× Q  ?  翻訳訳語辞典
long

主要訳語: 長い(22)   長く(8)   ながながと(5)   長年の(4)   とうに(4)   細長い(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
〜と思う
   
I realize how fortunate we’ve been to live as long as we have: 俺たちもよく生きのびたなと思うな 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 184
〜におよぶ
   
five hundred yards long: 五百ヤードにおよぶ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 147

いつまでも
   
lying long awake: 床に入ってからいつまでも目がさえている 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 13
can not stay sad very long: そういつまでも悲しんじゃいられない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 201
いつも
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 50
いつもながら
   
long admire sb for sb’s unswerving faith: (人の)ゆるぎない信心に、いつもながら頭の下がる思いがする アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 208
えんえんと
   
If they just burn, they may last long enough: ただ燃えるだけなら、そのときはえんえんと燃えつづける マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 297
えんえんと続く
   
long blue vistas of ...: 〜のえんえんと続く青い眺望 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 134
かねがね
   
have long wanted to do: 〜したいものだとかねがね思っていた レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 101
くどくどと
   
dwell so long upon ...: 〜をくどくとという スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 28
さんざっぱら
   
have a long discussion: さんざっぱら話しあう アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 25
しばし
   
after a long quiet moment: しばし絶句してから クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 211
しばらく〜する
   
look at ... in long suspicion: 〜を、いぶかしい表情でしばらくみつめる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
しばらくのあいだ
   
laugh long and hard: しばらくのあいだ、げらげら笑いこける キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 164
しばらくの間
   
long after the convention is over: 党大会後も、しばらくの間 ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 54
じっくり
   
give sth long look: (物を)じっくり眺める ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 231
じっくり時間をかけて
   
think long: じっくり時間をかけて考える スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
じっと
   
vouchsafe sb long and tender glances: (人に)優しいまなざしをじっと向ける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 183
look at sb long and searchingly: じっと探るような目つきで(人を)見る ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 81
give sb a long incredulous look: 怪訝そうな面持でじっと(人を)見つめる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 96
ずいぶん前に
   
be long gone: ずいぶん前に死んでしまった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
ずっと
   
long-buried: ずっと地中に埋められていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
for so long: ずっと 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 54
ずっとずっと
   
for a long time: ずっとずっと前から タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 59
ずっと前から
   
have long been weary from all the migrations: ずっと前から、旅から旅への生活に疲れ果ている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 94
たっぷり
   
take a long drink of water: 水をたっぷり飲む ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 17
たっぷり時間をかけた
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 214
たっぷり時間をかけて
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 169
だいぶ
   
a long time: だいぶ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 245
だいぶもってまわった
   
a long way: だいぶもってまわったやりかた ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 115
つづく
   
work as hard and as long as one can: 机の前で精根のつづく限り働らく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 68
be long: 〜がつづく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 447
つらくなる
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 388
とうから
   
have long got on sb’s nerves: とうから(人の)癇にさわっている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 367
とうに
   
long past ...: 〜がとうに過ぎる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
have long since decided what to do: どうするか、とうに腹は決まっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 511
have long forgotten sth: 〜をとうに忘れている ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 32
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 118
とうの
   
long ago: とうの昔に スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
とっくに
   
XX hours have long passed: XX時間はとっくにすぎている ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 206
have done long ago: とっくに〜した アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 239
とっくの昔に
   
be long gone: とっくの昔になくなっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 201
なお
   
for a moment longer: なお一瞬 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 444
なおも
   
wait a moment longer: なおもちょっと待ちうける フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 114
ながい
   
the days are becoming longer: 大分日がながくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 76
ながながと
   
take a long pull of vodka: ウォトカをながながと流し込む ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
take a long pull at one’s drink: 酒をながながと流しこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 265
have long phone conversations with sb: (人と)電話でながながとお喋りをする レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 175
..., followed by a long stream of ...: ついで〜がながながとつづく マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 48
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 287
のびる
   
long matted hair: 髪はのびてがっちりと固まっている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 9
のんびりと
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 13
はるばる
   
be worth going a long way to see sth: はるばる出かけていってでも見物する価値がある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 45
be long way from home: ずいぶんはるばるやって来る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 346
ひどく
   
take a long time answering: 答えるまでにひどく手間どる ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 106
ひょろりとした
   
a long bare foot aloft: ひょろりとした素足を宙に浮かせ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
ふかぶかと
   
draw a long breath: ふかぶかと息をすいこむ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 151
ふきげんな
   
a long face: ふきげんな顔 シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 168
ほどもなく
   
though not for long: ほどもなく〜すると 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 286
やがて
   
..., long enough for sb to do: 〜、やがて(人は)〜する クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 46
ゆっくり
   
Three young men left the Hotel de Paris after a long lunch in room 217,: エイドリアンを除く三人は二百十七号室でゆっくり昼食をとってから、オテル・ド・パリを出て ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 224
take a long hot bath: 熱いお風呂にゆっくりつかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
よほど
   
be not able to do so before a long time has passed after ...: 〜したのは〜してからよほど経った後の事だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 163

フーッと
   
taking long breath: 大きな呼吸を一つフーッと吹いて ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 259

