあげる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 52
start poorly: 立上り不調だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 158
start over: もう一回やりなおす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 63
start over: 一からやり直す
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 271
start over: 再出発
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
start out: 足を踏み出す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
start one’s windup: 大きく振りかぶる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
start off: 切り出す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
start new: 再出発
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
start moaning oddly: おかしな唸り声を立てる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
start looking around.: そろそろよそをあたりなさい
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 144
start it: 〜の原因をつくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
start in surprise: ぎくりとなる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 192
start getting funny: 態度がおかしくなりだす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 152
start fresh: 一からやり直す
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 13
start fresh: 新機軸を開拓する
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 120
start for ...: (場所)のほうへまわる
start for ...: (場所に)まわる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 48
start folding up: 身を二つに折る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 513
start fire: 引火
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 206
start elementary school: 小学校へ入る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
start dripping blood: ポタリと赤いものが落ちてくる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 161
start down ...: (場所に)足を踏み入れる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
start doing: 〜してくる
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 73
start doing: とたんに〜になってくる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 177
start doing: ぼつぼつ〜する
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 166
start doing: 急に〜になる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 15
start disastrously: 最初から大きくつまずく
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 401
start cross-wiring: 電線をこんがらかせてやる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
start confession: 教会で告解できる年齢になる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
start bouncing roughly: ひどく揺れだす
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
start back: はっとする
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 14
start again: もう一度はじめからいいなおす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
start a program: プログラムを実行する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
start a little: どきりとする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
right at the start: のっけに
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 19
only a start: まだまだほんの序の口
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
now, for a start: ところで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 142
just starting out: 駆け出しの
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 132
it start ...: 出だしは〜だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 47
get sth started: 〜を根づかせる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 359
get started: エンジンがかかる
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 29
get started: 発足
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 267
get sb started: (人に)水を向ける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 276
get sb started: (人を)いたずらに刺激する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 146
get sb started: まぜっ返す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 284
from the start: もともと
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 123
for a start: そもそも
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 288
for a start: なによりもまず
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 67
for a start: 第一
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 253
before one start school: 就学前に
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
at the start of the week: 月曜に
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
a good start: 幸先がいい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 120
within half an hour form the first starting: 三十分ばかりも歩いたろうか
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 291
will start thinking that ...: 〜したかどうか気になっちゃうかもしれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
where did sth start from?: (物)の出どころはどこだろう?
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 283
when one have first started working there: 〜に来たてのころ
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 14
wake up with a start: はっと眼を覚ます
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 104
wake up with a start: 突然ぱっちりと目覚める
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 15
things start to catch up with sb: (人が)切羽つまってくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
things haven’t started off well: どうも幸先が良くない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 507
there have never been any way out to start: もともと出口が皆無だった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
the questions will start: 問題はここからなのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
the one who had started the conversation: 口火を切った張本人
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 117
the hot water starts to fail: お湯の出がわるくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
the doubts start to creep in: 疑いが湧いてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
that’s the way the improvement usually starts: これって、よくなるときのサインなのね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
take a rest prior to start off: 出発間際の一と休みをする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 183
started off with an arresting lead line: ...: 第一行は〜という印象的な書き出しだった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
start writing each other more frequently: 前よりも頻繁に手紙をやりとりするようになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 444
start with an afternoon game: 初戦がデイゲーム
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 274
start whining for a job: 地位地位といってもがき回る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 144
start upright in bed: ベッドでがばと飛び起きる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 288
start up your engines: 位置について
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 247
start up into a half-recumbent attitude: 驚いて半身を起す
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 42
start up a computer: コンピュータを始動する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 247
start toward the door: ドアに歩みよる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 245
start to vocalize without really considering what one is going to say: 何ひとつ思考吟味しないで口にしてしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 235
start to swing one’s bat: バットスイングに入る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 289
start to say something but sb stop one: (人が)なにかを言おうとしたが、(人が)それを遮る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 449
start to say something: なにか言おうとする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 445
start to run out through one’s gate: 走るようにして門の外に出て行く
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
start to remember ...: 〜がよみがえってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 186
start to open the door: ドアに手を伸ばす
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 201
