× Q 翻訳訳語辞典
rest   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜にある
   
the initiative rest with sb: その選択権は〜にある アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 97

あずける
   
rest the palms of one’s hands on ...: 〜に手をあずける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
rest one’s bare feet on its icy surface: ひんやりした床に素足をあずける マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 65
あと
   
the rest of them: あとの者 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 486
the rest of the morning: そのあと昼まで ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 298
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 65
あとは
   
what is the rest going to be like?: あとは推して知るべしである 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 62
あとはみんな
   
the rest: あとはみんな サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 8
おく
   
rest sth on one’s thigh: (物を)膝におく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
おさまる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 43
かかる
   
that is the balance point on which whole thing rests: その一点にすべてがかかっている ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 306
かける
   
resting one’s arm on the back of her chair: 娘の椅子の背に片腕をかけている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 179
rest on foot in the crotch of a tree: 片脚を木の股にかける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 251
この先
   
for the rest of one’s life: この先一生 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
ずっと
   
for the rest of that summer term: その夏の学期のあいだずっと ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 169
つけている
   
one’s chin rest on ...: あごを〜につけている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
つづき
   
You'll have to get the rest out of your own refrigerator: つづきは自分ちの冷蔵庫でやってくれ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
hear the rest of ...: 〜のつづきを聞く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 244
とまる
   
a flake of snow grazes one’s cheek and comes to rest on the sleeve of one’s raincoat: 雪が頬をかすめてレインコートの腕にとまる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 253
ぶらさげる
   
rest on one’s bosom: 胸に(物を)ぶらさげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
へたりこむ
   
rest on the floor: 床にへたりこむ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 136
ほか
   
まわり
   
one mountain in particular stands out from the rest: ひとつの山が、まわりから頭ひとつ高くそびえている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
みな
   
want the rest: みなまできく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 241
tail out behind the rest: みなのうしろからおくれてくる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 50
みんな
   
the rest of them: みんな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 278
kick the rest of sb’s family out: (人の)家族をみんな追い出す 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
もの
   
one and the rest of the family: 当人も家族のものも 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 56
よりかかる
   
have rested against sth: 〜によりかかっていた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 290

安らかになる
   
rest easier: 少しは安らかになる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 517
安らかに眠る
   
put sb to rest: (人を)安らかに眠らせてあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
安置される
   
rest on ...: 〜に安置される タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 44
以下
   
receive New Year’s congratulations from AA and the rest of the staff: AA支配人以下、店員たちの年賀を受ける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 113
and all the rest of ...: 以下〜とも メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 195
以外
   
the rest of the time: それ以外の時間 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 78
一息入れる
   
the noonday heat forces everyone to rest: 午の暑さにうだって一息入れる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 81
pause to rest: 立ち止まり、一息入れる マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 157
引き下がる
   
we won’t rest until we clear all this up: この決着をつけるまでは引き下がらん シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 43
休む
   
rest like one is going to do: (人の)予定通りに休む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 147
休養
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 91
居座る
   
pall before the heat rests over this place of the centre: どっかりと居座った猛暑の前にはおよそ色褪せて見える スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 190
憩い
   
rest by the Tumtum tree: 憩いたるはボロロン樹の蔭 ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 30
like an evil spirit, seeking rest and finding none: まるで憩いを求めて得られない悪霊ででもあるかのように ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 14
遣る
   
unintentionally rest one’s eyes on ...: 見るともなしに、〜に眼を遣る 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 44
口に出さなかった言葉
   
rest of the sentence: くちごもったあと口に出さなかった言葉 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 16
残り
   
tie one’s long black hair in back and wear the rest of it in a flourish of curl: 長い黒髪を頭の後ろの上のほうで束ね、残りの髪を派手にカールさせている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 92
live with what has happened for the rest of one’s life: 起こったことを、ずっと抱えたままあなたは残りの人生を送る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 469
止まる
   
think with a shudder as sb’s eyes rest briefly on ...: 一瞬、その目が〜のうえで止まったのに気づいて、ぞっとする フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 71
come to rest within two yards of sth: 〜から二ヤード足らずのところで止まる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 262
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 274
持っている
   
rest on common foundations: 共通の地盤を持っている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 120
自余
   
all the rest: 自余のもの ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
終始する
   
rest upon the theme that ...: 〜との論旨に終始する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 184
終止符
   
put to rest sb’s concerns about sth: (人の)心配に終止符を打つ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 254
住みならえる
   
rest here on Uta-jima: この島に住みならえている 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 6
宿る
   
rest on ...: 〜に宿っている 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 112
小休止
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 163
寝かせる
   
need rest: 寝かせとかなきゃいけない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 414
寝息をたてる
   
rest easy: 安らかな寝息をたてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
静止する
   
the camera comes to rest on: キャメラ、〜にさしかかったところで静止する タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 18
静養
   
go somewhere for a rest: どちらかへ静養に出かける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 232
静養する
   