永い
   
abandon the dream one have cherished too long: 永すぎた夢想を捨てる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
永い間
   
too long: あまりにも永い間 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
延々たる
   
long stone streets overhung with black, steep roofs and innumerable towers: 傾斜の急な黒い屋根や塔が林立する延々たる石畳の街 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 69
延々とつづく
   
wobble down the long white beaches of Coronado: 白砂のビーチが延々とつづくコロナードの海岸をよちよちと歩く バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 17
遠い
   
you’re a long way from ...: 〜は遠いよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 373
that has been a long long time ago: いまにしてふりかえれば、遠い遠い昔の話だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
遠く
   
see sb from a long way off: (人を)はるか遠くからながめる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
横に長い
   
the long cupboard: 横に長い食器棚 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
気長な
   
play a long hand: 気長な作戦にでる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 276
久しい
   
meet again after a long separation: 久しぶりに落ち合う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
be long gone from ... now: 〜から姿を消してすでに久しい フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 149
求める
   
long for ...: 〜を強く求める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
厚い
   
a long book: 厚い本 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 292
見る
   
look at sb for a long moment: (人を)じっと見つめる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 375
広いほうの
   
long wall: 広いほうの壁 アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 127
細い
   
one’s long slant eyes are gentle: (人の)目は細く切長で優しい光をもつ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 56
one’s long waist: 細い腰 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 79
細長い
   
pulling the daisy to bits with one’s long nervous finger: 細長い、神経質な指の先で雛菊を千切りながら ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 17
long fingers: 細長い指 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 48
a long picnic table: 細長いピクニック・テーブル オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 97
a long form of small type and boxes: 小さな字といくつもの空欄のある細長い書式 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 314
時間
   
how long is the journey?: 時間にしてどれくらいのドライヴだ? ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 467
時間が
   
took long enough: ずいぶん時間がかかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 196
時間はかからない
   
I won’t be too long: そう時間はかかりません フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 56
時間をかけて
   
play long: 時間をかけて上演する ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 192
夙に
   
have a long reputation: 夙に有名だ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 26
少ない
   
the odds of doing is quite long: 〜する可能性はきわめて少ない ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 491
詳しい
   
long list: 詳しいリスト ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 22
深々と
   
take a long drag off a big cigar: 太い葉巻を深々と吸い込む タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 20
take a long breath: 深々と息を吸う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 369
随分長い
   
for a long time: 随分長いこと 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 47
前々から
   
have long been interested in these contracictions: 前々からこのふたつの矛盾が心にひっかかっていた ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 123
had long wanted to know sth: (物事は)前々から気にかかっていた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 42
前からずっと
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
相当の
   
set off with long strides, gradually disappearing down the street: 相当の歩幅で、通りを遠ざかりはじめる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 195
大きく
   
take a long drag: 大きく吸い込む タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 189
in a long curve: 大きく旋回しながら ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 356
go a long way to resolving ...: 解決に向かって大きく前進する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 133
大きな
   
give a long sigh: ひとつ大きなためいきをつく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 438
大胆
   
be a very long one: 大胆きわまるものだ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 45
短からぬ期間
   
despite one’s long stay abroad: 短からぬ期間異国に暮したあとにもかかわらず 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 247
長々と
   
have quite a long argument with sb: (人を)つかまえて長々と意見をぶったりする ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
deliver a long monologue about sth: 〜について長々としゃべりまくる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 361
長々とした
   
long note: 長々とした注釈 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 273
長い
   
write a long entry in one’s diary: 長い日記を書く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 81
work on one’s Budweiser for a long time: バドワイザーをちびちび舐めるようにしながら長いこと粘る フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 183
tie one’s long black hair in back and wear the rest of it in a flourish of curl: 長い黒髪を頭の後ろの上のほうで束ね、残りの髪を派手にカールさせている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 92
this has been the longest day on record: こんなに長い一日は初めてだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
take the trouble to write such a long epistle: こう長く書く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 139
one have had a long day at the office: 一日の長い仕事を終えた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
one’s long nights: 長い不眠の夜を幾晩もかさねる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 214
look at sb for several long moments: じっと長いあいだ(人の)顔を見る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 145
long-fingered hand: 長い指のめだつ手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
let out one’s breath in a long sigh: 長いためいきとともに、(人は)大きく息を吐く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
known sb a long time now: (人)とは長いつきあいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
if long: 長くはあったが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 160
get longer and longer: 長くなる一方である フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 210
for a long time: 長いこと ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 158
for a long moment: かなり長いあいだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
fall in with a long line of vehicles: 長い車の列に加わる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 413
concoct on long sleepless nights: まんじりともしない長い夜を幾晩もついやしてでっちあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
be in town long enough: 町の暮らしがけっこう長い スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
be in for a long bloody fight: 長い血みどろの戦いを続けることになる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 349
a long spacious stretch of road: 幅の広いまっすぐな長い道 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 321
a long story: 話せば長い物語 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
長いあいだ
   
cry, long and hard: 長いあいだ激しく泣く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 347
長いこと
   
have a long conversation: 長いこと話しこむ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 51
長い長い
   
let one’s breath out in a long whistling sigh: 喉の奥をひゅうっと鳴らし、(人は)長い長い吐息をつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
長く
   
vast beaches long: 見渡すかぎり長く伸びた砂浜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
take a long hit on one’s beer: ビールを長くひとすすりする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 421
stop in ... long enough to do: (場所)に長くいて〜までする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 342
have long feverish phone conversations: 電話で長く熱烈な会話を交わす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 407
during the long period of time that one live in the same house: 長く(人と)一所にいるうちに 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
don’t hold for long: 〜は長く続かない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 36
can’t stay there long: 長くはお邪魔できない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 66
a moment longer: さっきよりもすこし長く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
長くのびている
   