start to one’s stride with sb: また(人と)派手に遊びまわりはじめる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 368
start to mumble something: もごもごと口をひらきかける
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 301
start to move to the door: ドアに向かう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 258
start to leave ...: (場所)を出る
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 216
start to figure out how the real world works: モノゴコロつく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
start to feel one have become a stranger to oneself: あたかも自分が別人のような気がする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 174
start to feel a little more relax: 気持ちもいくらかほぐれてくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
start to feel a little better: 気分がいくらかよくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
start to bowl one’s head off, telling sb one’s sob story: 大声で泣きだし、涙ながらに身の上を話す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 158
start to back toward ...: 〜に向かってじりじりと後退する
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 121
start to act up: 調子が悪くなる
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 46
start the conversation with small talk about the weather: 時候の挨拶などする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 19
start staying away from home so much: うちを出る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
start sb learning the business and helping around the shop at once: 明日からでも店の仕事を憶えさせ手伝わせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
start rumors about ...: 〜という噂の種をまく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 218
start rocking back and forth: ぐらぐらと左右に揺れ動く
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 53
start planning beyond the end: そのゴールの先を考える
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
start out well enough: すべりだしは快調だ
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 109
start out by ~ing in the first place: はじめから〜する
start out as categories to each other: A and B: はじめはA とB の関係でしかない
start out a sane and decent man: 最初は普通の人間だ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 40
start on the hotels: ホテルを順にあたることにする
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 75
start on a sour note: 幸先がよくない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 43
start off the morning with a couple of drinks: 朝、仕事に出る前に何杯か飲む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 243
start life over as a family: 家庭生活を仕切りなおす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 315
start it up again oneself: (人の)ほうから同じ話題をむしかえす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 129
start in on sb: (人に)手荒なことをやる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 264
start groping for ...: そろそろと手をのばして〜を探す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 106
start getting into trouble: トラブルに巻き込まれるようになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 203
start frolicking with sb: (人に)ふざけかかる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
start for the heavens: 空に向かって跳ね上げる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 288
start fixing this mess: なんとか善後策を講じる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 251
start feeling more normal: だんだんもとに戻ってくる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 148
start calling to sb: (人に)電話をかたっぱしからかける
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 26
start calling photo shops: カメラ店に片っぱしから電話をかける
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 49
start bringing up things like that now: 今さらそれを云う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 24
start bleeding at the nose: 鼻血をほとばしらせる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 327
start being a regular duke again: もと通りのまともな侯爵にかえる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 215
start at the beginning: 順を追ってはなす
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 105
start as a disaster: 実に幸先の悪いスタートだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 401
start and gust and veer: (風が)やがてはげしい風となって吹きあれる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 28
start an epidemic of ...: 〜を流行らせる
start an avalanche just by shouting too loud: 大声をあげてなだれをひきおこす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 284
start all over again: やり直せる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 62
start acting as if ...: 〜なのだといわんばかりの態度をとるようになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
start a one-woman campaign: たった一人で立ち上がる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 180
start a new life as a farmer: 農場を経営して暮す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 484
start a desultory game of solitary pool on the sb table: (人の)ビリヤード台でひとり気まぐれに玉を撞きはじめる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 337
someone mischievously starts doing ...: たれの悪戯であろうか、
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 65
so as a child one started to weigh one’s behavior: そんなわけで(人は)ほんの小さい時から、自分のふるまいをかえりみる癖がついた
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 1
so ... that you start hoping the meal might be on sb: この食事は(人の)おごりなのかとこっちに希望を抱かせるほど〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
see sb start to grin: (人の)顔に笑みが広がりはじめる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 58
say, starting for ...: 〜に足を向けながらいう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
rise oneself with a start: ハッと夢から醒めたような顔をする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 376
quickly start on a new topic: 引っきりなしにしゃべる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
practically start from scratch: ほとんど全部、再測量する
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 14
players on the starting lineup for sth: 〜のレギュラー
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 32
people, start pouring into the street from every doorway: 街のすみずみから人がわらわらととび出して来る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 68
one’s stress starts bleeding off: 忿懣も堰を切って流れ出る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 486
one’s heart starts to beat faster: 胸の動悸を覚える
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 75
one’s heart starts pounding strangely: 怪しく胸騒ぎする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 246
one’s eyes almost start out of one’s head at the mere mention of the word “...”: 〜というだけで目の色を変える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 27
need to start doing: さっそく手をつける
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 166
must have seemed so uncomplicated when it stared: すんなりと始まったにちがいない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 362
might have been pretty when sb started out: かつてはまんざら愛敬がないでもなかったろう
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 35
make a successful start: 出足は好調だ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 257
make a good start for now: 軌道に乗っている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『燃えつきた地図』(The Ruined Map ) p. 51
let the thing start rolling: 最初にことわる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 143
let’s try to make a fresh start: もう一度やり直さないか
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 89
know at the start of ...: すでに承知ずみ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
just as it started to get dark: あたりがうっすらと暗くなった頃
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 146
it is too late to start a new life: これから生活をやりなおすというのは、もう手おくれだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
