Top▲
× Q  ?  翻訳訳語辞典
have

主要訳語: ある(12)   つく(4)   知っている(4)   かかえる(3)   もつ(3)   握っている(3)

▼詳細を表示▼訳語クリック→類語、 †出典
~にかかる
   
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 11
ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 5

〜がある
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 151
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 228
〜させてやろう
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 10
〜ざるをえない
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
〜したい
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 231
〜せずにすむ
   
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 146
〜てはならない
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 70
〜なくてはならない
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 208
〜のものだ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 161
〜の持ち主なのだ
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
〜を患っている
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 409
〜を持ち合わせている
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 101

あう
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 101
あがる
   
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 59
あげる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 422
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
あつらえる
   
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 160
ある
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 368
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 325
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 87
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 153
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 201
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 209
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 81
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 61
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 186
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 273
いられない
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 428
いられないのだ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 146
おく
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 141
おびる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 174
おぼえる
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
おわかり
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
かかえている
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
かかえる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 207
きっと
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 233
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 590
くらわす
   
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 23
けしかける
   
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 308
こもっている
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 163
これまでに〜
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 92
させる
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 112
しかない
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 393
しめす
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 449
すませる
   
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 60
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 177
そなえる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 54
たずさえる
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 276
だのに
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 274
だめだ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213
ちがいない
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
ちらつかせる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 97
つかまえる
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 57
つかんでいる
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 240
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 44
つく
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 133
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
つくる
   
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 28
つながっている
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 366
てなみ
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 254
できていないんだ
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 520
できる
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 19
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 188
とっちめる
   
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 216
とめおく
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 442
とらえる
   
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
とりつける
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 120
はおる
   
ひそんでいる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
ひっかぶる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
ひっぱりだす
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 388
もうける
   
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 88
もちあわせ
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
もつ
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 300
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 386
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
もともとは〜
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 64
ものにする
   
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 318
もらう
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 86
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 404
よぶ
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 251

握っている
   
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 66
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 292
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 293
握られている
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 14
握る
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 337
扱う
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 292
引き受ける
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 409
飲む
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 235
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 190
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
羽目になる
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 490
応援を頼む
   
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 22
押えておく
   
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 203
過ごす
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 369
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 367
確保する
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 478
感じる
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 104
貫く
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
関連性
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 59
寄せる
   
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
気がすまない
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
記録する
   
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 38
起す
   
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 182
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 95
許す
   
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 38
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 16
駆られる
   
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 23
経験する
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
迎える
   
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 84
見ぬいている
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
現場を押さえる
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
言う
   
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 19
雇う
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 496
口をつける
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 193
刻みつける
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
済ませる
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 204
飼う
   
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 182
持ち合わせ
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 431
持ち主だ
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
持っている
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 311
持つ
   
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 341
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 550
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 197
手にしている
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 158
手にする
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
手には
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 179
手にもつ
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
手に入れる
   
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 366
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
収集する
   
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 32
拾う
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 127
宿す
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
宿る
   
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 80
出会う
   
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 90
招ぶ
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 79
上がる
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
乗っける
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
心服させる
   
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 114
身につけている
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
生む
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
接する
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 271
前もって〜
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 115
相手にする
   
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 227
装備する
   
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
送る
   
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
遭う
   
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 243
揃っている
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 110
帯びる
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
戴く
   
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 82
達する
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 267
知っている
   
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 183
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 359
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 37
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
着ける
   
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 70
注文する
   
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 306
調べがつく
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
追いつめる
   
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 298
貼ってある
   
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 40
踏む
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 219
頭を占める
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 164
入っている
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 49
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
入る
   
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 16
悩まされる
   
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 237
把握する
   
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 75
破目になる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
発見される
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 215
伴う
   
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
秘めている
   
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 28
備えている
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 45
必要がある
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 336
不自由しない
   
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 42
付き合う
   
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 308
保管する
   
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 175
抱えている
   
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 92
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 113
抱える
   
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 101
抱く
   
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 80
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 410
味わう
   
