× Q 翻訳訳語辞典
blue   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ぽっと
   
step into the blue: ぽっととびだす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 285

ブルーの
   
bright blue eyes: 澄んだブルーの瞳 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 188

   
dark blue: 濃紺 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 56
紺の
   
be dressed decently again, in a tie and blue blazer: 今日はまたネクタイに紺のブレザーという、まともな格好だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
水色の
   
blue eyes: 水色の瞳 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
制服
   
be wearing blue: 制服を着ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 211
   
police blue: 警察色の青 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
青い
   
a lick of blue fire squirts out: 蛇の舌のような青い炎がぼうっと噴き上がる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
a baby with large blue eyes and an inviting face: つぶらな青い瞳の、あどけない顔をした赤ん坊 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 142
青空
   
drive down out of the blue: 青空から舞いおりてくる ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 94
青色
   
the dazzling blue of the sky beats against sb’s face: 青空の色が痛烈な色を(人の)顔に投げ付ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
蒼い
   
the sky is so blue that it seems transparent: 蒼い透き徹るような空 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
the sea stretches, wide and blue: 広い蒼い海の表面 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
碧く
   
its blue brilliance is painfully dazzling: くるしいほど碧く光る 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 40
碧色
   
still blue eyes: 碧色をひっそりとたたえた目 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 173

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sky’s deep blue: 群青の空
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 154
sail into the blue: とびだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 505
purplish blue gentians: 紫のりんどうの花
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 74
out of the blue: いきなり
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
out of the blue: とつぜん
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 153
out of the blue: 唐突に
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 241
out of the blue: 突然
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 57
out of the blue: 突如
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 120
out of blue: 藪から棒に
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 11
old-line blue bloods: 由緒正しき家柄の者
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 36
make sb blue: (人を)憂鬱にさせる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 177
limpid blue eyes: 薄青色の目
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 27
blue and white: 蒼白の
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 129
be blue blood: 由緒正しい家柄の血が流れている
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 47
arriving out of the blue: 唐突な
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 188
what in the blue hell is sb doing ...: (人)の野郎、いったい何様のつもりで〜したんだ?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 343
turn up out of the blue: 突然あらわれる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 43
this bolt comes from the blue: 青天から霹靂が降る
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 92
the wide sky stretches blue and bright: 大空が青あおと晴れ渡っている
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 73
the sky is so blue that one filled with a sense of well-being: 晴れた空が身に沁み込むように感ぜられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
the deep blue sky: 濃い鋼青の空
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 69
the call came out of the blue: 電話が思いがけずかかってきた
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 65
talk to sb until one be blue in the face: これだけ口を酸っぱくして言う
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 172
sth, coming out of the blue like that: そういう突発事件
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 98
step into the blue: ひょいと消える
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 179
sky breaks up into long steaks of blue: 雲の切れ間から青空が覗く
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 447
say out of the blue: なんのつなぎもなしに言う
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 67
pop right out of the blue: 〜はまさに青天の霹靂だ
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 52
out of the blue: なんの脈絡もなく
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 233
out of the blue: 突然何の前触れもなしに
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 45
have written some fiction when he isn’t in a blue funk: 冴えない生活のあいまに小説を書きためる
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 3
feel so blue all of the time: いつも暗い気分になる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 129
feel blue as hell: 無性にわびしい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 238
come like a bolt from the blue: まったく意外だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 46
beat sb black and blue: (人を)なぐってあざだらけにする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
beat sb black and blue: こてんぱんにやっつける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 203
bang the ball off ... like a storm of large blue hail: 〜へたたきつけた球を雨あられと降らせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
against the blue of the sea: 青い海を背景にして
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 21
a boundless blue almost transparent: 限りなく透明に近いブルー
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 149
look at sb with amusement in one’s blue eyes: 青い目にからかうような色を浮かべて、(人を)見つめる
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 290
His ancient blue blazer was frayed at the elbows: 古ぼけた紺のブレザーは肘のあたりがすり切れている
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 52
one’s dark-blue eyes are even darker in anger: 濃いブルーの瞳は、怒りに燃えていよいよ色を深めている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
awesome blue flash: 怪しげな青い炎
azure-blue:瑠璃色
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 416
open one’s large baby-blue eyes very wide indeed: 大きな水色の眼をまんまるに見開く
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 63
a skinny guy with a bad haircut and an equally bad blue suit: ぎとぎとの髪型で、よれよれのスーツを着たやせっぽちの男
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 303
you blue-arsed bastard: 青い服着てるからって、威張るんじゃないよ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 76
a belch of blue smoke: 青い排気ガスをどっと吐きだす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
The blue sky above, the tremendous seas below: 頭上は青空、眼下は荒れ狂う海
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 127
blue-eyed:碧眼の
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 61
a blue-ribbon commission report on sth: 〜に関するすぐれた委員会報告
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 36
bright blue sky: まっ青な空
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 300
bruised, black-and-blue body: 青黒い傷だらけのからだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
But nothing fell on him and nothing closed off that little circle of blue: でも結局のところ何も落ちてはこなかったし、何かがその小さな青い円をふさいだりもしなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
black eyes meet candid blue ones for a long moment: 黒い目が純朴な青い目をじっとのぞきこむ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 135
the carpeting is wall-to-wall and blue: 敷きつめられた絨毯の色はブルーで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 70
blue chambray shirt: 霜ふりの青いシャツ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
blue chasms which go down and down into some horrid indigo eternity: 底なしの青をたたえた恐ろしい深淵
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
a piercingly clear blue sky: 堅く澄わたった冬空
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 97
as if a cloud of great blue-flies were swarming about sb: まるで(人の)身辺から雲霞のごとくあおばえどもがわき立ったかのように
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
puff out a cloud of blue smoke: 青いけむりをふうと吐く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 17
the sky is blue and cloudless: 空が青くすみわたる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 18
He had coaxed an exquisite blue caterpillar to climb aboard a twig: ダヘーアは、途中で拾った小枝の切れはしにきれいな青い色をいた毛虫をおびき寄せてのせていた
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 242
come out of the blue: 降って湧く
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 213
grab at the crumpled blue dress at one’s feet: 足元に丸まっていたブルーの服を拾いあげる
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 29
in the blue shade of the forest depths: 林の奥の薄青い木陰
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 163
blue depths: 奥ぶかい空の青み
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 47
the muscles of sb’s well-sculpted arms can be discerned even beneath sb’ blue robe: 紺色のローブを通して隆々とした筋肉がうかがえる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 263
be dusted blue: 青い粉がかけられている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
From somewhere a blue glow shone, picking out cuffs and collars eerily: どこからかぼーっと青い光がさして、カフスやカラーを気味悪くうきあがらせていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 296
study sb with one’s sharp blue eyes: 鋭いブルーの瞳でじっと(人を)見る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 110
piercing blue eyes: 人を射抜くようなブルーの瞳
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 45
Before long, the window was faintly tinged with blue: やがてぼんやり窓に青味がさしてくる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 30
fair blue silk: 派手な青絹
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 204
faraway blue eyes: 茫洋としたブルーの目
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 238
exchange one’s blue dress and flats for ...: ブルーのワンピースとパンプスを〜に替える
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 48
blue flicker of sth’s waving, fiery claws: めらめらと燃えている手の青い火
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 53
one’s blue gaze: (人の)青い目
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 300
the blue glimpse of the Lake Shining Waters: 「輝く湖水」の青いながめ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 161
a blue glow shine: ぼーっと青い光がさす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 296
brown hair lank over groggy blue eyes: 茶色の髪がどんよりした青い目におおいかぶさっている
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 80
a half-seen blue in the darkness: 薄闇におぼろな青い艦影
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
one, blue cap in hand: 青帽をわしづかみにした(人)
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 302
ツイート