it is a very small thing that starts it all: きっかけは些細なことだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 124
it gave me quite a start when I first saw it: 最初、その光景を見たときはどきっとさせられた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 403
in silence one start to walk towards ...: それぎり話を切り上げて(場所)の方に足を向ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 242
immediately start telling sb about ...: たちまち〜を勢い込んで話しだす
if sb start something: ちょっとでも妙なことをしてごらん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
I guess I better start asking around about sb: そろそろ(人)本人のことを聞かせてもらおうかな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
I’m not sure when I started to do: はじめて〜したのはいつだったろう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 182
have Western District start shaking AA down: 西署に行ってAAを片っ端から洗わせる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
have the start of sb: 先まわりされる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 278
have started from ...: 〜から立身出世した
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 60
have not started a moment too soon: これでも、危うくたちおくれになるところだ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 48
have just started work: 新入りである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
have just started to drink: 飲物に口をつけたところだ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 39
had felt it was a mistake to start: 〜はまちがいじゃないかという気持ちが(人)には最初からあった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
give sb quite a start: (人が)ほんとにぎくっとする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 114
give a violent start: ぎくりとする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 117
give a violent start: はっとする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 98
give a violent start: びくっとする
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 114
give a great start of fright: はっと肝をつぶす
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 145
get the car start again: エンジンをかけなおす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
get off to quite a decent start: すべりだしは上々だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 154
get off to a slow start: なかなか軌道にのらない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 243
get a new start: 気分を新しくする
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 111
gave a violent start and stared in bewilderment at sb: おどろきのあまり、(人を)まじまじと見つめた
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 204
finally start to push against each other: 生活が押し合いへし合いになってくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 56
feel a fear starting in sb’s limbs: 恐怖が(人の)四肢を脅かす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
dread starting all over: また一からやり直すのは気が進まない
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 136
don’t want to start chewing on sth again: 〜をむしかえすのはごめんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
do ... for another start: 〜し、つぎのレースにそなえさせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
come out of one’s doze with a start: ぴくっとして居眠りからさめる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 203
come out of jail with a start on a good career and a new life: 刑務所を出てまっとうな職を手にして、人生をもう一回やりなおす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 445
better start thinking of doing: ぼつぼつ〜しよう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349
be starting to look true: それほど的外れではなかったようだ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 113
be starting to do ...: 〜しかけてきている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
be starting to ...: 〜してくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
be off to a grand start: 大鳴物入りだ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 207
be off to a bad start: 最初からこれでは先が思いやられる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
be knocked down and out beyond where it started: 押し流されて、出発点よりももっと遠くまで運ばれてしまう
be just starting up: 曙光がさしかける
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 284
be just starting one’s career: 就職をひかえた
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 197
be just start to do: 〜したばかりだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 261
be all very well for a start: 立合いの先制攻撃としてはなかなかの効果をあげたといってよい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
be a wonderful man for starting a chase: 獲物を追いかける名人だ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 80
be a slow start: 出足が悪い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 180
be a fool to destroy the best chance one have ever had at a second start: 人生をやりなおす絶好の機会を、愚かにも棒に振る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 456
all unconsciously, one start doing: 思わず知らず〜している
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 172
... will do to start: まず〜だけでいい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 48
how about that Thursday-night A.A. meeting over in Greenspark for a start: 手はじめにアル中更生会なんてのはどうだろう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
start afresh: 出直す
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 383
it is sloppy work to start thinking ahead of oneself: 考えが先走れば失敗を犯しやすい
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 22
start mouthing anxiously: 必死に口をもごもごさせはじめる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 437
start singing anyway: かまわずうたいだす
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 256
I'm going to have Western District start shaking them down anyway: 一応西署にいって、浮浪者を片っ端から洗わせましょう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
start to feel ashamed of one’s body: 裸のじぶんにひけ目を感じる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 81
at the start of the war: 開戦と同時に
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 167
start off slowly, at one’s own pace: あせらないでゆっくりはじめる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 192
start awake: 眠りからさめはじめる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
if sb start thinking of all the everyday necessities there is no bloody end: こまごましたものなんて考えだせばキリがない
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 12
something start bugging sb: なにかが気になりだす
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 434
start building a monitoring system: 監視システムの構築にとりかかる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 39
start a running line of chatter: 世間話を始める
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 109
start to claim one is a socialist: 社会主義をもって任じだす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 164
start with a clean slate: 新規蒔き直しに始める
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 176
start to come away: ぐらついている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 128
start to make a wiseass comment: サビのきいたしっぺ返しを口にしかける
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 50
with a considerable inward start: 内心すくなからずギクリと
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 10
tell a perfectly consistent tale from start to finish: 話は、最初から最後まで首尾一貫している
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 180
matters start getting out of control: 事態が手に負えなくなりはじめる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 337
start to get defensive: 弁解がましくなる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 288
start one’s delicate minuet to do: なれた手順で鮮やかに〜する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 127
start denouncing the King: 王様を声高にののしりだす
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 35
ツイート