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 257
儲ける
   
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 18
与えられた
   
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 87
用意してある
   
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 377
頼む
   
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 184
籠絡できる
   
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 531

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

would ever have: 生まれて初めて 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 156
we have ...: つかまえたぞ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 241
we have ...: もうこっちのものだ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 241
we have ...: 釣りあげたぞ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 206
still have ...: まだ〜が残っている 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 339
still have: 手もとにある レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 16
not have to: 義務はない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
let’s have lunch: 昼飯でもいっしょにいかがですか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
let’s have it: 出してくれ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 159
it always has: いままではそうだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
in the way that women have: 女だけに 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 171
I’ve had better: ああ、いやってほど スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
I’ll have to do: 〜の上で 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 68
having done, ...: いったん〜したが最後、〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
have words: 口喧嘩する デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 42
have two appointments: 用事が二つある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 221
have to see: そのときになってみないと ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 86
have to laugh: 笑ってしまう 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 25
have to go: 電話を切る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 234
have to dream: 夢が必要だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
have to do: 〜が必要である メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 80
have to do: 〜させられる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 86
have to do: 〜したい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 338
have to do: 〜したくてたまらない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 216
have to do: 〜しないと具合がわるい 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 14
have to do: 〜しないわけにはいかない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
have to do: 〜しなきゃおさまらない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
have to do: 〜しなきゃならん ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
have to do: 〜しなくちゃね 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 236
have to do: 〜しなくてはなるまい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 134
have to do: 〜すべくして〜する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 30
have to do: 〜することを余儀なくされている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 24
have to do: 〜するしかない バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 104
have to do: 〜するのが骨だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 519
have to do: 〜するのが得策だ サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 135
have to do: 〜するのでなければ気がすまない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 138
have to do: 〜するのはやむをえない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 373
have to do: 〜するべし プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 273
have to do: 〜するほかない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 325
have to do: 〜する以外に道はない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 44
have to do: 〜する羽目になる レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 432
have to do: 〜する義務がある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 323
have to do: 〜する決りになっている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 302
have to do: 〜する始末だ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 233
have to do: 〜せざるを得ない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 302
have to do: 〜せずにいられない ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 208
have to do: 〜せずにはいられない レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 234
have to do: 〜という仕事が残っている サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 181
have to do: いやでも〜することになる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 447
have to do: しょうがないから〜する レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 352
have to do: しようがないから〜する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
have to do: せめて〜ぐらいしてくれなきゃ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 13
have to do: ぜひ〜したい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
have to do: ちゃんと〜しなきゃならない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
have to do: ちゃんと〜するものだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 92
have to do: とにかく〜しなければならない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
have to do: どうしても〜したい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
have to do: やむを得ず〜する クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 286
have to do: 仕方がないから〜する サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 181
have to do: 仕方なく〜する サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 211
have to do: 承知しない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 59
have to do: 矢も楯もたまらずに〜する ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 205
have to do: 役 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 48
have to be: 〜でなきゃおかいしい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 270
have to ask: 一応きいておく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 155
have to ...: 〜しないと気がすまない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 51
have to ...: 〜するより仕方ない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 21
have to ...: 〜せざるをえない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 58
have to ...: 〜でないとまずい 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 192
have to ...: おとなしく〜する デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 311
have to ...: しかたなく〜する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 140
have to ...: なにがなんでも スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
have to: 〜せざるをえなくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
have to: かならず〜がある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 118
have to: やむを得ない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 52
have the vapours: すっかりふさぎ込む ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 53
have the farm: 農場やってる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 27
have sth planned: ずっと前から計画を立てていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
have sth out: 〜を取り出す メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 197
have sth’s effect: 〜は十分な効果をあげている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
have sth: 〜は(人の)手の内にある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
have sth: 〜はどう サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 283
have sth: (物に)ありつく ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 51
