Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
blood

主要訳語: 血(30)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 346
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 128
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 515
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 58
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 418
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 571
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 19
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 332
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 481
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 15
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 466
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 85
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 457
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 67
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 34
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 40
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 314
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 306
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 129
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 17
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 62
血しぶき
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
血の色
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 228
血の跡
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
血を分けた
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 488
血液
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 11
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 10
血縁
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 85
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
血糊
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 257
血行
   
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 101
血痕
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 274
血潮
   
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 39
血流
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
充血
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 211
出血
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 141
身内
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 326
赤いもの
   
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 161

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

young bloods: 若者たち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
strain blood vessels: 血管を浮かせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 39
sth make the blood come to one’s head: のぼせる 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 10
sb’s blood boils: 腹の中が煮えたぎる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 126
one’s blood boiling: 躯の芯のところから、ふつふつと湯がたぎるようにたかぶってくる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 198
one’s blood beating: (人の)鼓動 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 423
one’s blood ally: (人の)血縁 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 158
old-line blue bloods: 由緒正しき家柄の者 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 36
in cold blood: 平然と ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 170
in cold blood: 落ち着きはらって ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 374
in cold blood: 冷酷無惨に ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
blood shed: 流血 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 249
blood money: 貴重な勤労所得 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 221
be covered with blood: 血だらけ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 40
be blessed with noble blood: 貴族の出 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 319
bad blood: 確執 デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 59
the killing of sb in cold blood: 血も涙もなく(人が)殺されること ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 183
the bad blood between sb and sb: (人と)(人の)あいだの敵意 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 177
take blood for the usual battery of tests: 通常の各種検査のため採血する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 189
such exchanges sound fatuous in cold blood: こういうやりとりは、しかつめ顔でいうと滑稽にきこえる ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 109
she is still flesh and blood: やはり生き身の女だ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 81
persons with no blood relationship to oneself: 血縁のない人 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 33
murder sb in cold blood: (人を)嬲り殺しにする エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 217
make sb’s blood boil: 顔から火が出る思いだ 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 369
make one’s blood run cold: 肝を冷やす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 231
kill a man in hot blood: かっとなって人を殺す セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 162
it is asking too much of flesh and blood to expect sb to do ...: (人に)〜させようというのはできない相談だ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 162
have blood in my eye: 明らかに殺意がある ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 15
have all the staff related to one by ties of blood: one big, happy family: 一族郎党の医者で固めてゆく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 29
feel the blood rushing to one’s head: 頭のなかが、ふくれ上ってゆくのが判る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
don’t want any bad blood to stay between one and sb: (人)としても(人と)のあいだにしこりを残したくない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 345
don’t tell me it’s in the blood: これも血筋かしらねえ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 234
do with an infusion of fresh blood: 新陳代謝を計る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 286
be out for sb’s blood: (人を)目のかたきにして ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 414
be full of blood: 真赤に紅潮している カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 32
adjust the drip-rate on the blood bottle: 点滴速度を調節する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 191
a blood test after ...: 〜のあとの採血 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
翻訳訳語辞典で経済金融・証券会計訳語辞典も引ける広告なしの Pro版発売中!
ツイート