The nail were slightly yellow and quite long: ほんのりと黄色い爪がかなり長くのびている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
長く尾をひく
   
the wind plays a long trombone note: 風が長く尾をひくトロンボーンの音色をかなでる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
長すぎるほど長い
   
an already long night: すでに長すぎるほど長い夜 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 148
長らく
   
put an end to the long separation from one’s wife: 長らく別居している妻と和解する 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 104
長期にわたる
   
a long campaign: 長期にわたる軍事行動 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
長期
   
serve a long sentence for a nonviolent crime: 暴力事件に関与もしていない人間が長期刑をつとめる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
長続きする
   
have worked longest: いちばん長続きした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
長丁場
   
in a long game: ゲームの長丁場における ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 17
長年にわたる
   
long cycles of abuse: 長年にわたる虐待のくりかえし スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
長年の
   
long tradition: 長年の習慣 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
long seek sth: (〜は)長年の夢だ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 24
from long habit: 長年の癖で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 519
all roughened and reddened and lined in one’s long travels: 長年の旅行のために逞しく日に焼け、しわが刻まれている スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 53
並々ならぬ
   
stretch a long way for sth: 〜に並々ならぬ協力をする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
望む
   
long for: 〜を望む 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 19
面長な
   
long thin lines of sb’s face: (人の)面長な顔の輪郭 アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 259
欲しくてたまらない
   
have longed for a daughter: 女の子が欲しくてたまらなかった レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 106