have something: それ、いい線 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 182
have some wine: ワインでもやりなよ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 93
have some wine: ワインをおあがんなさい ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 93
have some supper: 晩めしを食べる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
have shaved head: 丸坊主だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 10
have serious questions: 重大な疑問に逢着する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
have second thought: 後悔している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
have sb over: (人を)呼ぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 330
have sb do: (人に)たのんで〜してもらう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
have sb around: (人が)そばにいる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 326
have sb’s looks: (人の)顔だちが(人に)よく似ている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 150
have sb’s attention: (人の)注意をひく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
have sb’s attention: (人の)注目の的だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
have sb: (人を)追いつめた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
have recorded: すでに記録として残されている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
have real charm: 申し分なく魅力的だ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 71
you still have no job prospects: 就職、まだメドがつかないの 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 83
you really have to be in the mood for that stuff: そういうことは気が乗らないとできるもんじゃない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 181
you have to spend quite awhile around sb: 時間をかけなきゃ(人は)わからない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
you have to love sb: 人は(人を)愛さずにはいられない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
you have to let it go: 過ぎたことは悔まず スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
you have to let it go: 過ぎたことを悔やんでもしようがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 208
you have to do your part: 〜にも務めを果たしてもらわなくてはなりません クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 171
you have to do one more thing: もうひとつ注文がある タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 77
you have to do ...: 〜しなきゃだめだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
you have to do: 〜してもらう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 92
you have to do: 〜しなきゃダメだぞ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 81
you have to deal with your grief: 悲しみも乗り越えなきゃならんぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
you have to be careful: 駄目よ、気をつけなきゃ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
you have a valid point: それはもっともだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 316
you had to enjoy some of it: いくらかは楽しんでたはずよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 262
you don’t have to gloat: なにもそう大喜びすることはないだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
you don’t have to do it: 無理することはないんだぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 152
you don’t have to do ...: 〜してくださらなくってけっこうです タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
you don’t have to do: 〜しようなんて思わないで レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 179
you don’t have to do: 〜するには及ばない クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 20
you don’t have to: 無理をすることはない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 278
you can have them with my blessing: 全員、のしをつけてくれてやる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 68
you can have the tea: お茶を上げます 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
you’ll have to forgive me: 申し訳ないと思うんだけど カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 405
you’ll have to do ...: 〜してもらわぬと困る 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 39
you’ll have to ask sb about these matters: そういうことは(人に)きいてください 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 116
you’ll have all the help you need!: 大船に乗った気でいてください! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
wouldn’t even have to worry about such silly things: イヤな心配をしないでも済む 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
would have to be careful not to comprise oneself just because ...: 〜だ〜と言っていたずらに卑屈にならない 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
won’t have to answer any questions about ...: ごちゃごちゃした質問に答える必要も生じない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
won’t have anything to do with sb: (人と)あまりお付き合いがない フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 334
will not have to worry anymore about what’s going to happen to one: 先のことを心配しないで暮らしていける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 328
will just have to wait: 足どめをくらうにちがいない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
will just have to hope ...: 本当に〜だといいんだけどな カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 263
will just have to do: 〜するしかない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 24
will just have to do: 〜するよりほかに手はない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 99
will have to do it: しかたないでしょう アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 318
will have to do ...: 〜するのが賢明だろう バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 221
will have to do: 〜してみる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 69
will have to do: 〜しなきゃ無理だぞ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
will have to do: 〜するはずだ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 267
will have to do: 〜するまでだ ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 132
will have to do: 〜するんだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 11
will have to do: とどのつまり〜せざるをえなくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
will have to call the police: 警察に通報するぞと迫る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
will have to be lived with sb for a long time: (人と)いやでも長い付き合いになる コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 38
why do I have to work so hard doing?: わざわざ〜するまでもないと思う ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 505
who says one has to do: どうしても〜したいという人 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 91
who even said it had to be like that?: 〜について人から聞いたことさえなかったのだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278
what you have to do is ...: 〜するだけでよい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
what you have to be aware of is ...: きみもわかっているだろうが タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 248
what one will have to do is, one will have to do: とにかく〜してないからだめだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 183
what one have to say: 胸の底にかかえこんでいた言葉 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 167
what one have to do: (人の)やる仕事は サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 269
what life do I have: 何をあてに生きていけばいいんですか フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 62
what I have to find out is ...: それで質問というのは、〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
what have to be done was done: やるべきことをやったまでだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 67
