Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
under
▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
~もしない
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 9

〜にのっとって
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
〜によって
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
〜のため
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 249
〜のなかの
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
〜の陰で
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 354
〜をささえきれずに
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 248
〜をのせて
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 63
〜以内の予算で
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 129
〜下では
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220

あい
   
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 16
あびて
   
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 43
うち側に
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 206
かける
   
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 12
かぶる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 129

奥に
   
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 5
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 224
下に
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
重みで
   
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 457
盾にして
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 118
生きる
   
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 13
待って
   
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 172
中に入れて
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 227
沈んでいる
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 98
木蔭に
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 7
浴びながら
   
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 64
率いる
   
枠内で
   
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 77

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

under the weather: 調子悪い 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 86
under the earth: 地底 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
under the covers: 毛布をかぶる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 182
under ten: まだ十歳にも満たない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
under sb’s byline: (人の)署名のはいった ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 47
under one’s fingernails: (人の)爪のあいだ レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 349
under one’s breath: 声を潜めて フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 188
under one’s arm: 小脇にかかえて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 208
under normal conditions: 平生は 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
under desperate circumstances: どうしようもない環境で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 111
under a scorching hot sun: 炎天下の 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 132
under ...: 〜に埋もれた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
don’t go under: 損をしない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
be under way: はじまっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 176
without passing under sb’s eye: (人の)目に触れずに 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 56
with one’s crutch under one’s arm: 松葉杖にすがって スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 85
under the protective flag of sth: 〜の名に隠れて フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 143
under the continued impulse of confession: 告白衝動が尾をひいて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
under the byline of ...: 〜の署名いりで ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 43
under sb’s very eyes: (人の)目の前で ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 137
under sb’s benign eye: (人の)柔和な目に見守られて ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 132
under one’s breath one whispers: (人は)無言でひとりごちる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
under cover of the rustle and clatter of desk lids: ガサガサいう音や机の蓋をあける音にまぎれ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 48
under an endless sky: 果てしない大空のもと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
under a blazing sun at ...: 陽がかっと照りつける(場所)で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
to sb, one communicate under an injunction of secrecy: とくに他言無用という前置つきで、(人に)話す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 157
this I’ve told you is under the hat: いまのはここだけの話だぞ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 38
think of the corpse under one’s feet: 足許に死骸が埋まっていると思うと気色が悪い 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
there is ... under a pile of leaves: 枯れ葉の山に〜が一人潜り込んでいる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 88
the goo under one’s fingernails: 爪のあいだに入りこんだ汚れ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 132
the fabric of sth is as smooth and soft as ... under one’s hands: 〜の感触が〜を思わせるほど手にやわらかい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
the dark circles under one’s eyes: 眼のまわりにできた黒い隈 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
stick sth under one’s arm: (物を)小脇にはさむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 390
slip ... under one’s pajama top: (人の)寝巻のなかに〜を入れてくる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
run up under fire: 銃火をかいくぐって走る ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 172
really get under one’s skin: (人を)心底いらつかせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
put a buzz under take-out: もちかえった料理をしゃきっとさせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
one’s coats gleaming under the flood-lights: 照明灯の光を浴びてぎらりと輝くつややかな毛なみ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
make off quite unharmed, under one’s own steam: 元気でどんどん逃げだす 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 221
keep sth under surveillance: 〜を監視する ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 43
just under one’s heart: 心臓の真下 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
in under XX minutes: XX分とたたないうちに ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 153
I’ve got this under control!: こっちはちゃんと仕切ってる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
hum ... under one’s breath: 〜の歌詞を口ずさむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 313
his hind legs give way under him: 腰が抜けたようにうしろ足からへたり込む 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
have been under a great deal of strain: ひどく緊張し、疲れきっている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 331
have a chunky physique, well under six feet: 小太りの体型で、身長は一八○センチにだいぶ足りない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
get under sb’s skin: (人を)怒らせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
get oneself under control: 気をおちつかせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
get one’s nerves under control: 神経の不安な状態をコントロールする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
floor creaks under one’s weight: 体重がかかると床はきしむ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 406
feel sticky under one’s arms: 腋の下が汗ばむのが判る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 190
feel something crack under the weight of one’s knife: 包丁に固い手応えがある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 133
do under one of sb’s names: 偽名のひとつを使って〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 134
curse under one’s breath: ひくい声でののしる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 77
cover XX yards in under YY seconds: XXヤードを歩くのにYY秒とはかからない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 214
clamp under one’s arm: しっかりかかえこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
but under a new hairstyle: ただ髪型が違っているだけだ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 450
be under the unfortunate influence of mysticism: いけない神秘主義の影響だ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 265
be under the jurisdiction of ...: 〜の管轄に属する 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 173
be under the gun: 拳銃を突きつけられる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 310
be under sb’s thumb: (人に)泳がされている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 64
be under one corner of ...: 〜の下敷きになって片隅からのぞいている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 408
be under no such compunctions: なんのとがめもおぼえていない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
be under a spotlight: スポットライトに照らされる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
be hoodwinked by scoundrels working under cover of the general chaos: どさくさに紛れて詐術を弄する手合であった 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 157
頭の体操に「翻訳訳語辞典 Quiz」もどうぞ
ツイート