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

too long: 必要以上に長く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 226
times long past: 少女時代 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 257
that much that long: 息の長い フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 59
take so long: 遅くなる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 220
take long enough: 時間をかける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 131
take a long while: 手間どる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
take a long time: 手間どる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 47
stay long: 長居する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 64
stay awhile longer: もうちょっと残る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
so long as ...: 〜以上は 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
so long: 帰るよ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 154
so long: 失敬するぜ 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 106
not long ago: そんなに前じゃないけど プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
not long after: ほどなく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
not long after: 直後 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 95
no-longer-languid lording seated: 日ごろの物憂さを消して着席した小貴族 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 183
no longer relevant: もはや時代おくれの デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 435
no longer profitable: もう〜を続ける意味がない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
no longer oscillate: ためらったりしない ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 97
no longer mattered: 〜なんて、どうでもいいのだ ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 8
no longer: それ以上 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 378
never for long: すくなくとも長つづきするわけはない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
long-established pattern: 長年にわたってつくりあげてきたパターン スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
long walk: 遠足 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
long to do: 〜したいと思う マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 140
long time: ながらく ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 30
long time: 幾年月 ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 28
long since dead: とうに世を去った 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 190
long since: とっくに 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 29
long live Whitehall: ホワイトホールに幸あれ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 231
long live the King: 国王万歳 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 315
long jail time: 長期刑 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 321
long for sth: 〜をしたいと思う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 132
long for ...: 〜が欲しい 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
long for ...: よかったなー、と思う 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 81
long face: 渋面 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
long conversation: よくしゃべる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 14
long black car: ロングボディの黒塗りの車 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
long before: すっかり事前に 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 179
long ago: その昔 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 264
long ago: とうに ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 215
long ago: とうの昔から ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 189
long ago: とっくに 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 60
long ago: もうずいぶん前から スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
last too long: だらだらつづく 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 113
in the long run: 結局 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 55
in one’s long hairdo: 長髪の トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 107
how much longer: まだか 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 81
how long: 何秒前だ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 318
have a long day: 疲れる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 396
for so long: 遠い遠い昔から フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 251
for so long: 久しく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 39
for so long: 積年 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 510
for a second longer: なお一瞬 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 515
for a long while: ずいぶん カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 104
for a long time: しばらく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
for a long time: 久しく 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 105
for a long time: 古来 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 143
for a long time: 当分は クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 502
for a long moment: しばらく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
can no longer bear doing: 〜が嫌だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
before long: いずれそのうちに アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 247
before long: しばらくすると 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 225
before long: そのうち 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 98
before long: その内 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 23
before long: とこうするうちに 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 111
before long: ほどなく ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 73
before long: みる間に 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 169
before long: もうじき 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 56
before long: やがて 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 126
before long: 早くも 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 78
before long: 程なく 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 438
before long: 日ならず 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 223
be too long: 縦にのびすぎる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 20
be long odds: 分が悪い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 488
be long gone: もう影も形もない フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 96
at long last: いよいよ サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 75
at long last: やっと 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
all night long: 夜っぴて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 292
all day long: 暇さえあれば ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 107
all day long: 日がな一日 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 45
after long persuation: なんとか口説いて ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 140
after long deliberation: 長考のあげくに 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 43
a moment longer: さっきよりも長く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
a long time: もうずいぶん前になる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
a long table: 長テーブル トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 137
a long shot: 一か八かの賭 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 61
a long shot: 大胆な仮説 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 35
a long list: リストには候補がいっぱいあがっている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 74
a long drive: 大きなライナー性の当り プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
you’ve known me long enough: 昨日今日の仲でなし クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 413
would no longer have to do: 〜しないですむ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 37
won’t wait much longer: そろそろしびれを切らしている頃だろう ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 154
won’t stay here long: こんなところに長居はいかん フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 564
won’t do any longer: 〜では話にならぬ 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 48
win in the long run: 最後に笑う ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 153
willing to try a long shot: どんな困難な仕事でも進んでやる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 85
will not be achieved until long after ...: 〜したあとでもまだ達成できまいと思われる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
when it is no longer an item of necessity to sb: 必要が満たされましたなら プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
weep, so long so loud and pitifully that ...: 悲痛な声でむせび泣き始めたので〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 78
we no longer do: 今日一般にあまり〜しない 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 79
wash ... down with a long draught of water: 息もつかずに水をのどに流しこむ ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 154
was taking a long time to do: 〜は手間取った 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 14
want this operation to run for a long time: これは長続きさせたい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
waited so long to do: こうなるまで〜しなかった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 277
waited a long time for ...: さんざん待たされたあげく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 241