what have to be done have to be done: 背に腹は替えられない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 35
what does this have to do with ...: 〜とはどう結びつくんだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 330
we will have us some cannabis: ちょっと大麻でもやろうか カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 395
we have us a life: 二人でやってきた カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356
we have nothing before us: 前途はいっさい暗黒、虚無とも見える ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 9
we have everything before us: 前途はすべて洋々たる希望にあふれている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 9
we don’t have a chance: われわれではどうにもならない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 170
we all have to die some time: 人間は死ぬものだ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
we’re going to have to risk it: 思いきってやってみるしかない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 283
we’re glad to have sb here: こちらに(人が)いらっしゃいます プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 229
want to have even less to do with sb: もっと知らん顔をする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
very precise work have to be done: 正確を要する仕事である マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 135
usually have quite a strong stomach: 胃袋はふだんとても丈夫なほうだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 305
use what sense or sensitivity one has: なけなしの分別とハートをふりしぼる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 199
to which you obviously have a satisfactory answer: それで、理由はわかったのですね フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
time has come to do: そろそろ〜する時期 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
this is the nicest day I’ve had in years: こんなにすてきな一日って、何年ぶりのことかしら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 299
this has been the longest day on record: こんなに長い一日は初めてだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
think one will better have a talk: なんとなく話したほうがいいような気がむしょうにしてくる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 153
think one have to do: 〜するしかないのだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
they won’t have sb: (人は)仲間はずれだ ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 31
they are just gonna have to wait: ちょっと待ってもらお タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
there you have it: こんなところですな ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 31
there have to be: あって当然だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
there have still been no improvement: 状況がすこしも改善されない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
there has to be ...: かならず〜がいるでしょう? 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 367
the truth has to be that ...: 〜はまぎれもない事実だ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 199
the problem have to do with ...: 〜に関連した問題 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 89
the place has a good crowd: 客種が悪くない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 286
the past would have little or no place: 過去もまったく存在をやめる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
the paper has a rich, creamy feel: 封筒の用紙はずっしりしてなめらかな紙質だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
the one date we ever had: 我々二人の最初にして最後のデート カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
the old excitement have sb: 肌になじんだあの昂奮が(人を)とらえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
the more one has to go through because of sth: 〜に苦労を強いられれば強いられるほど スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 286
the money sb have made: (人が)一生懸命稼いだ金 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
the last family one have: (人に)残された唯一の肉親 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 560
the good times one have had with one’s old man: 父とともに過ごした古きよき時代 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
the few things one have: いまのコレクション スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
the dog have to move into the backyard: 犬が裏庭に移される ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 174
the aggressor must have the last word: 攻勢に立った人間はかならず捨てぜりふを吐かなければならない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
that one do not have to: 〜しなくてすむものなら サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 282
that is how it has to be: それが原則だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
that first night be the only night sb have: 最初で最後の夕べ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 257
that’s what one have to drink: 飲むものといえばそれだけだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 65
that’s all you have to do: それがきみの仕事だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 199
that’s all you have to do: それさえやれば十分だ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 262
tend to have little to do with: あまり身辺に寄せつけない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 177
tend to have a bee in one’s bonnet about things ...: 〜は十八番だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 127
tell sb that sb have to do: 必ず〜するように注意する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 446
tell sb that one have some work to do: やることがあるといって(人に)別れを告げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 145
tell sb one have to go to the bathroom: ちょっとトイレという スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
talk about should-haves and would-haves: たらればの話をする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
take everything sb have: 身ぐるみはがれてしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
suddenly have an inexorable, sinking feeling in one’s gut: (人の)頭の中によくない予想がはげしくするどく迫ってくる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
such a business as one have in one’s secret mind: 今(人が)ひそかに考えているような計画 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 206
still have to worry about sth, too: まだ〜も無視し去っていいわけではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 11
still have one’s say on ...: 言うだけは言う 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 187
still have ... to come: 〜のことも、これから教えなければならない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
sth have not really enter one’s thoughts: 〜という発想は、頭のなかにない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
someone will have to explain to me: だれかに説明してもらわなければ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
some tears have to be cried until they are, they simply rave and burn inside: 泣いて泣いて泣きあかさないかぎりけっしてとまらぬ涙がこの世にある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
so that you have to back down and fly out of the house: おかげでこちらはたじたじとなり、家からとび出してしまう シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 149
so it has always been: これまではそうだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
simply get to have sth: どうしても〜を買わなきゃ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
signless ... roads on which you have to ask or guess your way: 標識は皆無で、人に訊くか自分で推測するしかない〜の道路とは大ちがい ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 142
should have to do: 〜しなければ困る 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 20
should have bought sth: 買っときゃよかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
