Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
fire

主要訳語: 火(18)   炎(4)   火事(3)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
経済的自立と早期リタイア
   
辞遊人辞書

FIRE
   
辞遊人辞書

おろす
   
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 235
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 123
お払い箱にする
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 506
さっと投げる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 324
たき火
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 400

エンジンがかかる
   
シャッターを押す
   
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 44

引き金を絞る
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 141
引金をしぼる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 239
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 134
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 164
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 166
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 85
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 460
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 337
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 17
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 321
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
火が移る
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 78
火の手
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 436
火を注ぐ
   
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 219
火を噴く
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 105
火事
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 35
火事のにおい
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
火難
   
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 349
撃つ
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 40
叱咤
   
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 107
射ち出す
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 220
首を切る
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
焼失する
   
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 205
槍玉にあげる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
打ち上げる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
対空砲火
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
   
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 52
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 233
弾丸のように突き抜ける
   
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 28
暖炉
   
追い出す
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 276
追放する
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226
発砲する
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 106
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
焚火
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 260
砲火
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 471
砲撃
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 218
浴びせる
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 136

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

under fire: 非難の嵐のなかで ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 216
start fire: 引火 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 206
rapid fire: 猛烈なスピードで タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 25
quickly catch fire: すらすらと運ぶ アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 20
open fire: たまりかねて口を開く カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 52
open fire: 遠慮なく切りこむ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 224
open fire: 撃ちかたはじめ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 201
intensely heavy fire: 猛烈な砲火 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 387
get fired: 〜をくびになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 581
fire wildly, erratically: 見当はずれのめくら撃ちをする マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 235
fire up sth: 〜を刺激する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 350
fire up sth: (物を)利用する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 101
fire up: 起動する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
fire slicker: 消防着 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
fire marshal: 消防署 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
fire lines: 非常防火線 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 56
fire camps: 前線基地 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 20
fire both barrels: 弾を撃ちつくす レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 240
fire blind: めくら撃ち マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
fire away: 遠慮なく質問する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 224
by the fire: 炉ばたで ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 21
be fired up: 頭に血がのぼる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 207
be fired: お払い箱になる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 132
be fired: 解任される ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
be a ball of fire: やり手だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 23
anti-aircraft fire: 高射砲 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 121
an open fire: 焚火 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 139
a body half consumed by fire: 半焼死体 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 104
walk through fire rather than ...: 〜させぬためには水火もいとわない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 259
trees by the garden wall which have surviving the fire: 塀のそばの焼け残りの庭木 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 163
track sth and fire: 追尾攻撃する コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 17
there be a fire on ...: 〜が燃えている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 58
there’s a splendid touch of hell fire about sb: (人は)相当に辛辣だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 68
the way that fire’s burning: あの火事の勢いなら 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 86
the fat is in the fire from the start: 破綻の種は最初からまかれている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
the bargain hangs fire: 取引きがなかなか成立しない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 59
set fire to ...: 〜に放火する レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 442
sb’s eyes still feel like they are on fire: それでも目は燃えるようにずきずき痛む ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 20
rear back and fire one’s fastball: 大きく振りかぶるとストレートを投げた ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 127
put fire into sth: 〜を盛りあげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
pass right through the stream of fire: 火箭のまっただなかをくぐる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
one’s body feels on fire with fever: 体は発熱のために焼けるように熱い 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 267
light a fire under sb: (人を)たきつける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 247
jump out the windows and onto the fire escapes: 窓や非常階段に殺到する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 98
have undesignated irons in the fire: はっきりとはわからない何かに関わっている オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 210
have been all fired up to do: 〜するのだ、と張り切っている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 227
ground fire rising up in slow orange balls: オレンジ色の球体と化して地上からゆっくりと立ちのぼってくる戦火 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 51
ghastly, fire-charred plunder-wrecked ruin: 真っ黒に焼け落ち、略奪に荒らし尽された、恐ろしい幾十の廃虚 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 220
get on like a house on fire: よく気が合う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
fired up from the alcohol: 酒の勢いをかりて 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 213
fire warning shots in the air: 威嚇射撃を何発か放つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 252
fire the ball back: えらい勢いで返球する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
fire sb from picture: 役を下ろされる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 148
fire one’s rifle at tin cans: 空き缶を相手にライフルを射つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 211
fire on two cylinders: エンジン全開で走る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 211
fire off the shots as one might deliver oneself: 自分の肉体をまるごとぶつけるように発砲する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 361
fire off question after question: 矢つぎ早に質問を浴びせる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 39
fire off a pair of random shots: 立てつづけに引金をしぼる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 364
fire in the hole: 爆破準備完了 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
fire a quick glance at sb: ちらっと(人を)見る オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 51
fire a couple of artillery shells into ...: 弾を二、三発、〜に撃ち込む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
fill the pipe bowl with fire from ...: 〜でパイプに火をつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
draw fire from sb: (人の)怒りをかう ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 18
develop into an uncontrollable wall of fire: 火勢は手がつけられないほど広がっていく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 257
be on the fire: 気がかりだ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 473
be heavily on fire: 大火災を起こしている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 357
be fired with the idea: この思いつきに乗る セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 108
be fired from one’s job: 勤めをお払い箱になる カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 97
be all fired up about ...: 〜のことですっかり頭に血がのぼってしまう オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 98
banshee-wail of a Fire Department ambulance: 救急車のサイレン クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 185
American pace of hiring and firing: アメリカの人事のペース ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 162
add fuel to the fire: 拍車をかける ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 41
a fire engine at full cry: 火事場へ急行する消防自動車 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 29
ツイート