wait long enough to see sth before doing ...: 〜を見るがはやいか〜する ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 321
wait an instant longer: ちょっと間をおく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 112
wade a long distance before the water is at one’s waist: 岸から相当離れても水はようやく腰の深さ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
utter the unnaturally long guttural howl: 長く言葉をひっぱって、しわがれ声をだす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 7
used to stand for the longest time: 長いこと立っていた 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
used to spend long hours doing: 〜するために長いあいだ留守にしがちだった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 387
to make a long story short: かいつまんでいえば スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 286
time had run out for sb long before ...: 〜したときすでに(人は)、終焉のときを迎えていた ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 33
this is one person who don’t take long to do ...: この女は〜するすべを心得ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
think long and hard about doing: 〜を真剣に考える マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 139
think about it oneself long enough to answer: じっくり時間をかけて考え、答える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
things-to-do list is long: やらなくてはならないことは山とある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 136
things never stay low for long: 道は必ずひらける ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 269
there is nothing to keep sb long: (人を)ひきとめるものはなにもない ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 95
there is a long pause: それっきり、しばらく先がつづかない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 122
there’s nothing sb can do now but play the long shot: こうなれば、一か八かで闘うしかない ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 113
the summer evenings are still long: 夏の日はなかなか昏れない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 186
the short and the long of the whole story is about here: かいつまんでいうとだな、まあ、だいたい、こういったことになる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 227
the short and the long of it is: なんと申しましても ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 193
the road is rather long: かなりの道のりである 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 21
the process is long: 手間がかかる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 160
the pop and the long flight: 高く舞い上がったり大きく伸びたり プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 158
the longer the night gets: 夜がふけるにつれ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
the longer sb put ... off: ぐずぐずしている時間をひきのばせばのばすほど スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 267
the longer sb do ...: 〜している時間が長くなればなるほど スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
the long and the short of it is: 結局のところ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 38
the long and short of it is: とどのつまり ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 79
the doctor doesn’t give sb much longer: (人は)そう長くないと医師に言われている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
that could take longer: そいつはちょっと手間どりそうだな ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 141
tell sb, in a long conversation over glasses of brandy: (人と)ブランディのグラスをかさねながらじっくり話し合う スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
take two long steps: 大股で二歩近づく ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 175
take this long walk: ゆっくり散歩する サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 177
take the first, long self-indulgent drag: 最初の一服を思いきり長々と吸いこむ バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 416
take sb longer to do: 〜に少々てこずる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 13
take one’s first long look at ...: 改めて〜を見る ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 165
take a long slow sip of tea: お茶をゆっくりとすする 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 77
take a long time to manage: けっこう手間どってしまう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 146
take a long time coming: ひどく遅れる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
take a long sucking draught from one’s glass, emptying it at one go: グラスの酒をゆっくりと一息に飲み干す レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 236
take a long hard look at sb: しばらく(人を)見すえる バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 320
take a long drought of beer: ビールをぐいっと飲んでひと息入れる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 176
take a long drink: ごくごくと飲む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 220
take a long chance: じっと機会を窺っている アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 324
take a good long look while you’re at the mirror: 自分がどんな恰好をしているかせいぜい見ればいい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 275
stop long enough to do: しばらく口をつぐみ、〜する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 273
sth on a long strand of tape: 〜は紐のようにのびたテープの端にとめられている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 305
sth is no longer there: 〜はどこかに消えている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 307
stay long enough at ...: 〜でうんとゆっくりしている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
stay just as long as you meant to in Avonlea: はじめの予定どおりにアヴォンリーにいる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 232
stare out long and hard: じっと眺める 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 154
stand off a long distance: うんと距離をおく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 270
stand in each other’s long silence: 長いこと顔を見合わせて立っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 159
stand for a long time before ...: 〜の前で何時までも立ちつくしている 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 41
staff don’t stay here very long: 人が居つかない 池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 24
spend twice as long doing: 〜する時間が倍になる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 104
spend a long and modestly profitable career: 長年にわたってケチなキャリアを築く アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 125
so long as it is done in front of one: 自分のみている前でなら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 432
so long as ...: 〜できるなら ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 271
so long as ...: 〜という条件づきで グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 188
so long as ...: 唯一の条件は ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 262
sit there any longer: そこにじっと坐っていられない 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 62
sit there a long time: しばらくじっとそうしている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 587
sit that way, for a very long time: ずっと同じ姿勢をくずさない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
she was pretty enough to have been married long ago: きれいなお嬢さんでしたからねえ。もうとっくに結婚なすってらしても、不思議じゃないんですものねえ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 333
sb is no longer sure: (人は)自分の気持ちにもはや確信をもてなくなっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
say after a long silence: しばらくして、ようやくいいだす ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 103
say ..., what one have on one’s mind for so long: 前から思っていたことを言う 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
reveal a long list of ...: ずらっと〜が並んでいる 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 125
relax at home with one’s first drink of sake in a long time: 久しぶりの我が家でのむ酒に酔う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
put sth off much longer than one should: 〜を一日延ばしにする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 276
pieces with only one note--long, very persistent wails: ひとつの音色がずうっとつづくすすり泣きのような音楽 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
persist for long periods: 長期にわたって残留することになる ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
people who stay married, who hold on for long pull: 結婚生活を長年つづけている男女 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
people who have known sb for a long time: つきあいの長い人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
people who have known sb for a long time: 親しい間柄の人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
pause long enough to milk every ounce of suspense: そのまま十分気を持たせる デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 104
over the long haul one find ..., doing ...: 〜するうち、〜と思えてきた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
only for so long: いずれ終わりはくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
one’s speech has run for a deal longer than either of sb apparently expected: どちらが予期したよりも長広舌になる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
one’s memory is long: (人は)いまだに昔を忘れない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 200
one’s drawn long with terror: 恐怖のあまり長々と尾をひく母音の叫びをあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
not too long after that: それからしばらくして 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71
not long enough to allow any reply: 返事する間もなく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
not long before ...: 〜のさほど遠からぬ前に トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