seem to understand one have to remain quiet: その場の雰囲気を察したのか、(人が)じっと黙っている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 331
seem to have the ring of truth: 真実だと思う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 260
seem to have plenty of good stories: ずいぶん話し上手だ 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 17
seem to have little effect: 効果はなきにひとしい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355
seem to have a somewhat difficult streak to one’s character: ちょっと気むずかしそうだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 114
seem to have a problem saying anything very profound: なにかもっと気のきいたこと書けないものなのか 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 97
scarcely have to look as ...: いちいち見なくても〜 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 189
sb will have sth: めでたく(人の)ものになる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
sb have just told: いましがた(人が)話してくれたこと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
sb has sb there: (人の)言うとおりだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 213
sb and sb have themselves a church wedding: (人と)(人が)教会で自分たちだけの結婚式をあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 383
sb and sb have been having trouble for some time: (人と)(人は)ときどきぶつかりあった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 522
sb’ll have to ferret that out: その正体を暴くのは(人の)役目だ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 54
say one have to go: そろそろ失礼しなくてはと言い出す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 350
say one have a suggestion to make: わたしも意見をいっていい? と口を開く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
say ..., what one have on one’s mind for so long: 前から思っていたことを言う 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
really have the upper hand: 完全に優位に立つ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 358
really have no idea: 自分でも説明がつかない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
privilege of people who have nothing to do: 無為徒食をつねとする人間の特権 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 77
people who have the arthritis so terrible: ひどい関節症に悩まされている人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 177
ought to have let someone else handle it: 人にやらせればいい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 196
ought to have it down heart-perfect: なにひとつ疎漏なくやらねばならない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 138
only have time to do: 〜するのがやっとだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 258
only have sex once in a while, like most people: 普通程度にしかセックスを営まない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 148
one would have to get the job done: 断じてやりとげなくてはならない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
one have to know now: こうなったら放っておくわけにいかない ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 19
one have to ...: 〜するには〜するようになっている 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 51
one have nothing to do with it: (人の)知ったことじゃない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 167
one have a practical answer: (人の)答えは現実的だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 175
one has only oneself to rely on: 自分以外に頼れるものはない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 279
one’s voice seems to have a slight edge: 声に、ほんのわずかだがとげがある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
one’s voice have a faint strain of New York in it: 声にニューヨーク風の妙に張りつめた感じが混じっている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 317
one’s voice has a slight edge to it: 何時もとはちょっと違うすこし険のある声で言う 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 159
one’s face has a healthy glow to it: 額や頬のあたりを気分よくほてらせている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 19
once sb have one institutionalized: 病院に入れられたあと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
now sb just have to do: あとは〜すればいいだけだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 514
now one have to admit to oneself that ...: 正直、〜だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 151
now all one have to do is to do: (〜すれば)いいだけだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 312
not have to do: わざわざ〜しなくてもよい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 15
not have to ...: 何もわざわざ〜する必要ない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 259
no one up here has to hear any more: うちの人間の耳に入れてはいかん トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 197
no longer have ...: いつの間にか紛失してしまっている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 188
never have to worry: ほっとする 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 103
never have to buy another drink: みんなから酒をおごられる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 219
never have the sense it has been slept in: そこに眠ってた痕跡がまず見当たらない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
never have sb’s advantages: (人のように)恵まれていない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 81
never had a chance to say a word: ひと言もしゃべる暇がなかった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 240
might not have to ... at all: なにもわざわざ手をくだして〜することはないじゃないの スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
maybe we could have a cup of coffee: コーヒーでもいかがですか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
may not have time to do: 時間は足りなくなっていた可能性がある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
may not have time to do: 時間的余裕はないかもしれない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
may have better answers to the questions one need to ask: ずっとひっかかっている疑問に対していままでよりましな答えを出してくれるのではないか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
many of one’s friends have access: 友人がだれでもはいってこられる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 176
listen to what sb have to say about ...: (人から)〜の話を伺う 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 412
let sb know exactly what one have on one’s mind: 口が勝手に心を開いてしまうような感じだ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
let sb have the other barrel: もう一発かましてやる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 90
let sb have sb’s peace: (人を)そっとしといてやれ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 165
let sb have ... for almost nothing: (人に)ほとんどただ同然で〜を貸す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 65
let’s hear what these men have to say: そちらの人に聞こう 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
let’s have it out once and for all: きっぱり決着をつけようではないか ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
let’s don’t have any more trouble: さあ、もうごたごたはお終いにしよう カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 53
keep having lunch with sb: (人と)よくランチをつきあってる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 253
just wish one could have sth back for sentimental reasons: ただなんとなく自分の手元においておきたい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 73
just have that kind of a stomach: そういう胃袋の持ち主 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
just have a short but satisfying nap: 時間こそみじかいが深くて実のある仮眠をとる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
it will have to do: 〜にきまっている 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