I am advised to leave off work for several weeks and rest completely: 数週間仕事を休んで、ゆっくり静養するようにいわれたの ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 189
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 251
続き
   
   
the rest of us: 他の連中 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
昼寝時間
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
転がる
   
be resting smack: ごろりと転がっている エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 182
疲れが取れる
   
finally feel rested: ようやく疲れが取れたような気がする 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 211
墓がある
   
sb’s parents’ resting place: 親の墓がある田舎 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 155
眠る
   
be resting comfortably enough: とても気持ちよさそうにすやすや眠っている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 122
養生
   
a good rest: よく養生する 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 103
落とす
   
eyes rest on ...: 〜に視線を落とす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 28
留まる
   
the eyes rest on sb: 視線が(人の)上に留まる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

won’t rest: 安眠できないでいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
the rest of ...: 〜全体
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 110
take a rest: 一服する
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 38
retire to rest: ベッドにはいる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 210
rest on ...: 〜にくっつく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 73
rest on ...: 〜の上に胡座をかく
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 53
rest on ...: 〜をとらえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 128
rest of sb’s life: 一生
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 221
rest of sb’s life: 死ぬまで
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 152
rest in ...: 〜がすなわち〜だ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 196
let sb rest: (人を)しばらくそっとしておく
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 168
for the rest of one’s life: 一生
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 80
for the rest of one’s life: 死ぬまで
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 250
for the rest of one’s life: 余生
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
feel rested: ようやくさっぱりとする
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 120
come to rest: 横たわる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 187
at rest: うずくまっている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 142
all the rest: その他もろもろ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 11
all rested up: すっかり休養して
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 82
a rest home: 保養所
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 105
a good rest: 骨休み
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 231
would rest peacefully in heaven: 成仏できるというものだ
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 61
with one’s head resting on one’s chest: 頭をすっかり胸に押しつけている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 184
will cry every day for the rest of one’s life: これから死ぬまで、一日の休みもなく泣き続けるだろう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 513
will be content to drone along as ... for the rest of one’s life: 死ぬまで〜をつとめられればそれで満足しているような(人)
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
we’ll leave the rest to you: あとは、よろしゅう
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 239
turn one’s back on the rest of the world: 世間に背中を向ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 67
there is a rectangle of carpeting less faded than the rest: カーペットは色あせているが、そこだけ色が変わっていない矩形の部分がある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
the rest of the night: 夜が明けるまで
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 341
the rest of the guys: ほかの選手
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
the rest of one’s life: 以来こんにちに到るまでずっと
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 258
the rest of lunch: 食後の談笑
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 99
talk is as unoriginal as rest of sb: (人)そのものに負けず劣らず紋切り型の台詞
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 140
take the rest of the day off: 上がりにする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 151
take a well-earned rest: ゆっくり骨休めする
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 375
take a rest prior to start off: 出発間際の一と休みをする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 183
spend the rest of the night dozing in ...: 〜でひと晩じゅう仮眠する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
spend the rest of the night doing ...: 夜が明けるまで〜する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 222
spend the rest of the day looking for sb: 今日一日、(人の)影におびえて過ごす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
spend the rest of the day doing: 時間つぶしに〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
spend the rest of one’s life with sb: これからの長い一生、(人と)暮す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 191
something puts sb’s mind at rest: これでほっとする
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 404
sb will be able to rest in peace: (人も)うかばれよう
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 141
sb and the rest of the household: (人)始め家のもの
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 171
sb’s head is too small for the rest of sb’s body: 頭が小さく、体とのつりあいがとれていない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 248
sb’s glance happened to rest upon sth: ふと(物が)眼についた
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 26
sb’s gaze rest on ...: (人の)目が〜にとまる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 93
sb’s eye comes to rest on sth: 〜に目をとどめる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 12
resting one’s hand atop sb’s for a lingering moment: (人は人の)手に、ほんの束の間、自分の手を重ねた
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 125
rest your head on my arm: 腕枕なさる
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 48
rest right on the bottom: 海底に鎮座する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
rest one ankle on top of the other: 足のさきを組みあわせる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 132
rest one’s forehead on one’s hand: 額をおさえる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 40
rest one’s elbows on one’s knees: 膝に肘をつく
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 169
rest of the world thinks sb is the murderer: 殺人の濡衣を着せられる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 248
rest just off the companionway: 使われるのを待っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
rest in front of sth: (物の)前に陣どる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 158
rest by the Tumtum tree: たどりついたはタムタムの木陰
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 28
rest at the center of a flat basin: 平坦な盆地の真ん中に建っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 491
rest and stay in bed for a day: 一日のんびり寝転がって過ごす
put sb’s worries to rest: 心配をこなごなにする
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 77
pitch sb on three days of rest: (人を)中三日で登板させる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 361
one’s head feels hot, and the rest of one chill: 頭だけがほてって、からだじゅうはさむ気がする
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 50
one’s gaze rests on ...: 〜をじっと見つめる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 159
one’s gaze rest on ...: 両眼が〜にじっとそそがれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 20
one’s eyes rest on: 〜にじっと目を注ぐ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 22
lie a-bed for a good long rest: ゆっくり寝坊をする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 89
let the weight of the matter rest upon sb: (人に)まかせる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 108
let sth rest in peace: 〜はこのままそっとしておく
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 170
let one’s arms rest under the covers: 両腕を布団の中に入れる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 227
let everything rest on the end: 結末だけですべてを決めてしまう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 140
kill the rest of the sentence: 語尾を消す
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 39
keep that myth alive for the rest of one’s life: どうして死ぬまでその伝説を強固に守り通す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 123
judging from what’s been happening with the rest of sb’s life: (人の)身に起こったことから考えれば
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 56
join the rest in signing one’s name on ...: 〜の寄書に書く
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 150
I dare say, ... among the rest: 〜がいい例ですよ
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 13
have to put this thing to rest: この問題をはっきりさせなければならない
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 105
go down to join the rest of mankind: 人間のなかへおりて行く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 229
for the rest of the morning: 午前中いっぱい
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 388
for the rest of the month: 今月いっぱい
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 157
for the rest of the day: その日一日じゅう
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 49
for the rest of one’s natural life: 寿命が尽きるまで
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 250
for the rest of one’s lives: 以後ずっと
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 233
finally put one’s mind at rest: そろそろ(人を)安心させてやる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 495
enjoy a leisurely rest: ゆっくりと大休止をする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 187
enjoy a good night’s rest: 安心して寝られる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 67
drag on for the rest of sb’s life: 一生〜を背中に負って生きていく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 390
doze off, one’s head resting on ...: 〜にうつ伏したまま転た寝をする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 110
do the rest of the night: 夜が明けるまで〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
do not spend a lot of time resting on one’s laurels: 勝利に酔っている暇はない
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 29
do not rest with sb: (人の)一存できめることじゃない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 34
come to rest on sb: (人に)集まる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 84
can’t do it the rest of one’s life: 死ぬまでずっとそんなこと続けられない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 225
become disgusted with the rest of the world: 人に愛想を尽かす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
be not going to get any real rest: 疲れは取れないだろう
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 67
be no different from the rest of us: 我々だって大同小異というところだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 402
be going to have sorefeet for the rest of one’s life: この先一生、足の痛みと縁が切れない
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 255
be content to wait for the rest: 欲ばらずにつぎの機会を待つ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
as sb hesitate one supply the rest: そこまで言って口ごもったのを、すかさず(人が)引取る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 243
and for the rest: そのうえで
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 165
along with the rest of them: みんなといっしょになって
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
a touch of winter rests on ...: 〜に冬がある
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 218
a feeling of involvement with the rest of the family: 家族の一員だと感じる
... for the rest of one’s life: 以来〜することになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 77
... and the rest of ...: 〜やら何やら
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 30
... and ... and the rest of ...: 〜をはじめ、〜
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240
require a few days complete rest: ここ数日は完全な静養を要する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
The rest of the visit was aggravating: 面会の残りの時間は、さらに不快きわまるものだった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
My boss's approval insulated me from the rest of the world: 部長のお墨付きをもらったからには、もはや怖いものなしである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
head be far back on the rest: 頭を首あてにあずける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 35
the murky substance beyond the railing seems to beckon with a seductive promise of rest and serenity: 暗い水ともつかぬなだらかな海面はひきこまれるような、魅惑的な安らぎと憩いにみちているように感じられてくる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 49
beguile the rest of the evening with one’s banker’s-book: 銀行の通帳を出して眺めている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 22
return the rest of one’s calls: メッセージのあったところへ電話する
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 48
choose an out-of-the-way tea-house in which to rest: はづれのほうにある茶店で休むことにする
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 30
rest completely: ゆっくり静養する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 189
completely oblivious to the rest of the company: ほかの者など眼中にない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 122
mandated crew-rest period: 規定の乗員休養期間
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 273
deserve a rest: 休養を得るにふさわしい
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 91
rest easily on ...: 〜にゆったりのせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 227
the rest of it’s just as easy: あとはお手のものです
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 264
be up to one’s eyes the rest of this week: 今週は予定がぎっしりだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 154
a feeling of involvement with the rest of thefamily: 家族の一員だと感じる
the rest of the first act flys by: 第一幕の後半が順調に進む
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 71
hastily reschedule the rest of one’s afternoon appointments: 大急ぎで午後の予約分を組み換える
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 51
ツイート