not long after the Age of the Dinosaurs: 恐竜がいなくなったころ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
not long after sth has begun: 〜が始まってしばらくしてから 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 60
not long after sb say how do you do: 初対面のあいさつを交わして間もないうちに トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 162
not long after sb do: (人が)〜してほどなく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 191
not long after return: 帰国して間もないころ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
not long after ...: 〜してまもなく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
not be able to stay that long: そんなにゆっくりはしていられない セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 40
not all of it by a long shot: そんなことあるものか ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
not ... very long: (〜して)まだ日が浅い モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 35
no longer wish to do: もう〜する張り合いがない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
no longer want to visit sb: (人の)宅へは足が向かなくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 23
no longer the same man, now: 前とは違って 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 52
no longer stroll but move carefully now: さっきまでののんびりした調子とは打って変わって、慎重に歩きだす レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 287
no longer know what to do with oneself while lying in bed in the morning: 朝目を醒してから起き上るまでの時間を持てあます 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 156
no longer have to do ...: これでもう、〜する必要もなくなった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 322
no longer have ...: いつの間にか紛失してしまっている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 188
no longer even contemplate doing: もう〜するつもりはない 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 19
no longer caring what happened: やぶれかぶれだ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 243
never waited so long for ...: あの時ほど〜の来るのが長く感じられたことはなかった サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 301
never be one for long courtships: 気長に口説くのは得意じゃない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 122
might not live much longer: 先はそんなに長くないかもしれない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
may not have been a housekeeper for long: 女中頭になってまだ日が浅いかもしれない カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 73
look at sb for a long time: (人を)じっと見る 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 64
look at ... for a long speculative moment: しばし考えこむような表情で〜を見つめている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
long lighted coaches with seats inside: あかりのついた客車を何輌もつないだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 114
long to see sb: (人が)恋しい 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 352
long to know but can’t discover: 知りたがって知ることのできぬ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 132
long spoken of and frequently postponed: 話ばかりでのびのびになっていた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 22
long pleasure of the night: 夜すがらの快楽 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
long live Parental Guidance: 親の指導万歳 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 215
long for an excuse to do: 〜したくてうずうずする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 384
long curve of the dunes: なだらかに起伏する砂丘 ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 102
long bitterly for sth: 〜がないのが恨めしい ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・解放の呪文』(Wind's Twelve Quarters ) p. 118
long before the age of electricity: 電気というものがまだなかった時代 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 101
long and complicated words: 小むずかしい言葉 シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 108
long ago and far away: 昔々、あるところで フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 145
long after the pubs closed: パブの閉じる時間がとうに過ぎてから フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 112
long after everyone else has left: みんながとうにひきあげてからも プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
live long enough to witness ...: 〜を生きて目のあたりにする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
live a long and useful life: 長生きして充実した生涯を送る フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 200
lie a-bed for a good long rest: ゆっくり寝坊をする ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 89
let out one’s breath in a long tortured sigh: (人は)苦しげなためいきを長々と吐く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
let out a long sigh: ふうっとため息をつく 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 148
less than a page long: 一ページに満たないみじかいもの スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
know the long and short on it: 〜のことなら、裏も表もわかる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 99
just can’t keep quiet any longer: どうしても黙っていられない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
just as long as ...: 〜さえすればそれでいい ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 21
it won’t be for much longer: いますこしの辛抱じゃ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 125
it wasn’t long after that before ...: そして程なく〜 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 99
it was still not long after the end of war: 戦後間もなくの頃 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
it was not long before ...: そのうちに 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 8
it takes sb an awfully long time to do: 〜するまですっごく時間がかかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
it takes sb a relatively long time to do: 〜は(人)にしては時間がかかる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 350
it takes a long time to persuade sb that ...: 〜と説明するのはたいそう手間どる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 142
it takes a long time getting through: 話が通じるまでずいぶんかかる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
it isn’t long before sb is broke: 持ち金がすぐに尽きてしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 453
it isn’t long before ...: そうこうするうちに〜 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 113
it is not long until ...: 間もなく〜 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
it is not long before ...: やがて〜する 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 12
it is not long before ...: 忽ち〜した 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 66
it is a long walk uphill for sb: 歩いて丘をのぼりきるのは(人)にとって大仕事だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 299
it is a long step ...: 〜にはまだまだ時間がかかる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
it has not been very long after that that ...: それから、ほどへずして、〜 アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 151
It has been far too long: しばらくでした。 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 221
it dose not last long: まもなくあがる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 23
it doesn’t take long for sb to figure out that ...: ほどなく〜に気づく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 179
it does not take a long time to strike a man with lightning: 雷で一発ガンとやってみろ、アッという間だぜ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 323
it’s been a long time since ...: 〜するのはずいぶん久しぶり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
it’s been a long time since ...: 〜はまったく久しぶりだ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 156
it’s a long story: 話せば長くなる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 301
is there no longer sth ?: (物事は)今どきはやらんのかね ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 42
in the long run: 長いあいだには レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 50
in the long run: 長期にわたって サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 130
if you stay here a minute longer: ぐずぐずしてたら フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 10
if one stay any longer in this glare: こんな日射しのなかにこれ以上ぐずぐずしていたら ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 37
I hope ... won’t take long: あんまり時間がかからなきゃいいんですけど スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
I could no longer do: 今の私は〜できない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 229
I’m sorry you had to wait so long: ごめんなさい。遅くなって 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 23
I’d be a long time forgetting the man: あの男の顔は、簡単に忘れられるものではない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
how much longer before sb can do ...: いつになったら〜できるのか フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 159
how long have the others been here?: ほかの人たち、どのくらい前からあつまってます? タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 61
how long have sb been doing ...?: いつから〜していたんだ? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
how long have one been brooding over the idea that ...: いつからそんなふうに考えてたんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
how long before ...: そのうち〜ではないか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 254
how long are you going to take?: なにをもたもたしてるんだ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 91
holding it gingerly--and not for long: おずおずと--そしてそそくさと--にぎる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 118
hit a long drive: 大きな当りを放つ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 382
have very long memories: そう簡単に忘れてくれる相手じゃない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 269
have to wait a long time: ずいぶん待たされる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 212
have the longest string of successes in the history of ...: 〜の歴史に類を見ぬ最多連続検挙実績をあげる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 422
have spent an awfully long time: えらく時間がたってしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
have so long feared ...: あれほど〜を怯えていた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 13
have quite a long argument with sb: (人と)さんざっぱら議論する ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 20
have quite a long argument with sb: (人と)ひとしきり言い合いをする ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 19
have patronized for so long just like sb before one: (人)ゆずりに愛飲している 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 14
have not much longer to live: 老い先短い躰だ 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 121
have not long the benefit of sb’s opinion: (人の)意見を聞かずじまいになる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 83
have never held a decent job for long: ぐうたらだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
have longer to live than sb: (人より)先が長い ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 84
have long stopped doing ...: とっくに〜しなくなる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 110
have long since done: とっくの昔に〜した ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 165
have long been considered ...: 〜と考えられてきた バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 43
have long been aware of sth: 夙うから(〜に)気づいている 三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 149
have long ago formulated for ...: 〜のためにつねづね用意している レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 337
have long ago finished ...: もうとっくに〜を終了させていた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 280
have long ago agreed on this: これは前々から打ちあわせをしていたことだ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 81
have had long practice in ...: 〜にはたけている ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 49
have got a long history of ...: 昔から〜だった ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 87
have forgotten all such memories long ago: そんな記憶もとうに失なってしまった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 440
have for too long been doing ...: いつまでたっても〜してばかりいる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 134
have been watching ... long enough: ずっと〜を見てきた 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 15
have been through a long day: 今日いちにち働きづめ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 237
have been that long ago: もう、そんな昔のことになる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 30
have been talking together so long: もうさっきからさんざんおしゃべりしている ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 54
have been planned long ago: はやくから予定されていた イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 201
have been on one’s own for a long time: 自分の面倒をずっと自分でみてきた人間だった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
have been fighting to do as long as possible, so that sb can do: せめて〜するまでは、〜しようと必死にがんばっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
have been a long time since ...: 〜はもうずいぶん前のこと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
have a long memory for ...: 〜をけっして忘れない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
have a long history of kidney trouble: 腎臓をわずらう 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
have a long conversation: 長々とおしゃべりをする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
had passed long ago: いまどき流行らない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
had been around so long that ...: 長年の経験に物を言わせ、・・・ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 170
go on too long for sb’s liking: 〜の長さが(人の)限界を越えている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 138
give very long answers: たっぷりと時間をかけて答える バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 408
give sth a long look: 〜をとくと眺める クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 267
give some long thought to ...: 〜について腰を据えて考える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 500
give sb long hot showers: 熱いシャワーを何度もあびせる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 13
give sb a long wary look: 警戒し、(人を)見すえる ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 136
give sb a long and interesting answer to sb’s question: 微に入り細にわたって、じつに興味深い答えをする べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 87
give one a long view along each of the four main points of the compass: 東西南北に見通しがきく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 398
give one a long look: しげしげと〜の顔を見る ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 387
give a good long look: まじまじと見る 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 41
get sb to stay longer: (人を)ひきとめる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 236
for the first time in a long while: 久しぶりに 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 235
for the first time in a long time: 久し振りにやっと カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 298
for sb, sleep is longer coming: (人は)なかなか寝つけない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
for longer than that: はるかにそれ以前から ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
for long periods of time: いつまでも サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 122
for as long as sb can remember: 物心ついた頃からの フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 201
for a very long time: 長年にわたって スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
for a long long time: ずっと昔から 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 248
for a long time: いつまでも 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 88
for a long time: しばらくは サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 34
for a long minute: 永遠にも思われる一分ほどのあいだ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 187
feel better than sb has in a long long time: こんなにいい気分になったのはずいぶん久しぶりのことだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
exhale a long deep breath of air: 大きく息を吐く フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 96
drift a long way: ずいぶん遠くまで風に流されていく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
draw a long breath: 吐息をつく ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 275
drain sth in one long gulp: (飲み物を)一気に飲み干す デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 367
don’t talk about ... for long: 〜の話をさっさと切り上げてしまう オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 52
don’t ever want another fucking birthday party as long as one live: 金輪際、誕生パーティーなんてやらない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 212
do not want to stay too long: 長居はしない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 458
do not want to be down here that long: 長居をしたいところではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
do not take sb long to realize that ...: 〜なことをすぐに悟る ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 321
do not remain ... for long: 〜に長くとどまらない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 192
do not mind sb’s long silences: (人が)いくら黙りこくっていようが平気だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 59
do not find the time long at all: ちっとも退屈しない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 175
do not answer for a long time: いつまでも返事がない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 104
do for a long long time: いつまでもいつまでも〜しつづける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
do all alone and all day long: 日がなひとり黙々と〜する ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 73
do a long tour of the parking lot: 広い駐車場をつっきって走る トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 94
discuss long into the night: 夜ふけまでえんえんと話しあう ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 191
died a long time ago: とうに亡くなっている 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 23
deliberate another long moment: また思案の間をおく イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 161
come such a long way back here in the mountain: こんな山奥へ来る 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 185
come a long way toward accepting ...: 〜を受け入れられるようになる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
cannot last much longer: もうながくはもつまい ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 79
can wait a long time for ...: 〜をじっくり待つことぐらい、たかが知れている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
can no longer summon up that rancor: もうその嫌悪感を呼び戻すことはできない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 543
can no longer afford that big house: その大きな家を維持することができない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
can hold one’s tongue no longer: 我慢しきれなくなる 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 92
can hit the ball a long way: 長打力がある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
can’t wait any longer: しびれを切らす ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 101
can’t stay there long: 長居はできない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 62
but I wonder for how long: だけど、つづくかね 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 16
bring a long journey on foot: はるばる〜まで徒歩護送されてまいります ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 104
brave the weather a second longer to pause: いますこし悪天候にめげず立ちどまる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 30
boastful of what one would do to avenge oneself on sb before long: 今に見ろ、(人には)きっと仕返しをしてやるからと盛んに気炎をあげている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 98
before long sb ...: (人は)あとを追うように〜しはじめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
be too monstrous for sb to contemplate for very long: 奇怪すぎて考えていると頭が変になってくる オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 72
be quiet for a long time: ずっと黙りこくっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
be not staying for very long: 長逗留はできない イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 286
be not long for this world: 余命幾ばくもない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 55
be not long before ...: そのうちに〜 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 21
be no longer to be trusted with a knife: もう包丁は持つな 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 135
be no longer sure one want to know ...: 〜をほんとに知りたいと思っているのかしら? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
be no longer sure one even want sb to do ...: (人が)〜してくれることをほんとに望んでいるのかしら? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
be no longer sure ...: 今となっては〜かいささか測りかねる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 85
be no longer one: 別れている サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 284
be no longer drinking: 酒はもうやめている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
be no longer ...: 〜と縁が切れる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 28
be longing to get a chance: 機会を狙っている アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 121
be long way from fair here: 「フェア」なんて言葉、ここには全然ないの タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 118
be long on ...: 〜にかけてはかなりいい線いってる ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 329
be long behind sb: とっくに過去のものとなっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 186
be for one’s long home: 墓場ゆきだ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 209
be destined surely to lead long secure lives: いついつまでも安穏な生活が約束されている レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 8
be at sth a lot longer than sb: (人より)ずっと年期が入っている ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 71
be a long way gone over in one direction of time: 歴史のかなたに遠ざかった フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 46
be a long way from ...: (場所)から遠すぎる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
be a long time before ...: 当分は〜できない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 150
be a long time ago: ずいぶん前の話だ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 164
be a long speech for sb: 〜にしては珍しく多弁だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 75
be a long shot to do: とても〜できそうにない ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 46
ask oneself why it have taken so long: どうしてこう手間取ったんだろうと思う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 37
as long as sb has a worthwhile sum to deposit: まとまった金さえ預けるつもりなら ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 132
as long as sb can do: 〜できるところをみれば ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 195
as long as one is smoking: 煙草が煙を立てている間は 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
as long as one can remember: 物心ついたときから ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 535
as long as it doesn’t frighten the horses: 疑惑を呼ばぬかぎり ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 208
as long as I can ...: 〜ばいいんだけれど 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
as long as ...: 〜が先決だ サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 202
as long as ...: 〜さえすれば ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 191
as long as ...: 〜っていうんなら アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 69
as long as ...: 〜であれば 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 82
as long as ...: 〜のうちに 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 165
and what’s a long sight worse, of torture: いや、それどころか、責め殺しに会うかもしれん スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 234
all day and all night long: 一日じゅう夜までぶっ通して サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 250
after such a long time: 遅まきながら 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
after long and lonely spurring over dreary roads: 荒涼とした街道を、彼らだけで果てしなく馬を駆っていると ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 121
after listening for a long time: (人の)話を延々と聞かされたあとで ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 341
after a long moment of contemplation: しばらく考えこんだあと グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 48
after a long moment: ややあって スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
about ten miles wide and ten miles long: たてよこ十マイルもありそうな サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 246
a very long time ago: 昔も昔、ほんとに大昔のこと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
a rather large long mouth: 大きめな口 レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 76
a pig with an extremely long snout: やたらに鼻の大きなブタの顔 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 147
a middle-aged man who has been the chauffeur at ... for a long time: 古くからいる中年の運転手 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 66
a long way off: 遙か先だよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 237
a long way from one’s full growth: 一人前にはまだまだほど遠い ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 162
a long way from home: 故国を遠くはなれて フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 54
a long time ago: とっくの昔に サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
a long rectangular yellow-metal street sign: 通りの名前を書いた長方形の黄色い金属の看板 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 70
a long howl tears out of one’s throat: 喉の奥から長く尾をひく叫び声を洩らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
a house with a long tradition: 由緒のある家 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 152
abnormally long arms: 異様に長い腕 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 192
no matter how long one continue this abuse: いくら云いつのっても 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 76
a long account of sth is nothing to bother sb with: 〜は、(人に)ことこまかく知らせることでもあるまい マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 107
Even long after, I wondered what force impelled them to such an action: 何の力が、かれらをこのような衝動に駆ったのか、のちのちまでも私は考えた 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
a long-standing casual affair: 気の置けない長いつきあい デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 323
after one’s long and unwholesome confinement: なにしろ長い間不健康な監禁生活に堪えていただけに ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
even long after: のちのちまでも 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 30
long ago: もうだいぶ前に レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 288
he played ball all day long in the wide-open lots under a blue sky with Donny Stewart and his new pack of suburban brethren: 彼は青空の下、ドニーやそこでできた仲間たちと広い場所で一日じゅうバスケをした ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
sb’s long toes give sb a precarious anchorage on ...: 長いつま先をふたしかな錨がわりにして〜に立つ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153
for a long time one drink beer and beer: 長いあいだビールばかり飲む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 242
before sb is another long passage: 前方にはまたしても長い抜け穴がある ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 15
They were closing it up, anyway, and the band had quit a long time ago: でなくても、もう閉まるとこだったし、バンドの連中はとっくの昔にいなくなってしまってた サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
enter a long apparently endless, dark age: 長い涯のない暗黒時代へと続いてゆく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 356
appropriate long-term severance pay: しかるべき解雇手当 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 107
so long and arduous a history it is: これほど長く艱難に充ちたいわくがある セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 78
do not stick around long enough: あまり長くいない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 39
For a long time, zoologists pondered the purpose of this arrangement: 何のためにそのような仕組みになっているのか、生物学者の間でも長いこと謎とされていた フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 71
go right on ... as long as one can: がんばれるだけがんばる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
as long as ...: 〜なら 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 165
no use asking what took you so long: なんだか知らんが、ずいぶんごゆっくりだったな ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip )
ツイート