it is the only lead I have left: いまはそれしか手がなくてね トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
it is sb’s way to be blunt when sb have to be: (人の)しゃべり方は場合によってはそんなふうにぶっきら棒な感じになってしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 470
it is bad enough one have to do: 〜するなんて、とても我慢できない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 57
it is all sb have to say: それ以上何も言うことはない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 397
it have still been raining then: 外はあいかわらず雨 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
it have been a boring spring: 退屈な春を迎えている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
it has to be!: 当然のことながら! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
it has to be sb: (人に)決っている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
it has to be: 決まっているさ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
it has no pictures or conversations in it: 挿絵もなければせりふもでてこない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
it has come easily: 計画がすんなりと立つ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
it has been to this day: そのまま今日に至っている フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 123
it’s sad for sb having to earn sb’s living: 自活のためにあくせくしてて、かわいそうだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 154
in going, one have to face sb: 出て行くとなると、いやでも(人と)顔を合わさねばならぬ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 199
in any event, one has no intention of doing: 〜してなどやるものか 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 106
if you have to force it into words: 言葉で無理やり処理すれば 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 166
if you have a chance: もしおついでがおありならば スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
if you’ll have me: わたしでよかったら 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 192
if one wish to do, one has to do: 〜するには〜しないと手が届かない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
if one have to do: (人に)必要があれば カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 257
if I had to: それで駄目なら ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 168
if I had my way: わたしなら ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 124
if he has to: いざとなっても カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 119
if AA, I will simply have to do: AAならば〜するまでだ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 192
I wonder if I could have the day off: もしかしたら今日、お休みをいただけないかしら スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
I wish I had that kind of time on my hands: 暇なんだな 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 17
I will not have it: わたしには通用しない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 343
I will have to ask sb: さあ、きいておくよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
I sure would like to have sth: ほんとに欲しいんですよね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 170
I suppose it will have to: それよりしかたがない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 70
I suppose I will have to do ...: 〜してみなくちゃな トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 135
I rarely be wrong: およそ誤りたるためしがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
I haven’t seen you in a dog’s age: ずいぶんごぶさただったわね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
I have your license-plate number: 御車のナンバーは存じ上げております プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 371
I have to tell you that will probably be the case: そういう可能性は十分にあるんです スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 325
I have to tell you that ...: 言いたくはないが ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 307
I have to tell you: いっておきますが スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
I have to make sure: 一応確かめる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 577
I have to go now: ちょっと用事があるんだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 298
I have to go: 今ちょっと用事がある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 302
I have an idea I’d like to talk to you about: ちょっとご相談に乗ってもらいたいことがあるのですが プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
I hate to have to say this but ...: こんなことを書くのは面目ないが、〜 シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 66
I had to do: 〜したくはなかった コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 193
I had no idea: そんなことがあったなんて、全然知らなかった 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 133
I had a good time: 楽しかったわ 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 21
I didn’t have ... when I grew up: 〜なしで育った 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
I’m not having you ...: しようたってだめ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 144
I’m not going to have sb saying ...: 〜なんて(人に)いわせはしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
I’m going to have to call ...: 〜に通告するぞ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
I’ll really have to split: 失礼させていただきますよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
I’ll have to see it to believe it: やはり、この眼で見てから信じることにしたいね プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 210
I’ll have to ask you not to do: 申し訳ありませんが、〜するのは遠慮してください ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 397
I’ll have no more drink: もう酒はいらん ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 161
I‘m really sorry I’ve got to do: 何も〜をやりたくてやっているわけじゃない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 232
I‘m afraid I’ll have to ask sb to leave: おひきとりいただくしかないようだな スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 136
having trouble getting to sleep?: 眠れないの? 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 92
having no desire to be entertained by a cat-and-dog combat: こうした内輪げんかのもてなしをうけることはたまらないので E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 44
having made up one’s mind, one did: 気持ちを決めたものの、〜だった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
haven’t heard from sb: このところなにもいってこなくなった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
haven’t had a call all night: 今夜は連絡も呼出しもまったく入っていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
haven’t even been to bed yet: 一睡もしていない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
haven’t done sth since one was in college: 〜するのは学校を出て以来始めてだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 26
have of course, their fascination for sb: いうまでもなく(人の)心を捉えている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
have work to do among people one like less: 好ましくない人々のあいだで働くことを余儀なくされる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 106
have winter in one’s beard: 鬚に白いものが混じる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 387
have vivid memories of sb: (人の)顔形は記憶のなかで驚くばかりに鮮明だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
have visions of sb doing ...: 〜している姿を想像しちゃう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
have visions of ...: 〜を想像する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
have views on sth: 〜に好感情を持たない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 176
have very little savoir faire: 実際的な手口をほとんど知らない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
have trouble with sth: (物事に)てこずる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 116
have trouble with ...: 〜にうまく答えられない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
have trouble parking ...: 〜を駐める場所がなかなか見つからない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 223
have trouble in ...: 〜のことで頭を悩ませている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 300
have trouble doing ...: 〜するのが苦手 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
have too much fun doing ... to bother to lie: 〜をあれほど楽しんでいた(人)がわざわざ嘘をつくはずがない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
have too much character: そういうことのできる性格じゃない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 268
have to worry about ...: 〜と恐れざるをえない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
have to work at a smile: 無理矢理に笑ってみせる 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 64
have to wonder if ...: 〜かといえば、それも大いに疑問だ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 229
have to wear sth between one’s teeth: (物を)歯のあいだにはめられたら カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 373
have to wait for days: 何日もかかってしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 329
have to wait a long time: ずいぶん待たされる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 212
have to think this one through: ここはよくよく考えろ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 257
have to tell oneself: 自分に言い聞かせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
have to talk to sb: 話があるんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 272
have to take one’s hand away so one can do ...: その手をそっと離し、〜する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
have to take a decision: ある決断を迫られている アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 59
have to stay by sb’s side: (人の)そばを離れてはいけない 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
have to squeeze between the shoulders of two people to grab hold of the bar: 支柱につかまろうとして、人の肩ごしに躯をねじりながら手をのばす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 130
have to smile thinking that: そこまで考えたところで、つい微笑してしまう レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 359
have to say something: こう言わないわけにはいかない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 341
have to say something: 黙っていられない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 80
have to remember ...: 〜を忘れてはいかん ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 69
have to remain ...: 簡単に(場所)を離れることができない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 366
have to question ...: 〜ということも疑問だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 70
have to modify sth: 変更を余儀なくされる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 33
have to live that way: そんな生活を強いられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 355
have to live by the rules: あれこれ規則を押しつけられる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 235
have to learn not to dress too flashy: あまり派手な格好をせぬことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 354
have to laugh, hug and squeeze sb: ついふき出して、(人を)ぐっと抱きしめてやらずにはおれない カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 90
have to know what happened to sb: (人が)どうなったか、何としてもしらなくちゃ フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 64
have to ignore ...: 〜を認めるわけにはいかない バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 71
have to grow up tough: のんびりと気楽に育ったわけじゃない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 132
have to go to ... to get respect: まず最初に〜で高い評価を受ける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 224
have to give in: 泣く泣く譲歩する ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 221
have to get married one day: いつかは身を固めるのが当然だ シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 176
have to find out where one want to go: 自分の行きたい道を見つけ出さずにはいない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
have to draw the line somewhere: 〜にはきりがない 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 50
have to do with paradox: 逆説めいてくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 162
have to do with ...: 〜の一件と関係がある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
have to do whether sb want ... or not: (人の)意向のいかんにかかわら、〜しなくてはならない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 465
have to do something about ...: すておけることじゃない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 226
have to do it for sb’s sake: (人の)身を思うとこうしないわけにはいかない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 64
have to do a lot of guesswork: 推測をたくましくせざるを得なかった箇所がいくつもある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
have to do ...: 〜しないと ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 108
have to do ...: 〜するしかない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
have to do ...: 〜を余儀なくされる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
have to do ...: 何としてでも、〜したい ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 28
have to do ...: 必要が起こる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 348
have to deal with sb all the time: 商売だからつきあわないわけにはいかない ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 43
have to deal with ...: 〜に手を打たなくてはならない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 220
have to believe ...: 〜としか思われない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 35
have to be very brave now: これからすごくがんばっていかなきゃならないのよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
have to be going on: 起こらざるを得ない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
have to be fired: 引退に追いこまれる サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 102
have to be careful about that: これはうかつには言えないことだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 191
have to be ...: 〜じゃなくちゃいけない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 22
have to be ...: 〜に違いない 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 173
have to ask it: きかずにはいられない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 248
have to agree with what sb say: (人の)意見はもっともだと思わざるを得ない クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 253
have to admit to oneself the resonableness of ...: 〜に無理のない所もよくわかる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 156
have to admit ...: 認めないわけにはいかない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 212
have time to register the fact: 〜を識別するだけの時間はある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
have thus far done: 絶えず〜していた 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 71
have thought that ...: てっきり〜だと思う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 268
have those bandy legs: いわゆるO脚 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
have this kind of trouble with ...: 〜のことでこういうトラブルに見舞われる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
have this incredible knack with sth: 〜と名のつくものに対する手並みはたいしたもの デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 379
have this grotesque mental image: グロテスクな光景が浮かぶ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 41
have this groping sensation: 焦れったくなる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 14
have the wrong address: お門違いだよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
have the wrists of a golfer: ゴルフで手首を鍛えている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 259
have the woeful feeling: 痛ましい感情に襲われる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 214
have the whole evening free: 今日の夕方は完全にあいている サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 209
have the water boiled first: 湯ざましを作らせる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 46
have the truth out of sb: ほんとうのことを聞き出す アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 98
have the testy manners of a country solicitor: 田舎の事務弁護士を思わす気のみじかさが態度に見える ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
have the sombre march to ...: 〜までふてくされて行進する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
have the smallest intention of ...: 〜とはこれぽっちも志望しない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 170
have the sickly green glow: 〜の陰気な青白い光がさす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
have the sense sb feel ...: 〜と思っているふしがある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 327
have the same expression: おなじ表情をうかべている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
have the ring of truth: 真実の響きがある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 42
have the right to do: 〜することができる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 311
have the right school: 由緒正しい学校の出である デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 50
have the right family background: 由緒正しい家柄の出である デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 50
have the reputation of being a good son: よく出来た長男で通っている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
have the rep of ...: 〜という評判が高い トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
have the power of human speech: 人間の言葉をしゃべっている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
have the potential to ...: 〜するおそれがある デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 366
have the order all screwed up: なにもかもめちゃめちゃにしてしまう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 262
have the nerve to take a chance and hire sb: (人を)思いきって抜擢する度胸をもつ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 288
have the most painful and private aspects of ... transformed into public news: 〜のもっとも苦痛に満ちたプライベートな側面がニュースになって世間に流される ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 481
have the most controlled and phlegmatic attitude: いちばん落ち着いた冷静な態度を保つ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
have the last word: 捨てぜりふを残す タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 54
have the key in ignition: イグニッションにキイを入れる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
have the impression that ...: 〜のような気がする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
have the hots for sb: (人に)ちょっと気がある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 178
have the gall to do: 〜する愚行に走る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 250
have the full run of computer: コンピュータを独占的に支配できる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 25
have the feeling ...: 〜と直観する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 334
have the experience of ...: 〜という役まわりを経験する ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 41
have the distinct feeling ...: なんとなく〜ではないかという気がする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 394
have the distinct air of ...: 〜という様子がありありだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 226
have the course of one’s life: 人生の青写真がある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
have the correct answer: 答えがわかる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 277
have the coat made: 羽織をこしらえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 77
have the challenge that ...: 〜の挑戦を受けて立つ マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 154
have the buzz from Scotch: スコッチの酔いが頭に残る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
have the bitter experience of doing: どんなに〜していたか身にしみて知っている 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 302
have the better part of the day ahead of one: (人に)一日はまだたっぷり残っている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 228
have the balls to face what one should have: 直面すべきことに直面する度胸のある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
have the bad manners to ...: 不料簡にも〜する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 51
have the afternoon and part of the evening: 午後から夕方にかけていっしょに過ごす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 191
have the advantage of ...: 〜というメリットにめぐまれる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 123
have that amount of work to do to occupy one’s mind: 忙しく手を動かしている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 309
have tea and cake: ケーキをつまみお茶をのむ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 207
have such a vacant look: ポカンとした顔をする 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 16
have such a mundane side to one: こんな俗な面がある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 194
have still much to learn: まだまだ勉強が足りない ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 167
have sth with one: 〜を肌身離さず持ってる レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 270
have sth with one: (物を)携帯している プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 359
have sth on the tip of one’s tongue: 〜が舌の先まで出かかる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 44
have sth in the house: (物を)所蔵する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 150
have sth in one’s hand: 手には(物が)ある ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 473
have standing orders that ...: 〜よう日ごろいいつけられている ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
have something to do with ...: 〜のせいもある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
have something on one’s mind: なにか言いたそうにしている 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 58
have something on one’s mind: 何か心に引っかかりがある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 137
have something in common: 共通点がある デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 311
have something good inside one that sb lacks: たったひとつ、(人の)かなわない澄んだところがある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 216
have something from ...: 〜から情報を得る ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 26
have someone wake me up in three hours: 三時間たったら起こすよう、誰かにいっておいてくれないか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 198
have somebody good to dance with: 踊りのうまい相手でもいる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 120
have some work that one like for a change: 新しい仕事に就いて心機一転する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
have some very good luck: 非常についておった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
have some time to do ...: しばらく時間をかけて〜する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
have some things on one’s mind: 頭になんかがひっかかっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
have some theories about ...: 〜に一家言をもっている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
have some tall teaching to do: すばらしい授業をやる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
have some soft spots: ほころびが出てくる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘<